首相も国民年金「未加入」

 あちこちで書かれているだろうけど……。

 小泉首相、なぜ素直に「ごめんなさい。反省して、よりよい年金法に改正すべく努力します」の一言が言えないのかねぇ。
 この人、正直者だよね。いや、天然ボケか、かなりの知恵者のどちらか。

 年金財源が切迫しているから強制加入にしたんじゃないのか? 学生でも対象にしたんじゃないのか?
 それなのに「かつては強制加入ではなかった。加入の必要がないので加入しなかった。ましてや学生時代。学生時代に加入のしくみなんか理解できますか?」だと? ふざけるな、だよ。
 百歩譲って学生当時の小泉首相がそう思っていたというのは、許そう。
 でも、今、上記のような見解を言うのは、バカだよ。
 強制加入制度を決めたのは、あんたら国会議員じゃないのか? 必要と思って制度改正したんじゃないのか?

 ひょっとして、江角マキコって、すごい功労者なんじゃないの?

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8635/trackback

5 thoughts on “首相も国民年金「未加入」

  1.  聞いた時は驚きよりも、やっぱり・・・と思ったのが情けないですね。

    しかも、開き直ってるし

    ほんとに改革するきがあるんでしょうか?

     一般人ばかりにしわ寄せがいって、払った人損にならないようにしてほしいもんです。

  2.  誤解をおそれずに書きますが、

     年金って、自分のためのものじゃないですよ。

     年金受給者を、年金被受給者が世話する、という制度です。

     多くの国民が誤解してるんですよね。

     この制度をどう思うかが議論の対象なんです。

     誰が未納とか、そういう次元じゃないでんすよね。

  3. なんだか、とっても低い次元で意見いってたようでお恥ずかしいです。

    現在の年金受給者を年金被受給者の年金及び税金でまかなってるんですよね。

    漠然とはわかっているのですよ。

    ただ、払ってない人も多いのでその不平等感がなんとなく不満。(上手く説明できないんだけど・・・)

    この春20になった娘も、国民年金を支払いましょうって案内がきましたけど、学生なので手続きをして待ってもらいました。

    その手続きも知ってる人と知らない人がきて知らないままに放置してる人も多いらしいですね。

    もっと、誰にもわかる開かれたシステムってのを希望いたします。

    だらだらと愚痴ってごめんなさいm(_ _)m

  4.  払った人が損にならないように、不平等感をなくせってのは、本音としては当然でしょう。俺もそう思います。

     しかし、なんか最近のテレビ番組では、どの代議士が未納だったとか、将来いくらもらえるのかとか、そんなのばかりでしょ。

     知りたいのはそういう事じゃなく、今どういうなってるのか、どう変えようとされているのか、なんです。少なくとも俺は。

     なんて、熱く語っているっぽいですが、実は俺だって、あまり深く考えてないですよ(笑)。

     不平等感を無くせ、とは切に思いますけどね。

     すみません、話題を引っ張ってしまって。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください