ザクとうふ

 今日発売とは知っていたが、「豆腐かよ」と思って二の足を踏んでいた、その名も「ザクとうふ」を、嫁さんが——別に俺が言った訳でもないのに、スーパーで自分で見つけて——買っておいてくれた。さすが、伊達に俺と二十年以上付き合ってないな!(笑)

20120328_zaku-touhu0
 相模屋というところの製品。量産型ザクをイメージして、枝豆のとうふだって。

20120328_zaku-touhu1
20120328_zaku-touhu2
 これは、ランバ・ラルの名台詞「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」の引用と思われるので、ちょっと違和感。
 いわゆる「絹ごしとうふ」ではなく「充填とうふ」だからだそうだが、そこは別にアピールしなくてもよかったんじゃね?まぁ、粉飾記載するよりははるかにいいし、好感だけどな。

20120328_zaku-touhu3
 あけると、こんなのが入っていた。どう見ても、ザクの頭。それ以上でもそれ以下でもない。つーか、意外によく出来てるな。

20120328_zaku-touhu4
 数量限定で、「ヒートホーク型スプーン」が付属してた。これが欲しい人は、早めの購入をおすすめする。
 このヒートホーク・スプーンが、これまた素晴らしい造形なんだわ。ガンプラHGUCのパーツからスケールアップして作ったような気がしないでもない。

20120328_zaku-touhu5
 で、とうふ本体の裏というか、開封面。ここにも栄光のジオン公国紋章がある。開封を前に、未の引き締まる思いだ。ジーク・ジオン!

20120328_zaku-touhu6
 とうふ中身を、皿にあける。枝豆を原料にしているとあって、普通のとうふより緑色してる。
 そして、食べると、確かにしっかりした枝豆風味が! そして食感もしっかりしていて、キャラクタ物というか食玩程度と思っていたが、こりゃやられたわ。
 この舌触り、これぞとうふよ!

 しかしね、なんかこれ、直径約7センチ200gもあるのよ。焼酎お湯割りを飲みつつ食したが、それでもひとりで食うには、ちょっと飽きる。嫁さんと一緒に食ったよ。

 ともかく、意外の連発で、おいしく戴きました。


天佑とは、この事か!

 RGガンダムよりも前に買って、積みっぱなしだった HGUC ザクF2をパチ組み。

 これは、0083に登場したザク。いいよね、うん。

 定番工作として、モノアイはHアイズを埋め込んである。
 あとは、明日以降、武器や小物を作る。
 漢は黙ってザクだな。


ノート

 今日発売(出荷)されたHGUCジェガンを買ったら、キャンペーンでノートをもらったよ。
HGUCノート
 デザインは3種類あり、俺がいった店では、選択不可だった。
 できれば、ガンダムのテクニカルコントロールマニュアル手引書デザインのが欲しかったな。


当たればどうという事はない!

 応募していたHGUCガンプラキャンペーンに当選した。
ガンプラキャンペーンTシャツ
ガンプラキャンペーンTシャツ
 倍率はどのくらいだったか解らないけども、当選数750名だから、結構凄いのでは? 日頃ガンプラに貢いでいる賜物かね。
 シャアザクデザインの上に書かれている白文字は、発売済のガンプラリスト。HGUCNo.48〜94と、30thHGガンダムまで。ってことは、5月締切のガンダム柄のにリスト前半が載っていたんだな。今回はザクに的を絞って応募したんだけど、ガンダムも応募しとけばよかったかな。でも、そうやって分散したらどっちも当選しなかったかもしれないから、悔やまずに今回の当選を素直に喜ぼう。
 ジークジオン!


懸賞とは常に2口3口と多く応募するものだ

HGUCガンプラキャンペーン応募
 バンダイの「HGUCガンプラキャンペーン」に応募する。
 応募にはHGUCの箱のバーコード部分が必要なので、持っている全ての箱から切り取ってきた。全部とっておくことは出来ないので、組立てたら2〜3個のキットを1箱にしまっている。なので、HGUCの箱は十数個しかなかった。
 ってことで、Aコース4口、Bコース6口に応募。
 百式チャリ、欲しいなぁ。


HGUCガンプラキャンペーン

 今、バンダイで、機動戦士ガンダム30周年記念 HGUCガンプラキャンペーンをやっている。

 バンダイホビーサイト:HGUCガンプラキャンペーン(メーカー告知サイト)

 HGUCの商品パッケージにあるバーコードで応募。景品は折りたたみ自転車やTシャツが貰えるようだ。
 一次締切はガンダム柄、二次締切がシャア柄。二次締切の方が人気ありそうだな。
 百式自転車、欲しいぞ!

 HGUCの箱はたくさんあるし、年賀ハガキの余りもある。何口か応募してみようかね。


HGUCギラ・ドーガ、仮組み

 発売を心待ちにしていたキット、HGUCギラ・ドーガを、先週末に仮組みした。
HGUC ギラ・ドーガ
 HGUCの「逆シャア」登場MSキットは、どれも出来がいいよね。
 このギラ・ドーガも、アニメ作中とはちょっとイメージが違うけども、なかなかいい感じのプロポーションじゃないだろうか。複雑な形状の頭部も、巧妙なパーツ分けで、綺麗にかっちょこく仕上がるよ。このサイズにして、モノアイ可動ギミックも仕込まれている!
 早くジェガンもHGUC化して欲しい。ギラ・ドーガとジェガンをたくさん買って「”やってみる価値ありますぜ”ごっこ」をやるんだい。


ギラ・ドーガまで!!

 この記事タイトル、何度も使っているような気がするが(笑)。
 えっと、ついに11月にHGUCギラ・ドーガが発売されるらしい。カメっちさんの記事「ガンプラ秘密工場(仮):ギラ・ドーガHGUC化うれしいっす♪」に、ラピット試作の写真が掲載されているけど、それを見る限りでは、HGUCザク改みたいな痩身には見えないね。でも、先月発売されたHGUCケンプファーはラピット試作では良好だったのに商品キットではちょっと細身になってしまっていた。それでも、個人的には及第点だけど。
 閑話休題。ギラ・ドーガは大好きなMSなんだよねぇ。逆シャアのMSはどれも好きだけど、やっぱりジオン系量産機ってことで、ザクの流れをくむギラ・ドーガはいいね。
 名作キットHGUCサザビーの後だけに、落花生だかナスだかみたいな面白い形状の手足も、ちゃんと再現してくれるだろうと、期待している。


作るかい?

 出荷日早々に、仕事が忙しいにもかかわらず残業1時間で退社し買っておいた、HGUCサザビー(1/144サザビーHG)。
 それをパチ組みしてみた。

HGUCサザビー
 プロポーションや色分けもさることながら、何この組みやすさ!
 巧妙なパーツ割りで合わせ目消しの必要が不要。さらに、ほとんどのゲート切断跡は組み立て後には目立たない部分にある。それでもいくつかある目立つ部分のゲート跡も、広い凸面にあるので、ヤスリ掛けも簡単(コスト削減のためか、最近のガンプラはランナーやゲートが細くなってるから、なおさら簡単かと)。
 各ブロック、組み立て後に取り外し可能で、いわゆる「後ハメ可」。当然スナップフィットキットなのだが、接合ピンをカットしなくても、絶妙な接合強度で、数回の分解・再組立をおこなっても問題なさそう。そもそも、(通常はピンを切り飛ばし)何度も分解・再組立をやるような人は最終的には接着処理をするのだろうから関係ないかもしれないけど、接合ピンのカットと、それに伴う仮組み時のマスキングテープ固定っていう工程が不要ってのは、かなり楽。

 スカート先端のスラスターが一体成形で黄色になってないとか文句いう人がいるかもしれないけど、そんなの、ガンダムマーカーでちょちょいと塗ればいいじゃんね。贅沢だよ。旧キットを体験してから言え! って思うね(笑)。

 ってことで、このHGUCサザビー。ガンプラ入門用キットとしてもお薦めできる、素晴らしい製品だと思う。

HGUC 1/144 サザビー HGUC 1/144 サザビー

バンダイ 2008-06-28
売り上げランキング : 110
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


必要なのは工具、ザクのパーツ、イメージトレーニング、この三つだ。

 HGUCザクFZを改造するにあたり、イメージトレーニングのために、「ポケ戦」DVDを観る。
 ついつい見入ってしまう。名作だよな。

 それにしても、やはり、劇中のザクは、デブだ。まぁ、ファーストにおける量産ザクも劇中ではかなりのデブに描かれているし、そもそもアニメ劇中での作画、設定画、ガンプラ、そのどれもが同じではないというのは重々承知している。
 なんというか、量産ザクに比べてFZはあまりキット化されていないから、たぶん「ガンプラとしてのザクFZ」を見る目が慣れていないのだろう。
 結局は、自分のもつイメージで好きに改造すればいいわけで、それがガンプラの楽しみ方のひとつでもあるんだけどもね。うーむ。

HGUC 1/144 ザク2改 HGUC 1/144 ザク2改

バンダイ 2008-05-21
売り上げランキング : 254
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools