ついにGoogle MapsがiPadに対応、だけれどiOS純正くそマップをなんとかしてくれ

 2012年9月にiOS 6が発表された当時、多くのiPhone/iPadユーザが驚愕したのが「マップ」だろう。日本のマップはランドマークアイコンが本来とは全然違うところにあったり——「ガンダム駅」とか、おもしろネタもあったが(笑)——道路の路線名が違っていたり、施設名称がスカスカだったりと、使い物にならなかった。
 今では多少マシにはなったものの、なぜそれまでのGoogle Mapsベースをやめて、アップル独自のにしたのか理解に苦しむ。
 そのあまりにもヘボい仕様に「くそマップ」とも呼ばれ、俺も代替の地図アプリを使っている。早々にGoogle Mapsアプリも早々に登場したのだが、iPadには最適化されておらず、iPhoneアプリの2倍拡大表示となり、見難かったので、俺はiPadではMaps+というGoogle Mapsベースのユニバーサルアプリ(iPhone/iPad両対応)を使っていた。
 が、今日やっと、Google MapsアプリがiPadにも対応した!
 慣れ親しんだ画面。経路検索では電車にも対応。
 いやぁ、嬉しい。本当に嬉しい。

 しかし、Google Mapsがあろうが、他のアプリから住所などで地図を呼び出す時に、純正くそマップに飛ぶので困るのだ。早く純正マップアプリをGoogleなみにしてください。お願いしますアップル様。

 Google Maps(iTunes Store)


なぜかMacとiPhone/iPadのカレンダーの休日が英語表示になってしまったのだが

 2012/11/10追記
 現時点では、当件は回復し、下記の米国アップルサイトからダウンロード登録した照会カレンダーも日本語表示に戻っているようです。
+++++

 備忘メモ。

 Mac (OS X MountainLion)やiOSデバイスのカレンダーアプリには、日本の休日がない。そのため、自分でCalDAV形式の共有カレンダーを呼び込む。Macのカレンダーでは、メニューバーの「ファイル>新規照会カレンダー…」で呼び込む。
20121104_calendar_kyuujitsu

 今までは、米国アップルのサイトからダウンロードできる Japanese Holiday Calendar (http://www.apple.com/downloads/macosx/calendars/japaneseholidaycalendar.html)を使っていたのだが、これがなぜか今日は英語表示になってしまったのだ。昨日までは日本語表示だったのに。

 どうしようもないので、試しに、だいぶ前に使用していた、Goolカレンダーの「日本の休日」(http://www.google.com/calendar/ical/ja.japanese%23holiday%40group.v.calendar.google.com/public/basic.ics)を利用してみた。

 そして、iPhone/iPadと同期。
 これで、日本語表示になった。


反映されるまでには時間を要すらしい

 移動ルートをiPhoneで記録するWebサービスを使い、散歩などの時に活用している。
 今日のポタリングで、そのルート記録上で気になったというか、ちょっと面白い箇所があった。
20120506_map1
20120506_map2 川沿いの遊歩道を通ったのだが、そこが、航空写真上では、まだ整備工事中。地図表示に至っては、遊歩道用の川幅変更すら反映されておらず、川の上を通ったかのような記録に。ちなみに、iPhoneのGPS機能を用いた、当該アプリによるルート記録は、かなり正確——なのは、この航空写真モードでも解ると思う——だ。
 もちろん、それらに不平不満をいうつもりはない。
 いや、Googleさんといえども、現況を地図に反映させるには時間がかかるようだな、と。
 そんだけの話(笑)。


ってことで、GPSロガーに移行

 前回の記事のとおり、Eye-Fi Pro X2を購入したものの、俺の希望の目的にはかなわずガッカリしたのだが、もはや「I-10で撮影した写真にも簡単にジオタグを付けたい」熱は高まる一方。
 今まで気になってはいたけど、買わずにいたGPSロガーを買ってしまったよ。

 選んだのは、ソニーの GPS-CS3K というやつ。
SONY GPSユニットキット GPS-CS3K
B001U65SL4

 こいつは、電源を入れると、GPSによる測位結果を粛々と記録してくれるというもの。公称値で単三電池1本で15時間程度使えるらしい。
 これを持ち歩けば、俺が移動記録をため込んでくれる。
GPSロガー
GPSロガー
 で、この小さい機器本体だけで、デジカメ写真にジオタグを付与することができるんだよ!
 デジカメで撮影した写真が入っているメモリースティックDuoかSDカードをそのまま挿入することができて、撮影日時と記録された位置情報の日時を照合して、写真にジオタグを追加してくれる。もうね、ひじょうに簡単だよ。
 付属ソフトはWindows用で、Macでは使えないけど、上記のとおりGPS-CS3K本体のみでもサクっとできるので、問題なし。
 ちなみに、付属のUSBケーブルでパソコンに繋げば、マスストレージデバイスとして認識されるので、Macでも位置情報ログデータをコピーすることは可能。それを汎用のデータ型式に変換するフリーソフトもいくつかあるらしので、MacでもログからGoogleマップに移動ルートを表示させる事とか可能のようだ。

 明日から色々使ってみる。


iPadで表計算って……悩み中。

 iPad。せっかく大きい画面なので、表計算アプリも使いたい。
 Apple純正のNumbers iPad版は、iWork形式かPDFでしか書き出しができない。Mac版 iWorkを持っていないので、これじゃどうにも汎用性に問題がある。
 まぁ、とりあえず使いたいのは体重記録とDVD所有リストくらいなもんなので、Googleドキュメント経由でもいいかなとは思うけどね。iPadだと、Googleドキュメントのスプレッドシートも(モバイルモードなら)そこそこ快適に使えるし。
 しかしこちらにもちょっとした問題があって、まず、関数があまりない。フォントが変になってしまう。曜日は英語記述になってしまう……など、細かい点で不満が。

 悩むなぁ。


歩き2日目

 今日も、少しウォーキングをしてきたよ。雨が降りそうだったので、夕飯前の17時頃スタート。
 昨日より少しペースをあげて、4.2キロを30分で。
 しかし、これでiPhoneアプリでの計測では平均時速5キロだってのが、ちょっと納得いかないんだけどな。距離と時間から換算するんじゃなく、GPSでの距離記録時毎の計測を集計してるのかな。それだと、確かに信号待ちなら速度ゼロってのもあるしねぇ。
 まぁ、距離と時間が正確に記録されていて歩行ルートはGoogleマップにプロットされて参照できるので、無料のiPhoneアプリとしては、満足かな。

 あとは、毎週続けられるか、だね(笑)。


ドリコムがブログをライブドアへ譲渡

「ドリコムブログ」をライブドアへ譲渡、3月末に終了へ(2009.10.26 BBWatch)

 ドリコムは26日、個人向けの無料ブログサービス「ドリコムブログ」について、ライブドアへ譲渡すると発表した。26日付で譲渡契約を締結し、譲渡金額は非公開。譲渡後、「ドリコムブログ」は終了する。

 譲渡理由として、ドリコムでは「mixiアプリや携帯電話向けの着信メロディ配信など、エンタメ事業に資源を注力したい。事業を集約することで市場における優位性や企業価値の向上を図れる」としている。

 また、譲渡先にライブドアを選択した理由として、ライブドアがユーザー数300万人(2009年9月現在)を保有する個人向けブログサービス「livedoor Blog」を提供しており、「ブログに関する新しいサービスを提供するなど、ブログ事業が強い。現在利用しているユーザーに最も迷惑がかからない移行先としてライブドアが適任であると判断した」としている。

 今後のスケジュールとしては、2009年11月19日〜2010年1月で、ドリコムブログ管理画面内に「livedoorBlog」へ移行できるボタンを用意する「先行移行期間」、2010年2月〜3月で、データをバックアップできるエクスポート機能を提供し「livedoor Blog」以外のサービスにもブログを移行できる「一般移行期間」を予定。2010年3月末には「ドリコムブログ」を終了させる。なお、2009年9月時点での「ドリコムブログ」の会員数は23万人。

 ドリコムRSSはどうなるんだろ。現在はGoogleリーダーを使っているので、ドリコムRSSはしばらくその存在を忘れていたし、どうでもいいんだけどね(笑)。


プッシュメールはバッテリーを食うので

 GoogleのGmailが、iPhone向けのプッシュ受信に対応してくれたので、プッシュ受信をオンにして一週間くらい使ってみた。
 予想していた事だが、バッテリー消費がものすごいので、やっぱりプッシュはオフにして、フェッチ確認30分ごとに設定。
 夜帰宅するまではバッテリーが持って欲しいのでね。