ゴミ箱が綺麗になった

 昨日記事にあげた、ゴミ箱が空に出来ない件。
 ふと思い立ち、BootCamp用のWindowsXPボリューム(FAT32パーテーション)をアンマウントしてみると、ゴミ箱が空になった。再マウントするとゴミも復活。どうやら謎のゴミは、Windowsボリュームにできているらしい。
 まずはFinderからWindowsパーテーションにある”.Trashes”を削除しようとするが、できない。その中身をみると、いるいる! あの謎のゴミファイルが。
 ってことで、どうしようもないので、ディスクユーティリティでこのWindowsパーテーションを初期化。BootCampでWindowsXPを再インストール。わーい。スッキリ。2時間近くかかったけどな。
 しかし、なんでMacボリュームで削除したファイルがWinボリュームのゴミ箱(「ごみ箱」にあらず(笑))に入ったんだろう。まぁ、怪しい壊れたファイル……っつーか実体がないヤツだったんだから、これ以上詮索しても仕方がないや。

 納得はいかないけど、とりあえず復旧。


気づかぬものだ。だってそうだろう?MacOSXとWindowsXP…違いすぎる

 WindowsXPで、外付けハードディスクのフォーマットのしかたが解らない。Macの「ディスクユーティリティ」に相当するツールが見当たらない。っつーか、ごちゃごちゃしてるディレクトリ階層をたどるのが嫌だし、検索機能はへぼいし。まぁ、インテルMacでたまに起動し、Macキーボードのみで操作してるからやりにくい(特に右クリックがね)ってのは解ってるけど。
 あ、ネット検索したら、周辺機器メーカーのサイトに説明があり、それでやり方は簡単にわかった。
 が。

 スタートメニューからマイコンピュータを右クリックして、表示されるメニューから「管理」を選択
 ↓
「コンピュータの管理」のコンソールツリーで、「記憶域」の下の「ディスクの管理」をクリック

 …こんなところに隠してたのか! めんどくせぇ!

 いや、ジャーナルファイルが壊れてMac環境でマウントできなくなった外付けHDDを、一度Win環境からFAT32でフォーマットした後、MacでHFS+に再フォーマットしようとしただけなんだけど。