ガンダム、タイ地に立つ!

 お台場のガンダム、タイに一時帰国−30周年記念イベントで展示へ(2009.10.20 バンコク経済新聞)

 サイアム・パラゴン(BTSサイアム駅前)で10月21日、この夏お台場の「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」で展示された等身大モデルを目玉にした「GUNDAM EXPO THAILAND 2009 @ Siam Paragon」が開催される。主催はタイ国内で仮面ライダーなどのキャラクターの版権を所有するドリームエクスプレス(DEX)。

 同イベントはガンダムのテレビ放映から30周年を記念して開かれるもの。RX78-2の1分の1モデルの上半身を展示するほか、ガンダム第一作からこれまでの歴史をポスターや関連商品のディスプレーで振り返る。

 すげー等身大ガンダム、タイに行ってるんだ。でも、「一時帰国」の意味がよく解らなかったんだけど、このガンダムのFRP製本体は、タイの工場で制作されたらしい。

 サイアムパラゴンPR担当のヌーさんは「このガンダムはタイのFRP工場で制作されたものなので、実はタイ生まれ。施設の関係で展示は上半身だけだが、すごい迫力。下半身は日本にあると聞いている」と話す。

 タイに行ってるのはAパーツだけか。全身ならよかったのに、私設の都合ならしかたないか。


アクセス解析概要(2008.04)

 XREA AccessAnalyzerによる当ブログの4月アクセス解析概要。

 月間アクセス数

 ヒット回数: 11618 (平均387.3/日)
 ユニーク数: 8839 (平均294.3/日)

続きを読む


検索ヒットなど(2006.08)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの8月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:9279 累計228603(先月比 +474)
 ユニーク数:5141 累計127673(先月比 +449)

続きを読む


ガンプラEXPO

 発表されてからずっと楽しみにしていた、ガンプラEXPOに行ってきた。
 木星帰りの男るしさんと池袋駅で待合せして、二人で(笑)。

 入場待ちはすげー人数。でも、10分くらいで入れた。
 展示物は、基本的には、ガンプラが発売順に紹介されているのを眺めるだけ。途中でジオラマコーナーがあった。
 今までの全ガンプラが発売順に並んでいるのは価値はあるとは思う。
 ほとんどが無塗装・無改造で組立てられているだけというのも、メーカー主催のキット紹介という趣旨とすれば、納得できる。
 しかしね、ゲート処理くらいしてくれよ。接着剤がはみでてるよ……。

 ジオラマは、素組に比べればマシな出来ではある。でも、今一つ詰が甘い。「ガンダム大地に立つ」のシーンならザクのクチバシをもぎ取るかジーン機を斬って欲しかったし、「迫撃トリプルドム」のシーンならミデアを破壊してほしかったし、「ラストシューティング」のシーンは、足を広げすぎだし(笑)。

20060827-GUNPLA_EXPO-2.jpg
 でも、この金型紹介には感動した。これ、あの名作キット(現在絶版)である「HGガンダム」だよ。

20060827-GUNPLA_EXPO-3.jpg
 出口付近で、川口名人の実演が見れた。やっぱすげーや。

 んー、はっきりいって期待ほどの催しじゃなかったかな。入場無料なので、こんなものか(笑)。