iPhoneで充電と同時に使えるDockコネクタ接続のネックストラップを自作(ちょいと改修)

 iPhoneの充電もできるネックストラップ自作
 少し改修した。

20120805_1
 例のごとく百円ショップで材料を調達。
 リングを直径25ミリから20ミリにした。本当は10〜15ミリのが欲しかったんだけど、あちこち見て回るのも面倒だから、これで妥協。
 それと、吊り軸を回転させる金具。

 これだけで、だいぶ使いやすくなったよ。


iPhoneで充電と同時に使えるDockコネクタ接続のネックストラップを自作

 iPhone。散歩やまち歩きをしている時は、すぐに写真を撮りたいので、シンプリズムのDockコネクタに取り付けるネックストラップを使っている。

Simplism iPhone 用 ネック ストラップ Dockコネクター ワンタッチ接続 DockStrap Neo ブラック TR-DSIN-BK

 もちろんそれは良い製品でお気に入りなのだが、充電(単三エネループ4本を装填するUSB出力のモバイルバッテリーを愛用している)する時には、そのネックストラップを外さなければならない。そりゃそうだよね、iPhoneにはDockコネクタはひとつしかないから(笑)。
 ネックストラップをつけたままで充電したい。ストラップ用の穴が付いているiPhoneケースもあるけど、ネックストラップの取り外しがちょっと面倒っぽいし、そもそもストラップ穴がついているケースは不細工で好きではない。

 Dockコネクタにネックストラップ状態で装着したままで充電もできるようなアクセサリはないのだろうか。

エアージェイ iPorter 充電&データ転送 ストラップ型 USBケーブル iPhone4S/4/3GS/3G/iPod対応 ブラック UKJ-PHSTBK

[iPhone4専用]ネジでiPhone 4にストラップを装着!携帯ストラップアイテムNETSUKE 001-044 poddities【iPhone4 iPhone 4】

 こんなのは売っているが、どちらも俺の要求を満たすものではない。
 サンコーレアモノショップや秋葉館あたりにはあるかなと思ったが、ない。
 欲しいひとは居ないのかねぇ?

 まぁ「欲しいモノが無ければ自作してしまえ!」というのが、俺の信条。つか、工作大好き。
 で、昨夜ふと閃いた。キュピーン!

 さっそく、材料の調達。
 と言っても、百円ショップで、iPhone DockをminiUSBに変換するアダプタを買ってきただけ。
IMG_7419
「I-POD」という表記はなんとかして欲しいところだけど、そこは百円なので、どうでもいいや。これを2個購入。
 どこに穴を開けられるかを確認するために、ひとつを分解。
IMG_7422
 miniUSB部分の出っ張りを中に埋込めそうだが、それは次回の課題として、今回は、単純に穴を開けてリングを通すだけとする。
IMG_7423
 中身の確認をした結果、USB側から7mmくらいのところが、空洞で配線や回路もなくて良さそう。ここに2.5ミリのピンバイスで開口!
IMG_7424
 工具箱(というかジャンク箱(笑))から適当なリングを選んできて通す。よくキーホルダーなんかに使われている、直径25ミリの二重リングだ。
 これを、シンプリズムの元からついていたDock接続パーツと付け替える。
 が、これをDockコネクタにつけたままのiPhoneを平らな所に置くと、Dock側が浮いてしまう。これではiPhone本体のDockピンが曲がってしまうかもしれない。
IMG_7427
 それなので、縦に1センチくらいの長い穴にして、リングが上面側に動くようにした。って文字で説明するのは難しいな(笑)。
 ともかく、それでiPhoneは平らに置けるようになった。
 元のパーツは、大切にとっておくよ。
IMG_7428

 首から下げたイメージ。
IMGP1513
 さらに充電もしているイメージ。
IMGP1514
 ちゃんと充電されていることも確認。
IMGP1517
 今日のところは、USBケーブルは、2.5インチHDDケースに付いていた手持ちのやつを使用。巻き取り式のを買うつもり。

 トリニティさん、もっとスマートな形にして、シンプリズムブランドで商品化してくれません? いや、かなりマジです。


iPad 2を「MacBook化」するキーボード付ケース NoteBookCase for iPad2

 サンコーレアモノショップから発売された「NoteBookCase for iPad2」という製品。

 現在愛用している、ロジクールのキーボードケース for iPad2 TK700 もキータッチが良くて素晴らしい製品でなので、乗換えるかというのは悩ましいけどね(笑)。
LOGICOOL キーボードケース For iPad TK700

 キータッチは実物を触って確認しないとわからんのはもちろんだけど、多少なりともパームレスト部分があり、キーボード周囲にTK700のような「枠」もないので、その辺はTK700より快適そうだ。
 キーボードのUSB出力とiPadのDockコネクタをつなぐと、キーボードとiPadを同時に充電できるってのもいい。

 やばいな、これ欲しい。実物を確認してこよ。


iPhone4S バンパーを新調した。

バンパー
 愛用していたiPhone用バンパーが、落下させた時に受けたダメージの部分からラバーがはがれてきて、ゴムボンドで補修しようとしたらボンドで溶けてしまい、どうしようもなくなったので、また同じのを買った。
バンパー
 一応最初に述べておくと、ご覧のようにプラ部分が赤、ラバー部分が黒という配色で、純正品ではない(笑)。できればアップル純正品のバンパーを使いたいのだが、気に入る色がないので、アマゾンで見つけたこの赤い製品を購入している次第。
 これ、安いんだよね。USB Dockケーブルと液晶保護フィルムがついて、送料無料の1180円(笑)。まぁ、前回購入したのが6月、5ヶ月ちょっとで壊れた訳だが、落として痛めなければもっと使えたと思うんだよね。納得して使う分には悪くはない。まぁ、オススメというにはアレがアレなので(笑)、リンクを張るのはやめておくが。

 ってことで、同じ商品を注文したのだが、よく見ると少し改良されていた。
 バンパーの内側。中央のプラ部分の見えがかりは、前回品は約4.5ミリ、今回品は約3ミリ。これは、プラとラバーの重なり幅が増した事を意味する。つまり接着強度が向上したのかもと期待できる。
バンパー
バンパー
 写真では解りにくいが、色が少し明るくなった。
バンパー
 左が前回品、右が今回品。

 スリープボタン、音量ボタンは、それぞれ質感が僅かに向上したように思える。ただし、クリック感は若干悪くなった。前回品は問題なく快適だったのに今回品は少し力を入れないと音量ボタンが操作できない事があった。
 このバンパーはiPhone 4 用なので、過日の記事のように今回も4Sに会うようにミュートボタン用穴を広げる加工をしなければならない。
バンパー
 そのついでに、バンパーの音量ボタンの内側にコピー用紙1枚を紙用両面テープで貼ってみた。そうしたら、適度なクリック感で前回品と同様の操作になった。まさに「紙一重の差」だった訳だ(笑)。
バンパー
 俺はガンプラを趣味のひとつとしているし、細かい工作や修理加工なんかも好きなので、まったく苦にならないが、こういった簡単な加工を伴う事を承知していれば、コストパフォーマンスは決して悪くない製品だと思う。


同期専用ってないのかな?

 iPhone+iPad FAN (^_^)v:巻取式で同期ON/OFF可能なDockケーブル「KD-115」で知ったグッズ。

 上記記事のタイトルどおりなのだが、「充電+同期」と「充電専用」のモード切り替えができるDockケーブル。このての製品がでるといつも思うのだが、「同期専用」モードってのはできないんだろうか。なるべく継ぎ足し充電はたくない派なので、iPhoneとMacを同期だけしたい事がよくあるんだよね。
 これだけいくつも類似製品が出てきても「同期専用」ってのはないみたいだから、不可能なんだろうか。
 もちろん同期時にも電気が使うからなぁ。充電のみ切るってのはやっぱりだめか。


小物収納インナーケースGRID-IT

「ゴムベルトがデジモノアクセサリなどをしっかり掴んで放さない!! 使いたい物がすぐ取り出せる!!」
 そんな宣伝文句を少し前にネットサーフィン中に見つけて一目ぼれ。しかし人気商品で入荷待ち状態だったのを予約してあったのだが、それが予定より数日早く届いた。

 COCOON社製のGRID-IT(輸入販売サンワサプライ社)
20101128_gridit_cpg5.jpg
 CPG5という、約B5サイズのを購入。
 エネループ(スティックブースター、単三×4本)、iPhone接続USB Dockケーブル、Pocket WiFi標準バッテリ&標準電池カバー、Pocket WiFi充電USBケーブル、iPad用自作スタイラスペン。
 これら毎日必ず携帯する充電グッズを収めるのにちょうど良い。
 小物を収納する時、パズルみたいで楽しい。
 ちなみに裏面にはファスナーポケットが付いている。
 嫁さん用にはA4サイズのCPG10を買ってあげたが、そっちもいい感じだった。

 これ、オススメ!


iPhone用リモコンと補助電源

 iPhoneのリモコンと補助バッテリーを購入した。どちらも、トリニティのsimplismブランドのもの。
iPhone
 この3ボタンリモコンは、iPod/iPhone3GS用のアップル純正リモコンイヤホンと同様の曲コントロールが可能。これに好きなイヤホンを接続できるもの。マイクは内蔵されていないので、iPhone3GSでの音声通話はできないけど、それ以外はまったく同じに操作できた。
iPhone
 乾電池式、補助充電アダプタ。これに単4乾電池3本を入れて、iPod/iPhoneのDockコネクタに接続して、充電を行う。
 エネループを入れて、iPhone3GSに充電してみたら、バッテリ残量26%の状態から80%まで充電できた。54%充電できたということか。説明書によると、完全放電のiPhone3Gにエネループで60%まで充電できるとあるので、3GSでこれってことは、まぁ、仕様どおりなんだろうな。使ったエネループも、たぶん充電してから半年くらい置いてあるものだし。
iPhone
 iPhoneへの接続も、違和感がない……っていうと嘘になるけど、同じようなデザインになっているので、及第点だろう。
 しかしね、この充電アダプタ。入れた電池を取り替える時、固くて外しにくい! 不良品かもしれない。メーカーに問合せ中。
 コンパクトだし、この電池の固さ以外は気に入ってるんだけどな。


Dockコネクタ用ネックストラップ

 iPhoneにストラップを付けたいとは思っていたが、なかなか良いのがなかった。カバーはパワサポのエアージャケットを愛用していて、他のは使いたくない。
 で、最近発売されて、なかなか評判が良いDockコネクタ用ネックストラップというのを購入した。
 これが、スマートでいいのよ。嫁さんにも買ってあげた。
 Dockコネクタとの脱着はボタンを押しながら行うので、簡単には外れなさそう。


エアジャケット

 アマゾンで注文しておいた、パワーサポートの Air jacket (エアージャケット) クリアが届いた。
エアジャケット
 背面に装着する、ポリカーボネート製のカバー。液晶部保護フィルム(前面の全面(笑)を覆う物)とのセット。液晶保護フィルムは別の製品をすでに購入・装着済なので、今回のはとっておこう。
エアジャケット
 厚さ0.8ミリのポリカーボネート製。「iPhone3Gの外観を損なわない事を最優先に考えた背面用クリスタルジャケット」とのこと。
 さっそく、装着。
エアジャケット
 おぉ、これはいい。実は、iPhone購入の翌日に、某社のシリコンジャケットを購入して使ってたんだけども、Dockコネクタまわりがブニブニしてて外れそうだし(実際には外れないが)、何しろ背面のAppleマークが隠れてしまうのが残念だった。
 それに比べて、このエアージャケットはいいね。さすが各種iPod用クリスタルジャケットシリーズで評判いいパワーサポートだわ。いい仕事してるね。

 それにしても、このエアージャケットを装着した黒iPhone3Gの背面。何かに似ているなぁとすっと考えていたのだが、やっと思い出した。なんとなく、以前の黒いApple純正マウス(通称=栗まんじゅう)に似てない?

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71
パワーサポート
売り上げランキング : 70

Amazonで詳しく見る by G-Tools


リサイクル!?

 Dockにあるゴミ箱。ここに入れたファイルは、「ゴミ箱を空にする」同等機能を実行しない限り、残る。
 が、しかし!

ゴミ箱から消えない
 さっき、Preferencesフォルダ内に変な文字化けしてる容量ゼロKBのファイルを発見し、ごみ箱に入れたところ、こいつが、全然消えてくれないのよ。
 いや「ゴミ箱を空にする」と消える。けど、再度ゴミ箱を開いたり、別のファイルを入れたりした後に確認してみると、また現れるのよ。さらにややこしいことに、このふたつのファイルは、ゴミ箱からデスクトップにドラッグすると消え、デスクトップにもいなくなる。しかし、またゴミ箱を確認するといる。
 ファイル変更日が、システム基準の1904年1月1日だし。

 ムキー!
 改善されなかったら、週末にアップルケアに電話してみる。

 もう寝る!