ザウルスの生産停止

 PDAの草分け「ザウルス」生産停止、高機能携帯に押され (2008.12.13 YOMIURI ONLINE)

 シャープが、1990年代に大ヒットした携帯情報端末(PDA)「ザウルス」の生産を停止していたことが13日、わかった。

 日本のPDAでは草分け的存在だが、パソコン並みの機能を備えた携帯電話「スマートフォン」の登場などで、役割を終えた。在庫がなくなり次第、販売も中止する。修理などのアフターサービスは続ける。

 俺も、昨年19月まで、リナザウことLinux搭載ザウルスSL-C1000を愛用していた。そのだいぶ前……今から10年以上前にも、当時のザウルスを使っていた。
 途中、NewtonやらPalmPilot/WorkPad/CLIEやらを渡り歩いて、現在はiPhoneという遍歴の中、ブランドでくくるとすれば、「シャープのザウルス」の使用期間が一番長いんじゃないかなぁ。PDA以前の電子手帳やポケコンなんかも、シャープ製もよく使っていた。
 言うまでもなく、シャープは、このジャンルの製品ではリーダーたる企業のひとつだった。

 アップルが大好きで、あれだけ思い入れ深く愛着もって使っていたNewtonの終局時よりも、もはや使わなくなって1年以上たったザウルスの生産終了を聞いた今回の方が、感じる寂しさが大きいような気がする。
 やっぱり日本の企業が頑張ってくれるのは嬉しいもんね。

 シャープは現在、携帯電話機の国内市場シェア(占有率)でトップ。担当者は「ザウルスの機能は携帯電話に受け継がれている。ザウルスのブランドを冠した新たな商品を投入することも検討している」と説明している。

 ザウルス、お疲れさま。
 そして、シャープには、ますます頑張ってほしいですな。


UX50復活!?

 方々で、「ソニーから小型マシンが登場」という記事があって、巡回してみた。
 結論からいうと、VAIO type U が復活するという話なんだが。

 復活! キーボードがスライドする新VAIO type U「VGN-UX50」(2006.05.17 MYCOMジャーナル)

 この形状。Windowsポータブルマシンに興味がない俺でも、おぉ復活したな!と思ってしまう。
 同じソニーがかつて出していたPalmOS搭載のPDA CLIE(クリエ)PEG-UX50のビューワーモードにそっくり(笑)。
 っつーか、まず型番で、まじに一瞬クリエ復活!?と思ったぜ。


リナザウ用の無線LANカードが売ってねぇ!

 Zaurusを家庭内無線LANに参加させるべく、CLIE用のPEGA-WL100を流用したが、どうやっても上手く行かない。
 まぁ、SL-C3000での成功例は報告されているが、まだC1000での成功例は、ネットで検索されず。
 で、その流用はあきらめ、昨日・今日と、仕事帰りにちょっと秋葉原で探したのだが、CF型の無線LANカードが、どこにも売ってない。どうやら、軒並み販売終了しちゃって、シャープが正式対応と発表している製品のうちまだ流通しているのはIO-DATAの1製品とプラネックスの1製品のみらしい。
 んー、うちのMacはUSB1.0なので、USBストレージで接続すると遅いんだよな。まぁ、今の所それしか方法はないし、今後は接続する機会は減るのだろうが。
 なんだかなぁ。PDAは無線LANじゃなく、PHSのAirH”を使えということなのか?

 寝る!


クリエ→リナザウ、データ移行の経過

 CLIE PEG-NX60から、リナザウZaurus SL-C1000へのデータ移行についての経過報告のようなもの。

 んー、VirtualPCで連携するのは、やめた。なんかWinXPだと異様に重たいし、Win98はザウルス用のリンクソフトが動かないし。
 っていうか、そもそも、CLIEでもMacとはあまり連携してなかった。バックアップをとっていればいいや。
 カードリーダーでSDカードはマウントできるので、エクセルやテキストなどの汎用的ファイルは、それでやりとりする。

 って方針にして、先人の知恵を拝借して、なんとかMac環境下でCLIEのデータを転送すべく、ネットで情報を集める。

 まず、MacOS X版のPalmDesktopで、CLIEの全データを読み込み、そのデータフォルダを待避(永久保存)。さらに、CLIE上でbackupを実行。そのメモリースティックをカードリーダーでMacにマウントし、ディスクイメージで保存(永久保存)。
 その後、iSyncでアドレスブックとiCalに、CLIEのアドレスと予定表のデータ読み込む。
 ZMacSyncというMac→SLザウルス転送ソフトをダウンロードしてくる。
 同梱のMac用 USB接続ドライバをインストールすると、おぉ!SambaでMacからザウルスに接続できる!
 この状態で、とりあえずアドレスだけをZaurusへ転送。成功。しかし、220件のデータを送るのに5分もかかった。
 さらに今度はiCalのデータをZaurusuに送るように指定する。1700件あるので、どのくらい時間がかかるのだろう、と覚悟してとりかかったが、案の定45分を要した。

 ここまでは時間がかかったけど、あとはどうにかなる。
 CLIEのメモ帳で蓄積したものは、PalmDesktopでテキスト書き出しをして、ザウルスのSDカードへ放り込んだ。
 今後、grepやsedを試してみる。

 なんとかここまでできて、よかった。
 次は宅内無線LANに参加させる作業。


なんだ、データ転送できるじゃん

 まだ試行錯誤してるんだけども。
 っていうか、CLIEに付属の専用カスタマイズ版PalmDeskTopは、WinXPに対応してないらしい。

 で、何気なくCLIEからザウルスへ、スケジュールとアドレスを赤外線送信してみたら、カテゴリが反映されないけど、あっけなく転送できた!
 ……でも、1件ずつしか処理できないけどな……。
 確実ではあるが、果てしなく時間がかかる。
 ぬか喜び。

 それと、なんだかCLIE専用のCF型無線LANカード PEGA-WL100がザウルスでも(というか、Linuxでも)使えるようにできるらしい。terminalから、OS設定ファイルをいじらにゃならんってことで、まだ怖いので試せないけど、もしこれが本当に可能なら、数千円の節約になる。


覚悟の上だが、前途多難

 久し振りに、半ば衝動買い的に、新しいネタ帳PDAを購入したが、覚悟してたとはいえ、CLIEからのデータ移行は、かなり困難だ。
 今月いっぱいは、併用だな。
 ちなみに、写真にある母艦(PDAとリンクさせるパソコン)の画面はWinXPだけども、これ、Mac PowerBookG4 でVirtualPCを動かしてる状態だから。

 まぁ、今までのデータは、MacでもPalmDesktopで、汎用性のあるCSVテキストデータに変換できるので、なんとかなるけど。
 今後ザウルスで蓄積するデータだよな。

 寝る!


これもスランプというのか?

 一週間ぶりに、管理画面に直接入力〜即公開をしてみる(笑)。

 最近、巡回ブログの多くで、更新に対するモチベーションが下がったとか、ブログは誰の物とか、記事を書くネタがどうのとか、まぁ、そんな、自己分析風のことを目にする。

 俺も、ブログを始めて、そろそろ1年になる。
 ここらで省みるか……なんてのは、俺に似合わないね。

 それと関連あるかどうかわからんけど、ここ数日は、以前のように、脳と指が直結しているような、思った事を勢いで書いて即、記事として上げるという事をしなくなった。
 意識的にやっているわけではなく、ちょっと諸々忙しいので、メモ書き程度に留めてしまい(ネタはたくさんあるので、忘れないように、CLIEかパソコンのテキストエディタに入力はしておく)、さすがに、それをそのまま公開はできないなという状態。
 で、エディタで書き進めたり、オンラインの管理画面に直接入力しても、一旦下書き保存して、数時間から半日は放置する。再編集の時に醒めていたら、捨てる。

 こういうやりかたを常用していたブロガーも多いとは思うけど、俺は、日記としての意味合いが多い(日記を書くツールとして、またまたブログがしっくりしただけで、それ以上は深く考えていない)ので、ちょっと、今の「校正する」という状態は、自己嫌悪に近い苛立たしさがある。
 でも、即刻公開にすると、とんでもない文章になってしまうようで、怖い。
 ブログを日記として使っているとはいっても、当然、公表できない事も多い。そんなネタは、従来通り、CLIEに「本物の日記」として記述している。そっちも、なんか文章が乱れているんだよね。紙の日記帳だったら、きっと、翌日読み返した時に、破いてしまいそうなくらい、変な文章。えっと、文章というか、文法がめちゃめちゃなんだ。

 それでも、やっぱり、文章を綴るのは好き。
 俺は、文系の技術屋だからね(笑)。

ねこぱんち!
→むつみのT’sな日記:ちょうど3週間ぶりの更新です


遂にクリエが終局を迎える

 ソニー、クリエの新機種投入を終了(PC Watch 2005.02.22)

 そろそろ来るかと思って、覚悟はしていたんだけど、遂に正式発表されちゃった。
 ソニーのPalmOSベースのPDA、CLIE(クリエ)は、VZ90をもって終了。今後新機種はでず、現行機種の生産も7月まで。
 1999年にPamlデバイスに惚れてIBMのWorkPadを購入し、その次にCLIEのPEG-740C、ついでPEG-NX60と買い替えた。特にNX60は、もう2年以上使っていて、気に入っている。年末から若干不調ぎみなんだけど、なんとか使えているので、これが無起動になるまではもう少し使うつもり。
 んー、しかしCLIEが市場から消えるのは寂しいなぁ。
 PalmOSは、使いやすいんだよね。


怪しいお絵かきおやじ

 通勤電車の中では、愛用のCLIE NX60でブログ記事の下書きや、簡単な絵を描いたりしている。
 最近は、日頃参加している「玉猫戦隊オーブファイブ」関連の挿絵のラフを描いている事が多いんだけど、色々と便利だ。
 いや、どこでもPDAでさらさら描けるという便利さももちろんあるんだけど、それだけじゃなく。
 このところたくさん描いてるのが、登場キャラクターの顔で、まぁ、電車内だから、まわりに「モデル」がたくさんいる訳で(笑)。
「お。あの人は、あのキャラのイメージだ」などと、心の中で思いつつ、スタイラスペンを走らせる。
 難点は、最初の一瞬でほとんどの特徴をとらえてしまわなければいけないことかな。他人をジロジロ見る訳にはいかないからね。チラチラも不可(笑)。
 それでも、どうしても時々周りを見回してしまうから、ちょっと怪しいオッサンかもしれない。
 明日からは、新幹線の中だけにしておくか。

 向かいに座ってる人、美人だな。ユウカ似だ。
 このメモ帳をペイントツールに切り替えよ……。


萌えペイント?

 相変わらず不調のCLIEだけど、これ用のペイントソフトを見つけた。
 MoePaintというのが、それ。萌えペイント?
 俺の持っているCLIE NX60には、Photo Editor っていうソニー純正のツールがついていて、これでも簡易にお絵書きはできるけど、ペン、消しゴムしかなく、まぁ、JPEG写真の上にちょびヒゲ描いたりハゲヅラにしたりする程度。それに、既存の絵が読み込めない。つまり、一度保存したら修正できないという物。
 で、フリーのペイントツールを色々使ってきたんだけど、今回見つけたMoePaintは凄い。
 データ保存は独自形式だけど、BMPファイルの読込みと書き出しができるので、問題なし。メモリの関係もあり、せいぜい320*320くらいの絵しか書かないし、メモリースティックにBMPで保存しておけば、事実上は不自由なし。BMPなら、Macへの転送・再利用も容易だし。
 さらに凄いのは、これ、PalmOS用としては珍しく、レイヤーが使える! フリーソフトなのに!
 当然、スタイラスペンで直接書けるし、最高だね。
 んー、もうちょっと使えるぞ、CLIE。
 っていうか、無理して使わなきゃ(笑)。