バトル・オブ・シリコンバレーがセルDVD化

 別の商品をアマゾンで検索していたところ、「おすすめ商品」にリストアップされていたので知ったのだが、「バトル・オブ・シリコンバレー」が、やっとDVDで販売されるんだね。

 8年くらい前に初めて見た時には、色々な意味で感動したよ。

 原題は「Pirates of Silicon Valley(シリコンバレーの海賊)」で、元々は別の人が立ち上げたMac開発チームを社内クーデターでジョブズさんが乗っ取ったりという史実から、原題の方がしっくりいくんだけど、日本では馴染まないかもしれないね。まぁ、WOWOWで放送した時の「ジョブズとゲイツ シリコンバレーの蒼き炎」とかっていう俗っぽいタイトルにならなかっただけマシか(笑)。

 1999年くらいにアメリカで放送されたテレビドラマで、若き日のアップルの前CEOスティーブ・ジョブズさんと、マイクロソフトの会長ビル・ゲイツさんの戦い(?)を中心に描かれた作品。
 放送当時のタイミングでしかたないんだけども、ジョブズさんがアップルに復帰して、1997年にマイクロソフトと提携したところまでで物語は終わっている。
 ジョブズさんもゲイツさんも——もちろん脚色はされているだろうが——かなりえげつない人物に描かれているけど、それでも、なんとなく憎めない気がする。ただ、見終わった後は、あまり後味がいいとはいえないけどね。特にアップルファンは(笑)。
 しかし、ジョブズさん役のノア・ワイリーさんと、ゲイツさん役のアンソニー・マイケル・ホールさんが雰囲気バッチリ。ワイリーさんは若い頃のイケメンなジョブズさんっぽいし、マイケルさんはもう笑えるくらいにゲイツさんそっくり。
 VHSで発売されて、昔レンタル店にもおいてあったけど、あっと言う間に忘れ去られてしまい「知る人ぞ知る」作品になっていた。
 まぁ、ジョブズさんが亡くなって、今注目度が高いこのタイミングでDVD化されたんだろうとは思うけど、ともかく、未見の人は、ぜひ観て欲しい。

バトル・オブ・シリコンバレー [DVD]
スティーブン・ハフト
B0061R4LHO


スティーブ・ジョブズさん、お疲れさま

 10月5日、アップルの前CEO、スティーブ・ジョブズさんが亡くなった。
 正直に言えば、8月末に体調不良を理由にCEOを辞任した時に——いや、もっと前からの病気療養の頃から——とても心配していた。でも、アップルへの完全復帰は無理としても、今後の生活をのんびりと過して欲しいと願っていた。

 いくら大好きな企業とはいえ、俺の今までの人生において、その会社の社長・会長の訃報に対してこれほどまでに感慨にひたる事は、皆無に近い。というか、企業トップのお名前を知らない企業がほとんどだ(笑)。
 もちろん、ジョブズさんと話をした事も会った事もない。イベント等でお姿を拝見した事すらない。

 俺が初めてMacを購入したのは、たしか1993年頃。ColorClassicだった。当時のCEOはジョン・スカリーさん。それ以前のジョブズさんについては「伝説」として知っている程度だった。偉大な創業者だとは認識していたが、功績などを聞いても実感が湧かなかったな。
 しかし、前世紀末に経営的にどん底だったアップルに復帰してからのジョブズさんについては、リアルタイムで知っている訳で。
 俺としては、Newtonやクラリス社を切ったのは、いまだにちょっと許せないけれども(笑)、それを加味してもなお、ジョブズさんの功績は偉大だと思う。俺ごときが言うまでもない事だが(笑)。

 ともかく、我家では18年間ずっとMac一筋。子供たちなんか、物心ついた時にはすでにMacがある生活だよ。小学校当時のパソコンの授業は「画面の文字が汚くて気持ち悪い」とか「なんでマウスにボタンが2個もあるの?」とか、苦痛だったらしい(笑)。誤解されるのを承知であえて極論を言えば、これがMacの素晴らしさなんだよな。

 なんだかジョブズさんとは関係ないグダグダの文章になってしまったが、ご容赦願いたい。

 ジョブズさん、お疲れさまでした。でも、また新しい世界で何かスゲー物を発明しているかもしれませんね。いずれ俺がそっちへ行った時には、またそちらでもワクワクできる物がそろっているんでしょうなぁ。

 ご冥福をお祈りいたします。


ジョブズCEO、復帰間近か!?

 アップルのS・ジョブズ氏、6月22日から業務に復帰か–米報道 (2009.06.23 CNET Japan) というニュース。

Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が米国時間6月22日、カリフォルニア州クパチーノにあるAppleの本社に復帰したと、同社従業員らが報告しているという。

 更新情報:Reutersは太平洋夏時間午後5時14分に、この報道を裏付ける情報として次の記事を掲載した。「Jobs氏が6月22日、カリフォルニア州クパチーノのApple本社ビルから出てきて、1人で黒い車に乗り込む姿が確認されている。その後、黒いスーツを着てイヤホンを付けた数人の男性らの運転により車はその場を去った」

 ジョブズCEOは、2ヶ月前に肝臓移植手術を受けたらしい。以前患った膵臓癌が肝臓に転移したのかな。
 早く復帰して欲しいけど、どうか無理をなさらずに。


日本版iPhone、7月11日発売

 「iPhone 3G」、日本発売は7月11日 (2008.06.10 CNET Japan)

 アップルは6月10日、3G対応の同社携帯端末「iPhone 3G」を7月11日に日本で発売することを明らかにした。

 うわっ。先週4日にソフトバンクが発表した時点では「年内に発売」とされただけだったので、早くても秋だなと思っていたのに、iPhone 3Gの日本発売は来月か!
 しかも、ジョブズCEOは、「世界各国すべてで8GBモデルを$199USで発売する」と言っているそうだ。16GBは299$。こちらも世界で同じ価格だとすると、日本では、販売を請負うソフトバンクが儲け主義に走ってとんでもない価格設定をしなければ、4万円台には押さえられそうだ。それなら結構安いぞ。まさに予想外。
 料金プランとかどうなるんだろ。Xシリーズ(スマートフォン)準拠かな?


まだ解決してなかったのか……

 “Apple”商標問題が解決、ビートルズのAppleと協力関係へ (2007.02.06 MYCOMジャーナル)

米Appleは”Apple”の名称とロゴの使用をめぐって英Apple Corpsと争っていた問題で、両社が新たな契約に合意したことを発表した。Appleが”Apple”に関する全ての商標権を取得し、両社の間の全ての訴訟が取り下げられる。訴訟費用はそれぞれが負担する。

 去年の春に、アップル(当時アップルコンピュータ)の勝訴になったはずなんだけど、和解はしてなかったんだね。

 どちらかの肩を持つつもりはないけども、ビートルズ関係の音楽商売とアップルの商売は競合しないから問題なしだと思うんだけどなぁ。

新契約ではAppleが”Apple”の登録商標の権利を所有する。争点となったiTunesにおける”Apple”の名称とロゴの使用も認められている。一方、Apple Corpsはライセンス供与を受ける形で今後も商標を継続的に使用する。和解条件の詳細については明らかにされていない。

AppleのCEOであるSteve Jobs氏は「われわれはBeatlesを愛しており、商標権をめぐって彼らと対立するのは苦痛だった。前向きかつ諍いの再発を防ぐ形で解決に至り、今は最高の気分だ」と述べている。今年1月に開催されたMacworldにおける同氏の基調講演で、iPhoneのデモにBeatlesの楽曲が使用されたことで、両社の歩み寄りが噂されていた。

一方、Apple CorpsのマネジャーであるNeil Aspinall氏は「論争に終止符を打ち前進できるのは素晴らしいことだ。われわれはエキサイティングな未来へと進んでいく。Appleの成功を望むと共に、長期的な協力関係に期待している」とコメントしている。

 ともかく、平和解決のようなので、よかったよかった。


ディズニーがピクサーを買収

 ディズニー、ピクサーの買収を正式発表−−買収額は74億ドルに (2006.01.25 CNET Japan)

 Macユーザである俺としては、ライブドアの動向よりも気になるニュースだ。
 年末くらいからネット上で噂は知っていたが、事実だったとはねぇ。

 今さらながら一応書いておくと、ピクサー社は、元々はジョージ・ルーカスさんの会社だったが、現アップルCEOのスティーブ・ジョブズさんが買収し、その約10年後に画期的なフルCGアニメ「トイ・ストーリー」を製作し、大ヒット。以後のディズニーCGアニメ作品の多くを製作した会社。

 一昨年だかに「今後ピクサーとディズニーの提携はない」みたいな正式発表があったので、何かゴタついているんだろうなとは思っていたが、まぁ、結局ディズニーのアニメ作品にピクサーの技術は必要だったという訳なのかなぁ。
 ディズニーはCG分野では大きく遅れを取っているからね。
 対2倍強の株式交換で買収、ジョブズさんはディズニーの最大個人株主となり、取締役に就任だって。

 ジョブズさんは、次期MacOS開発で行き詰まっているアップル社にネクスト社を吸収買収させて(現在のMacOS Xは、UNIX系OSであるNEXTSTEPの流れ)アップルに復帰、甦らせたが、その時にピクサーは売らなかったのは、ディズニーとの関係を平穏にすすめたい、純粋に楽しいアニメを作ってお客を喜ばせたいだけ、と言っていた。それは本当だったんだろうな。
 しかし、今後はディズニーに対して大きな影響力を持つようになる。ディズニーとジョブズさん、強いてはアップルを含めて、共倒れにだけはなって欲しくない。

 最近のアップル関連は元気だね。素直に嬉しい。
 それにしても、ジョブズさん、儲けすぎ。アップルからの給料は、年俸1ドルだけど、それでも十二分にやっていけるんだからねぇ。羨ましい。
 月給10円だったら、俺は死んでいるな(笑)。