[解決]iTunesに読込んだCDがiPhone上だと変にアルバム分割されて困っている

 先日、愚痴り記事を書いた本件。
 いつの間にか正常になっていた。
 一昨日以降にiTunesに読込んだ4枚のCDはいずれも、iTunesMatchを参照するiOS端末でも件の妙なアルバム分割事象は発生していない。

 なおったか? と思い、アルバム変分割されているものを一旦削除し再同期したら、無事、正常に戻ったよ。
 手順は下記。

 変分割されているアルバムの収録曲を一括選択し、デスクトップ等にドラッグコピーし。
 上記をiTunesから削除。iCloudからも削除、にもチェック。
 即、iTunesMatchをアップデート。
 コピーしておいた曲ファイルを、iTunesのライブラリにドラッグし再登録。
 即、iTunesMatchをアップデート。

 これで、同じアカウントでiTunesMatchを参照しているiOS端末で確認したら、無事、アルバム変分割が解消されてた。

 この約一ヶ月間における、iTunesMatchの不具合だったのだろうと思う。
 俺の場合、変分割されていたアルバムは11タイトル。これを2回に分けて上記作業をしたところ、全部、iOS上でも正常表示になった。
 どこかにキャッシュがあって、そのまま勝手に直ってはくれないようで、一旦削除〜同期〜再登録〜再同期って作業が必要だけれど、アルバム数枚の被害のうちなら、さっさと施しておこう。

 ともかく、なおってスッキリ……ではあるが、その反面、こういう事があるとクラウド依存するには恐いなぁと思う。被害の大小ではないんだよな。微かな不具合でもあるサービスは大規模な不具合もおこりうる。

 俺はやはり、クラウド上のはあくまでも、一時的なコピーと考えている。分散バックアップの一手段にしかすぎない。
 基本的には、手元に全部置いておきたい性分なんだよね。Macのデータも「Time Machineでバックアップとっているから大丈夫。使っているMac本体ストレージとバックアップ先のHDDが同時に壊れる事はないだろう」という程度。
 この場合、バックアップも同じ屋内にあるので、不慮の事故や災害でもろとも失う可能性はある。が、その時は、パソコンのデータがどうのこうのというレベルではない大惨事だろうと、開き直ってもいる。

 まぁ、いずれにしても完璧な物は無いわけで、——何事も——恐れていては先に進まない。もちろん大切なデータ達ではあるけれど、個人情報流出以外は神経質になるのもどうかとは思う。


iTunesに読込んだCDがiPhone上だと変にアルバム分割されて困っている

 かなりモヤモヤしている。

 先月くらいからかな。iTunesにCDを読込んでiTunesMatchに同期。そしてiPhoneで聴くと、そのCDが「アルバム」として分割されて表示されるのがいくつかある。
 CD読込みなどライブラリ本体を置いてあるMacBook Proのライブラリ上では、「アーティスト」や「アルバムアーティスト」及びそれぞれの「読み」は全て同じ。MacのiTunes上でアルバム収録曲を選択して一括入力したりと何度も確認しているので間違いない。コンピレーションアルバムでもない。

 ネット検索しても、「コンピレーションアルバムやゲストアーティストが多く、曲毎に「アーティスト」欄が違うと別アルバムになるので、その場合は「コンピレーションの一部」にチェックを入れる」とか「アルバム名に[disk1] [disk2]などと付記されていると別アルバム扱い」とかいう情報しか見つからない。
 いや、そんな初歩的な事は解っているし、コンピレーションアルバムでもない。一応——コンピレーションアルバムではないが——「コンピレーションの一部」をチェックしても、iPhone上ではアルバムが分割されたままだ。

 前述のMacBook Proのライブラリを元にしたiTunesMatchに、同じアカウントでアクセスしている別のMacBook上のiTunesでは問題なし。同じアカウントなのにiPhoneとiPadでは、特定のアルバムが分割されてしまう。しかもiPhoneとiPadで違う分割のされかたで一貫性がない。

 消極的な対処法でしかないのだけれど、どうしてもiOSのミュージックアプリ上では変に分割されてしまうアルバムは、とりあえずその収録曲を選択してアルバムと同じ名前のプレイリストを作っている。このプレイリストを再生すれば、実質、アルバムを再生するのとほぼ同じ。
 さすがにプレイリストの中身までは、iPhone上でも勝手に分割はされないようだ()。

 どうもiTunesを 12.1.2にアップデートして以降に読込んだCDでこの現象が起きている不具合って感じだな。iTunesジェダイマスターである俺様が解決策を見つけられないんだから、iTunesかiTunesMatchかの不具合と断定してしまう。
 もうね、こういう現象ってかなりイライラする性分なのよね。まったく。
 早急に改善して欲しい。iTunesMatchは年間契約の有料サービスなんだしな!


桑田さんのCD「I LOVE YOU」

 予約注文してあった桑田佳祐さんの新譜「I LOVE YOU -now & forever-」が届いた。

20120718_kuwata-1

 新譜とは言っても、ソロ名義のシングル30曲のベストアルバム。とはいえ、そのうち5曲は今年の、実質新曲といってもいいもの。まぁ、こういう販売のしかたは賛否両論あろうが、俺は買った。
 桑田さんたちサザンオールスターズの大ファンだからね。まだまだ声が辛そうな桑田さんへの応援の意味も込めて、この5曲と、初回特典ディスクのために買いましたよ。

20120718_kuwata-2

 ディスク面には、桑田さんが書いたのかな?大胆な手書きでタイトルが刷られている。「I LOVE YOU -now & forever-」当り前だが、アルバムタイトル。しかし、しっかりとした、桑田さんからのメッセージ。
 咽頭癌を克服され、予想よりもかなり早い復活をされ、2010年の紅白歌合戦で熱唱された姿は、今思い出しても涙が出る。まだまだ大変でしょうが、できる限りいつまでも、俺たちを元気にしてくれる歌を歌い続けてください!


古典落語を聴く日々

 前《さき》の記事の通り、上方落語を題材にしたNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」にはまり、その延長で、本物の古典落語を聴き始めている。まずは劇中に登場した演目や超有名な演目からあたってみた。

 桂枝雀師匠の「愛宕山」。この噺は上方と江戸でまるで違う演出で伝承されてきたらしい。それを比較して確かめたいので、春風亭昇太師匠版も。
 桂米朝師匠の「地獄八景亡者戯」。
 他には、柳家小三治師匠や古今亭志ん生師匠で、「時そば」「芝浜」「饅頭こわい」「船徳」「あくび指南」などの、かつて何度か聴いた事がある有名でとっつきやすい演目を。

 しかし、えーと、まだ単純に「聴いて大笑いしている」状態で、「落語について」語れるほどではないので、その辺は、もう少し勉強してから改めて。

 ともかく、落語のCDもiTunes/iPhoneに入れて、外出時でもよく聴いているわけだが、音楽をシャッフル再生した時に、途中で落語も再生されちゃった時は、吹いた。
 サザンオールスターズ「愛の言霊」の次に古今亭志ん生「妾馬《めかうま》」がかかった時には「お。iPhoneって解ってるねぇ!」と思い、それはそれで面白いが、さすがに変だよなぁ。
 落語はメディアの種類を「オーディオブック」にすればいいのか? でもそうするとiPhoneでリスト表示された時に、演目名が出ない。「ジャンルが落語以外」というスマートプレイリストを作るか?……とかとか、ちょっと悩んだが、なんのことはない。各曲の設定で「オプション」ペインに「シャッフル時にスキップする」って項目がちゃんとあったんだね(笑)。

 と、サゲもなくおしまい。


「龍馬伝」キャスト発表

 来年のNHK大河「龍馬伝」のキャスト決まる お龍に真木よう子(2009.07.14 msn 産経ニュース)

 歌手の福山雅治が主役の坂本龍馬を演じる来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の主な出演者が14日、発表された。龍馬が組織した貿易結社、海援隊を金銭面で支えた実業家、岩崎弥太郎に香川照之、龍馬の幼なじみの武市半平太に大森南朋が決まった。
 また龍馬を取り巻く女性たちには、幼なじみの平井加尾を広末涼子、妻の楢崎龍を真木よう子、姉の坂本乙女を寺島しのぶ、道場の娘の千葉佐那を貫地谷しほりが演じる。

 いい配役じゃん。と思っていたら……。

 このほか、勝海舟には武田鉄矢、西郷隆盛には高橋克実が決定した。

 え!? 見間違いじゃないよね。
 んー。勝海舟といえば「江戸っ子丸出しキャラ」だが、武田鉄矢さんは、とても江戸弁をしゃべるようなキャラに見えないんだけど……。
 武田さんは嫌いではない。いや、むしろファンだよ。CD全部持ってる。だがなぁ、勝海舟はなぁ。


ウォークマン30周年

 ソニーのウォークマンが、7月1日で30周年なんだと。

 今でこそiPod/iPhoneを愛用している俺だが、当然、昔はなかったわけで(それでも、iPodも登場から8年にもなるんだね)、高校生の頃からウォークマンを愛用していた。
 現在では、そのウォークマンもデジタルメモリー方式になってしまったが、今でもカセットやCD、MDのウォークマンも売っているんだね。
 現在では当たり前になっている、ヘッドフォンのステレオミニプラグ。これ、ソニーがウォークマン用に開発したのが最初で、その後業界標準になったんだってね。知らなかった。

 ともかく、30周年おめでとうございます。


壊滅的

 あの「日本ブレイク工業」が社歌以上に破壊的な事態 (2009.06.25 IT media)

 「社歌のマネジメント子会社の社長を兼務していた43歳の男性社員と、ブレイク工業の創業時から経理を担当していたその母親の65歳の女性社員が共謀し、会社の金の大半を横領していたのです。女性社員の再婚相手が社長をつとめるペーパー子会社も横領にかかわっていました。今年1月に発覚しましたが、判明しただけでも被害額は3年間で5億円以上。年商1億5000万円程度の会社ですから、とても事業を続けられる状態ではなくなったのです」

 同幹部によると、CDの売り上げや関連収入も、ほぼ全額を母子が管理。同社には1円も還元されていなかった。だが、ブレイク工業の荒谷辰郎社長(57)は実印を預けるほど母子を信頼しきっており、実態は誰にも分からなかったという。

 事態が発覚した今年1月以降、20人近くいた社員は全員解雇され、残っているのは荒谷社長ただ1人。代表電話に出る女性は外注の秘書センター社員だという。時効の関係から、荒谷社長は過去3年分の被害について近日中に刑事、民事双方で提訴する方針。神奈川県警もすでに実態を把握しているという。

 なんか、壮絶だな。
 あの社歌は、業界を莫迦にしているようで大嫌いだったけども、こういう事態になってしまうと、ザマアミロって思う。ちょっと可哀想だな。


ドラマ「木枯し紋次郎」を観た

 江口洋介さん主演の2時間ドラマで、15年ぶりに復活した「木枯し紋次郎」を観た。
 紋次郎と言えば中村敦夫さんの出世作。その最初のテレビドラマは、俺が小学校に入る前後くらいの放送だったと思う。親父と一緒に観たような気がする。もちろん、その後の再放送や続編での記憶の方が鮮明だが。
 中村さんのイメージが強いので、江口さんもかなりのプレッシャーがあっただろうと思うが、なかなかの好演だった。感情を抑えた演技で、みごとに紋次郎を江口さん流に昇華させ、無頼のヒーローを演じたという感じ。
 もちろん、冒頭での決め台詞「あっしには関わりのねぇこって」も健在。

「あっしには関わりのねぇこって」と素っ気ない態度をとったものの、結局は深く関わって(関わらされて)しまう。でも、人助けとかじゃなく、基本は自分の身に降り掛かる事を処理してるだけで、結果的に悪人をやっつけて善人の助けになったというだけ。極悪非道ではないにしても、気に入らない奴を殺すのにはためらいなく、結構バサバサと斬りまくってるし。
 史実を無視した異様に丈の長い合羽は、改めて今見るとかなり変だけど、それでもやっぱり格好いいね、紋次郎。

 斬ると言えば、旧作の(渡世人はまともな剣術を習った事もないだろうから、刀で、文字通り「叩き」斬ったり、突き刺したりするという解釈による)喧嘩殺法を周到していて、嬉しかった。
 エンディングは「木枯し紋次郎。上州新田郡の貧しい農家に生まれ……」というお決まりのナレーション(今回は女性だったが、淡々とした口調で、雰囲気はばっちり)と、上条恒彦さんが歌う主題歌。これも最高だね。
 時代劇ファンとても楽しく観られた作品だった。今回は、原作の持つ推理ミステリーとしての味わいもしっかりと盛り込まれていて、秀作だと思う。
 ぜひ、続編を期待したい。

 今夜は、iPodで「ちょんまげ天国」を聴きながら寝よっと(こんなCDを持っている俺も俺だな(笑))。


固まる

 iPhone 3G。Safari でWebブラウズ中に勝手にホームに戻ってしまうことは良くあるのだが、今日はフリーズ連発。
 もっと安定してほしいもんだわ。

 この2週間で音楽を聴いている時にも2回くらいフリーズしたなぁ。初期のiPod並みだぜ(笑)。

 でも、元・寒中水泳部員の俺からすれば、iPhone 3G は、温水プールどころか、温泉のような心地よさだ(笑)。

 注:
 かつてアップルより、PDA製品第2弾(PDA第1弾は、Macにも接続できるCDプレイヤー)として携帯情報端末Newton MessagePadが夏に発売され、それから半年近くたった翌年の春、Newton日本語版発売について「(今年の)泳げるようになる頃」とコメントされた。しかし冬が過ぎても次の泳げる頃にも日本語版は出なかった。そんな状況下で、先達たちが作り出したフリーの日本語環境などを駆使して、英語版Newtonで、独自に日本語を使っていた。そういう人たちを、「日本語版が発売されないのにNewtonを使う=全然「泳げる頃」が来ないのに泳ぐ。しかも独自日本語環境という苦境の中で」ということから、通称「寒中水泳部」と呼んだ。


あらがう術は我が手にはある

 Gacktさんのガンダムカバーアルバム「0079-0088」。買おうかどうしようか迷ったが、Zガンダム劇場版(新訳Z)のサントラ盤を持っているので、その主題歌5曲は既にある。なので今回興味あるのは4曲。買うのは高いなぁって事でレンタル店で借りてきた。

0079-0088 0079-0088
Gackt

NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M) 2007-12-19
売り上げランキング : 1556
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 通して聴いてみたが、レンタルで済ませてよかった(笑)。新作料金だったけど(笑)。
 ファースト劇場版3作の主題歌をフルアレンジでカバーしたという煽りだが、「砂の十字架」は歌無し。「哀 戦士」と「めぐりあい」は、まぁ今風に曲がアレンジされていて、いいんじゃないかな。しかし、「哀 戦士」は、変わり果てていたな。もちろん、アレンジされているので別物ではあるが、そういう事だけじゃなく。
 初めて聴いたGacktさんバージョンの「哀 戦士」は歌詞まで変えられていた。CD発表の時のニュースなんかを参照すると、Gacktさんは「一部に手を加えた」と言っているが、この部分を変えちゃったら、テーマが180度変ってしまうような気がする。
「戦争って、哀しくて(悲しくて)救いようのない愚かな行為なんだぞ」と唄っているのが「哀 戦士」だと、俺は思っている。

「生き延びて血へど吐く」
「あらがう術は我が手にはない」

 このフレーズは「哀 戦士」のキモだと思っている。それを削って、別の文字列(しかもポジティブな歌詞)に差し替えてしまうとは。「言葉のとらえ方は時代によって変化するものだから、26年の時を経て、聴き手により届くようにするため必然的なことだった」というGacktさんの言いかたは「変化するもの」まではよく解るが、「歌詞を変えるのが必然」って事じゃないだろ。
 これを許可した井荻こと富野監督に、少々がっかりだよ。

機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~(初回限定盤) 機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~(初回限定盤)
サントラ Gackt 三枝成彰

日本クラウン 2006-03-01
売り上げランキング : 18858
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools