縦書き文庫

 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 かつて主宰していた草の根ネット(もはや死語?)である「びといんねっと」内に蓄積された読み物作品を編んで冊子として配布する時も、本当は縦書きにこだわりたかったのだけれども、1989年当時は、俺個人環境で家内制手工業でやるとなると、パソコンBBSのデータをほぼそのままプリントアウトするのが精一杯だった。
 活動後期には、俺もMacを使い始め、なんとかDTPの真似事をやりだし、冊子も縦書き配布を実現できたんだけども。

 閑話休題。
 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 最近はめっきり小説を書かなくなったくせに、過去の資産を公開する機会を狙っていたりはする俺(笑)。
 今回試した「縦書き文庫」は、そのスジには造詣深いろぷさんが紹介されていて、とても便利そうなので、俺も真似して、過去作品のいくつかを登録・公開してみた次第。

 簡単な登録で、自作テキストを縦書き表示してくれる、優れものサイト。
 作品リストや、個別の参照画面を、ブログなど外部サイトへ貼付けることも可能なので、俺の目指す「統合整備計画」の理想にもかなり近い。

 下記が、「本棚」と称する、作品リストへのリンク。結構いかすよね。ブログのサイドバーへ設置するにもいい。

bs_width=170;bs_category=”;user_id=’between’;book_author=’日向夢想’;

 今後、過去の資産を徐々に掲載していくつもり。
 ほとんどはデータとして残っていないので、冊子からスキャンしてOCRでテキスト認識、さらに修正編集って工程をやらないとならないので、極短編からの掲載になるけども(笑)。


ケータイ用PCサイトビューア「ぐるっぽ」

 パケット課金をあまり気にしなくなったのはいいが、俺のケータイV903SHにはフルブラウザは搭載していない。
 いろいろ探したら、無料のパケット節約/PCサイトビューアを見つけた。

 ぐるっぽ

 アプリではなく、処理サイト経由の提供で、さらに、厳密に言えばフルブラウザではないが、なかなか快適。
 将来は有料になるのかもしれないけど、今のところ無料。

 ぐるっぽの機能
・PCサイトビュー
PC用サイトを見ることが出来ます
・表示モード選択
お使いの携帯に合ったた表示モードを選択できます
・表示文字数制限
お使いの携帯メモリーに合った文字表示数を選択出来ます
・JPEGサイズ変更
JPEG画像を指定されたサイズにリサイズして表示します
・JavaScript/スタイルシート選択
有効無効を切り替え可能です
・通信履歴保存
From入力にも対応しています。認証されたユーザーのみアクセス可能です
・QRバーコード表示
QRバーコード表示を利用すると簡単にサイトへアクセスできます
・携帯エミュレータ
3キャリア選択してPCから携帯サイトが見れます
・個人用ブックマーク
登録はボタンクリックするだけ/編集機能付きブックマーク
・共有ブックマーク
登録者のお勧めサイト集
・ミニチャット
ページを見ながらぐるっぽ利用者同士でチャットできます
・セッションクッキー発行
クッキー非対応端末でもBBSやブログに書き込み出来ます
・JavaScript一部対応
AタグのonClickイベント「window.open」に対応しています

 表示モードがいくつかあって、容量が大きくてケータイ内蔵のWebブラウザでは表示できないサイトも、タグ整理処理をして、分割表示してくれる。

 このぐるっぽは、パソコンからも使える。
 で、裏技として、LANなどでキーワードによりアクセス規制されているサイトも、ぐるっぽ経由だと表示される(笑)。
「掲示板」カテゴリでブロックされてしまう多くのブログにもアクセスできるというわけだ。
 これ、密かに便利。


俺の怪我遍歴

 ぺんも歩けばネタにあたる TBプリーズ 「ケガ、病気自慢」 に、ねこぱんち。
「今までで一番記憶に残る病気やケガは何ですか?」とのことだが……。
 俺は、結構怪我をしている。血の気が多くて喧嘩ばかりしているというわけではない。まぁ、時々弱いくせに大喧嘩して、ボコボコにされるけどな(笑)。

 悪趣味かもしれないけど、自分の怪我遍歴(笑)を遡りメモしてみる。

続きを読む


21年間のパソコン所有歴を晒してみる

 パソコンを使いはじめて20年以上になる。
 それ以前にもポケコンやワンボードマイコンなんかも経験あるが、あまりにも古(いにしえ)の歴史すぎて、どうしようもない。
 ってことで、いわゆる「パソコン」の所有歴を、古い順に思い出しつつ、列記してみる。
 特に意味はないが、個人的メモとして。

続きを読む


ジュゲピ!モブログを外した

 サイドバーに、JUGEPI!/ジュゲピ!モブログを付けてたけど、最近すごく重たいので、外した。
 これもJUGEMがやってるんだっけ?
 他のブログでも、やっぱりJUGEPI!のモブログやミニBBSを付けている所は、表示が遅い。
 無料なので仕方ないかもしれないけど、こんな事が続くと、どんどんユーザーが離れるよね。無料なので文句は言わないかわりに、見切るのも早いと思うよ。


俺も発掘! まぼろしの4コマ

 俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: おまえ、それ、本気で面白いと思って描いたんかい! に、ねこぱんち。
 俺もガキの頃からずいぶんと4コマまんがを描いていた。いや、まったく進歩しないうえに、20年前くらいから、シュールなやつが流行り出して、吉田戦車あたりで爆発。
 俺もふくめて素人は、飛びついたわけだね。なんでもアリじゃんシュールなのがいいんだよ!ってな感じで。
 すしバーさんも言ってたけど、俺もまぁ、そんな風潮が嫌になって、あまり描かなくなっていった訳なんだけども。

 さて。そんな時代に描いた4コマを公開する。
 上記の時代背景(笑)を踏まえて、覚悟したうえで読んでください。

 これは、15年前くらいに、同人誌、というか、主宰する草の根BBS「びといんねっと」に投稿された作品をまとめて自家製本して配付した作品集「あぶすとらくと」に書き下ろしたもの。
 すしバーさんのような画力がある訳でもないけど、オチもない。別にそれを狙っているわけじゃないけどね。
 ちなみに、「ひょ〜ひょ〜」ってのは、前述「びといんねっと」のマスコットキャラで、脱力系。キャッチフレーズは「人生は、すちゃらかに」
 手抜きじゃなく、こういう格好のキャラなんだよ。本当に。マスコットキャラを考案した時点で、すでに手抜きな設定だったわけじゃなく。

 ひょ〜ひょ〜! #1
 ひょ〜ひょ〜! #2
 ひょ〜ひょ〜! #3
 ひょ〜ひょ〜! #4
 ひょ〜ひょ〜! #5
 ひょ〜ひょ〜! #6

 読んで「くだらねぇ!」と思ってくだされば、本望です。
 いや、しかし。この俺の絵を改めて見て、やっぱ、すしバーさんは上手いなぁ、と尊敬しました。比較するのすら失礼かも。


今でもマッチメーカーってできるのだろうか(笑)

 帰宅してから調べたり整理するけど、忘れないようにメモしておく。

 昔の草の根ネットの時代。んー、15年くらい前かな。
「マッチメーカー」というゲームがあって。正確にはゲームといえるかどうかわからんけど。
 ロボットのパラメータを設定したファイルを主催者に送ると、対戦処理された結果が、実況中継という形のテキストで帰ってくる(もしくは、BBSで公開される)、というやつ。
 当時はちょっとしたブームだったんだけどねぇ。
 で、時々、無性にやりたくなりんだよね。
 今の環境でもできるんだろうか。


ランナーびといん

 俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: そうですか・・・。 に、ねこぱんち。

 俺も、「あなたの適職ランキング」をやってみた。

 びといんさんの適職
順 位 職 業 適 性
1 ランナー 98%
2 技術者 89%
3 DTPオペレーター 83%

 総評
リズム感抜群のびといんさん。そのリズム感を活かしてラン
ナーになれば、最高のランナーになれます。周囲の人には「い
つも踊っているランナーびといん」等と褒められます。家族に
も「たーのしー」と喜ばれます。

 2位と3位はいいんだ。
 単に技術者と言われても漠然としているが、まぁ本業は技術者だし。
 DTPは好きで、昔、主宰BBSの会報とか作品集とかをパソコンで編集してファアミリーコピアで印刷して配付してたしな。
 ランナーって、謎。しかも「いつも踊っているランナー」。家族には「たーのしー」と言われるのかぁ。
 それらって、ひょっとして馬鹿にされてるんじゃないのか!?
 そもそも、俺はリズム感は良くなんかないし、ましてはスポーツは大の苦手だぜ。

 はっ! ひょっとして、お笑い芸としてのランナーか!? 新境地。それなら解らなくもない。
 ……でも、やっぱり嫌だな。
 技術者のままでいよう。


形を変えたリレー小説!?

 昔主宰していた草の根BBSで、リレー小説ってのを展開していた。掲示板のひとつをリレー小説専用に設け、そこにメンバーが交代で物語を繋げていくという方式で、当時、そして今でも見かける手法だ。
 blogサイトをまわっていて、それと同様なblogサイトを発見した。
 トラックバック機能を利用して、多数の人が加筆して、小説を綴って行こうという企画が進行しているんだ。
 こんな遊び方があったのかぁ。ブログって、ホントに自由なんだね。
 物書き趣味を公言しているが、俺が考えたのは、せいぜい、ここで自作小説を公開しようという程度。
 固定観念が邪魔してたのかな。リレー小説なんて、思いもつかなかった。悔しい(笑)。
 という訳で、タイミングを見計らって、俺も参加したいと思う。

 TB
 もげきゃっち:トラックバックの達人!?
 ブログ版4649193漫画紹介:トラックバックして物語を作れるかな?第一話