クリエ→リナザウ、データ移行の経過

 CLIE PEG-NX60から、リナザウZaurus SL-C1000へのデータ移行についての経過報告のようなもの。

 んー、VirtualPCで連携するのは、やめた。なんかWinXPだと異様に重たいし、Win98はザウルス用のリンクソフトが動かないし。
 っていうか、そもそも、CLIEでもMacとはあまり連携してなかった。バックアップをとっていればいいや。
 カードリーダーでSDカードはマウントできるので、エクセルやテキストなどの汎用的ファイルは、それでやりとりする。

 って方針にして、先人の知恵を拝借して、なんとかMac環境下でCLIEのデータを転送すべく、ネットで情報を集める。

 まず、MacOS X版のPalmDesktopで、CLIEの全データを読み込み、そのデータフォルダを待避(永久保存)。さらに、CLIE上でbackupを実行。そのメモリースティックをカードリーダーでMacにマウントし、ディスクイメージで保存(永久保存)。
 その後、iSyncでアドレスブックとiCalに、CLIEのアドレスと予定表のデータ読み込む。
 ZMacSyncというMac→SLザウルス転送ソフトをダウンロードしてくる。
 同梱のMac用 USB接続ドライバをインストールすると、おぉ!SambaでMacからザウルスに接続できる!
 この状態で、とりあえずアドレスだけをZaurusへ転送。成功。しかし、220件のデータを送るのに5分もかかった。
 さらに今度はiCalのデータをZaurusuに送るように指定する。1700件あるので、どのくらい時間がかかるのだろう、と覚悟してとりかかったが、案の定45分を要した。

 ここまでは時間がかかったけど、あとはどうにかなる。
 CLIEのメモ帳で蓄積したものは、PalmDesktopでテキスト書き出しをして、ザウルスのSDカードへ放り込んだ。
 今後、grepやsedを試してみる。

 なんとかここまでできて、よかった。
 次は宅内無線LANに参加させる作業。