ケーブル、あまり過ぎ!

 テレビ、DVDレコーダー2台、ビデオデッキ、ミニコンポ、AVアンプ、CATVチューナー、画像安定装置、PS2、AVセレクタ。引越の時、これらの裏のごちゃごちゃしてた配線を一気に外したが、ほどくのが面倒で(笑)、外した状態でそのままごっそりと、ひとつの段ボール箱に入れてもらった。
 今日、ビデオデッキとPS2以外は全部引越前と同じに使えるように配線が完了した。が、なぜこんなにケーブルが余ってるんだろ……。
ケーブル
 引越前は全部使ってたんだよ。この残ってるのをビデオデッキとPS2で使い切るとは思えない。
 うーん。上記の2台以外の機械は、問題なく接続されているんだよなぁ。音も映像も出るし、編集もできる状態に復旧してる。
 今まで無駄な配線をしてたのか?


シャア専用携帯!

 ソフトバンク、シャア専用など携帯電話’07年秋冬モデル モノアイ表現したザク充電台。ワンセグ世界最薄など (2007.10.22 インプレス AV Watch)

 今まで、どこかが作りそうで作らなかった「シャア専用携帯電話」が遂に登場。やってくれるなぁ。ソフトバンク半端ねぇぜ。

913SH G TYPE-CHAR
 機動戦士ガンダムの「シャア・アズナブル」をデザインモチーフにしたモデル。「シャア専用携帯電話というイメージで開発した」(ソフトバンク)という。シャープ製で、12月上旬以降の発売を予定している。価格は明らかにされていない。

 シャアのシンボルカラーである「C.A.Red」を筐体カラーに採用。各所にジオン軍のマークなどをプリントしているほか、待ち受け画面やアイコンなどもガンダムの世界観に合ったものになっている。ガンダムをモチーフにしたゲームもプリインストールする予定。

 既に発売されているシャープ製913SHをシャア専用カラーにしたものだが、まさしくシャアだよ。

 最大の特徴は、標準で「シャア専用ザクII」をモチーフにした、12分の1スケールの「シャア専用ザクヘッド型充電台」を付属したこと。頭部が開閉するようになっており、スライド式ボディの「913SH G TYPE-CHAR」を、ザクのモノアイの部分に横向きに設置。充電中は携帯電話のメイン液晶にモノアイ(赤い円形)が表示されるため、頭部を閉じるとザクのモノアイが左右に動いているように見える。

 充電台がザクヘッド! 1/12ってことは、人の頭くらいの大きさか。そんなでかいのどうするって問題はさておき、まじにすげー欲しい!
 基になった913SHよりスーパーボーナス(24ヶ月割賦購入)で1000円/月程度高くなるらしいから、10万円くらいしそうだな。スーパーボーナス割引がついて、実質負担予想はたぶん月1500円くらい。トータル35000円前後。
 しかし、残って安くなりそうにもないしね。購入しないとすげー後悔しそうだし。
 うーむ。


エネループ買い増し

 先日、エネループ単四の8本パックを買い増し。
 今のところ、マインドストーム(レゴブロックのシリーズで、電池駆動のユニットを基本としたロボット組立てセット)に使った時に6本を4サイクルしたのが最高で、他はAV機器のリモコンや髭剃りなんかなので、まだほとんど充電はしてないけど(笑)、我が家の乾電池は、随時エネループに切り替えている。

エネループ
 ところで、今回買ったエネループは、微妙にリニューアルされてる?
 この写真で上が以前の物、下が新しい物。”eneloop”ロゴの所に登録商標マークの(R)が追加された以外はちょっと解りづらいが、新しい方はパールっぽいテカリが少ないのよ。これはただの製造ロットによる差かもしれないけどね。

エネループ
 外装よりもちょっとは分かりやすい変更点。新しいの(左側)は、+側端子の出っ張りが0.5ミリくらい増えた。いや、その分、本体?の白い部分は短くなっているので、全体の大きさは変らず。なので、相変わらず、単二アダプタに入れても単二として使えない機器もあるね。


デノン

 どうでもいいことだけど。

 DENON

 昔は「デンオン」と言ったよな。確か正式名称が「日本電気音響」で、それを略したブランド名で「電音=デンオン」だったと記憶している。
 最近「デノン」になったんだなというのは認識しているが、なんか違和感あるわ。
 ってことで、ウィキペディア(関係ないけど、これを単純に「ウィキ」という人がいるが、それも違和感を感じる(笑)。Wikiって、構築システムだかの名称で、Wikiで構築された他のサイトもたくさんあるじゃん(笑))調べてみた

 あれまぁ。電音って会社そのものは俺が生まれる前にコロムビアに吸収されてなくなって、デンオンってブランドだけだったのか。
 で、紆余曲折あって、2001年にAV部門が「デノン社」として独立したと。
 さらに現在はマランツと合併しちゃって、またブランドだけが残ってるのね。


AVアンプ購入

 先週自分で修理したAVアンプ。
 結局完全に直らなかったので、昨日、携帯電話の機種変更をしたいと言っていた嫁さんと一緒に秋葉原へ行って、新しいのを購入。
 これで、入力端子の接触不良によるイライラから改善されて、快適な生活が送れるぜ。
 高級品じゃないどころか、どちらかと言うと、安いのを物色した。S映像入力端子が4個以上、そのうち3個以上は光デジタル入力があること。それを満足するAVアンプならいいやということで選ぶと、パイオニアとデノンしか無かった。
 またパイオニアのを購入。一番評判いいらしい。前回購入したのはハズレだったんだろうね。あれだけひどい故障は久し振りだもんな。
 今回は、ショップの延長保証にも、しっかり加入。950円で5年間保証。メーカー保証外の「破損」にも対応してるしね。使わないならそれに越した事ないけど、千円で安心を得られるなら、安いもんだ。


意味不明の基板

050226s.jpg AVアンプのケーブル接触不具合を直すべく、分解した。
 その経緯はともかく、主要ネジをはずして天板をあけたら、その裏側に付いてたのが、これだ。
 なんだよ、これ。
 サポート外になるのを承知で分解修理をすることは度々ある俺だけど、こんなのは初めてだな。結線もされてないし、強力に接着されてるので、はがせなかった。
 回路が繋がっていないあきらかにクズ基板だけども、サポートに電話してこの事を伝えると、「あ、分解しましたね。そうすると、保証外ですな、へへへ」と言われるっていうトラップか?
 もっとも、保証書の期限は過ぎているんだけど。
 不具合はともかく、意味不明なことはやるなよ、パイオニア!

 で、接触不良は、半田付けして直ったもよう。


2004/03/29

 スゴ録が届いた。
 テレビ周りのAV機器の配線を整備しつつ、設置。
 試しに、ビデオ「機動戦士ガンダム 5」をHDDへHQモードでコピーし、それをDVD-Rにダビング。
 等倍速メディアへの書き込みだが、2倍速でできた。
 トータル2時間20分。PowerBookG4で処理した時の4分の1以下(笑)。
 画質も、満足。

 あとは、EPG番組表を受信した後の、自動予約が楽しみ。


2003/01/20

18日に、家電店のweb広告で見た安いAVデジタルアンプを買ってきた。我が家もホームシアター三昧だぜ。
スピーカーは手持ちの物を使う。ステレオミニコンポ(ウーハー共)を買ったばかりだし、サラウンドスピーカーは既にお気に入りのがある。
問題はセンタースピーカーだ。今まで使ってたナンチャッテCSは、防磁ではない。古いからね。
今度もまた、死蔵しているミニコンポのスピーカーの片方をナンチャッテCSに採用。こいつは防磁。
で、今日(19日)の午後、アンプと一緒に買ってきた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の1と2を観る。満足な音。
もちろん音も満足だが、子供たちもこの映画を楽しんでくれたようで、それが一番嬉しかった。娘には「タイムマシンの話だけど、ハラハラしたり笑ったり、楽しいよ。お父さんの一番好きな映画だよ」と行って合ったので、楽しさを共感できたのは、映画の出来以上の感動。
まだ3が残ってるよ。今度一緒に見よう。


2003/01/05

ステレオが届いたので、AVラックも新しいのを買って、ちょっとした模様替。
たくさんの配線もあり、途中夕食をしても、丸々6時間くらいかかった。
好きなので良いけど。
試しに「I am Sam」を少し見る。今度のステレオはDVDも再生できる。スーパーウーハーも付けたので、なんか良い音だ。
配置などもう少し直したいけど、それは、少しずつね。
今日で正月休みが終わり。