待望の日本語入力ソフト!

 egbridgeUniversal の正当な後継の日本語入力ソフト「かわせみ」が遂にリリース。
 物書堂さんは、これを作るために設立された会社と言っても過言はないだろう。egbridgeUniversalの販売・サポート終了以後、ずっと待っていたよ、この日を。
 しかも、シングルライセンスが1995円、3ライセンスのファミリーパックが3990円という安さ。我が家には3台のMacがあるので、応援の意味も込めて(笑)ファミリーパックを購入。

 機能は必要十分なシンプルさ。そして軽快な動作。あたり前だけど、ちゃんと学習してくれるし(笑)。いや、ことえりは長期間使っていると、ある時、学習しなくなってしまうような気がするんだよ。
 30日間フル機能が使える体験版もあるので、ユーザー辞書にいろいろ単語登録してやっとそこそこ使えることえり(それでも、使い込めば使い込むほど、なぜか莫迦になっていく)にウンザリし、かといって、ATOKの重くて若干不安定な動作も好きになれないという人は、とりあえず試用してみていただきたい。
 対応OSは LeopardとSnow Leopard。

 いやぁ、長年愛用していたegbridgeの後継ソフトが出てくれて良かった。


復活のEGBRIDGE

 物書堂:使い慣れた日本語入力プログラムを再び…

物書堂は、2009年10月に Mac OS X 10.6 Snow Leopard および 10.5 Leopard に対応した日本語入力プログラム“かわせみ”を発売します。

この日本語入力プログラムは株式会社コーエーよりライセンスを受けた“egbridge Universal 2”がベースになっています。

 キターーー!
 2008年1月にEGBRIDGEが発売終了して以後2年弱の間、ことえりを使って耐え忍んで来たが、やっと、その苦労が報われる。
(ATOKって、昔一時期使ったけど重くて動作が不安定だったので、個人的にはあまり良い印象がなく、だったらことえりの方がマシ、と思っている)
 物書堂を立ち上げた廣瀬さんは、エルゴソフトでEGBRIDGEの開発に携わってこられた方。昨年、物書堂が活動開始した頃から、この日を待っていた。
「かわせみ」は、買うという以外の選択肢は、俺にはない。
 早く発売しないかな。楽しみだ。


2003/06/20

 職場の上部機関にある診療所に行ってくる。
 内科にかかったが、院長先生と話が出来て良かった。心療も専門とのこと。
「あなたは、打たれ弱いみたいですね」
 その通りかもですよ、先生。でも、そういってくれた医者は、先生が初めてだ。だからどうだというわけでもないし、心療を続ける気も毛頭ない。
 でも、何か判らないけど感じたのは確かなので、それを探るのを、今後の生き甲斐としよう。
 胃腸薬と精神安定剤を2週間分もらった。それら錠剤を見ると興ざめする。

 ATOKの推測変換。以前750Cの時は重たくて使い物にならなかったが、NX60の速度だと快適。
 もっと早く使えば良かった(笑)。

 iPod15GB(新型のDock付のやつ)を購入。
 家に帰って早速充電。ケーブルの抜き差しをしていると、突然動かなくなった。
 ユーザーズガイドに書いてあるリセット方法を試しても、だめ。
 アップルのTILを検索したら、リセットに押すボタンが違ってた。そっちで試したら、直った。
 ユーザーズガイドの記載が間違っていたのか…勘弁してくれ…。