聴いた感じは変らないが

 iTunesにCDを読込む時の設定なんて、一度やってしまえばそのままなので気付かなかったが。
 俺はAAC/96kbps/41kHzの設定でCD読込みを処理してるんだけども、今日読込んだ曲は全部、情報表示で32KHzになってる。ちなみにデフォルトの128kbpsで読込むと41kHzになる。
 まぁ、実のところ、俺には41kHzも32kHzも違いは全く解らなかったので、問題はないんだけども。
 こういう仕様なのか? iTunes7.4になってから?
 しかしね、自分で設定した値と違うというのは気になるなぁ。聞き分けられないのとそれとは別物だし。うーむ。

 追記(2007.10.28)

 先日Mac OSX Leopardをアップデートインストールした。その後読込んだCDは、ちゃんと41KHzになった。
 Tigerの時に曲データかライブラリ情報ファイルかが壊れたっぽいな。


アップル iTunes Music Store 好スタート

 日本のiTunes Music Store、開始から 4日で 100万曲を超える販売達成 (2005.08.08 アップル ニュースリリース)

 大ヒットするとは思っていたけど、これほどとは。
 いや、確かにウルフルズのiTunes限定アルバムは、欲しいかもしれない。

 ダウンロードしたAACファイルのままだと、アカウント認証した5台までのパソコン内のiTunesかiPodでしか再生できないけど、iTunesからCD-RにオーディオCDを作成すれば、それは普通のオーディオトラックになるし、手軽だから、つい購入してしまうだろうしね。

 最近のアップルは元気があって、うれしい。

 クレジットカード決裁以外にも、プリペイドカードもあるよ。
(直営店のApple Store、オンラインのApple Store、Amazon.co.jp、コジマ、ソフマップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ(50音順)にて販売)

Apple iTunes Music プリペイドカード 2,500円 [MA163J/A]
B000ALF5GS


iPod mini やっと日本でも発売

 日本での発売が遅れていた、アップルの携帯用音楽プレーヤー iPod mini が、ついに7月24日発売。
 俺は去年の5月に15GBのを購入、それに満足しているので、買わないけど、初めてのひとにはお勧め。
 HDD容量4GBで、約1000曲が入る。経験的にいうと、音質をちょっと犠牲にして割り切って工夫すれば(AACで96Kbpsとかで圧縮すれば)、2000曲は入ると思う。あくまでも俺の嗜好だけどね。

 何度もいうけど、ともかく、iPodは、「買え!」ですな。
 Amazon/アマゾンでも予約開始している(15%分=3000円のアマゾンギフト券還元もあるしお得)。

シルバーゴールドブルーピンクグリーン

 ねこぱんち!
 →ねこぱんち日記:iPodチームが事業部門へ昇格
 →TOKA:iPod miniを予約しました(2004.07.11追加)
 →立ち読みのススメ:選曲が大変だ(2004.07.11追加)


iPodチームが事業部門へ昇格

 「Dress You Up:アップル、iPod売上高がiマック上回る」へトラックバック。

 iPodの売上高が前年同月比8.5倍の大躍進し、iPod関連を、今までのプロジェクトチームから、事業部へ昇格させるそうだ。
 iPodは、単純に、素晴らしいよ。それ以上の言葉は思い付かないね。
 かつての初代iMac(おにぎり型の半透明キャンディーカラーの)登場と同じくらいの効果を業界に与えていると思う。

 俺は2003年春モデルの15GBを使って1年になるけど、通勤の友&寝る時の睡眠導入BGMとして、手放せない存在。
 どうせ外で聞くのだしということで、音質には大きな期待をしてないため(母艦PowerBookG4本体のHDD容量の兼ね合いもあるし)、80bpsのAACで取り込んでいて、所有CDの全て(5251曲)を入れている。
 ここで自慢したいのは、曲数ではなく、「朝、出勤前に、その日何を聞くか選んだり転送したりとかをしなくて済む」と言うこと。
「いつでも聞きたい時に聞ける」というのは、実は単純だけど、iPod以前には、なかなか実現困難できなかった事だ。
 これが、大ヒットの要因じゃないかな。

「Windowsにも対応したから」という単純な問題でもないと思う。

 ともかく、iPodは、「買え!」ですな。

 他の人は、この類いの携帯型音楽プレーヤーについて、どう思ってるんだろ。ちょっと気になってきた。

 関連サイト
 ITビジネス&ニュース:アップル、iPod売上高がiマック上回る