ノートの日付

 ノートにどうやって日付をかっこよく書くか(2011.09.20 TAROSITE.NET) という記事を見て。

 俺は、昔からメモ魔だ。いわゆる情報整理術なんかの類の本で、よく「とにかく、記録。書いて忘れる。ただし記録は一元化して、『記録は、そこを見ればかならずある』という環境が大切」と書かれているが、悪いが俺は、そんな事は二十年来実践しているなあ。無意識に。
 まぁ、完全に一元管理ではないものの、基本的には、ひとつのノートとひとつのデジタル環境。そのどちらかに記録するようにしている。
 時代とともに、その時々によって少しずつ環境は変わっているが、その大筋は変らない。現在では、バイブルサイズのシステム手帳(中身はフリー罫紙)とEvernote。基本的には、このどちらかに記録している。

 で、メモの方法は、とにかく時系列に書く。プロジェクト別とかそんなの気にしない。
 もちろん俺の個人的な感覚だが、人間って、大ざっぱに「あのメモは、だいたいあの頃に書いたよな」ってなくらいは覚えているものだと思う。その程度でも意外に検索可能。あまり細分化されていると、どの項目に書いたかとかまで——頭の中で——検索しなければならず、かえって手間取る。

メモ
 字が汚いのはおいといて(笑)、頭に6ケタで日付を着けて、簡易で適当なタイトルを書く。その後にメモを記述。昔はメモ毎に横線で区切ってもいたのだが、なんかそれだと線が目立ち、回りの人がのぞき込むんだよね(被害妄想かもしれないが)。
 Evernoteでも、とにかく、メモ(ノート)のタイトルの頭に6ケタで日付を入れている。

 この手法、昔、Newton MessagePad を使っていた時の名残でもある。Newtonの標準機能のメモ帳は、トイレットペーパーみたいに縦長の用紙に記述していくようなイメージで、どこでも横線を引くと、そこで新しい日付のついたメモの仕切りになった。

 情報整理術は無数にあるけど、結局は単純なのがいいんだよね。


RGガンダム素組完了

 約1ヶ月もかかったが(笑)、RGガンダムの素組が完了。
 全身にメラミンスポンジをかけて、墨入れを施した。
(写真はクリックで拡大表示)

RGガンダム

 シールはどうしようかな。1/144にあれだけ大量にシールを貼るのは、あまり格好良いとは思えず好きじゃない。小スケールの全身に大量にマーキングがあってもうるさいだけ。同じ理由で、初期のハイコンプロも嫌いでザク以外は買わなかった(笑)。

 このRGガンダムは、お台場から静岡へ行った例の「1/1ガンダム」の模型、つまりガンプラ初のスケールモデル(笑)ではあるわけだ。
 実寸大の18メートルなら見上げる格好になるので、このバランスはあり。実際、お台場で見た時は、感動したものだ(笑)。しかし、こうして1/144になると、足先が小さくて頭やランドセルが大きいと感じてしまう。
 たぶん、そういう意見もあることは想定の上で、あえて「1/1ガンダムの模型」にしたんだろうけど。

 それと、指の第二関節まで動く可動手首と動かない握り手がついてるけど、はっきりいってこの可動手首はいらん。扱いにくい。ビームライフルを握った状態の指がすげーかっちょわるいんだけど……。
 ライフル持つ用の固定手首もつけてほしかった。
 本体の意匠は素晴らしいだけに、残念だね。

 次回のシャアザクには期待してるよ、バンダイさん。


RG ガンダム

RGガンダム

 いつもガンプラを買うヨドバシアキバでは、入荷日翌日昼には既に完売。
 アマゾンでは在庫ありだったので、ちょっと高い(ヨドバシは30%引、アマゾンは15%引)けど、買ってしまったよ。土曜日に注文。プライム会員無料体験を行使していなかったので、この期に申し込んだ(1ヶ月以内に解除しないとな(笑))。で、12時に注文したのが18時過ぎには届いた。約6時間。さすが、当日お届け便は伊達じゃない!

 閑話休題。
 箱を空けると、まずパーツの多さと細かさに驚愕。1/144にMG(1/100)並のフルスペックを盛り込んでいるんだから当然で、もちろん事前情報として知っていたけど、現物を見ると、「バンダイ脅威のメカニズム」を感じずにはいられない。

 ざっと、組立て説明書を眺める。
「お!!」
 このキット、足先から頭まで、順番に上部へ組んでいくような説明になってるよ。やっとわかったか、バンダイめ!
 このブログでも時々書いているように、俺は従来キットでもほとんどの場合、MS本体は説明書通りではなく足から上へと組んでいく。最後に頭。
 頭を首パーツにはめ込む時の達成感。「ロールアウト!」って気分。「人形は顔が命」っていうしね(笑)。

 ってことで、組むのが楽しみナリ。


他人とは思えない

 先日の正露丸の記事へ頂いたコメントの中で、記事本編とは無関係ながら(笑)、ひじょうに気になる物があったので、それについて記事を立てる。

写真のねこちゃんカワイイですね・・・というか
うちの飼っている猫にソックリです!
愛知でノラをしていた経験ってないですよね?
あまりにも似すぎているので、親猫なのでは?!
・・・と思ってしまうほどです。

2010.03.15 – 02:24 ユウビン

 もちろん、うちのにゃあは世界一かわいいのは言うまでもない(笑)。
 しかし、そのにゃあにソックリな猫さんがいるだと!?

 さらにコメントでやりとりをして、ユウビンさん宅のチビ太さんの写真を拝見した。うはー! ホントにソックリだよ!

 似たアングルの写真を並べてみる。
にゃあ
チビ太さん
にゃあ
チビ太さん
 上から、にゃあ、チビ太さん、にゃあ、チビ太さん。
 いやぁ、体の模様はわからないけども、こうして顔だけ見比べると、ビックリするくらいソックリ。我家のにゃあの方が若干(?)丸顔だけども、見る角度によっては区別付きにくい。

 白赤ブチ顔(別名「オレンジ頭」)のネコは、一大勢力なのでたくさん見かけるけど、ここまでソックリな猫さんは初めて。
 うちの家族も、チビ太さんの写真を見て「小さい頃のにゃあじゃないの!?」と思わず唸ったほど。

 チビ太さんは3歳との事。にゃあは13歳。生後2〜3か月の頃に拾ってきて、半年くらいの時に避妊手術をしたので、にゃあは子供を産んでいない。けど、にゃあの親兄弟とかから繋がっている遠縁かなとか想像すると楽しい。
 世界一可愛いうちのにゃあとソックリのチビ太さんも、世界一可愛いって事ですな(笑)。

 東京のにゃあと、愛知のチビ太さん。遠く離れて暮らしているのに、こんなにソックリ。生命って不思議。
 いやぁ、楽しい!


本郷のネコ。

 去る1/16日に参加した散策オフ「ブラ浪漫」本郷編の時の写真。

本郷のネコ
 民家の塀の上に、たたずむネコ。
 みんなで写真撮ってたんだけど、ことごくカメラ目線だったな、こいつ。
本郷のネコ
 なんとも味のある顔。みたらし団子のひと粒みたいな頭がナイス。よし、君の名前は(俺の中では)ミタラシに決まり。


デカルチャーだよ人生は

 1/72 メサイアバルキリー VF-25S オズマ機。半年以上前に買って積みっ放しだったんだけど、昨日から組み始めた。
 延べ5時間くらい掛かって、機種と頭、両腕まで組み上がった。テレビを見ながらとはいえ、これは時間かかるなぁ。
 パーツ数が多く、組み応えとしては、ガンプラで言えばMGの中規模サイズって感じかな。
しかし、1/72の戦闘機サイズの可変キットで、さらにパーツ分割によって設定の色分けをほぼ完全再現しているため、細かいパーツが多い。
 それならまだしも、このキット、組立て説明書が少々分かりにくい。説明書に書かれているパーツの絵が妙にグラデーションかかったような立体的に描かれていて、白黒なもんだから、パーツ形状が瞬時に見きれないのよ。取付方向を間違えそうな重要な部分は昔ながらの線画で描かれているんだけど、組立て説明書って、全てが重要だろうに。
 パーツを立体的に表現して描くこの説明書、最近のガンプラでも同じなんだけど、バンダイは分かりやすいと思って作っているんだろうけど、俺個人的には、かえって分かりにくい。
 苦言を呈してしまったが、キットそのものは素晴らしい。大変だけど、作り甲斐のあるキットだよ。
 写真などは、組み上がった時に改めて掲載する。


思い入れがない人には、それがわからんのです

 辛酸なめ子の女一人マンション:ガンダム

お台場に等身大のガンダムがいるそうで
全く思い入れがないのですが、見に行きました

 思い入れがない人でも、とりあえず見に行くくらい話題にはなっているのね。

ガンダムは18メートルの身長で、接合部もよくできていて
いまにも動き出しそうですが、
・頭を左右に振る
・目を光らせる
・胸のあたりから水蒸気を噴出(一見故障かと…)
・上を見上げる
という流れで、上半身が少し動くくらいで物足りなかったですが
最後、ガンダムが上を見上げた後、会場から拍手がわきおこっていました
でも、ガンダムは飛び立ちたいのに、故障していて
飛び立てなくて悲しんでいるようなドラマを感じました

 興味の無い人にとっては、こんなもんなのか。
 でもまぁ、見物客の事には一切毒を吐いていないところは、さすが辛酸さんだなとは思う。


日本語の作文技術

 仕事帰りに立ち寄った本屋で、懐かしい本が目に入ったので、買ってしまった。
 懐かしい恩師にばったりと再会したような気分だ。

 もう20年くらい前に何気なく購入して、これを読んでから、物書き趣味が加速した。
 買ってからの数年間は、いつもカバンの中に入れて持ち歩いてたなぁ。俺にとっては、まさに「教科書」だった。その割には作文技術は一向に上達してないけどな(笑)。
 いつの間にかどこかへ無くしてしまった。決して粗末に扱っていたわけではないのだけど。
 まだ売ってるんだね。奥付を見たら、刊行1982年1月。今回買ったのは2008年7月の第38刷。

 実は、この出版社(と母体の新聞社)も著者もあまり好きではないけども(笑)、この本はいい。
 もう一度読み返して、作文技術をしっかりと勉強しなおそうかな。もう歳なので、どれだけ頭に入るかが心配だが(笑)。


iPhone用のTodoアプリ

 iPhoneにはToDoアプリが標準搭載されていない。カレンダーはMacのiCalと同期されるのに、なぜそのiCalのToDo項目の同期がサポートされていないのか、不思議だ。
 ってことで、ToDoは別途アプリを見繕ってインストールする必要があるのだが、今まで、無料のものを何本も試したが、どれも一長一短。そんな中で、昨日から試用しているTouchTodoが、かなり気に入った。
 Googleカレンダーと同期がとれるので、GoogleカレンダーとiCalの同期ツールを併用すれば、間接的にiPhoneとMacとでToDo項目の同期も可能。
 ただし、TouchTodoから転送されたデータはGoogleカレンダー上では、「”TouchTodo:”が頭についた終日属性の予定」として扱われる。それがスケジュールに混ざって表示されるのはちょっと鬱陶しい(笑)。今のところ俺はGoogleカレンダーはまったく使っていないので、TouchTodoとの同期専用に使える。

 追記(2008.12.19)

 先日見つけた時は無料だったけど、期間限定の無料だったんだね。現時点では230円です。
 230円出してでも買って使うかとなると、微妙。同価格帯なら、もっと優れたTodoアプリがありそう。