今更だけど電気街口に思う事

 昨日、まち紹介系の某番組を見ていたら、秋葉原駅電気街口の現在と昔の比較をやっていて、そこに映った「穴あき包丁の実演販売」の方が既に故人だと知った。
 駅ビルのアキハバラデパートが建替のため全館閉店したのが2006年末。その後、解体工事中も少しの間は反対側で実演販売は行われていたが、それもすぐになくなった。
 秋葉原駅電気街口から実演販売が消えてから3年以上はたつだろうか。
 確か、「穴あき包丁の人」「手品の人」「パズルの人」「お掃除グッズの人」が四天王だったように記憶している。
 正直いって、冷静になると「くだらない物」が多かったが、楽しい口上に引かれ、通りすがりの少しの時間だが、「くだらねーな」と苦笑しながらも見入ったものだ。
 昨年、秋葉原の駅ビルは新しく建替が完成してオープンした。綺麗ではある。そりゃ新しいんだからね、あたり前だ。でも、テナントはどこにでもあるような店ばかり。
 綺麗さよりも混沌とした雰囲気がアキバらしくて好きだった。
 俺も建築関係技術者の端くれなので、古くて危険な建物で解体はしょうがないし、希望と言っても部外者の勝手な言い草だろうというのは重々承知しているが、こういう建替や再開発を見るたびに、なんとか以前の雰囲気を再現してほしかったと思う。

 せめて、実演販売の復活でもやってくれないだろうか。
 綺麗でオシャレになった秋葉原の駅ビル前を通るたびに、「くだらねーな」と思ってしまう。


久しぶりの店

レモン画翠の袋
 仕事の後、御茶の水まで歩いて、レモン画翠に行って来た。
 ここは建築の設計製図・模型、画材の専門店で、大正時代創業の老舗。何年ぶりに来ただろう。
 建築模型用材料の品揃えが豊富で、そろわない物はないという感じ。そして、安い。かつて、かなりお世話になったもんだ。

 今日は、閉店間際に飛び込んだので、とりあえずA3版2ミリと3ミリのスチレンボード(発泡スチロールの両面に紙が貼ってる、建築模型の壁や屋根を作るボード)2枚ずつと、スチレンボード用ボンドだけ買って来たよ。
 でも、材料はこれだけでいいや。


99→100(BlogPet)

びといんの「99→100」のまねしてかいてみるね

うちの展開◎ローソンの得意分野を合体。
【検証しきゅっきゅきゅきゅっ!しきゅっきゅきゅっきゅきゅきゅっ!」っての展開3月26日オープン予定)を検証点】◎他社生鮮コンビニ、ショップ、ローソンが一昨日閉店。
3.グループ統一PBブランド力を検証点】◎1.ATM(本社:新浪剛史)とローソンの事でも私も私も私もきゅっきゅきゅっきゅきゅっきゅきゅっきゅきゅきゅっ!しますので、ローソンストア100円(関東エリアを合体。

*このエントリは、ブログペットの「晋作」が書きました。


99→100

 うちの近所のショップ99が一昨日閉店。今日、ローソンストア100になった。
 1年くらい前に、ショップ99とローソンの業務提携が発表された時、ローソンが吸収合併するかもと思ったが、その後、いつの間にかローソンが筆頭株主になってたんだ。

 ショップ99の広報ページによると、

株式会社九九プラスは、2007年3月に業務・資本提携し、2008年1月に筆頭株主となった株式会社ローソン(本社:東京、社長:新浪剛史)および株式会社バリューローソン(本社:東京、社長:河原成昭)との取り組みを本格化しますので、お知らせいたします。

 1.グループ統一PBブランド「バリューライン(VL)」商品の発売
 2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 3.新フランチャイズ・チェーン(FC)パッケージによる試験店の展開
 4.ATM(現金自動出入機)の試験導入
 以上です。

2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 ◎店舗名称を「ローソンストア100」にして出店します。
 ◎価格は一部商品を除き100円(税込105円)、売場レイアウト・棚割り・什器備品は「SHOP99」の仕様をベースに展開します。
 ◎中食は全品、バリューローソンとの共同開発商品を販売します。
 ◎1号店は2月26日オープン予定の「中野南台店」(東京都中野区)。3月までに7店出店(関東エリアを予定)を見込んでいます。

【検証点】
 ◎ローソンのブランド力・MD(商品政策)力、九九プラスのオペレーション力・MD力といった両者の得意分野を合体。より収益性が高く、集客力のある店舗フォーマット構築を目指します。
 ◎他社生鮮コンビニ、コンビ二エンスストア、100円ショップ、食品スーパーなどに対する競争力を検証し、お客さまにいっそう支持される店舗作りを進めていきます。

 との事で、試験店舗なんだね。んでも、目と鼻の先に本家ローソンもあるんで、ちょっと鬱陶しいぞ。

 ともかく、店内に流れる強烈なテーマソング「♪ あなたも私も きゅっきゅきゅきゅっ! しょっぷ きゅっきゅ きゅっきゅきゅきゅっ!」 ってのが聞けなくなるのが寂しい(笑)。


ポンデ祭

 昨夜、無性にポンデリングが食べたくなったのだが、うちの近所のミスドは22時まで。もう閉店していた。

ポンデリング
 だもんで、今日、仕事が終わって帰宅途中で買って帰ったよ。
 8個も(家族4人、2個ずつなので)詰まっていると壮観だな(笑)。
 わーい。勝手にポンデリング祭。

 いやぁ、ポンデリング、ミスド史上最高傑作だと思うぞ。まじに。


確かに警告は記載されているけど

 日々、テレビ番組をたくさん録画し、その多くは保存するために、DVD-Rが増える。
 かつてのVHSカセット(400本を捨てた時は苦労したなぁ(笑))に比べると体積は大幅に減少したとはいえ、数百枚にもなるとかさばる。
 で、録画用DVD-Rは安さもあって30〜50枚入りスピンドルのを購入、保存には不織布ケースってのを使ってる。
DVDファイル1
 こんなの。

 元々はダイソーで売ってるやつを愛用してた。105円で20枚入り。両面仕様なので40枚のDVDが保存できた。
 家の近所のダイソーが閉店してしまったので、これにかわるものとして、サンワサプライのを買ったのよ。120枚入り680円だから、いい感じの価格だし。
 しかし! これが、DVDを出し入れするたびに傷が付きまくりの粗悪品。
DVDファイル2
 確かにパッケージには「ディスクに微小傷を一切つけずに収納・使用することを目的とした製品ではありません」と明記されてる。
 でもね、たかが2〜3回普通に出し入れしただけで、何回転もしたレンタル店のDVDみたいに傷だらけになるってのはどうよ?
 デジタル放送の録画は割高なCPRM対応ディスクにしか保存できず、しかもそこから複製できないんだぞ(個人使用でのバックアップすらできないこのコピー防止方式も問題あるとは思うが、それは今回とは別の話)。
 恐いので、サンワサプライ製品の使用は中止し、改めてエレコムのを買ってきた。

ELECOM CCD-016LWH 不織布CD/DVDケース(両面収納)
ELECOM CCD-016LWH 不織布CD/DVDケース(両面収納)
エレコム
売り上げランキング : 2410
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 これは今のところ問題なし。両製品の不織布部分を触ってくらべてきたら、サンワサプライのはゴワゴワしてたよ。
 たまたま不良品なのかもしれないけども、とにかく、このパッケージ内の上の方の1枚、下の方の1枚、中央付近の1枚を抜き出して確認してみたら、どれもゴワゴワだった。
 苦情の手紙を添えて、メーカーに送ってみる。

 追記(2007.03.04)
 日が経過してしまったけども、本日、当該不良品を、東京サプライセンターに送った。
 その内容については、こちらの記事をご参照のほど。


アキハバラデパート閉店

 さらばアキバデパート (2006.12.26 YOMIURI ONLINE)

 JR秋葉原駅と接続しており、電気製品以外の様々な商品を扱う店が入る「アキハバラデパート」が今年いっぱいで閉店する。デパートの運営会社が全面刷新を検討しているためで、秋葉原の名物の一つとして訪れる人を迎えてきた「実演販売」コーナーも姿を消すことになる。同デパートには連日、閉店を惜しむファンや常連客が詰めかけている。

 既に数年前に閉店は決定されていたんだけど、ついにこの時が来てしまった。

 子供のころ、交通博物館に連れていってもらった時には、まず午前中に神田明神にお参りをしてから、アキハバラデパートで昼食、その後、メインに交通博物館という流れだった。交通博物館も今年の5月に閉館したしなぁ。
 高校生の頃は、秋葉原は通学の乗換え駅だったので、放課後にちょくちょく立ち寄った。その頃(25年近く前)にすでに「百円均一専門商店」が存在していて、小遣いの少ない俺らはとても便利に利用させてもらった。
 もちろん、現在でも、嫁さんや子供と一緒に秋葉原にでかけると、あの電気街口周辺に堂々を存在するアキハバラデパートは、アキバの象徴だという認識でいた。

 闇市〜電気街〜パソコンタウン〜オタクの街……と変貌してきた秋葉原、最近では飲食店も多くなったし、マンションなどの居住区も増えた。
 なんらかの泥臭いマニアックな街のままで存続して欲しいけど、今後はどうなるんだろう。


大量補給完了

 ガンダムカードビルダー。昨日は、久し振りにシャア+ゲルググキャノンAの単機出撃で、4戦中3勝1敗という好成績を得て、連敗記録から脱却したので、その高揚感のまま、秋葉原ラジオ会館7階のイエローサブマリンに行っちゃったよ。閉店間際に(笑)。
 コモンなのに全然引けないトップ姉さんが350円で大量に入荷しているという、我が手下ジュダック(仮名)の情報を得て、それを目当てに。
 で、ガルマも予想以上に安かったので、一緒に購入。
20061012bcg.jpg
 他に、コレクションとして安いカードを、ザク系を中心に物色。
 結果的に4600円も使ってしまったが(苦笑)、玉石混交ながら25枚(アンコモン14、コモン11)なら安いよね。平均184円になるし(笑)。


さらばiTMS

 昨日は、あちこちで「さらばiTMS」とか「iTunes Music Store(iTMS)からMusicが消える」とか、センセーショナルなタイトルの記事が多くのニュースサイトに書かれていた。
 一瞬、閉店?と思ったが、大繁盛しているのでそんな事はなかろうとも思っていた。
 そういえば9月12日にアップルが何か発表会を行ったんだよね。

 結局は、iTMSで映画とかゲームソフトとかの販売も開始したので(日本ではまだ未定)、Musicを取って「iTunes Store」と改名したとのことだ。

 一緒にiTunesも7にバージョンアップして、今までサードパーティー製の外部ツールに頼っていた、ジャケット画像の事後検索&読み込みとかもサポートされて、便利になった。
 あ、iPodのラインナップも一新。
 買い替えるなら今がチャンスかな。前モデルが安売りされてそうだ(笑)。


見納めのガンダムミュージアム

 昨日、聖地・ガンダムミュージアム(松戸のバンダイミュージアム内)に行ってきた。

 毎年今ごろの時期に来ていたので、都合3回目の来訪だが、バンダイミュージアムは今月いっぱいで松戸での営業を閉鎖し、栃木へ移転(ガンダムミュージアムの展示物の一部は静岡のホビーセンターへ移設)するので、ここでは最後の見物だ。
「3年間のご愛願をありがとうございました」の懸垂幕が涙を誘う。
20060819-2.jpg
 バンダイミュージアムフロア入口付近の内装は、ショッカーのアジト内のような怪しげな装飾。これも最後の記念に撮影。
 あまり客がいなかった。が、ここのメイン展示であるガンダムミュージアム入口には行列が! 中も混んでいたよ。皆最後の見物に来ているのかね。

20060819-3.jpg
 相変わらず大迫力の実寸大ザクヘッド。たくさんの人が写真撮ってた。
20060819-4.jpg
 1/24スケールのザク工場ジオラマ。シャア大佐も視察に来られております。ジーク・ジオン!
20060819-5.jpg
 そしてミュージアム最奥に鎮座するご本尊。おなじみの白い悪魔(実寸大胸像)。アナハイムのメカニック員も今月限りの整備に余念がない(笑)。

 場内は混雑していて、ザクマシンガンも、コアファイターコクピットも、ガンダムリフトも、どれも120分待ちという人気ぶり。
 みんな移転を惜しんでいるご様子。

 このビルは元々はバンプレストの本社が入っていたんだけど、そのバンプレスト本社も墨田区へ移転してバンダイの完全子会社となったしなぁ。その辺りから、ミュージアムの閉鎖・移転も噂されていたわけだが。栃木も静岡も、江東区在住の我が家からは急に「明日あたり行くか」という距離じゃないしな。
 前身の「コントンタウン」時代から何度となく通ったバンダイミュージアムの移転は、本当に寂しい。
 老舗模型店「わらそう」も閉店してひさしい。
 松戸、寂しすぎるぜ……。