平行定規をプチ改造

 二級建築試験の二次試験——設計製図——のために、自宅でも資格学校の課題やら自習練習やらをやっている。
 俺の持っている平行定規(簡単にいえば製図板)は十年以上前の物。どこも壊れていないし、当時ちゃんと「建築士試験会場持込み対応」というのを購入し、もちろん今でも対応している。
 先週、資格学校の講義に出席した時に、他の受講生のをみたら、最近の平行定規はいろいろと進歩してるんだね。十年も経てばそりゃそうか(笑)。
 別に新しいのを欲しいとは思わないし、自分のが古いからって恥ずかしいとも思わない。建築士試験意外には滅多に使わないので、これで十分。
 しかしね、若干の問題点が。
 製図板に傾斜をつけるための脚があるんだけど、それがね、俺のは版の向こう縁近辺についてるのよ。
 A2サイズだから、最低でも板の間口60センチ×奥行45センチはあるんだよね。
 試験会場(大学や専門学校)によっては、机の幅が狭くて、傾斜脚が乗らない。
 そんな懸念があるので、その傾斜脚の位置を付け替えてみた。

平行定規

 なにしろ古いタイプなので製図板裏面でワイヤーが露出しているため(最近はフレームに内蔵)、それと干渉しないギリギリの位置まで、傾斜脚を約10センチ内側へ移動した。
 これならさすがに机の奥行に収まるだろう。傾斜角度も若干増えて描きやすくなった。

 まぁ、道具よりも技術だよ、ってのは重々承知だが、くだらない不具合でイライラするのも嫌だしね。


かわいいデジカメ

 今月始め、デジカメを買った。
 PENTAX Optio I-10。安いコンパクトデジカメであるが、この可愛らしさが気にいったので、半ば衝動買い(笑)。
I-10
 今年2月発売で、当初3万円くらいだったのが、現在は半額程度とお買い得だったのも、購入理由。
 タバコの箱程度の小ささで、レトロ風の外観で——メーカーは公言していないけども——同じPENTAXの昔の小型一眼レフ銀塩カメラ auto110という機種をモチーフにしているらしい。なるほど、I-10というネーミングも、auto110を意識したものだね。確信犯(笑)。
 デジカメの性能としては、コンデジとしては入門用の過不足ない機能が搭載されていて、不満はない。
 液晶画面は晴天の屋外でも見やすいし、ほとんどオートモードのままでも綺麗に撮れる。
 電源オンからの起動や撮影時の保存も速くて快適。前のデジカメは4年半前に買ったものだから、その間の進歩は凄いね(笑)。
 それにしても可愛いよ、I-10。


ミクロマン2006 ミクロレディユメ

 久し振りにミクロマンを購入。
 最初はミクロアクションのアスカを購入しようと思ったのだけど、

ミクロマン ミクロアクション エヴァンゲリオン アスカ・ラングレー(ラグスーツ版)
ミクロマン ミクロアクション エヴァンゲリオン アスカ・ラングレー(ラグスーツ版)
タカラ 2006-05-26
売り上げランキング : 925

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 やっぱりアニメ風プロポーションがダメなのと、胸がもう少し小さい方が好みだったので、結局、発売当初から気になっていたユメを購入。
 ミクロシスターの方が安いのだけど、少女素体っていうっことで、ひとまわり小さいから、デッサン人形として使うには辛過ぎる。

ミクロマン オリジナルミクロマン アサシンフォース ミクロレディユメ AF13
ミクロマン オリジナルミクロマン アサシンフォース ミクロレディユメ AF13
タカラ 2006-05-01
売り上げランキング : 663

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ミクロマンを購入したのは5〜6年ぶりだけど、いやぁ、凄く進歩してるなぁ。
[写真クリックで拡大表示]
 つま先も動くし、全身32箇所の可動は伊達じゃない!
20060608ml-yume02.jpg[写真クリックで拡大表示]
 台座も付いているので、こんなポーズでも固定できる。
 あまりグリグリと動かしているとすぐに関節が緩くなってしまいそうだけど、それにしても、定価1500円でこれだけ動くのって、改めて感動。
 デッサン人形として、活用できそうで、満足満足。

 ちなみに、この商品の対象年齢は15歳以上。ミクロマンは、もはや子供の者じゃないんだね(笑)。


25年の歳月

 昨夜の記事で、1/600ザクの脅威の造形を紹介したが、これとほぼ同じサイズのザクを持っている。
 確か、異色のガンプラ「1/250情景模型 ランバ・ラル特攻」のオマケの1/500ザク。右の手首が無くなっちゃったけど(笑)。


 ってっことで、新旧のミニ・ザクを並べてみた。

060426-zaku-2.jpg
 25年間における、バンダイの技術力の進歩って、やっぱり凄い。

Tag(s) [ガンダム][ガンプラ]


人工無脳・酢鶏 (BlogPet)

今日、びといんが
ラストでは、結局すべてカイトの見た幻だった、というような進歩オチになるかと思いきや、さらに別のシーンが続き、不条理のままで終わらせている。
って言ってたよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「晋作」が書きました。


給水ランプが点いたり消えたりしている……あははっ

 めっきり冬っぽくなり、室内も乾燥ぎみなので、物置から加湿器をだしてきて、スイッチを入れたら、まったく音がしない。
 パネル前面にある給水警告ランプが、点いたり消えたりしている。
 湯気も止まったまま。水切れかな? いや、違うな。水ならさっきちゃんとタンクにバァーっと入れたもんな……。

 昨シーズン末、中を掃除した時に、機械部分にも水かけて洗っちまったのを、乾燥させてなんとか乗り切ったのだが、しまって置いた間に、そこがいかれたのか。

 エアコンつけるとかなり乾燥するので、しょうがなく、買いにいった。
 加湿器は6年ぶりの買替なんだけど、進歩してるねぇ。
 まず、昔は低電力で高パワーって売り文句だった超音波振動噴霧式ってのは、もうまったく無かった。
 省エネ対策はもちろんだけど、簡易空気清浄機能付きの18畳対応が65ガンプラ(日本円に換算すると1ガンプラ=300円)だもんな。安くなったね。
 別に広い部屋に設置するというわけじゃなく、単に、和室6畳2部屋をふすまなしで一部屋使いしてるだけなんだが。
 それにしても、ハイブリッド気化式って何よ?って感じ。
 蒸気が出ない加湿器って、インチキくさいと思うのは俺だけか?


モビルスーツのザクを3機も失ったのか!?わかった、まわす!

 土曜日のヨドバシAkiba。クソ混みの中、お財布ケータイのデモをやっているホットパンツ姿のおねーさんを横目にエスカレーターに乗り、ホビーフロアへ。
 心待ちにしていたEx-MIA「量産型ザク」と、ZEONOGRAPHY「グフカスタム」を
目当てに。
 [当記事内の写真はクリックで拡大表示]
 まず、ザク。MIAのver.2に比べると、やっぱり凄まじいくらい出来がいい。よく動く。
 でも、素立ち状態だと、腰と腕の細さや、首の長さが目に付いてしまったので、飾る時には、何かしらのアクションポーズを付けてみる方がいい。派手なポーズもばっちり決まるし、実際カッチョイイ。HCM-Proに似たプロポーションかな。
 もうひとつ。グフカスタム。このエース機の特徴である大型武器ガトリングシールドも、素敵。悪人ヅラもうまく再現されている。

 イフリートに換装してみる。実は、イフリートはあまり好きではない(っつーか、昔散々苦しめられたし(笑))。デザインも、今としては野暮ったいなぁというのは否めないだろう。でも、これを立体化した意義は大きいと思う。
 ZEONOGRAPHYは初めて購入、GFFもGファイター以後買ってかなったが、最近のはパーツの嵌まり具合とかかなり改善されてるね。まぁ、このシリーズは、あまり動かしたりする物ではないのだろうが、それでも、初期のは、換装パーツとかがすぐ外れるし、手首のジョイント軸が折れやすかった。数年間での技術の進歩ってことかね。

 ねこぱんち!
少佐の2902熱光学迷彩・電脳アジト(後期生産型):エース機
人にはそれぞれ事情がある: DESTINY

EXTENDED MS IN ACTION!! 量産型ザクII

B0009UCBBC
バンダイ
売り上げランキング : 69

おすすめ平均 star
starついに!!

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ZEONOGRAPHY #3008 グフカスタム

B0009UCB94
バンダイ
売り上げランキング : 71

おすすめ平均 star
starリファイン
star実物を見ないと・・・

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]


俺も発掘! まぼろしの4コマ

 俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: おまえ、それ、本気で面白いと思って描いたんかい! に、ねこぱんち。
 俺もガキの頃からずいぶんと4コマまんがを描いていた。いや、まったく進歩しないうえに、20年前くらいから、シュールなやつが流行り出して、吉田戦車あたりで爆発。
 俺もふくめて素人は、飛びついたわけだね。なんでもアリじゃんシュールなのがいいんだよ!ってな感じで。
 すしバーさんも言ってたけど、俺もまぁ、そんな風潮が嫌になって、あまり描かなくなっていった訳なんだけども。

 さて。そんな時代に描いた4コマを公開する。
 上記の時代背景(笑)を踏まえて、覚悟したうえで読んでください。

 これは、15年前くらいに、同人誌、というか、主宰する草の根BBS「びといんねっと」に投稿された作品をまとめて自家製本して配付した作品集「あぶすとらくと」に書き下ろしたもの。
 すしバーさんのような画力がある訳でもないけど、オチもない。別にそれを狙っているわけじゃないけどね。
 ちなみに、「ひょ〜ひょ〜」ってのは、前述「びといんねっと」のマスコットキャラで、脱力系。キャッチフレーズは「人生は、すちゃらかに」
 手抜きじゃなく、こういう格好のキャラなんだよ。本当に。マスコットキャラを考案した時点で、すでに手抜きな設定だったわけじゃなく。

 ひょ〜ひょ〜! #1
 ひょ〜ひょ〜! #2
 ひょ〜ひょ〜! #3
 ひょ〜ひょ〜! #4
 ひょ〜ひょ〜! #5
 ひょ〜ひょ〜! #6

 読んで「くだらねぇ!」と思ってくだされば、本望です。
 いや、しかし。この俺の絵を改めて見て、やっぱ、すしバーさんは上手いなぁ、と尊敬しました。比較するのすら失礼かも。


初めて買ったCD

 TOKA:生まれて初めて買ったCD にトラックバック。

 俺が初めて買ったCD……なんだっけかな。
 20年近く前だよ。
 サザンオールスターズのアルバムだったと思うけど。……そうだ。「サザンオールスターズ 綺麗」だ。
 就職して2年目だかのボーナスで、ミニコンポと一緒に買ったんだ。
 当時は消費税導入前の時代で、ステレオやパソコン、レコードの類いには物品税が掛かってたから、無茶苦茶高かったなぁ。生産性の進歩もあるだろうけど、それにしても、今では3万円くらいで買えるようなミニコンポに10万円以上出したっけ。その割にはCDの音は、従来の樹脂盤に比べると固くてちょっと妙な音がした。
 もちろん、サザンのせいではなく(笑)、まだCD黎明期だったから仕方ない。
 まぁ、それでも「何度聞いてもすり減らないので、テープにコピーしなくて済む。選曲が簡単」ってのは、十分なメリットだった。結局、通勤中にウォークマンで聞くために、テープへのコピーはしてたけど(笑)。
 でも、昔のCDって、今聞いても、やっぱり音が悪いよね(笑)。それはそれで懐かしい思い出か(笑)。

 それと、さらに溯って、小学生の頃、初めて自分で買ったレコードは、「平野雅昭 演歌チャンチャカチャン」だった。
 いやぁ、これ、演歌や歌謡曲のサビの部分だけを「チャーンカチャンチャンチャンチャン」ってフレーズを挟んで続けただけの曲なんだけど、アップテンポで大ヒットした。
 ってのは強烈に印象に残ってるんだけど、歌った人の名前はどうしても思い出せなくて、Google検索して調べた(笑)。
 なぜ、当時このレコードを買ったか記憶にない。一応「演歌」だし。当時から流行物好きだっただけかな(笑)。
 やばい。時間タイムラー向けのネタだったか?

綺麗
サザンオールスターズ 桑田佳祐

ビクターエンタテインメント 1998-04-22
売り上げランキング : 7,492
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

ねこぱんち!
→TOKA:生まれて初めて買ったCD
→BLOG STATION:初めて買ったレコード or CD(2005.02.21追加)


洗濯機が故障

 先日、洗濯機が故障。
 去年から、立て続けに家電品が壊れる。
 結婚した時にまとめて買ったものだから、壊れるのも同じ頃なのだろう。
 それにしても13年経つと、さすがに家電の進歩には感心させられる。