今更ながらメモリ増設

 某Mac専門誌の読者プレゼントに当選して、Mac用メモリ DDR3 PC3-10600(1333MHz) 4GB 2枚をいただいた。
 自分のMacBook Pro 13″(Mid 2010)の対応メモリは DDR3 PC3-8500(1066MHz)だが、互換性があると聞いた。
 が! 4GB 2枚を差しても認識されず、MBPが起動しないよ。いろいろ試したりググって調べたりしたが、どうも、この機種は10600の下位互換には対応していないそうだ。(´・ω・`) 10600 4GBと元の8500 2GBの組み合わせだと起動し、遅いほうの仕様に合わせられ4+2の6GBとして認識される。
 ちょっとアレだけど、どうせ頂き物のメモリだし、これで我慢する。同じ容量・規格のメモリを2枚セットで使わないとデュアルなんとかっていう機能が働かないらしいが、それによる遅さは実感できないし。

 ついでに、嫁さんのMacBook (Early2009)と家族共用のMacbook(Early2008)も、それぞれ2GB(1GB+1GB)から4GB(2GB+2GB)に増設。もちろんこちらは購入したんだけど、DDR2 PC2-5300(667MHz)の2GB 2枚セットが3千円って、だいぶ安くなったねぇ。


脅かしっこなしだぜ、だれこちゃん?

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (15) 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 15 オデッサ編・前 (15)
安彦 良和

角川書店 2007-05-26
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 発売直後に購入してすでに読んでいて、感想記事を書こう書こうと思いつつ忘れちまってた(笑)。
 シャア&セイラ編、ルウム戦役編等のオリジナルストーリーが終わり、この巻から原作準拠のストーリーに戻る。
「オデッサ編・前」となっているが、実質的には「ミハル編」と呼びたい。読者の多くがそう思うんじゃないかな。

 原作ではジャブローの前に描かれたエピソードだが、THE ORIGINでは、そのタイミングではなかったので、カットされたかと思った。最近はガンダムエースは読まずに、単行本を購入するだけなので、連載でミハルのエピソードがちゃんと描かれたと知って、読むのを楽しみにしていた巻だ。

 帯には「TV版では語り尽くせなかったカイとの悲恋が今、明らかに!」と書かれているが、これは誇大表現じゃね? ミハルに感しては、内容はTV版と変らず新要素は皆無。
 しかし、TV版同様、熱くて泣けるエピソードであることも同じ。
 ラストシーン、ミハルの幻影がとる態度は、若干違くなっている。俺は、TV版以上にカイを思っての態度なんだろうなと解釈したが、これがまた泣けるんだよね。


もう呆れて

 「ない」はずのマニュアル確認 不二家埼玉工場立ち入り (2007.01.17 asahi.com)

 ったく。嘘に嘘を重ねやがって。
 俗っぽい表現で終わってしまうし、俺も読者も面白くないだろうから、あまり一般ニュースに関するネタは書かないんだけど、これはもう、かなり怒るぜ。
 残念でならない。
 うちの近所にも不二家の店があって、クリスマスにもケーキ買ったんだぞ。クマの顔したケーキを喜んで食ったんだぞ。知らぬが仏とは、このことだ。
 おい、不二家! おまえらには騙されたよ!
 騙された俺が悪いのか? まぁ、どちらが悪いかどうかは、もうどうでもいいや。
 俺は、今後、不二家の製品とわかる物は、一切買わない。
 食品メーカーとして、存在価値なしだよ。


FC2にも導入されたのね

 FC2インフォメーション:コメント・トラックバック認証機能の追加

 投稿されたコメントとトラックバックを、管理者が確認後ブログに表示できる機能らしい。
 まぁ、俺は使わないけどな。つーか、この機能自体、端から読者を疑っているようで好きではないし。まぁ、デフォルトではオフになってるのが、古巣と違うところだね(笑)。
 投稿を全部検閲するなんて、すげー嫌じゃん?
 つーか、自分が検閲されてるとしたら、すげー嫌じゃん?
「やられて嫌な事は、人にもするな!」って、香取さん演じる孫悟空も言ってたぞ。

 あと、FC2には、別に、コメント・トラックバック受信通知メールの中に、「即刻削除」のリンクがある。明らかにどうしようもない投稿は、ここで一発削除できるわけよ。
 そもそも、禁止ワード設定があるので、古巣のようにイライラしないんだけどね。


行頭字下げについて、再び

 えっと、以前にも記事にした事なんだけど、先日、ろぷさんの記事を拝見して、改めて気になりだした、忘備のために、ここに蒸し返し書き込みする(笑)。

 なんで、多くの人が、行頭の一文字分字下げをしてないんだろうか。常々不思議に思っている。
 文章の体裁にこだわっておられる方でも、この字下げに関しては、なされていない事が多い。
 結局、「個々人の嗜好の問題」という以上は、調べきれなかった。

 俺は文筆業ではないので解らないが、仕事で文章を書く場合は、どうなんだろう。自動字下げスクリプトとかあるのかな。
 それとも、原稿を渡すと、編集の人が処理するんだろうか。

 くどいようだが、「小学校で習った作法だろ!」と叫びたい。作文の作法として小学校で習ったはず。
 特に、物書きを仕事にしておられるかたには、色々な人にこの「web上の文書については字下げしない」件について、理由を聞きたい。聞いてみたい。
 日記やメモならともかく、読ませたいと思って公開する文章については、webだろうがなかろうか、一般常識に倣うのが筋だと思う。

 もちろん、文章は、体裁よりも内容で勝負だ。でも、この字下げがないだけで、ある人数の読者を逃している恐れはあるんだ。
 少なくとも俺は、同じ要旨の記事が複数あったら、文章が下手でも字下げをしている方を手にして読むと思う。

 このこだわりは変なのだろうか。
 趣味だけの物書きゆえの理想なのだろうか。
 Web文書としては邪道なのだろうか。

 TB
 もげちゃっち:ウェブ上の文章って?

 ※2004.06.18 一部訂正(見え消し線箇所)


仮面ライダー俳優(追記)

 昨日の記事について。
 唐沢寿明さんは、「仮面ライダーZX」において、ライダーマンのスーツアクターを演じておられました。この事は広く知られていると思い、当該記事中では、受け狙いで「ライダーマン=唐沢寿明」と意図的に書いたものですが、表現的には、読者が事実と異なる解釈をされてもやむを得ないまぎらわしいものでした。
 おわびいたします。


仮面ライダー俳優

 昨日、テレビドラマを見ていて要潤が出演していた時、思わず「仮面ライダーアギトの人だ」と言ってしまった(正しくはG3の人か(笑))。
「新選組!」では、「仮面ライダークウガの人」が斎藤一を演じているし。
 「Dress You Up:藤岡弘 オンドゥルに対抗意識」にも書かれているが、確かに仮面ライダーシリーズは若いイケメン俳優の登竜門になっていると、俺も思う。
 しかし、それは「今は」ではなく「昔からずっとじゃ」ないかなぁ。
 古くは初代の藤岡弘、を始め、V3宮内洋、ライダーマン唐沢寿明。しばらく間を置いての復活仮面ライダー(スカイライダー)村上弘明、スーパー1高杉俊介……。
 どの方も、その時代々々の若手イケメンで、もちろん、今でもナイスな役者さんだと思う。
 案外、昔から仮面ライダーには、奥様ファンがついていたかもね(笑)。
 それにしても、今の藤岡弘、の仮面ライダー。見たいね。おやっさん役で登場し、最後には「俺も実は改造人間だ」とかいって変身してムチャクチャ強いとか(笑)。

 ちなみに、藤岡さんの現在の芸名は「藤岡弘、」と最後に「、(点)」が付くそうだ。
 モーニング娘。に対抗したのかと思ったけど、なんと十数年前に改名したんだって。へぇ〜。

 追記(2004.05.08)

 唐沢寿明さんは、「仮面ライダーZX」において、ライダーマンのスーツアクターを演じておられました。この事は広く知られていると思い、当該記事中では、受け狙いで「ライダーマン=唐沢寿明」と意図的に書いたものですが、表現的には、読者が事実と異なる解釈をされてもやむを得ないまぎらわしいものでした。
 おわびいたします。


2004/02/07

 先月末に、中古のPowerBook G4/867/12″を購入。
 かつての名機 PowerBook Duo よりも小型軽量で、これだけのスペックとは、進歩したねぇ。感無量だな。
 iBook 800(32VRAM)は、無起動になったPowerMac4400の後がまとして、家族共用へスライド。
 MacOS Xの完全マルチユーザ環境で使わせる。
 しかし、子供たちは、お気に入りの古いゲームソフトとかで今でも遊ぶので、微妙だな(笑)。

 今週は、ずっと風邪で不調。今日は夕方まで起きられなかった。

 ちょっと前の事だけど、現在発売中のMacFan誌3月号(毎日コミュニケーションズ刊)の読者コーナーに、前号の感想が掲載された。プチハッピー(笑)。


2002/10/18

最近知り合った某氏に、俺のメールの文章は面白い、その調子で書いている日記のホームページを持って公開していないのか、と聞かれた。
理由はどうあれ、興味を示して戴いたことは、ひじょうにうれしい。
俺は、自己満足のためにやっているだけだが、だからこそ、ほんの少しでも読みたいと思ってくれる方がいるというのは、自己を満足させるに十分すぎる要素であり、大きな励みになる。
で、久々に創作意欲が沸きはじめてきた。とりあえずは、この日記の更新を復活させる(またいつ飽きるかはわからんけど(笑))。
某氏には、勢いで「実は以前、文筆系サークルを主宰したり、自家製の詩集を作ってたこともある」と白状してしまった。これはひじょうに後悔している(笑)
氏は、読書好きで文庫本をしこたま買い込んで、1冊あたり1時間とかで読んでいるそうだ。読者のプロ、だ。とりあえず、一宇庵撰集PDF版を送って、ごまかした。
昔の詩は、かなりはずかしいぜよ(笑)。見せないで嘘つきと思われるのもシャクだし(笑)、袋の鼠状態だ。