MacBook Proのメモリを16GBに増設した

 愛機MacBook Pro (15-inch Mid2012)のメモリを16GBに増設した。
 去年1月に購入した時に元の4GB(2GB×2)から“Apple公称上限”の8GB(4GB×2)に増設済みで、それで特に不便はなかったが、多いに越したことはない。中古のメモリをもらったので。
 公然の秘密だけどMacBook/同Proは、公称の1.5倍〜2倍のメモリを認識できる機種が多いんだよね。

 メモリを2枚差替えて、PRAMクリア(command+option+P+Rを押しながら)で電源オン!(ハードウェア構成を変更した時にいつもやってるおまじない)

 もらったメモリはPC3-10600(1333MHz)で、このMBPの対応メモリPC3-12800(1600MHz)のひとつ前(?)の規格。でも、互換性はあるとのことで(相性によって使えない場合はある)、実際、ちゃんと認識された。
20140605_MBP_memup

 対応メモリよりも遅いのでCPUの処理能力もメモリに合せて遅くなり、本来の性能が発揮できなくなるらしい。増設前後でベンチマークテストをしてみたら、確かにCPUの項目やDISKアクセスなんかのスコアが若干落ちている。でもメモリアクセスは上がっているな。謎。
 いずれにしても、体感速度には変わりなし。

 Parallels上のWindows 7に8GB割り当てたら、起動やWebブラウザの動作が早くなった。こりゃいいや。

※Appleの公称上限を超えるメモリ増設はを推奨するものではありません。実施される方は自己責任でどうぞ。


今更ながらメモリ増設

 某Mac専門誌の読者プレゼントに当選して、Mac用メモリ DDR3 PC3-10600(1333MHz) 4GB 2枚をいただいた。
 自分のMacBook Pro 13″(Mid 2010)の対応メモリは DDR3 PC3-8500(1066MHz)だが、互換性があると聞いた。
 が! 4GB 2枚を差しても認識されず、MBPが起動しないよ。いろいろ試したりググって調べたりしたが、どうも、この機種は10600の下位互換には対応していないそうだ。(´・ω・`) 10600 4GBと元の8500 2GBの組み合わせだと起動し、遅いほうの仕様に合わせられ4+2の6GBとして認識される。
 ちょっとアレだけど、どうせ頂き物のメモリだし、これで我慢する。同じ容量・規格のメモリを2枚セットで使わないとデュアルなんとかっていう機能が働かないらしいが、それによる遅さは実感できないし。

 ついでに、嫁さんのMacBook (Early2009)と家族共用のMacbook(Early2008)も、それぞれ2GB(1GB+1GB)から4GB(2GB+2GB)に増設。もちろんこちらは購入したんだけど、DDR2 PC2-5300(667MHz)の2GB 2枚セットが3千円って、だいぶ安くなったねぇ。


ってことで、GPSロガーに移行

 前回の記事のとおり、Eye-Fi Pro X2を購入したものの、俺の希望の目的にはかなわずガッカリしたのだが、もはや「I-10で撮影した写真にも簡単にジオタグを付けたい」熱は高まる一方。
 今まで気になってはいたけど、買わずにいたGPSロガーを買ってしまったよ。

 選んだのは、ソニーの GPS-CS3K というやつ。
SONY GPSユニットキット GPS-CS3K
B001U65SL4

 こいつは、電源を入れると、GPSによる測位結果を粛々と記録してくれるというもの。公称値で単三電池1本で15時間程度使えるらしい。
 これを持ち歩けば、俺が移動記録をため込んでくれる。
GPSロガー
GPSロガー
 で、この小さい機器本体だけで、デジカメ写真にジオタグを付与することができるんだよ!
 デジカメで撮影した写真が入っているメモリースティックDuoかSDカードをそのまま挿入することができて、撮影日時と記録された位置情報の日時を照合して、写真にジオタグを追加してくれる。もうね、ひじょうに簡単だよ。
 付属ソフトはWindows用で、Macでは使えないけど、上記のとおりGPS-CS3K本体のみでもサクっとできるので、問題なし。
 ちなみに、付属のUSBケーブルでパソコンに繋げば、マスストレージデバイスとして認識されるので、Macでも位置情報ログデータをコピーすることは可能。それを汎用のデータ型式に変換するフリーソフトもいくつかあるらしので、MacでもログからGoogleマップに移動ルートを表示させる事とか可能のようだ。

 明日から色々使ってみる。


Eye-Fi Pro X2 を買ったが……。

 人気の無線LAN内蔵SDメモリーカード Eye-Fi Pro X2が値下げされて久しいので、購入した。
Eye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G
B003ITFTNI

 愛用しているコンパクトデジカメ PENTAX Optio I-10 で撮影した写真にも、iPhoneみたいにジオタグ(位置情報)を付与したいというのが目的。
 結論からいえば、一週間で使用をやめた(笑)。

 Eye-Fiでのジオタグ付与は、GPSではなく、周囲の無線LANアクセスポイントをリストアップし、三角測量の要領で位置を割り出す仕組みらしい。
 ただし、ジオタグは無線LANで送信時にEye-Fi提供元のサーバを経由させた次点付加されるので、厳密には撮影場所ではなく送信した場所になる。外で撮影し、自宅で送信とした場合は、自宅の位置情報となってしまう。
 まあ、その辺の仕様は下調べをして承知の上購入したのでよい。

 外での撮影には、Pocket WiFiを使い、その場でサーバへ送りたい。そうしないと、撮影場所のジオタグが付かないからね。
 ところが、これが問題だった。まずI-10の電源を入れてから直後の撮影では、Eye-Fiが周りの無線LANアクセスポイントを探すからか、Pocket WiFiを認識して接続するまで2〜3分かかる。I-10の電源を入れっ放しで引き続き撮影すれば、以後は短縮されるが、それでも1枚撮影する度に1分近くかかる印象。
 さらに、仕組みとしてしょうがないのだろうが、測位に使う無線LAN(それに接続する必要はないらしい)がない所では、ジオタグは付与されない。

 俺は、SDカードを外して MacBook Proに挿して iPhotoに読込むという作業は、まったく苦にならないので、無線LANで自動で送信というのは、そんなに魅力を感じていない。ジオタグの付与が目的だったので、期待外れだった。

 Eye-Fiはとても良い製品だと思う。ジオタグにこだわらないのなら、SDカードの抜き差しをしなくていいし、有用だろう。俺の目的にはかなわなかったという事だ。


痛さの原因

 足の親指の痛みはだいぶ良くなった。まぁ、今回は(も)痛風発作なのだけど、薬局で薬剤師とお話してて、どうも俺の足は外反母趾の危険性があるらしい。
 ハイヒールや窮屈な靴を履くとなりやすいという認識で、その点からすると俺は該当しないなと高を括っていた。でも、足の親指が人差し指より短い人は、窮屈な靴を履かずとも外反母趾になる場合があるんだと。改めて自分を足をみると、まさにそう。そして、やばい事に、親指の先が人差し指の方に向いているような感じがするよ。
 そんな事で、痛風発作がおきる前兆の時に靴の中で足親指の付け根の外側がすれて、痛みが出やすいのかもしれないとの事。
 なるほどなぁ。外反母趾の危険があるのか。いやいや、痛風と外反母趾なんて最強タッグじゃん。それだけは阻止せねば!
 んー。強制パッドを付けるか。


やっぱり洗っていた

 アライグマ、やっぱり洗っていた…エサを毒抜き (2009.04.27 Yahoo!ニュース)

 アライグマは、洗っていた−−。アライグマが毒を持つ生き物を食べる際、地面で“こすり洗い”して毒抜きをするユニークな行動を取ることが、京都大の持田浩治研究員(動物行動学)の調査で明らかになった。

 両前脚で、洗うようなしぐさをすることからそう呼ばれているが、野生のアライグマの場合、餌探しのための行動で、実際は「洗わない」とされていた。持田研究員は「毒のある食物に関して、アライグマは、名前通りの行動をしている」と話す。

 アライグマは北米原産で、小動物や昆虫、魚、果実などを食べる。持田研究員は、大阪府内などで捕獲された野生化したアライグマ6匹の食性を観察。皮膚から毒を分泌し、天敵がほとんどいないとされるアカハライモリやニホンヒキガエルを餌にしていたことがわかった。

 詳しく調べた結果、6匹とも通常の餌はそのまま食べるが、においで餌に毒があると判断した場合、両前脚で、最長10分余りも地面に、こするなどしてから食べていた。刺激を与えて体内に蓄えた毒をすべて出させ、こすり落としてから口にしているとみられる。

 持田研究員は「毒を絞り出して餌にする動物は他に聞いたことがない。何でも工夫して餌にする摂食行動が、故郷と環境が異なる場所にもうまく順応できる理由の一つなのかもしれない」としている。

 野生のアライグマは餌探し。動物園のアライグマは何でも洗ってしまう。そんな認識でいた。
 でも、実際は、毒の無い餌はそのまま食べ、洗う必要のある餌だけ洗っていたんだね。すごいぞ、アライグマ!


くやしいです!

 今日から、アニマックスで放送が始まった「戦闘メカ ザブングル」の、第1話を観た。
 えーと、すまん。今まで何度か観たんだけど、最近は、記憶があやふやになっていた。とりあえず、「ジロンの親の仇(声=銀河万丈さん)のキャラ名は、キッド・ホーラ」という認識は間違いだった事に、今更ながら気付いた。

 そんだけ。


MacBook Paper

 まるでノートのようなタブレット型MacBook「MacBook Paper」 (2008.11.07 ギズモード・ジャパン)

 MacBook Airなんか目じゃない、真の薄型Macを紹介している(笑)。
 さらなる詳細は、こちら↓

 [Mac]タブレット型MacBookついに登場!「MacBook Paper」を公開!

 すげー。手書き認識は至上の出来。文字も絵もシームレスに入力可能。書いたものをそのままメール出来る。
 消費電力ゼロと、リサイクルに配慮した素材で、エコロジーだし。
 これはいい! 俺も買う!

 ……しかし、リンク先のタイトルで、一瞬だけ信じてしまったよ(笑)。


縦書き文庫

 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 かつて主宰していた草の根ネット(もはや死語?)である「びといんねっと」内に蓄積された読み物作品を編んで冊子として配布する時も、本当は縦書きにこだわりたかったのだけれども、1989年当時は、俺個人環境で家内制手工業でやるとなると、パソコンBBSのデータをほぼそのままプリントアウトするのが精一杯だった。
 活動後期には、俺もMacを使い始め、なんとかDTPの真似事をやりだし、冊子も縦書き配布を実現できたんだけども。

 閑話休題。
 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 最近はめっきり小説を書かなくなったくせに、過去の資産を公開する機会を狙っていたりはする俺(笑)。
 今回試した「縦書き文庫」は、そのスジには造詣深いろぷさんが紹介されていて、とても便利そうなので、俺も真似して、過去作品のいくつかを登録・公開してみた次第。

 簡単な登録で、自作テキストを縦書き表示してくれる、優れものサイト。
 作品リストや、個別の参照画面を、ブログなど外部サイトへ貼付けることも可能なので、俺の目指す「統合整備計画」の理想にもかなり近い。

 下記が、「本棚」と称する、作品リストへのリンク。結構いかすよね。ブログのサイドバーへ設置するにもいい。

bs_width=170;bs_category=”;user_id=’between’;book_author=’日向夢想’;

 今後、過去の資産を徐々に掲載していくつもり。
 ほとんどはデータとして残っていないので、冊子からスキャンしてOCRでテキスト認識、さらに修正編集って工程をやらないとならないので、極短編からの掲載になるけども(笑)。


お久しぶりでございます

 <マクドナルド>FC管理に課題 対応も後手に (2007.11.27 Yahoo!ニュース)

 日本マクドナルドのフランチャイズ(FC)店で27日、調理日時のラベルの張り替えや賞味期限切れ原料の使用があったことが発覚した。原田泳幸社長は「一人のフランチャイズ・オーナーの問題」との認識を示したが、FCの拡大を目指す同社にとって管理面での課題が浮き彫りになった。今後の社内調査の進展によっては好調な業績にも影響を及ぼしそうだ。

 原田社長の顔を見たのは久し振りだなぁ(原田さんの前職はアップルジャパン社長)。でも、こんな不名誉な事でテレビに出て欲しくなかったけどね……。
 フランチャイズの問題とはいっても、本部の責任は免れない訳だから、あまり余計な事は言わずに誠意をもって対処して欲しい。
 俺らでは、フランチャイズ店と直営店の区別はつきにくい。どの店舗も同じ「マクドナルド」だという認識しかないのだから。