これはいいカメラアプリだ

ゴリラカム

 iPhone用のカメラアプリはたくさんある。俺も今までいくつか使ってきたが、これはいい!
 Gorillacam(ゴリラカム)って、変な名前だけど、デジカメ用の三脚(?)ゴリラポッドのメーカーがリリースしているアプリのようだ。
 手ブレ補正、デジタルズーム、水平器、セルフタイマー、ガイドライン等々の機能がついて、無料。
 iPhone用のデジタルズームができるアプリの多くは、解像度が下がって(撮影画像の大きさが小さくなって)、実質的にはズームというより部分的に切りとったのと大差ないものだが、このゴリラカムのデジタルズームは、画質は荒れるが、解像度(撮影画像の画素数)は維持されるので、ちょっとのズームなら画質劣化も我慢できそう。
 あと、撮影した写真をライブラリへ保存中にも、次の撮影が可能! 保存処理は早いとは言えないけど、その処理を待たずに次の撮影が出来るのは、感覚的にはなかり楽で嬉しい。
 いいところが多いアプリで、標準のカメラアプリの代替になりうるんだけど、このアイコンがダサいのがどうもねぇ(笑)。このアイコンだと、ホームの1面目には置きたくない(笑)。
 繰り返すけど、機能的には素晴らしいアプリではある。うん。しばらくメインで使ってみる。

 iTunesで購入(無料)は、こちら[iTunesが立ち上がります]
 ※iPhoneアプリの価格は、記事執筆時点での価格です。


Air Sharing

Air Sharing

 Air Sharing。iPhone/iPod touch用の、ファイル転送ソフト。Macから(WindowsとUMIXからでも可)文書ファイルや画像、音楽などをiPhoneへ転送し、見るという、いわゆる”on the go”系の閲覧ツール。
 これ系のソフトはApp Storeにもたくさんあるが、どれも有料で試用もできないので、ためらっていた。このAir Sharingは、最初の公開から2週間限定ながら無料(日本公開9/8)。2週間経過後はUS$6.99とApp Storeとしてはお高めなので、ちょっとでも気になる人は、いまのうちにダウンロードしておこう。すぐに使わなくても、iPhoneに同期せずiTunesにストックしておくだけでもいいじゃん。

 さて。Air Sharing。その名の通り、MacからiPhoneへの転送は無線LANで行うのだが、操作は至極簡単。初回に僅かな項目設定をした後は、iPhone側ではAir Sharingを起動しておくだけ。
 Mac側で、iPhoneのAir Sharingdデータ用ディレクトリ?にサーバ接続すれば、マウントされ、Finderに表示されるので、そのフォルダに転送したいファイルをドラッグ&ドロップする。そうすると、リアルタイムでiPhoneに反映されていく。フォルダ作成もMacのFinder上で可能。

 まずは、JR東京近郊路線図と、東京メトロ路線図(共にPDF)を入れてみた。iPhoto経由で「写真」に入れて見るより表示も早いし綺麗。俺としては、これだけでもAir Sharingの利用価値ありだわ。
 ちなみに今までは、路線図は、JPEGに変換して(JRのはPDF加工・変換にプロテクトがかかっているので苦労した(笑))iPhotoに入れてiPhoneの「写真」で見ていたが、これだと自動的に縮小されて駅名がよみにくかったんだよね。iPodだと、写真の同期設定に「フル解像度で転送」みたいなチェック項目があるのに、iPhoneにはない。

 それと、テキストファイルの転送も試す。Jeditで書いたプレーンテキストを転送したが、文字化けがひどい。エンコードと改行コードを色々設定してためしてみたら、エンコードはUTF-8、改行コードはLFで、「先頭にBOMを付加して保存」に設定すると、文字化けがなくなった。これは俺の環境だけかもしれないけど、一応メモしておく。

 対応フォーマットも多いし(有名どころはほぼ網羅されている)、母艦はMac、Windows、UNIXが利用可能という懐の広さ。
 とりあえず、無料のうちにゲットしておきましょう。


BonEcho α1

 初のFirefox 2.0系リリース「Bon Echo alpha 1」が公開 (2006.03.22 MYCOM PCWEB)

 現時点では、ソースコードと、Windows、Linux、MacOSXの各英語版バイナリが、こちらの公式サイトからftpで公開されている。

 サクっと試してみたところ、各種動作は、さすがに速くなっている。でも、文字が大きい!(笑)。
 うちはMac版を試用したのだが、まだ表示解像度設定を変更する欄が実装されてないので、たぶんWindows標準の96dpiに固定されているんだろう(Mac標準は72dpi)。

 ブックマークの表示の挙動が変更され、サイドバーじゃなくて別ウィンドウになってる。設定変更すれば従来通りになるのかもしれないけど、英語なので面倒くさい(笑)。

 ってことで、「どうしても使いたい新機能」はなかったので、またFirefox1.5.0.1を使う。

Tag(s) [ネット]


ペーパークラフト完成!!

「玉猫戦隊オーブファイブ」関係者及びファンの皆様、また、ペーパークラフト好き、ロボット好きの方々、お待たせ!
 やっと、「オーブロボ」ペーパークラフト(ver.1)が出来たよ。

 お約束どおり、白バージョンと、色付きバージョンを公開する。

 白バージョン(シート1/4)robo-w-1.pdf
 白バージョン(シート2/4)robo-w-2.pdf
 白バージョン(シート3/4)robo-w-3.pdf
 白バージョン(シート4/4)robo-w-4.pdf
 色付きバージョン(シート1/4)robo-c-1.pdf
 色付きバージョン(シート2/4)robo-c-2.pdf
 色付きバージョン(シート3/4)robo-c-3.pdf
 色付きバージョン(シート4/4)robo-c-4.pdf

 各4枚、PDF形式で、300dpiの解像度でA4判に印刷されると、縮尺約1/250で、組立てると高さ20センチくらいになる。
 実は、まだこの完成版は俺も組立ててないんだけど、パーツ自体は前回写真の試作品と変ってないので、大丈夫だと思う。
 もちろん、数日中に、俺が組立てた完成写真と、工作ポイントを記事としてアップするけど、とりあえずは、型紙を先行公開するので、腕に自信のある人は、サクっと組立ててみてほしい(そんなに難しくないとおもうよ)。

 色は、パステル調にしてみたが、どうだろう。
 白バージョンで、各自好きな色を着けて楽しんでもらえるとうれしいな。

 不具合とか、改善点などありましたら、ご連絡ください。

 なお、このペーパークラフト型紙は、無断転載や二次配付に類する行為、及び、型紙PDFへの直リンクを禁止します。

追記
 白バージョンの左右カカトの折り線が1本抜けちゃってました。申し訳ありませんが、その箇所はフォースで折り目を見切って折ってください。(2004.11.22)
 例えばAdobeReaderで表示・印刷する場合、プリンタ機種によっては、自動的に縮小される場合があります。全部のシートが同じ縮小率なら問題はないと思いますが、とりあえず印刷ダイアログで100%にして印刷することをお薦めします。型紙は四辺の余白を大目にとってありますので、「サイズが大きい」等のメッセージが表示されても、パーツ部分が欠ける事はないと思います。(2004.11.22)

ねこぱんち!
不条理み○きー:【玉猫戦隊オーブファイブ】 メイン・リンクリスト
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: 馬場鉄工所のメンツ確定