“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう

 今回の記事は、私信に近くなりますが、ご容赦ください。

 最近、このブログにも時々書くが、例の「“鴻池の猫”兄」が、今日誕生日を迎えたとのこと。
 名実共に兄のように慕うというとおり、もちろん俺より年上で、誕生日といっても、悲喜こもごもかもしれない(というのは、あくまでも俺の想像だけど)。
 でもなぁ、「天命を知る」お歳になられたとは、これまたしつこく繰り返しになるけど、悲喜こもごもだろう。
 まぁ、そういう事はご本人が思うことだし、俺には——「関係ない」とは言いたくはないが——伺い知れぬ事だ。

 ネット関係でいう交友関係と転機といえば、今まで大きくいえば三つある。二十数年前に、草の根ネットを主宰していた時。2004年にブログを始めた時。そのどちらも、俺が主催者とか最年長とかだった。
 そして、もうひとつ。四年前くらいにツイッターを始めた時。

 ネット上では前述のとおりだし(それを苦に思ったことはなく、むしろ楽しんでいたのは言うまでもない事)、実縁では弟がいて、俺は長男。
 って、俺の事はどうでもいいのだが(笑)、

 兄貴とは、ひょんなきっかけ(笑)でツイッターで知り合って丁度三年くらい。その翌年正月に実際にお会いしてからでもすでに丸二年以上たつ。初対面の時から「兄貴みたいだな」と思っていた。
 それから今までの間に、色々な事を教わった。俺は馬鹿なのであまり吸収できていないけれど、俺なりに、兄貴の気持ちというか「理系文系の枠を超えて」……じゃないな、「理系文系の枠を融合させてなんか面白く生きて行こうぜ」ってな思いを感じ取っている。これが、兄貴のいう「芸術」「文化」の中に収まる思考/指向であるなら、嬉しいんだけど。

 まぁ、うだうだ書いたが、やっぱり、これしかないな。

「“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう。近いうちに、鰹節でももって、また行くね」


大晦日2011

 今年は、本当に色々な事があった。

 東日本大震災で——もちろん苦労は被災地の比ではないが——計画停電や節電やらで「普通の生活」の有り難さが身に染みた。
 震災とは別に、幼い頃からテレビや映画で見て親しみのある有名人の方々が多く亡くなった。今年は今までより多かったように感じる。個人的には、義父(嫁さんの父)が病で亡くなったりもした。

 反面、出会いというか、今年初めに昔草の根ネットを主宰していた頃の友達と約二十年振りの再会をして、酒を酌み交わしたり、資格学校に通って新しい友もたくさんできたりした。

 そんな中で、二級建築士試験に合格できたって事が、言い得ぬ喜びであり、まさに大きな収穫。
 この一年(正確には2010年末から)、毎週資格学校に通い、キツかったけど充実した受験期間だったが、過ぎてしまえばそれも想い出。つーか、この歳になって、週一回とはいえ、通学してまで勉強するとは思っていなかったし、そんな中で気が合う友達も出来た。彼らと一緒だったから頑張れた部分も少なくない。
 ネット上でもたくさんの方から声援をいただき、友達の存在を、改めて有り難く思う。

 という事をいろいろ反省すれば、やはり、家族、友……「ひと」だなと思う。
 勉強はひとりでも出来るし、当然最終的には自分の問題だが、しかし、家族の協力、友の応援、同じ目標の同志……まわりの環境で何倍にもパワーアップするのはこれまた当然のことだ。

 そんな訳で、「ひと」についてちょっとだけ深く考えるこの年末。

 喪中につき 勝手ながら年頭のご挨拶は失礼させていただきます
 本年中に賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに
 明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

 ねこぱんち統合整備計画
 夢想人企画

 日向夢想/びといん


20周年

 現在は、俺が創作活動を行う時の屋号=独りユニットである当「夢想人企画」だが、この名称を使い始めたのは、20年前。草の根ネット「びといんねっと」を開局した時だ。それを思い出して、ちょっと記録メモを紐解いてみた。
 びといんねっとの正式名称は、1989年2月の開局当初は「びといんらぼ・ねっとわーく」で、その年の6月に「夢想人企画びといんねっと」に改称した。ここで初めて「夢想人企画」という名前を使ったわけだ。当時は草の根ネットの名称の一部であり、つまり、(当時の)夢想人企画には、十数人が所属していた訳だね。
 そして、1989年7月22日の第1回オフ「箱根温泉オフ」で、結成式(ただの宴会)をやったっけ。
 その後、色々細かい変更はあるものの、創作活動全般に屋号として用いるようになり、1999年のびといんねっと閉局をもって、現在に至る独りユニットとなった。
 完全に現在の形態になってから以降でも10年経過したのか。感無量……ってほどじゃないけど、思い入れのある名称なので、なんというか、嬉しいね。うん。
 創作ユニットとはいっても、そのほとんど(ほぼ100%)はネット上での活動。草の根ネットからメーリングリスト、Web日記、ブログと変革してきた。しかし、その本質は変わっていない。俺個人の活動なので、そんなに大きく変わるはずもない。そして、今後も変わらないんだろうね。

 まぁ、そんなこんなで、夢想人企画はいつの間にか20周年を迎えていた、というお話。


その節はお世話になりました

 プリントゴッコ販売終了 (2008.05.30 スポーツ報知)

理想科学工業は30日、家庭で気軽に年賀状などがつくれる家庭用簡易印刷機「プリントゴッコ」本体の販売を6月30日で終了すると発表した。

 んー。確かに、しばらく使ってないけど、うちにもあるよ、プリントゴッコ。十数年前までは、かなり活用してた。
 間違いなく、年賀状作成時の相棒だった。主宰する草の根ネット内で公開された小説や詩などを集めて不定期に刊行してた冊子の表紙も、一時はプリントゴッコで刷っていたし。
 パソコンでデータ作成してインクジェットプリンタで印刷。これだけ急速に手軽で便利な環境になってしまった今、プリントゴッコは厳しいかもしれない。
 ただ、間違いなく、パーソナル印刷における一時代を築いた、素晴らしい商品だと思う。日本の文化の大きな塚のひとつだといっても過言ではないだろう。

 お疲れさま、プリントゴッコ。


縦書き文庫

 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 かつて主宰していた草の根ネット(もはや死語?)である「びといんねっと」内に蓄積された読み物作品を編んで冊子として配布する時も、本当は縦書きにこだわりたかったのだけれども、1989年当時は、俺個人環境で家内制手工業でやるとなると、パソコンBBSのデータをほぼそのままプリントアウトするのが精一杯だった。
 活動後期には、俺もMacを使い始め、なんとかDTPの真似事をやりだし、冊子も縦書き配布を実現できたんだけども。

 閑話休題。
 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 最近はめっきり小説を書かなくなったくせに、過去の資産を公開する機会を狙っていたりはする俺(笑)。
 今回試した「縦書き文庫」は、そのスジには造詣深いろぷさんが紹介されていて、とても便利そうなので、俺も真似して、過去作品のいくつかを登録・公開してみた次第。

 簡単な登録で、自作テキストを縦書き表示してくれる、優れものサイト。
 作品リストや、個別の参照画面を、ブログなど外部サイトへ貼付けることも可能なので、俺の目指す「統合整備計画」の理想にもかなり近い。

 下記が、「本棚」と称する、作品リストへのリンク。結構いかすよね。ブログのサイドバーへ設置するにもいい。

bs_width=170;bs_category=”;user_id=’between’;book_author=’日向夢想’;

 今後、過去の資産を徐々に掲載していくつもり。
 ほとんどはデータとして残っていないので、冊子からスキャンしてOCRでテキスト認識、さらに修正編集って工程をやらないとならないので、極短編からの掲載になるけども(笑)。


俺の怪我遍歴

 ぺんも歩けばネタにあたる TBプリーズ 「ケガ、病気自慢」 に、ねこぱんち。
「今までで一番記憶に残る病気やケガは何ですか?」とのことだが……。
 俺は、結構怪我をしている。血の気が多くて喧嘩ばかりしているというわけではない。まぁ、時々弱いくせに大喧嘩して、ボコボコにされるけどな(笑)。

 悪趣味かもしれないけど、自分の怪我遍歴(笑)を遡りメモしてみる。

続きを読む


21年間のパソコン所有歴を晒してみる

 パソコンを使いはじめて20年以上になる。
 それ以前にもポケコンやワンボードマイコンなんかも経験あるが、あまりにも古(いにしえ)の歴史すぎて、どうしようもない。
 ってことで、いわゆる「パソコン」の所有歴を、古い順に思い出しつつ、列記してみる。
 特に意味はないが、個人的メモとして。

続きを読む


[オフ会]2005東京新年会レポ(まとめ)

 5回に分けて、俺なりにオフ会の記録を綴ってみました。
 ちょっとこだわった部分がひとつだけあるんです。いつ誰が合流したかは書いたけど、いわゆるお別れシーンは書いてません。
 また毎日ブログで会えるから、別れじゃないし……っていうとキザですが、本当は、やっぱり寂しいのは嫌いなだけです。

 発起人として、いろいろやったつもりでしたが、不慣れなため、皆さんに頼りきりでした。勉強になりました。
 お陰様で、とても楽しかったです。

 ネット歴は15年以上。無数のオフ会に参加してますが、(半日ずつとはいえ)延べ3日間というのは初めてです。

 折に触れて感じることですが、ブログは、かつての草の根ネットに似ていると思うのです。
 各自のブログは「シグ」、ブロガーは「シスオペ兼シグオペ」。どちらかというとシグオペ的役割の方が大きいかな。
 そして、近隣の草の根同士で、共同企画とか、データFD(フロッピーディスクなんですよ(笑))配付とかを始めて、それが徐々に広がるの。
 この辺、説明すると長くなるので、解らない人には、ごめんなさい。おっさんの思い出話だと思って流してください。

 ちょっとは形態がかわっちまっったかも知れないけど、その本質はなんら変ってない。
 ましてや、そういうお付き合いをさせてもらっているみなさんと、直に会って、騒いで……。

 すみません、次の言葉、今回の東京オフを象徴する言葉として、丸ごと引用させていただきます。

やばいことに、昨日集まった連中が頭ん中で、旧知の知人にカテゴライズされているようです。

 みなさん、ありがとうございました。機会があったら、また集まりましょう!


[オフ会]2005東京新年会、遂に本日から!

 去年の夏に釧路に家族旅行で行ってお世話になったすすきのさんとの約束「近いうちに東京で再会しましょう!」が晴れて実現。

「我々は、半年待ったのだ!」

 さて。待ちに待った、「2005東京新年会」が、本日(日付が変ったからね)より始る。
 MLでいろいろ詳細を打ち合せて、万全の体勢だ(よね?)。
 9日夜の「しゃぶしゃぶ食べ放題宴会」をメインに、8日と9日の午後を目一杯+10日のお昼と、長丁場。
 参加人数も、13人と大人数(マンガーさんが参加者のリストアップされている(と手を抜く))。
 当然、企画も盛りだくさんだ。もんじゃ食ったり、カラオケやったり、しゃぶしゃぶ食べ放題だったり、名物カツサンド食ったり、横浜で中華食ったり……。食ってばっかりじゃん!

 それにしてもオフ会は9ヶ月ぶり。ましてや、こんなに大人数のだと、何年ぶりだろう。
 なんだか、十年前くらいの、草の根ネットのオフ会を思い出すなぁ。

 いやぁ、遠足の前の日の小学生の気分だ。わくわくして、眠れないよ。


俺も発掘! まぼろしの4コマ

 俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: おまえ、それ、本気で面白いと思って描いたんかい! に、ねこぱんち。
 俺もガキの頃からずいぶんと4コマまんがを描いていた。いや、まったく進歩しないうえに、20年前くらいから、シュールなやつが流行り出して、吉田戦車あたりで爆発。
 俺もふくめて素人は、飛びついたわけだね。なんでもアリじゃんシュールなのがいいんだよ!ってな感じで。
 すしバーさんも言ってたけど、俺もまぁ、そんな風潮が嫌になって、あまり描かなくなっていった訳なんだけども。

 さて。そんな時代に描いた4コマを公開する。
 上記の時代背景(笑)を踏まえて、覚悟したうえで読んでください。

 これは、15年前くらいに、同人誌、というか、主宰する草の根BBS「びといんねっと」に投稿された作品をまとめて自家製本して配付した作品集「あぶすとらくと」に書き下ろしたもの。
 すしバーさんのような画力がある訳でもないけど、オチもない。別にそれを狙っているわけじゃないけどね。
 ちなみに、「ひょ〜ひょ〜」ってのは、前述「びといんねっと」のマスコットキャラで、脱力系。キャッチフレーズは「人生は、すちゃらかに」
 手抜きじゃなく、こういう格好のキャラなんだよ。本当に。マスコットキャラを考案した時点で、すでに手抜きな設定だったわけじゃなく。

 ひょ〜ひょ〜! #1
 ひょ〜ひょ〜! #2
 ひょ〜ひょ〜! #3
 ひょ〜ひょ〜! #4
 ひょ〜ひょ〜! #5
 ひょ〜ひょ〜! #6

 読んで「くだらねぇ!」と思ってくだされば、本望です。
 いや、しかし。この俺の絵を改めて見て、やっぱ、すしバーさんは上手いなぁ、と尊敬しました。比較するのすら失礼かも。