にゃあ、早く治ってね。

 にゃあ(推定14歳7ヶ月、♀)が、4日前から急にごはんを食べなくなった。全然良くならないので、今日、嫁さんに病院へ連れていってもらった。
 血液検査の結果、肝炎だそうだ。肝臓は「沈黙の臓器」ってのはヒトもネコも同じらしい。もっと早く気付いてあげられなくてごめん(涙)。

 体重が6kgから3.5kgへと激減。前足に点滴のチューブがついたままなので、それを口で取らないようにと、エリザベスカラーを着けられて帰ってきたよ。
 エリザベスってだけで、もう病人然としちゃって見るからに痛々しいんだよなぁ。
にゃあエリザベスカラー
 前足の点滴チューブとその養生テープ巻きがついているので、それを気にしてか真っ直ぐに歩けずにヨタヨタしてるし、あちこちでエリザベスの縁が引っかかって可哀想。
 エリザベスが邪魔して、猫ドアをくぐることもできない状態。これについてはエリザベスがとれるまでドア本体を開けっ放しにしておいてあげるので大丈夫だけど。

 でもね、今日は点滴の効果か、少しだけ食欲が戻って、昨日は全然食べなかった高齢猫用のペーストタイプのをだいぶ食べてくれた(一日に与える量の4分の1くらい)。

 とりあえず三日間通院、毎日点滴のため半日入院。
 早く良くなれよ!


ジョブズCEO、復帰間近か!?

 アップルのS・ジョブズ氏、6月22日から業務に復帰か–米報道 (2009.06.23 CNET Japan) というニュース。

Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が米国時間6月22日、カリフォルニア州クパチーノにあるAppleの本社に復帰したと、同社従業員らが報告しているという。

 更新情報:Reutersは太平洋夏時間午後5時14分に、この報道を裏付ける情報として次の記事を掲載した。「Jobs氏が6月22日、カリフォルニア州クパチーノのApple本社ビルから出てきて、1人で黒い車に乗り込む姿が確認されている。その後、黒いスーツを着てイヤホンを付けた数人の男性らの運転により車はその場を去った」

 ジョブズCEOは、2ヶ月前に肝臓移植手術を受けたらしい。以前患った膵臓癌が肝臓に転移したのかな。
 早く復帰して欲しいけど、どうか無理をなさらずに。


痛風とプリン体についてのメモ

 忘備メモ。

 運動時は、筋肉から尿酸の元となる物質が作られる。このとき、筋肉への血液供給も増えるので尿量が減少し、尿酸の排泄も減る。
 運動時・運動後の水分補給は重要。

 プリン体は、飲食物から摂取した分は肝臓で尿酸に分解されるが、それほど多くない。実は体内から多くのプリン体が作られる。
 細胞の新陳代謝によって、こわれた細胞の核からプリン体がたくさん出てくる。つまり、尿酸の原料の多くは、体内細胞から生まれたプリン体。

 プリン体は飲食物からの摂取だけが問題じゃないみたい。もちろん摂り過ぎない方がいいんだろうけど、神経質になったら何も食えなくなるって。
 運動の時に云々とか、アルコール分解の時とかを考えると、つまり、多くの人が普通にやっている「運動後や湯上がりのビール」ってのは最悪な訳だ。

 All About[家庭の医学] 痛風予防 男性は女性より酸化ストレスが大きいのです! 痛風予防にはこまめに水分補給を

 ためしてガッテン:過去の放送:7月が危険! 痛風対策の新事実