機動戦士ガンダムUC 第1話を観た

 アマゾンに予約注文していた「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)」第1話のBDが届いたので、早速観賞。
 原作小説は4巻まで読んでいるが、今回はその原作のうち1〜2巻までの内容に相当する(ただし、2巻の最後の部分は描かれず)。

 いやぁ、凄い。1時間作品だが、話の密度は倍の2時間くらいに感じる程濃い。もちろん小説のように細かい描写はカットされているが、そつなくうまく省略してるなぁという感じがする。
 映像も綺麗で、劇場用アニメに匹敵する緻密さと動き。戦闘シーンなんか、素晴らしい。ブルーレイ買ってよかった!

 見終わった後、90分か2時間の映画1本を観たような満足感だった。

 2巻以降も楽しみ。

↓BD版

↓DVD版


ヘルメットが無ければ即死だった……。

 見える、見えるぞ! 大佐になりきったわたしが! 1/1シャアヘルメット、限定販売(2009.07.27 ITmedia)

 バンダイナムコグループのメガハウスは、「機動戦士ガンダム」に登場するシャア・アズナブルのあのマスク「シュタールヘルム」を8月7日午後6時から、同社ECサイト「メガトレショップ」で限定販売する。「シャアになりきれる1/1スケールの『ヘルメット&ヘッドギア』はこの商品が初です!」としているが、「着用時には個人差がある」という。

 設定通りヘルメットとヘッドギアで構成。ヘルメット表面には緻密(ちみつ)な加工をほどこし、「前立て」(あのジオン軍将校の角みたいなの)も細部にわたり忠実に再現されているという。ヘッドギアのレンズ部分はハーフミラーを使っており、着用時には視界をさえぎらないという。

 上記記事内の画像をみるとかなりいい出来だね。31500円って価格は意外に安いし。
 いや、買わないけども。
 ところで、記事中に

着用時には個人差があるということなので、それなりの人が着用すると実写版ガンダムこと「G-SAVIOUR」に登場するあの衝撃の大佐になりかねず、注意が必要だ。

 ってあるけど、これ、Gセイバーじゃなく、実写ムービー使ったゲームに登場した「ケツあご」のシャア(↓)の事じゃね? まぁ、どうでもいいけど。
実写版シャア


キューンキューン

20070505160117
 飛行機雲。
 青い大空。
 ラブサイン…は、ない。

 ところで、「超時空要塞マクロス」のリメイク版ができるってのは本当か?
 マクロスは「愛・おぼえていますか」で完成されつくされてるだろ。作画も設定も演出も。
 20数年前の作品で手書き作画なのにあの緻密さ。スパゲティーミサイル、まだら爆発、板野サーカス、美樹本キャラの指先、腰まわり。現在でも通用するどころか、これを越える作画ってあるか?
 エキセドルの頭がうねうねする感じとか、ブリタイがカラータイマー光らせながら「我々の文化を取り戻すのだ」と決起するところとか、柿崎があっという間に撃墜されてしまうはかなさとか、マックスが「美しい……」って呟くシーンとか、ああいう感動を、リメイクでもちゃんと伝えてくれるのか?

 あと、決定的な事だけども、一条光の中の人は、すでに……。

 リメイクじゃなく、シリーズ新作だろ?