これは……ジオンのマークか……!?

 警視庁が先日から小平市と江戸川区の道路の一部で試行されている自転車ナビマーク
 なんだかゴチャゴチャしてて、パッと見た感じでは自転車に見えないのは俺だけか?
自転車ナビマーク

 まぁそれは置いておいて(笑)、マーク上方に描かれた矢印が……自転車運転中からの目線だと、どうにもガンプラのデカールにあるジオンMSの階級章(大尉)マーキングにしか見えない。これはきっと俺だけじゃないはずだ。
ジオンMSの階級章マーキング

\ジーク・ジオン!/


あれが、ジオンの……ザクか……!

「機動戦士ガンダムMS-06アーカイブス」という本が出版される。

 30年間に、映像作品に登場したザク系MSの歴史や技術を解説した、資料集。

内容紹介
「ザクのすべてを網羅!」をコンセプトに、映像作品に登場した「ザク」系モビルスーツの決定版資料がつい登場!!
ファーストガンダムから現在まで、30年の間に登場したザクの歴史や技術をあますところなく解説し、「ザク」という兵器の本質に迫ります。
本書の為に描き下ろされた新作イラストの数々も必見です!

■第一章 MS−06開発史
開発黎明期から一年戦争終結まで、ジオン公国によるMS−06開発の流れを解説。
ザクがいかにして作られたのか、その開発史を総括する。
■第二章 MS−06のテクノロジー
MS−06の各部の持つ機能やそこに使われているテクノロジーなど、機体の技術的な面を解説。
またZIONIC社など、MS−06の開発に携わった企業まで紹介。
■第三章 MS−06系MS紹介
「機動戦士ガンダム」から「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」まで「ザク」的なコンセプトで開発された、
全MSを設定線画と詳細な解説テキストで紹介。MS−06の系譜がここにある。

「ザクの全てを網羅!」とか言われたら、俺としては買わない訳にはいかないだろう。

 ちなみに「ザク大辞典」は持っているけど、こちらは、アニメの設定資料や活躍シーンの収録程度にとどまっている。まぁ、別冊宝島のわりにはいいまとめかただけども。


アクセス解析概要(2007.11)

 XREA AccessAnalyzerによる当ブログの11月アクセス解析概要。

 月間アクセス数

 ヒット回数: 13929 (平均464.3/日)
 ユニーク数: 10326 (平均344.2/日)

続きを読む


これが……ボビルビーの、ザクか……!?

 BOBLBE−Eの代名詞とも言えるMEGALOPOLISを「機動戦士ガンダム」のザクII仕様にしました! (2007.07.12 GUNDAM.INFO)

 バンダイとボビルビーのタイアップ商品。ザクグリーンのPCバックパックが登場。

MEGALOPOLISならでは。どんなインパクトにも耐え得るABS樹脂製モノコック・ハードシェルや人間工学に基づいたランバーサポート・システムがモビルスーツのイメージにもピッタリです!

 確かに、モノコックつながりでザク仕様は納得だな。
 俺もボビルビーのバックパックは愛用していて、その良さは知っているが、メガロポリスかぁ。
 確かにメガロポリスはボビルビーのフラッグシップモデルで、ピープルズディライトとメガロポリスは容量の割には値段の差が小さいから、大きい方がお得ではある。だけど、俺のはピープルズディライト(小型)で、通勤にはこれがちょうどいいんだよね。

 つーか、定価25725円(前モデルなら15000円くらいでも売っている)のメガロポリスを緑色にしてジオン公国章入れただけで、37800円かよ(笑)。
 ピープルズディライトで3万円以下だったら即買いなんだけどなぁ。

 愛用のボビルビーに自作のジオン公国章シールを貼り付けようかしら(笑)。


アクセス解析概要(2006.05)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる5月のアクセス解析概要。

 訪問者数は、ヒット数:8979(先月9731)、ユニーク数:5323(先月6093)。
 先週末のGoogleAdsence消滅事件に関係しているのかは分からんけど、Google経由のアクセスが減少したからなぁ。

続きを読む


ガンプラへ繋がる、バンダイの歴史

 アマゾンに注文して、昨日届いたのだが、一気に読んでしまった。
 読みやすい文章ってこともあるが。

ガンプラ開発真話
猪俣 謙次 加藤 智

ガンプラ開発真話
メディアワークス 2006-03-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 第一章は、ガンプラ以前というか、バンダイ・模型部の黎明期について語られている。最初は退屈かと思われたが、この章も面白い。
 おもちゃメーカーであるバンダイが、今井科学らと共同で模型業界に参入するも、途中から当時のプラモデル業界ではイロモノ扱いされていたキャラクターモデル専門の路線に切り替える。この時点で、すでに現在のバンダイの思想は固まっていた訳だ。その後、大きな路線変更しないってのが、ガンプラの独占成功につながるのだろうか。
 しかし、スーパーカーブーム到来で、怪獣やロボットなどのキャラクターモデルは、カーモデルをはじめスケールモデルの人気に窮する。
 ここでも「流行りに乗るだけじゃなく、信念を通そう」と、あえてテレビ番組のロボットのプラモデルで勝負するが、大敗。
 ここで、スーパーカーブームの一端には「サーキットの狼」という漫画の影響もあった。今まで相いれなかったスケールモデルとキャラクターとが、実は融合していたって事に気づいたバンダイ。
 その直後に迎えたのが、一度は沈んだ(笑)「宇宙戦艦ヤマト」の再放送〜劇場版による大ヒット。
 バンダイは、「ヤマト」で、「キャラクターモデルのスケールモデル化展開」で大躍進する。
 まぎれもなくこの成功が、ガンプラへとつながる。

 だいぶ端折ってしまったが、第一章は、こんな感じ。

 この後は、リアルタイムに体験した時代なので、納得しながら読み進めた。
 とにかく、バンダイは伊達じゃない!

 この書籍全体の3分の1くらいは、ガンプラ以外についての事だが、そのどれもが、やっぱりガンプラの歴史に繋がっているのだな、と思う。
 タイトル「ガンプラ開発真話」というには大袈裟だけど、ガンプラファン、バンダイファンは、きっと楽しめる読み物だと思う。
 俺は、期待せずに購入したので、余計に楽しめた(笑)。
 まあまあオススメ。


ジオン公国軍 識別標

 オリジナルドッグタグの通販サイトをやっている某店に相談したんだけど、やっぱり公国章が入るのはダメだと言われた(笑)。
 オリジナルマークのレーザー加工と、裏面への刻印ができるってことなんだけど、まぁ、著作権違反になるからなぁ。
 しょうがないので、自分でCG加工して仮想で作ってみた。

dogtag200.jpg
 初期の「アルティメット・オペレーション」に付属してきたアルミプレートのドッグタグの裏面に文字を合成しただけ。

 先程まで1日間のみタイトル背景に使っていたんだけど、ちょっと鬱陶しいので、またシャアザクの蹴りに戻した(笑)。

 だれか、実物を作ってくれないかなぁ。

Tag(s) [ガンダム][ネタ][食玩]


ジオン公国章ステッカー作成の副産物

 先日作ったステッカー用に起した画像を再利用して、壁紙画像を作成してみた。
 ドローデータで一度作ってしまえば、様々流用できるので、便利だね。

 全て、1024*768のjpeg画像。
 記事内の画像はサムネイルになっているので、クリックすると別に本来の大きさのが表示されます。
 よろしければ、どうぞ。自己責任で利用してください。
 ジーク・ジオン!

続きを読む


懲りずにマーキング

 早々にはがれてしまった、携帯電話のジオンマーク。もちろんまったく諦めていない。
 かくなる上は、ステッカーの自作、だ。
 まず、大元になるジオン公国章。ガンプラMGグフカスタムの組立て説明書表紙をスキャンした。それを下絵にして、Expression3で左半分の輪郭をなぞる。この地道な作業で、ベジェ曲線をほぼマスターしたね!
 半分描けたら、それを反転コピーして、全体像完成。
 このデータをIllustrator形式で書き出して、Photoshopに読み込んで、色々拡大縮小して、A6判にレイアウトして、インクジェット用耐水ステッカー用紙(クリアタイプ)に印刷。
 おお。カッチョイイ。
 しかし、結果は、失敗。クリアタイプのステッカー用紙を使ったため、下地が透けてしまった。ホワイトタイプじゃないとだめなんだね。いずれにしても、ナイフで切り出す労力は同じなんだしな。
 それと、こういう作業する時には、やっぱりIllustratorが欲しくなる。Expressionは、画像のベクター化ができないんだよね。
 でも、Illustratorは高価だから、年に数回使うくらいじゃもったいない(笑)。


通常の三倍?

 先日、機種変更した新しい携帯電話に、ジオン公国章のデカールを貼ったが、3日でボロボロになってしまった!
 まぁ、予想通りではあるが、やっぱり転写デカール(こすって張りつけるやつね)を貼ったそのままってのは、持ち歩く機器には酷だったね(笑)。
 とりあえず、シール式の同じマークを貼っておいたが、もうちょっと考えないとな。