シャア専用カップヌードル

 日清食品ニュースリリース:数量限定新発売およびキャンペーンのご案内(2010.07.05)

 ちょっと前のニュースだけど、またminiガンプラ付きカップヌードルが出るらしい。

日清食品株式会社 (社長:中川 晋) は、「カップヌードル シャア専用チリトマトヌードル 《miniガンプラ》パック」シリーズ3品を8月2日(月)から全国で数量限定新発売します。また同商品を対象としたクローズドキャンペーン「カップヌードルオリジナル『MG MS-06S シャア専用ザクVer.2.0 (クリアカラー)』プレゼントキャンペーン」を実施します。
TVアニメ「機動戦士ガンダム」のプラモデル「ガンプラ」 *1 の発売30周年を記念して、同アニメの人気キャラクター「シャア・アズナブル」をモチーフにした「カップヌードル チリトマトヌードル」のコラボレート商品を発売します。多くのガンダムファンが、「シャア専用」という言葉から想起する「赤い」もしくは「3倍」 *2 というイメージを切り口として、「カップヌードル チリトマトヌードル」、通常の「チリトマトヌードル」より3倍辛い「辛さ3倍チリトマトヌードル」、赤いチェダーチーズが入った「赤いチーズチリトマトヌードル」の3品に、それぞれ「miniガンプラ」を付けました。
また、当商品発売に合わせ、カップヌードルオリジナルカラーのガンプラ「MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0 (クリアカラー)」 (1/100スケール *3) が当たるクローズドキャンペーンを実施します。1982年に発売した「チリトマトヌードル」と1980年に発売され30周年を迎える「ガンプラ」というロングセラー商品同士のコラボレートにより、カップヌードルのユーザー層に向けた楽しい話題を提供して参ります。

 シャア専用と聞いたら、買わない訳にはいかんな(笑)。クリアカラーのMGシャアザクVer.2.0も欲しい!
「辛さ3倍チリトマトヌードル」は、前のリフィルのシャア専用ヌードルより辛いのだろうか。
 8月2日からね。よし!


考えている事とやれる事というのは……

 ドコモが4-6月決算発表会を開催、山田社長「iPhoneを諦めたわけではない」 (2009.07.31 マイコミジャーナル)

iPhoneをNTTドコモで扱う可能性があるかどうかという記者の質問に対しては、「まだ諦めたわけではない」と話し、含みをもたせた。

 へぇ。まだ諦めてないのか。でも、アップルと具体的な交渉をしているとも思えないけども。


壊滅的

 あの「日本ブレイク工業」が社歌以上に破壊的な事態 (2009.06.25 IT media)

 「社歌のマネジメント子会社の社長を兼務していた43歳の男性社員と、ブレイク工業の創業時から経理を担当していたその母親の65歳の女性社員が共謀し、会社の金の大半を横領していたのです。女性社員の再婚相手が社長をつとめるペーパー子会社も横領にかかわっていました。今年1月に発覚しましたが、判明しただけでも被害額は3年間で5億円以上。年商1億5000万円程度の会社ですから、とても事業を続けられる状態ではなくなったのです」

 同幹部によると、CDの売り上げや関連収入も、ほぼ全額を母子が管理。同社には1円も還元されていなかった。だが、ブレイク工業の荒谷辰郎社長(57)は実印を預けるほど母子を信頼しきっており、実態は誰にも分からなかったという。

 事態が発覚した今年1月以降、20人近くいた社員は全員解雇され、残っているのは荒谷社長ただ1人。代表電話に出る女性は外注の秘書センター社員だという。時効の関係から、荒谷社長は過去3年分の被害について近日中に刑事、民事双方で提訴する方針。神奈川県警もすでに実態を把握しているという。

 なんか、壮絶だな。
 あの社歌は、業界を莫迦にしているようで大嫌いだったけども、こういう事態になってしまうと、ザマアミロって思う。ちょっと可哀想だな。


iPhone割引キャンペーンが延長

 「iPhone for everybodyキャンペーン」の受付期間を9月30日まで延長(2009.05.26 ソフトバンク プレスリリース)

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、2009年2月27日の開始以来ご好評いただいている「iPhone for everybodyキャンペーン」の申し込み受付期間を、2009年9月30日(水)まで延長いたします。

本キャンペーンは、革新的な「iPhone™(アイフォーン) 3G」の購入にかかる実質的なご負担額(注)が8GBモデルの場合は0円に、16GBモデルの場合は480円/月になり、さらに、パケット通信料定額サービスの上限料金が、通常5,985円/月のところ4,410円/月でご利用いただけるものです。

 このキャンペーンが始まったから嫁さんもiPhoneに機種変更したので、好評なのは解るがこの時期にキャンペーン延長か。ってことは、7月発売とも噂されている新型iPhoneも——最初から——everybodyキャンペーンで買えるのか!?
 現行機種の在庫処分が目的なら長くても6月一杯までとかにするだろう。新型iPhoneの発売が10月になるって事も考えられるけど、どうだろ。いずれにしても、このタイミングで割り義気キャンペーンを9月一杯まで延長ってことは、アップルからソフトバンクに新型iPhoneの発売時期の情報が入ったんじゃないかなぁと想像する。

 新型は現行のからメモリ容量倍増らしいから、キャンペーンが適用されるとすれば16GBが実質0円、32GBが実質480円になるのかなぁ。機種変更の場合はどうなるんだろ(買う気満々(笑)>俺)。


ドラマ「サラリーマン金太郎(第8話)」を観た

 金曜ナイトドラマ「サラリーマン金太郎」。相変わらず、鷹司以外は割と原作に忠実で、絶妙なアレンジを施していて、毎回楽しんで観ている。
 ドラマ化や映画化に伴って、原作におけるキャラ何人かの設定をひとりにまとめるというのはよく使われることだが、今回の、黒川社長に伊郷社長の設定を合体させたのは流石って感じだなぁ。放送話数の都合も考えれば、これは正解だよ。
 それと、水木課長もうまくアレンジしてると思う。
 もうそろそろ終わりだね。


何が発表されるのだろうか

 「iPhone 3Gは予定しているペースの数が出ている」とソフトバンク 孫社長 (2008.10.29 +D Mobile)

ソフトバンクは10月29日、2009年3月期の中間決算を発表。発表会場での質疑応答で孫正義社長がiPhoneについての質問に答え、順調に売れていること、明日も新しい取り組みを発表することなどを話した。

 まぁ、なんだかんだ言っても、売れているというのは間違いなさそうだよね。街でもiPhone持っている人もよく見掛けるし。

 ちなみにiPhone 3GユーザーのARPUは、一般的なソフトバンクの音声端末のユーザーと比べ、2倍近いという。多くのユーザーの料金が、2段階定額制の上限に張り付いているといい、「iPhoneがもうからないのではないかという報道もあるが、これは勘違いだ。ソフトバンクにとっては立派に収益をプラスにしてくれるありがたい機種」(孫氏)と、キャリアとしてもiPhoneが魅力的な端末であることを力説した。

 そして、業績報告以上に気になる言動も。

 ちなみに10月30日には、同社の新端末発表会が予定されているが、孫氏は「iPhoneに対する新しい取り組みについても公表する」と発言した。

 なんだろう。ハード的な事やバージョンアップはアップルで行うだろうから、サービス面での新しい取り組みだろうね。


iPhoneのメモリリセット方法!?

 「iPhoneは想定以上の売れ行き」–ソフトバンク孫社長、手ごたえをアピール (2008.08.05 CNET Japan)

 ちょっと遅れた感はあるけども(笑)、上記の業績報告に関する記事の中で、ちょっと気になる孫社長の発言が。

Safariは多くのアプリケーションを動作させるとメモリ不足で落ちてしまうが、端末下にあるホームボタンを長押しするとメモリがリセットされてさくさくと使えるようになる」(孫氏)とのこと。

 ふむ。今までは、日本語入力やSafariの動作が重たくなったら、電源ボタンを長押しして再起動させていたけど、これなら手軽だね。でも、今のところ、その効果はあまり実感できないんだけど(笑)。


パケット定額フルが2段階に

 最低月額料金2,990円で「iPhone 3G」が利用可能に! (2008.08.05 ソフトバンクモバイル)

ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区、社長:孫 正義)は、7月11日の発売以来ご好評をいただいている「iPhone™(アイフォーン) 3G」(アップル社製)を、より幅広いお客さまにご利用いただけるようにするために、パケット通信料定額サービス「パケット定額フル」※1をご利用パケット数に応じて変動する2段階定額制(1,695円〜5,985円)に改定し、2008年8月ご利用分※2より適用開始します。これにより、iPhone 3Gが最低月額料金2,990円でご利用いただけるようになります。

 しかし、多くのiPhone3Gユーザーは、あっという間に上限突破していると思うので、二重価格表示に近い感じではあるんだけどねぇ。
 WiFi主体で使いたいという人にとっては朗報かな。でも、それならiPod touchを使った方が安いと思うし、なんか、この料金改定の意味がよく分からない。


マクロスF(第12話)を観た

 アバンタイトルで、まず聞こえてきたのがゼントラーディ語。そして、画面にはブリタイっぽい人とエキセドルっぽい人の姿。もちろん日本語訳(笑)の字幕が。
 うわぁ。もうやられたって感じ。
 まぁ、ブリタイっぽい人の顔は予告でチラっと出てきたので、その時点で気になってはいたが。

 ガリア4に駐留する第33海兵部隊は、ゼントラ人主体の構成で、その中の一部が暴動を起こしているので、シェリルに慰問要請が。シェリルが体調不良で歌えず、代わりにランカが(勝手に)駆けつけてピンチを救う……ってのまでは予想ついたけど、ラストシーンで、ガリア4の渓谷地帯に佇む初代マクロス艦の姿が。
 なんか、凄い展開になってきたな。

 それにしても33海兵隊のメンツ、もろにゼントラ! 前述のとおり指揮官オゴタイはブリタイっぽいし、副官(名称不明)はエキセドルっぽい。あと、暴動のリーダー・テムジンはカムジンっぽい。もしかして、それぞれの子孫かクローン?
(余談だが、オゴタイって、チンギス・ハーンの子供の名前だよね。あと、ランカの所属事務所社長の名前がエルモ・クリダニク。この人、耳がとがってるのでゼントラ? ブリタイ・クリダニクと同じ姓(?)なのは意味無し?)
 副官の頭がエキセドルみたいに大きくなく、ほぼ人並みなのは、まだ若くて記録(記憶)情報が少ないからか、約50年前に文化を取り戻して以来ゼントラも記録参謀の脳以外の記憶装置を使うようになったかのどちらかなんだろうなぁ。芸が細かいね。

 あと、シェリルのマネージャー。ちょっと前から、なんか意味ありげだね。

 いやぁ、今回も面白かった!