2011東京新年オフ会

 昨日、恒例の新年会を開催した。
 2004年春、ほぼ同時期に某所でブログを始めたのが縁で、その東京近郊在住者を中心にいまだにリアルでのお付合いも続いている方々との集まり。
 もう7年近くになる。皆、いい感じに歳をとって(笑)、話題もそれなりの方面(ってどういう方面だよ)も多くなったが、集まれば話題が尽きる事はない。
 実に心地よい連中で、親戚の集まりみたいな感覚に近くなってるね。
 今年も、楽しいひとときをありがとう。
 またやりましょう。


近況報告

 ネタとしてはいくつもあるんだけど、とりあえずまとめて近況報告。

 12月19日。
 同じジオン国民同士のツイッター仲間・キングピンホール氏と、忘年会。例によって秋葉原の村役場。開店直後の16時15分くらいに入ったのだが、先客が1組。なんか職場の上司と部下みたいなカップル。黒だな。でも、面白かった。

 12月21日。
 MacBookのHDDをSSDに換装するも、どうもうまく起動しない。Mac OSXをクリーンインストールしただけのシステムだと問題なく起動はするが。なんだか、TimeMachineバックアップファイルが壊れてしまっているっぽい。

 12月22日。
 職場の忘年会。3時半まで飲む。神保町。当然電車はなく、皆、職場に泊るというが、俺は江東区の自宅まで歩いて帰る。途中で電車に乗れる時間になるだろうと。
 途中でお巡りさんに呼び止められて職質されたりしたが、無事に5時に錦糸町に着き、そこで朝飯を食って、始発を待ち、電車に乗る。5時45分に帰宅。風呂に入り、寝る。
 1時間半で9キロ弱を歩いたが、酔った勢いもあろうが、最近ウォーキングやサイクリングをしていたおかげか、まったく苦痛は感じなかった。

 12月23日。
 SSDに換装したMacBookの調子が、やっぱり良くない。TimeCapsuleのHDDにアクセスできない。SSDのせいではなく、TimeCapsuleが故障したのか?

 近日中に各々についての詳細を記事であげたい。


初詣

茅の輪くぐり
 午後、嫁さんと地元の神社へ初詣に。ここの「茅の輪くぐり」は関東一の大きさなんだって。直径は1年365日にちなんで365センチ。茅草で編んだ綱の太さは、1ヶ月30日にちなんで30センチとのこと。ここをくぐってから本道へお参りするの。

 今年も皆が無事で過ごせますように。


ソフトバンク、Yahoo!ケータイトップページの有料化を撤回

 <ソフトバンク>「Yahoo!ケータイ」トップの通信料有料化撤回 (2008.12.03 Yahoo!ニュース)

 ソフトバンクモバイルは3日、09年2月から有料化する予定だった「Yahoo!ケータイ」トップページの通信料の有料化を取りやめる、と発表した。同社は「お客様から有料化反対の意見が多かったため」としている。

 同社は10月31日、「Yahoo!ケータイ」上での、「タダ歌ばん」「タダゲーム」「タダコミ」などの無料のサービスを強化すると同時に、通信料無料だった「Yahoo!ケータイ」トップページの通信料を09年2月1日から0.21円/パケット(「パケットし放題」加入時0.084円/パケット)にする、と発表していた。

 反対意見が多いのは当たり前だろって。
 俺はiPhone使ってて、Yahoo!ケータイは関係ないし、家族も皆、毎月「パケットし放題」の上限に達しているので課金そのものには影響は少ない。でも、そういう事だけじゃなく、やっぱり心情的なもんだろうな。


広告

 当ブログには、多数の広告提携サービスに加入し、邪魔にならない程度に色々と掲載しているが、それらの事を、俺はずっと「アフェリエイト」と呼んでいたよ。今では「アフィリエイト」が一般的なんだねぇ。
 電子辞書で調べたら、確かに affiliate というスペルだしなぁ。
 でも、昔(といっても、数年前だが)は、皆「アフェリエイト」って言ってなかったっけ?
 まぁ、どうでもいいけど。

 どうでもいいのだが、ちょっと恥ずかしいので、ユーザタグは全て「アフィリエイト」に修正しといた、小心者な俺(笑)。


iPhoneの不満点

 iPhone。スーパー安心パック(現あんしん保証パック)に入っていたので、機種変更時割引が3千円。溜まったポイントでの割引が5千円。計8千円に到達するまで、月々の実質端末価格を割り引くということで、5ヶ月分弱くらいかね?

 ってことで、iPhoneをいじって楽しんでいる。
 画面保護シートも一緒に欲しかったのだが、売ってなかった。通常使用による全体的な傷はきにしないのだが、二つ折りタイプではない、画面が常時剥き出しの機種は8年ぶりなので、なんか怖い。画面に傷がつくのは、嫌なのだ。とりあえずは、購入時に貼られていたフィルムを、画面側だけ残して貼ったままにしている。

 たぶん、皆、褒めるところは同じだろうから、それは今更書かない。ちょっとした不満点だけ列記しておく。

 かつてのNewton MessagePad使いとしては、あの使用感を少しだけ期待したのだが、それは無謀だった(笑)。少なくとも「メモ帳」は、どの機能からも呼び出せるのかなと思ってたけど、それすらも叶わず(使い方が判らないだけかもしれないけど)。

 ソフトバンク端末同士でSMS送受信はできるのだが、iPhoneから送信する場合、制限も字数が多い。相手には分割されて届くらしいが、変な所で分割されたら嫌だな。
 それに、送信確認もない。これ、スカイメール時代から「当たり前」と思っていたので、ないとかなり不安なんだけど。

 せっかくのApple製品なのに、MacとBluetoothでiSyncってのができない。あくまでもUSB転送ケーブルを使ってiTunes経由での同期しかできないっぽい。これには、かなりがっかり。
 USBケーブルでつなぐとすぐに充電になってしまうのが嫌なんだよね。いやぁ「スケジュールだけ同期させたいんだけど、今は充電はしたくないんだ!」って時があるのよ。バッテリー劣化を考えて充電サイクルを気にするのは俺だけ?

 で、現在、「最初のおまじない」で、完全充電を終えて、完全放電のために酷使中(笑)。


郵便局、くそ混み!

 某積立貯金の払い戻し金がゆうちょ銀行の払出証書で届いたので、これを総合口座に入金してもらおうと、郵便局に行った。
 年明けの営業初日ってことで、客が多いだろうなというのは覚悟していたが、それにしてもすごい。
 しかし、なんか貯金窓口の処理が遅いのよ。3つある窓口のどれもが、客あたり5分から10分くらいかけているの。客全員が、そんなに面倒くさい用件なのか? それとも、たまたま今日の窓口担当3人共、皆要領悪い職員なのか?
 順番はあと4人なのに30分もまたされるって、どういう事よ。

 で、俺の番。払出証書と通帳、身分証明のための保険証を提示し、「このお金を、この口座へ入れたいのですが」と告げる。
 ここで、窓口氏が言うには、払出証書の金額を一度受取り、それを改めて総合口座へ入金しないといけないらしい。貯金入金の伝票も書いてくれって。面倒くさい! もう何年も、ATMしか使った事ないから、窓口でやる場合のこういう伝票記入って鬱陶しいわ。
 以前はそのまま処理してくれたぞ(窓口の中では現金を処理していたのかもしれないけど)。
 こういう用件はなんだから、別に現金を見なくてもいいわ。ちゃんと自分の通帳に入金してくれればいいの。
 完全民営化になってから、なんかマニュアルが変ったのかねぇ。
 厳密には、郵便局って、ゆうちょ銀行から窓口業務を委託されている状態になったので、なんか裏方の処理が増えたのかもしれないね。でも、サービスが悪化するのは勘弁だ。


スペシャルドラマ「めぞん一刻」を観た

 スペシャルドラマ「めぞん一刻」

 前評判で散々「音無響子役がダメだろ」と言われまくっていたわだが。
 俺の観た印象としては、そうでもなかった。
 いや、伊東美咲さんは、音無響子というイメージではないし、最後まで違和感はあったが、諦めて観たからね。

 これは伊藤さんが悪い訳じゃない。伊藤さんは一生懸命やってたとは思う。ただ、イメージが違うんだよね。

 それと、舞台が原作当時の80年代。下手に現代風にアレンジしたり、レトロ感を過剰に演出するでもなく、設定としては絶妙だった。
 昭和レトロブーム(って言い方は好きではないけど)の昨今、違和感なく見られるんじゃないかな。

 くどいようだけど、音無響子以外の配役は皆適役で、とても楽しめるドラマだった。


こんぶたけ

 名付けのセンスは抜群だと自負している。他人にどう言われようとも、俺自身はそう思っている。まじで。

 先日、友達の友達(は皆友達(笑))であるバタさんの「桔梗店主の覚書」にて、新作の佃煮の名前を募集しているのを見て、腰痛に悩まされつつも(笑)、飛び入り参加してさせていただいた。
 で、なんとまぁ、俺の案が採用されてしまったのよ。

 そして、その商品「桔梗特製・佃煮こんぶたけ」を、命名賞(?)として送っていただいた。
こんぶたけ
 今回、商品に貼るシールのデザインも依頼され、名付けほどの自信はないけど、好きな作業なので快諾させていただいた。
 自家製とはいえ、俺のデザインが商業利用されるなんて、夢のひとつが実現されて、嬉しい。
 ありきたりのデザインだけれども、桔梗店主・バタさんはご満足いただけただろうか(笑)。

 さて。俺のことはどうでもいいか。肝心のこんぶたけの味。

 先日、早速戴いたんだけど、これはやばい!
「昆布、椎茸、豚肉を、豚丼のタレとザラメで甘辛く煮込んだ」という事前情報で抱くイメージから外れない味。もちろん、期待通りという意味。
 それぞれの旨みが嫌味なく混ざりつつ、全体的に落ち着いた味で、だからこそ箸が止まらない。いくら食っても飽きないし、しつこくないから、まさに「飯の友、酒の肴」。無くてはならない名脇役という感じ。
 不思議なのは、口の中で意図的に昆布・椎茸・豚肉のどれかの味に集中すると、それがさっと湧いてくる。3種類の味が、集中によってコロコロ切り替わるのだ。
 海草・山菜・畜肉が、これほどマッチしているのは、初めて食った。

 家屋で、ほんの十数分間で、ひと袋のほとんどを平らげてしまった。
 佃煮にしては甘さもしつこくないのもいい。

 なんでも、1回に10袋分しか仕込めないらしい。そんな稀少品のひとつを戴いてしまって、申し訳ないです。
 おにぎりの具にもいいね。


大尉

 ガンダムカードビルダー。
 先日、ICカード更新(4枚目)に伴い、少佐になってしまった。
 いや、なんかさ、このゲーム、階級ってあまり関係ないじゃん?(笑)
 だいたい、下手くそな俺でも数こなせば、ICカード更新時にはまず昇進してきたわけだし(今後はどうだかわからんが)。

 アニメ劇中の設定に倣った部隊編成でGCBを楽しむのを、ロマン派っていうんだっけ。
「大尉のままでいたい」っていう俺も、ある意味ではロマン派なのかな。今のところ、ゲームシステム上では敵わぬ願いだけど(笑)。

 いや、昇進は嬉しいよ。でも、なんか、大尉ってポジションが好きなんだよな。中間管理職。現実社会でいえば、係長とか新任課長、建設会社の現場監督って感じ。末端の現場でバリバリやってるポジション。
 ガンダムの世界では、基本的に士官学校を出ていない叩上げ軍人は、よほどの功績(又は強力なコネクション)がなければ佐官にはなれない。大尉どまり。

 ランバ・ラル、ウッディ・マルデン、ハーディー・シュタイナー、サウス・バニング、ケリィ・レズナー……。好きなキャラクターに大尉が多いってのも大きな要因だろうけど。
 でも、大尉のキャラは、皆、熱い。それこそ、現場監督な訳よ。

 昇進拒否機能をつけて欲しいとか思ったりする。
 現実社会では、カッチョイイ大尉にはなれないからさ、せめてゲーセンではね、ラル隊長になりたいのよ(笑)。