奴だ……奴が来たんだ!

 先月末、10/31の土曜日。右足首に微かな疼痛を感じた。
 くるぶしの上あたり。季節の変わり目で古傷――十数年前に右足首、腓骨脛骨を骨折する大怪我をした――がうずいているのかな、程度に思っていた。実際、それは翌日には治まった。
 治まったのだが……。

 11/1、今度は左足の内くるぶしの下あたりが痛みだした。昨日痛かった右足を庇ったせいだろう。痛風の時とは痛みの感じも部位も違うし。
 しかし……。
 痛みは増してくる。とりあえず湿布でなんとかなるレベルではあるが。
 だが、甘かった。
 11/2には、左足の甲が晴れてきた。ズキズキチクチクの猛烈な痛み。これは奴だ! 痛風発作に違いない。
 まともに左足を地につけることもできない。常備してあるオープンカフ(一本杖)を使って左足はかかとをそっと着けてソロソロとトイレに行くのがやっと。

 それから今日11/4の朝まで死にそうだったという訳。
 これだけの大きな発作は3年ぶりくらいだ。

 今日もまだ歩ける状態ではないので病院へは行けなかった。この間、嫁さんが去年の入院の時に処方されたロキソニンの残りをもらって飲んでしのいだ(本当はだめですよ)。
 現在11/4の夜。安静にしていれば痛くない程度にはなった。ピークを超えたのだろう。

 在宅自営のデスクワークで、しかも今週は仕事がそれほど少なかったのが不幸中の幸い。今日の午後は、仕事部屋まで行って業務もこなせた。

 しかし、今週末は友達の結婚式に呼ばれていて神戸まで行かなければならないってのに、なんという事だ。

 ともかく、明日は病院へ行ってくる。

 ちなみに、最初の右足首の痛みが痛風だったのかは不明。たぶんそちらは古傷の疼きで、それを庇った左足が疲労と重なり痛風発作になったんじゃないかな。と思う。あくまでも俺の素人考察だが。


二足歩行バンザイ!

痛風発作(以下「痛風」)をおこして12日。やっと、壁伝いではなく自立して二足歩行できるようになった。まだ少し摺り足状態で、一歩は通常の半分以下だが。
 痛風は右足だったのだが、そっちの痛みが引いた途端に左足首が痛み出した。痛風ほどじゃないけど、結構な激痛。右足を庇って歩いていたので、左足にかなりの負荷がかかっていたためだろう。
 そういえば、以前、腰痛で整骨院に通っていた時、腰痛が良くなると肩、肩が良くなると手首が間髪入れず痛くなった事がある。「この先生、客を逃さないために手抜きをしてるかヤブなんじゃないか?」と思ったが、先生曰く「人間の体は賢くて、同時にあちこち痛くなると痛みに負けちゃうから、なるべく苦しくならないように、一番痛い所だけ感じるようになっているんですよ。だから、治すたびに次々と別の悪い所を感じるんです」という事らしい。ふーん。まぁ、俺にはそれを否定する根拠がないから何も言えなかったが、今回の足の痛み——右足の痛風がおさまったら左足の関節痛が来た——で、それを信じることにした。
 頑張ってくれたね、俺の左足。昔、腓骨と脛骨を骨折という重症を負ったのも右足だ。その時も左足は頑張ってくれた。左足よ、改めてありがとう。

 しかし、“うつ”と痛風が同時に来たのは初めてで、痛いので布団の中でじっとしていて、眠りも浅くウツウツとしてしまい、まじ、このまま引きこもりになるかと思った。

 自分の足で歩けるって、実に素晴らしい。


久しぶりに大きな痛風発作が

 12日の土曜日、飲み会の帰り道で、なんだか右足の親指に少し疼痛を感じた。その日は、そんなには飲んでいない。ずっとハイボールにしていたしなぁ。まぁ、日ごろから焼酎で晩酌はしているのだけれでも。
 とにかく、翌日(成人の日)はまったく痛みもなく、すっかり忘れていた。ところが!来たぜ、23日(水曜日)の明け方に激痛が。
 まだ普通に歩けるし、その日は職場で重要な話があったので、頑張って出勤したものの、昼過ぎから右足親指の付け根がズキズキ。
 鎮痛剤レトラック(ロキソニンのジェネリック処方薬)を飲んでなんとかしのぐ。
 帰宅した時には、右足はパンパンに腫れていた(><)  湿布と鎮痛剤でしのぐが、歩くこともままならず、結局、痛みが和らぎなんとか歩けるようになったのは昨日。今日には腫れもひいてきた。  やれやれ。約4年ぶりの大きな痛風発作だった。


超長期熟成

ヱビス 
 期間限定醸造のヱビス超長期熟成が、本日発売。
 痛風持ちなのでね、家でビールは、時々1本だけ(外でもビール類はあまり飲まないよ)。

 コクがあって美味い。でも、通常のヱビスよりもちょっとアッサリに感じたなぁ。


痛みがひいたので

 昨日から足親指の付け根が痛い。動かなければ痛くないし、全然腫れていないので、痛風発作ではなく、たぶん、外反母趾によるもの。
 どうにも痛いので、さっきロキソニンを飲んだ。それが効いてきたようで、痛みを感じなくなったので、今のうちに寝るよ。


痛さの原因

 足の親指の痛みはだいぶ良くなった。まぁ、今回は(も)痛風発作なのだけど、薬局で薬剤師とお話してて、どうも俺の足は外反母趾の危険性があるらしい。
 ハイヒールや窮屈な靴を履くとなりやすいという認識で、その点からすると俺は該当しないなと高を括っていた。でも、足の親指が人差し指より短い人は、窮屈な靴を履かずとも外反母趾になる場合があるんだと。改めて自分を足をみると、まさにそう。そして、やばい事に、親指の先が人差し指の方に向いているような感じがするよ。
 そんな事で、痛風発作がおきる前兆の時に靴の中で足親指の付け根の外側がすれて、痛みが出やすいのかもしれないとの事。
 なるほどなぁ。外反母趾の危険があるのか。いやいや、痛風と外反母趾なんて最強タッグじゃん。それだけは阻止せねば!
 んー。強制パッドを付けるか。


まだだ! まだおさまらんよ!

 昼頃にさらに痛みが増してきた。うー。痛風っぽいな。まだ腫れてはいない。昼食後、ロキソニンとセルベックスを飲む。
 しかし足首ってのはかなり辛いな。親指や足の甲が痛むなら、そこをかばって何とか誤魔化して歩けるが、足首は、どんな歩き方したって力がかかるもんな。参った。


足首が痛む

 夜中、というか寝付いて間もなくの午前2時前。突然足が痛くなった。痛風か!?
 3年前に初めて痛風が出たのは右足親指の付け根。今回は左足首。腫れもなく動かなければ痛みは無いが、曲げる角度によっては鈍痛。歩けないというほどでもない。触っても全然痛くないので、あまり痛風という感じではない。
 でもまぁ、動けば痛いので、結局そのまま眠れなかった。
 朝になると、少し痛みが増した。休暇を取り、午前中、家の近くの整形外科に行く。ここは、痛風治療も行っている。
 まずレントゲンを撮るが異常なし。少し腫れているような感じがしないでもないが。
 痛風かもしれないので、血中尿酸値を調べるために採血。湿布とロキソニン、セルベックスが処方された。まだ腫れていないので、これを飲めば治まるだろうと言われる。
 尿酸値は明日わかる。高かったら痛風治療薬を出してくれるという事になった。

 引越してきて、初めての整形外科。朝、iPhoneの「マップ」で家の近所の整形外科を検索して見つけた。便利だね、iPhone。


よくつる

 最近、よく足をつる。
 つい先ほどの数分前にもつった。さかのぼると、今朝の明け方5時くらいと、一昨日の寝た直後。それと、4〜5日前の明け方。半月前くらいにもつったなぁ。
 その毎回、左足ふくらはぎ。同じ箇所。

 足をつるのは、痛風の前触れって言われているよね。
 やばいやばい。そんなにビール飲んでないんだけどな。


試飲缶

ビール試飲缶
 スーパーの酒類コーナーで、新発売のビールと発泡酒の試飲缶を貰う。2本も貰えて、ちょっと嬉しい小市民。
 たいていは平日の仕事帰りに酒を買いにスーパーに寄るんで、試供品を配っているのには出会えない。
 痛風持ちなのでビールや発泡酒は控えているのだが、無料で貰えるのなら、喜んで飲みまする。