iPhoneのApp Storeの表示が重たい時はGenius for Appsをオフにすると良い

 iPhoneのApp Store(アップストア)で画面切替えや一覧表示がやたら遅く感じる。顧みればiOS 6になったあたりからそうなったような気がする。
 で、ネット検索してみたら、あっさりと対処法が見つかった。
「ゆふきちのiPhone Life|iPhoneのAppStoreアプリが重い。。そんな時はGenius for Appsをオフに!」など多数あったので、有名な症状なんだね。

 設定アプリでで、プライバシー>位置情報サービス>システムサービス の「Genius for Apps」をオフにするだけ。
130805_iphone01

 なるほど!重たくなくなった。

 iTUnes(ミュージック)などもそうだけれど、個人的にはGeniusって重たくてうざったくて大嫌いなんだよね。こういう余計な負荷もあるし。

 あ、アップルストアのGenius Bar(ジーニアスバー)には時々お世話になり助かってます(ここも、お世話にならずに済めばなによりなんだけれども(笑))。


iOS 5.1.1 アップデート

 Appleから、iPhone / iPad 用の iOS 5.1.1 アップデートがリリースされた。
 iTunes に接続するか、iOSデバイス単体でのWi-Fiアップデートできる。
120508_ios511up
アップデート内容は、下記の通り。

“画面をロック”ショートカットを使用して撮影される写真にHDRオプションを使用するときの信頼性が向上
新しいiPadで2Gと3Gネットワークの切り替えができない問題を修正
一定の状況下で、ビデオのAirPlay再生に影響を及ぼす問題を修正
Safariブックマークとリーディングリストの同期の信頼性が向上
購入手続の完了後に“購入できません”通知が表示される問題を修正
iMessageで絵文字が正しく表示されない問題を修正

 俺のiPhoneで発現していた症状では、ブックマークの同期不具合かな。それ以外は気付かなかった。
 前回の5.1から僅かな期間でのマイナーアップデートだが、色々と細かいところが修正されてるね。

 そして、フリック入力の動作がちょっと速くなったような気がする(アップデートに伴うキャッシュのクリアあたりの影響からだけかも知れないけど)。


MacとiPhoneのSafariブックマーク同期がうまくいかない

 iCloudを使うようになって以後かなぁ。最近、MacとiPhoneでブックマーク同期がうまくいかない。
 iPhoneで登録したブックマークはMac——のSafari——に同期できるが、Macで登録したものはiPhoneへ同期されない。片方で削除したブックマークが別の方では残ったままだったり。

 ググってみると、同じような症状のひとがたくさんいるようで、その解決法もいくつか紹介されていた。
 その中で、今回は下記サイトを参考にさせていただき、正常に同期できるようになった。

 iCloudのブックマーク同期がうまくいかない人へ。Mac/iPhone/iPad間のSafariとChromeでブックマークを完全に同期させる方法と気を付けるべきこと | loveMac.jp

 詳細は上記の記事をご覧いただきたいが(手抜き)要は、

 iOSデバイスのiCloudブックマーク同期をオフ
 ↓
 MacのSafariブックマークを書き出す(バックアップ保存)
 ↓
 MacのSafariブックマークを削除
 ↓
 MacのSafariブックマークを読込む(先のバックアップを)
 ↓
 iOSデバイスのiCloudブックマーク同期をオン

 で良いみたい。

 さらに、Xmarksのサービスを利用していると、ちょっと不都合が起こるらしい。俺もXmarksを利用していたのだが、今はSafariがメインブラウザのため、これを機にXmarksは停止(同期ツールをアンインストールし、アカウントも削除)させた。
 もう、GoogleChromeやFirefoxではブックマーク保存はしない事にする。


老眼鏡デビュー(´・ω・`)

 近視と乱視があるので、日中は主にコンタクトレンズ、夜は主に眼鏡で過している。どちらかがないと目の前すら見えず生活に支障をきたすほどの強度の近視だ。
 四十になった頃から老眼が出たっぽいなと自覚していたが、最近はその「目の前」すらかなり見えにくくて参った。眼鏡の時は我慢できるがコンタクトの時にツライんだよね。

 俺の場合、コンタクトは遠くがよく見えるように調製したので手元が見えにくいし、狭い室内で長時間装着しているととても疲れる。眼鏡は主に自宅内での使用という事で度数をコンタクトより弱くして、手元もそこそこ見えるようにした。なので、コンタクト装着時に老眼症状が顕在するわけだ。

老眼鏡

 ということで、コンタクト装着時にちょっと使うという目的のために、老眼鏡を買った。一応眼鏡屋で購入したが、既製品680円。安いね。百円ショップのも試したが、視界が歪みすぎてとてもじゃないが駄目だった(笑)。

 遠近両用コンタクトって、高いのだろうか。ちょっと調べてみようと思う。


新しい眼鏡

眼鏡

 先週金曜日に依頼してあった新しい眼鏡が出来たと、今日連絡があり、仕事の帰りに眼鏡屋に寄って受け取ってきた。土日を挟んで、都合営業日中1日か。無ければ困る物なので、こういう迅速な対応は助かる。

 半年くらい前に自宅で眼鏡を踏んづけて、つるを折ってしまったのを、瞬間接着剤で接合して使っていた。日中はハードコンタクトを使っていて、眼鏡はほとんど家の中だけだし、これでなんとかなっていたのだが、先日落下させた時に同じ所が取れて、一応再接着して(笑)なんとか掛けられるようになったけど、さすがに違和感があって、今回5年ぶりくらいに眼鏡を新調した次第。

 俺の視力は、極度の近視に加え、乱視と、ちょっと老眼になっている。
 ハードコンタクトを常用していると、乱視の症状は隠れてしまうそうだ。本来の乱視症状を発現させるには、1ヶ月くらいコンタクトを装着せずにいなければ駄目なんだと。ということで、今回は乱視は入れなかった。が、確かに見え方に違和感はないな。
 あと、老眼。簡単にいえば、近視と反対の性質なので、近視矯正を強めれば遠くは見やすくなるけど手元は見えにくくなる。俺の老眼は、初期(12段階のうち3)だそうで、まだ矯正するほどでもないとの事。近視をちょっと弱めて、手元も楽に見えるようにしてもらった。
 いずれにしても、半年間はレンズ交換無料ということだし、これで様子を見る。

 安くはなかったけど、丁番の所に、ツルの広がりを防止するようなテンション吸収機構が仕込まれていて、掛け心地も快適。


無線LANが遅くなる

 先日リリースされた、Mac OS X 10.5.8アップデート。MacBookにこのアップデートを適用した後、電源アダプタをつないでいる時はいいんだが、バッテリーのみで動かしている時の無線LAN速度が極端に遅くなる症状が出た。
 わが家は、TimeCapsuleにAirMac接続していて、通常は50〜60Mbps。それが、バッテリーのみの時は3Mbps前後に速度低下。低下なんてレベルじゃねーよ。
 定番の、PRAMクリアやSMCリセットを行ったが、改善せず。

 この問題は他でも報告されているようで、いくつかの対応策も出ていた。

 まず、こちらのサイトの情報の通り、PRAMクリア、SMCリセット、システム環境設定のネットワーク設定でAirMacを一度削除し再登録、10.5.8comboアップデートをインストール、を行った。しかし、症状変わらず。

 次に、アップルディスカッションにあったこの情報を参考にした。システムのエクステンションをいじるので怖いけど、3Mbpsのままじゃ我慢できないので、思い切って実行。
 俺は、TimeMachineバックアップから、System/Library/Extensions/AppleAirport.kext と /System/Library/Extensions/IO80211Family.kext を、一週間前(10.5.8アップデートをインストールする前)のファイルに復元した。そして再起動したら、速度が60Mbps前後に復活した!

 今の所、不具合は発生していない。

 なお、上記作業をためされる場合は自己責任で。起動中のシステムファイルを入れ替えるので、どんな危険があるかわからない。他の不具合が発生しても、当方は責任を負えませんし、この件に関する質問にもお答えできません。
 もしも運良くまだ10.5.8アップデートをインストールしていないのであれば、そのまま辻のアップデートを待つ方がいい。これだけ大きな不具合なので、すぐに修正版がリリースされると思う。

 2009.08.12追記。
 MacBook用AirMacクライアントアップデートがソフトウェアアップデート経由で公開され、この不具合は解消されます。よかった!


MacBook、今度はHDDが故障

 うちのMacBook(家族共用にしている2006年前期モデル)がまた故障。
 昨夜、娘が使っている時に、突然のフリーズ。しかたないので電源ボタン長押しで終了したら、以後、起動しなくなった。右パームレスト付近の中から「カツン、カツン……」と嫌な音がする。HDDが逝ったな。
 たまたまTimeMachineの自動バックアップが終了した10分後くらいで、失ったデータはなかったのが不幸中の幸い。やっぱありがたいねぇ、TimeMachineは偉い!
「MacBook HDD故障」でググったら、同じような症状がたくさんあるようだ。
 初代MacBookに搭載されたアップル純正HDDのうち、特定の期間に製造されたSeagate社ブランド(中国製)のHDDで、突然無起動になる不具合が多発しているそうだ。うちのHDDも、まさにそれだった。
 ヒートシンク、液晶ユニット、パームレストの欠損に続いて、4回目の入院となるか。
 うーむ。土曜にアップルケアに電話するか。


MacBook(初代)の外装破損、修理完了

 修理に出したMacBookが、直って帰ってきた。2日夕方にアップルに電話して、4日に引き取りに来てくれた。で、中2日で返送された。速いね。
MacBook修理完了
 アップルケア扱いでの修理だったが、この初代MacBookのパームレストひび割れはアップルも認めている不良で、故障ではないので、アップルケアではなく無償修理もしてくれそうだが、まぁ、いいや。いずれにしても完全無料でやってもらったし。
 修理報告書によりと、電源が落ちる症状も確認したので、ヒートシンク交換も行ったと。うちのは、まだそんな症状は起こらなかったけど、これもあちこちで報告されている不良だよね。不具合が発生する前に早めに処置してくれたのかな。


赤は大好きな色だが

 さっき、このブログにアクセスしたら、真っ赤になっていたので、びっくり。

表示不具合で真っ赤に
 確かに、自分でいじりまくったテンプレートを使っているけど、最近は全然改造していない。それでも昨日までは問題なく表示されていたし。
 ユーザーフォーラムやFAQを探したが、同じような症状のブログはなさそうだったので、FC2に問い合わせメールを送った。
 が、その後、思いつきで、HTMLのDOCTYPE宣言文が最新の公式テンプレートとは違っていたので、その公式テンプレートと同じ宣言にしてみた。

変更前↓
<!DOCTYPE HTML PUBLIC “-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd”>
変更後↓
<!DOCTYPE html PUBLIC “-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN” “http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd”>
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” xml:lang=”ja” lang=”ja”>

 そうしたら、きちんと表示されたよ。正しい対処だったのかは判らないが、とりあえず問題ないようなので、これでいいや。
 しかし、DOCTYPE宣言の違いって、こんなにシビアだったっけ、まぁ、思いつきでいじっただけなので、ここが原因だかは判らないのだが。
 問い合わせメールを受け取ったサポートの人、この記事を読んでくれるだろうか。


風が強い

 関東は昨日、春一番が吹いた。今日もまだ強風は続いている。
 これから暖かくなっていくのと同時に、花粉の飛散量も増える。
 俺は、先週あたりから既に症状が出てきた。
 昨日は、ほんの隣番地にあるTSUTAYAへの往復だけで、埃と花粉で死にそうになった。寒いのも嫌だが、やっぱり花粉はつらいぞ。
 アイボンとか買ってこよう。