我家にもLED電球導入!

 一昨年に現在のマンションに引越してきた直後に、既設の白熱灯を電球型蛍光灯に取替えた。
 しかしその時は、廊下、玄関、トイレ、洗面脱衣室のみ。浴室と台所はE17口金のミニクリプトン電球で、しかも器具は電球ギリギリのサイズ。ミニクリプトン電球とまったく同じサイズの電球型蛍光灯は売っていなかった——E17口金に限らず、どれも白熱灯電球より長いのばかりだった——ので断念した。
 省エネ指向の強まりとともに、いよいよ白熱灯は終局の道を辿りそうで、そろそろミニクリプトンと同サイズの蛍光灯やLED電球もだいぶ値下がりしてきたので、買ってきたよ。とりあえず浴室用のを。
 しかしねぇ、ちょっと失敗。浴室には昼白色よりも電球色の照明がいいね。昼白色だと寒く感じる。
 明日、改めて電球色のを買ってこよう。昼白色のは台所へ。


これじゃ、楽しくないと思う

 第37回 iPhone活用Tips(1)——バッテリーの寿命を延ばす12の方法(2010.01.12 IT media)

 今までも散々提案されてきた項目ばかりだが……。

(1)ディスプレイの照明を調節する
(2)ディスプレイの点灯時間を短くする
(3)無線LANとBluetoothをオフにする
(4)GPS機能をオフにする
(5)圏外やつながりにくい場所では「機内モード」にする
(6)メールのプッシュ通知をオフにする
(7)アプリのプッシュ通知をオフにする
(8)ダウンロードしたアプリの使用を控える
(9)イコライザをオフにする
(10)保護ケースに入れたまま充電しない
(11)完全に充電されるまで中断しない

 何でもかんでもオフにしれば、そりゃ消費電力が少なくなり、バッテリー使用時間は延びるだろうね。でも、そんなのだと、使う気もオフになってしまうよ。ここまでオフにしたら、iPhoneである必要もなくなるような(笑)。


ガンダムブログではないのだよ!

 年が明けて10日過ぎたが、久し振りにアクセス解析ネタを。
 AccessAnalyzerによる、我がブログの2009年の検索サイト経由のアクセスを集計した結果は、下記の通り。

1位 iphone 5317
2位 iPhone 1835
3位 macbook 1425
4位 MG 1409
5位 ガンプラ 1257
6位 ipod 1212
7位 mac 1168
8位 ザク 1138
9位 イコライザ 1100
10位 ガンダム 1094
11位 アッガイ 1061

 ふふ。うちが「ガンダムブログ」ではないと言う事が、これで照明されたでしょうが!
 もちろん「iPhone情報がたくさんあるブログ」でもないけど。


省エネ

廊下の照明
 うちのマンション、6メートルくらいの廊下に60Wダウンライトが3箇所もついている。引越してすぐに、その白熱灯を電球型蛍光灯に取り替えはしたんだけど、それでも3箇所もあるのはもったいない。
 なので、真ん中の1箇所だけ残し、2箇所はランプを外してしまった。
 写真でこちら側はリビングなのでその明かりがあるし、奥側は玄関ホールの照明が人感センサーでつくので、廊下の照明は1箇所だけで十分。


猫ドア設置完了

 2/13金曜日にマンションの引渡しを受け、晴れて我家となった。
 土曜日に敷物の配達。日曜日に照明器具の配達。照明器具を取付けたら、だいぶ「家」らしくなったよ。
 さて。引渡しを受けたので、堂々と加工できる(笑)。
 そんな訳で、昨日早速、猫ドアを設置してきた。
猫ドア穴開け
 一番最初のドリルはさすがに少しためらいもあったが、その1発目の穿孔をしてしまえば、あとは一気にやった。つーか、穴開けてしまったら後戻りは出来ないが(笑)。
 切り口は多少雑でも、猫ドアパーツの縁に隠れてしまうので大丈夫。小型電動ドリルとホビー鋸でザクザクと大胆に穴を開ける。
 作業途中、ある業者が来訪したのだが、その営業さんも「新築の入居早々のドアに穴をあけるなんて、大胆不敵ですね」と言ってた。うむ。俺にとっては最大の褒め言葉ですよ。
 猫ドアの設置は最初からの予定だったので、問題なし。今までは社宅住まいだったのでドアの改造なんかできるわけもなく、今回の猫ドア設置は楽しみにしていたんだ。
猫ドア設置完了
 洗面所に猫トイレを置くので、リビングと洗面所の入口に猫ドアを設置した。
 にゃあは、ちゃんとくぐってくれるかなぁ。


2003/04/21

昨日分に追記。
トップページの写真差し替え。「昭和初期のブラケット」
江戸東京たてもの園「写真館兼住居」2階壁に設置。ブラケットってのは、壁付照明器具の一種。

だいぶ前に応募してたトレーディングカードゲーム「わがままな天然列島」の景品が、届いた。10個口くらい応募したんだけど、そのうち6個が当選したよ。
応募は不人気だったのかな(笑)。
一応は、原型製作=松村しのぶ氏(海洋堂)のフィギュアなので、ひとつはヤフオクに出品してみる。いくらまで競られるかな(笑)。