落語番組は「TBS落語研究会」がダントツだと思う

 今年の晩春というか初夏というか、まぁそんな時期にNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」をNHKオンデマンドで初めて視聴し、その流れですっかり落語にはまっているのは、ここでも何度か書いているとおり。

 主に、テレビの「TBS落語研究会」を楽しんでいるが、これが実にいい番組。
 本放送というのだろうか、最新のは地上波TBSで月1回の放送で、1時間枠で1席。演目の前後には京須偕充さんの解説(聞き手はTBSのアナウンサー)がはいるのだが、この解説が解りやすく丁寧なのはもちろん、京須さんの落語に対する愛情を感じる温かいもので、実にいい。
 1〜2週後のBS-TBSやTBSチャンネル1(CS)での放送時は、2時間枠で2〜3席になり(解説は地上波と同じ最初の1席のみ)、それ以前の分の再放送もランダムに(?)頻繁にやっている。

 この番組に登場する噺家さんは、——そりゃ贔屓の流派や噺家さんもいるので好き嫌いはあるけれど——どなたも「さすが」というかたばかり。毎回、長めの演目をじっくりと聴かせてくれるので、千葉テレビで放送している寄席中継番組「浅草お茶の間寄席」や、NHKの「日本の話芸」も観ているが、それらより充実感を味わえる。
「お茶の間寄席」は寄席の雰囲気が感じられるので良い(案内役の田代沙織さんも良い!(笑))のだが、いわゆる定席ゆえに各演目は十数分と短い。「話芸」ではまくらがカットされていて興ざめしてしまうことが時々ある(編集が巧妙ならまだ良いのだが、インタビューに答えている人の言葉をカットしている時によくあるようにコマ落ちっぽくなっていることがあるのだ)。

 先日も、BS-TBSで再放送された柳家小三治師匠の「野ざらし」を観たが、この噺のフルバージョンを初めて聴いた。今まで聴いた事があるのは、八っぁんが調子に乗って釣り針を自分の口か鼻に引っ掛けて痛がる所までってのばかりだった(高校生の頃に持っていた古典落語の文庫本で、サゲまでの筋は知っていた)。
 そんな訳で「研究会」では、小三治師匠の“ぼやきまくら”や喜多八師匠の“かったるそうなまくら”も堪能できる。って、もちろんまくらだけじゃねぇけど、俺はこのお二人の「ヤナギまくら(笑)」と、そこからネタへの流れ方や引込ませ方が大好きで(笑)。

 落語に興味があったら、ぜひ「TBS落語研究会」をご視聴あれ。深夜の放送なので、録画必須かもしれないが、損はないと思う。特にBS放送のが演目数が多いのでオススメ。


バスタブ電池、2日目。

 Pocket WiFi用大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」の使用2日目。
 初日に引き続いて、購入直後の充放電初回サイクルの完全放電運用。

 昨日朝、出勤する時に、Pocket WiFiの電源を入れて、そのまま携帯した。
 設定は相変わらずWiFiは常時オン、3Gは無通信5分経過で自動オフ。iPhone3GS(iOS4)を「モバイルデータ通信オフ」で利用。

 まずメールチェック。出勤中は、地下鉄の中で約30分のうち断続的にRSSリーダーやらトラバターやらでネット接続。勤務中は、不定期にEvernoteにアクセスしたり、1時間に1度程度メールチェック(手動受信に設定)したり。

 帰宅した時点で、前日と合わせた稼働時間は約20時間、3G接続時間は約4時間半。バッテリー残量表示は1/4。凄い凄い!
 嬉しい事だが、なかなかバッテリーの完全放電が済まないので(笑)、その後も電源を入れっ放しで、なるべくiPhone、iPad、MacBookでもPocket WiFiにアクセスするようにしていた。

 そのまま寝てしまい、深夜3時10分頃に起きて見たらローバッテリー警告が点滅。ここで稼働計27時間程度。また寝てしまい、4時20分に再び見たら電源が切れてた。充電アダプタを接続し管理情報を確認すると3G接続9時間半持続か。そんなに使ったかな。7時間位の感覚なんだが。バスタブ電池を入れた直後に履歴をクリアしたのは確かだ。何度も確認したが、間違いない。

 6時間経過した頃に満充電になった。取説では、満充電まで12時間と記載されていたし、初回なのでもう少しアダプタを繋いでおく。流石に12時間は多くて怖いので3時間足して計9時間充電とした。

 これで、購入直後の初回完全放電&完全充電の「おまじない」は終わり。
 それにしても、予想以上の持続時間だな。満足満足。買って良かった。


Googleマップのストリートビュー

 日本でもサービス開始され、賛否両論な、Googleのストリートビュー。

 我が自宅がばっちり映っていたポイント2カ所について、不適切報告(削除依頼)をした。7日深夜に報告メールフォームから送ったのだが、8日午後には既に削除されていた。速っ!

 まぁ、プライバシー侵害とは言っても、「実際に家の前を通りすがって周囲を見た」のと変わりないからいいだろうってな意見もあるかもしれない。確かに、そういう意味では、実際には表札も晒している訳だしね。
 しかし、感情論でいえば不気味だし、それに加えて、かつて俺のGoogleアカウントでのアドセンスを突然剥奪したくせに、俺の自宅周辺を密かに撮影しにきてたってのが気に食わない。逆恨みかもしれないけどな。アドセンスの件は、未だに理由が分からないし、根に持ってるからな!

 不適切報告が殺到して、日本のストリートビューは全削除になればいいのに。

 パノラマ撮影できるようなカメラを備えた自動車で「公道」を走行して撮影したらしいが、我が家の周囲って、建売住宅とか路地も多く、そういう区画内は幅の狭い純粋な私道や位置指定を受けた道路なども多く、実際、位置指定道路も撮影されてるんですが?
 Googleは「公道」についてどの程度まで拡大解釈してるんだろうね。っつーか、「「公道」で撮影してるのにどう見ても幅4mないだろうってな路地も掲載してる」って自体が矛盾しているような気もする(笑)。知らないで撮影だけしてクレーム来たら削除ってスタンスですか? そうだとしたら、とてもじゃないけどプロの仕事とは思えないね。


届くメール数が少ない!

 1日に届くメールの数が、一昨日までの半分以下! いやぁ、平和だなぁ。

 約2日前の29日深夜に、OCNメールとYahoo!メールを一旦Gmailで受信し、自宅のメーラーでは、そのGmailアカウントだけを受信するように設定した。
 そうしたら、メーラーに受信時点で迷惑メールは、OCNは3通、Yahoo!は1通になったよ。単純に受信数でいえば50通ちょっと(Googleアラートが毎日30通くらい届くから、こんなもんだ)。今まで毎日100通以上届くうち半数以上が迷惑メールだったのが、ほとんどGmailで弾かれている。素晴らしい。
 ウェブへアクセスして迷惑メールフォルダをざっと確認したら、80件溜まってる中に迷惑メールじゃない物は混ざっていなかったし。うむ。


Firefox3をダウンロード

 待望のFirefox3が、日本時間18日深夜2時にリリースされた。
 公開記念イベントとして、24時間ダウンロード世界記録に挑戦しているが、その日本独自企画「日本の灯」が面白い。
 日本地図上で、Firefox3がダウンロードされている箇所がリアルタイムでキラキラ光るの。
Firefox3 日本の灯
 イベント終了まであと3時間。

 あ、もちろん、Firefox3の使い心地は良いね。β版から使っているので、見た目がAquaインターフェースと親和性が増したとかってのは、もう慣れてしまったけど、これは2の時とは違って、エレガントになって良いよ。


マクロスF

 さて。半年以上前に、「超時空要塞マクロス」の深夜再放送とともに、製作発表(放送予告)されていた「マクロスF(フロンティア)」が、この4月より放送され、すでに3話までいったわけだが。
 いやぁ、やっぱり面白いね、マクロス。
 よく動く。スパゲッティーミサイルも健在。まぁ20年以上前の手書きセル時代に、今見ても何ら遜色ないあんな素晴らしい映像に作り上げてくれた作品の末裔だからね、CGが当たり前の時代になって、本来やりたかった事ができるようになっただけなのかもしれない。
 河森正治さんのデザインするバルキリーは、相変わらず破綻のない見事な変形を見せてくれる。
 マクロスと言えば「主人公とヒロインが閉じ込められる」シーンと「マグロ」がお約束だが、閉鎖シーンはともかく、あそこで「マグロまん」は無理があるだろ。まぁ、第1作の「宇宙に浮かぶマグロ」も無理があるかもしれないけども(笑)。

 あと、マックスが登場するというサプライズなんかないかなぁと密かに期待している。西暦2059年だと、彼は70歳くらい。マクロス7船団の移民先の星にフロンティア船団が立ち寄ると、マックスじじい達が出迎えるとか。


待ちに待った時が来たのだ!

 のどかな金曜の深夜。ケータイの着メロ「颯爽たるシャア」が鳴る。少佐さんからのメールだ。

緊急入電!
Xディは5月。HGUCザク改です!

 まじっすか!?
 ホビージャパン最新号に、試作品写真が掲載されるらしい。
 うぉぉ。買う! 買い占める!
 なんか手足が細目のプロポーションらしいが、今までHGUCザクIと、ザク改の旧キットで切った貼ったやってたのに比べたら、改修も楽だろうさ。


「機動戦士ガンダム00」第10話を観た

 飲み会だったので、録画してあったものを、帰宅後深夜に観た。
 えーと、いつにも増して突っ込みどころ満載の回だった。10話という節目記念の大サービスか?(笑)
 ロシアの荒熊ことセルゲイ率いるティエレン部隊が、キュリオスの鹵獲に成功する。それはいいが、いくら内部のパイロットの反応がなくなったからといって、ネットで捕まえただけの状態で輸送船に格納しちゃって大丈夫かね。
 遂にヴァーチェの中の人が露に。覚醒(?)して別人格化したティエリアが、勢い余ってチョバムアーマーを外すと、中から登場したのは……うはー。装甲を外した中身は、他の3機のようにスリムなのは間違いないだろうなとは思っていたが、まさかノーベルガンダムもどきだったとは。
 あぁ、ヴァーチェ好きだったのに。
 で、案の定、こちらも覚醒して別人格化してアレルヤが目覚めるや否や、輸送船は中から斬られて爆発。間抜けすぎるぞ、人革さんよぉ。

 それにしても、凶暴な別人格を現したアレルヤとティエリア。おまえら、スメラギさんを泣かすんじゃねぇよ。

 しかし、ある意味では、今回が、今までで一番面白かったぞ。
 んー、今回、同じような事書いてるブログが無数にありそうだな(笑)。


マクロス再放送

 超時空要塞マクロス:放送25周年 TBS系で10月から再放送 (2007.09.28 Yahoo!ニュース)

 HDDレコーダに溜まっていた録画済番組の整理をしつつ番組表をみてたら、毎週水曜深夜にマクロスの再放送がやるじゃん。来週「カウント・ダウン」ってことは、第2話。今週から始まったのか。
 この情報、全然知らなかったわ。それどころか、9月初めに、漠然と見たいなぁと思い、レンタル店で物色。その時はVHSしか無かったので、とりあえず保留したんだ。
 うむ。結果的には借りなくて良かったという感じだね。第1話は見逃してしまったので、これだけ借りてこようかな。

 デカルチャ!


不良娘の深夜帰宅

 8日夕方から外に出たままだった愛猫にゃあ(♀推定10歳)が、丸2日以上経過後、やっと帰ってきた。
 丸2日間はほとんど気配がなかったものの、今日の夕方以降は、ちょこちょこと顔をのぞかせていたので、まぁ消息不明というわけでもなく、不安は激減していたのだが。

 この状態からは、毎度の「駆け引き」なんだよね。

 腹を空かせて、寂しくなったにゃあが窓際に寄ってくる。ここで家族が声を掛けると「あぁ、まだ気にしてくれてるのね」と思って安心するのか、また数時間遊びに行ってしまう。
 にゃあが顔を出しても散々放っておいてから、彼女の大好物であるカツオブシやニボシを目の前で食べ、おびき寄せる。

 そのまま台所に行き、冷蔵庫を開けると、その音に反応して窓から入ってくる。

 ふはは。今回も、概ねこの作戦で。

 一緒に暮らし始めた当初に、捨てられ猫を拾ってきたということで、外出不可にしたのだけど、換気や洗濯物作業で窓を開ける時に不意に飛び出してしまうことはあるからなぁ。
 外出自由猫だと、腹が減るとちゃんと帰ってくるのかねぇ。
 でも、なんか、そういう「放し飼い」って、飼い主の責任が果たせないような気がして嫌いなんだよなぁ。

 まぁ、うだうだ言う以前に、にゃあが無事帰ってきたというのは、なによりだけどもね。
にゃあ