夢想人企画が“ホンモノ”になった日

 今日の朝一番で税務署へ行って、個人事業開業届を出して来た。
 本当は開業日は2月15日(草の根BBS「びといんねっと」開局記念日と同じ)にしたかったんだけど、一応その時はまだ前職に在籍中だし(笑)、3月1日付けにした。

 閑話休題。
 ネット検索してみると、初年度の確定申告(つまり来年の今頃)までに提出すりゃいいとか、そもそもこの書類(の控)にはあまり効力はないとか言われているが、こちとら高卒で就職以来29年にして初めての退職&起業な訳で、やる気とビビリが半々な訳で。「開業から一ヶ月以内に届け出よ」と言われれば出さずにいられない。
 気合いを入れて、押印欄には実印を押し、住基カードと保険証と建築士免許証と書籍「よくわかる個人事業の始め方」を持って税務署に出向いたのよ。
20130308_kaigyou

 しかし、というかやはりというか……。
 確定申告専用コーナー“ではない”、誰も並んでいない隅っこの窓口にて、カウンターごしに書類二部(一部は当方の控)を提出すると、職員が「はい、お預かりします」といいつつ、ろくに内容を見もしないで、身分証明書の確認もせず、受付印を押して控を返してくれただけ。対応時間は十秒位じゃね?
 実にあっけなく完了。しかし、後日「訂正があるので云々」とか呼び出されたりな。役所ってそういうのあるので油断できん。役所って嫌い(苦笑)。

 あ、名刺もちゃんとした仕事用のにしたよ。

 ともかく長年趣味の創作ユニットとして名乗っていた「夢想人企画」が、公な屋号となったわけだ。諸般の事情(笑)により、職業欄には「建築士」ではなく「デザイン業・建築士」と記入しているあたりが情けないが、まずは第一歩。あ、もちろん本物の建築士ではありまする。

 そのうち必ず「夢想人企画」を建築士事務所にしてやる!
 ミナサマ、オシゴトクダサイ。


グレンラガン再放送

 アニメネタが続く(笑)。
 先日無事(?)最終回を迎えた「天元突破グレンラガン」。間髪入れずに再放送される。
 かつての「機動戦士ガンダム」「超時空要塞マクロス」なんかみたいだね。

 ガイナックス製作、昭和時代のスーパーロボットアニメを意識した演出、それを踏まえて繰り出されるパロディ。俺も毎週楽しませてもらった。
 なんだかわからん力で勝つ。変形合体。技の名前を叫ぶ。熱い友情。ひと目でわかる各キャラのポジション……。
 さらに、「お前は、お前を信じる俺を信じろ、ダチ公!」とか「今まで、気合いでなんとかしてきた!」と言われると、そのとおり!と頷いてしまうしかないわけだよ。四十過ぎのおっさんとしては。

 (下衆な期待だが)マクロスの時は最初の再放送でいくつか修正が加えられていたけれども、グレンラガンはどうなのだろう(笑)。


現在、毎回録画しているアニメ

 キスダム -ENGAGE planet-
 モノノ怪
 天元突破グレンラガン
 スカルマン
 機動戦士Vガンダム

 今、毎週録画して観ているテレビアニメはこのくらいかな。
 どれも、そろそろ中盤〜終盤になる。
 スカルマンは既に地上波では放送終了しているが、はBSフジでやってるやつを、VガンはCATVファミリー劇場で、保存のために。

 この中でダントツにつまらないのは、キスダム。原作が河森正治さん率いるサテライトって事で期待して見始めたんだけど、その期待が大きすぎたからか、今では惰性で観ている。

 反対に面白いのはグレンラガン。昭和時代のスーパーロボットへのオマージュ作品ということで、なんでもドリルって感じでもう目茶苦茶なんだけど納得。
 マジンガーZをリアルタイムで観た俺ら世代としては、「愛と気合いでなんとかなる!」「今までも切羽詰まった時こそ力を発揮して乗り越えてきただろう!」とか言われたら、そうだよなぁと頷いてしまうね。
 パロディー小ネタ満載なのもいい。
 今日放送された23話のラストシーンなんか、キャプテンハーロックのパロディじゃね? 俺はそう思ったが。
 グレンラガン、最後までこのペースで行って欲しいもんだね。


ユニバース!

 腰痛&肩痛のため、ガンプラ製作にも気合いが入らない近頃。
 それでも、少しずつ、MGターンエーガンダムを組んでいた。気合いが入らない時期なのでこれを選んだというつもりはないのだが、結果的にはそうなってしまったかも(笑)。

 このターンエーは、MG 100作目ということで、そのキットとしての出来は素晴らしい。

MG ターンエー(∀ ターンA)ガンダム
 俺は、ターンエーの作品そのものは好きでも嫌いでもない。いや、10段階で一番好きを10とすれば6くらいかな。
 キットは、アニメ劇中とはプロポーションが違う。デザイン原案であるシド・ミードさんの画稿を解析し、カトキハジメさんが模型用画稿を起こしたそうで、お二人の三次元認識能力(っていうかよく解らないけど(笑))の高さが反映され、本当に「美しいフィギュア」となったと思う。これは、ガンダムとしての評価とか、既成概念、固定観念とかを抜きにして、素直に見ると、なおさらそう感じる。

 ってことで、目のまわりがミードさんデザイン準拠の黒(アニメ設定では白)となっているので、胸にはやっぱり白十字だろ。ここはこだわりたい。今は体調不良なので、アニメ設定通りに目の回りを白で部分塗装するのが面倒というのが半分本音だが(笑)。

 劇中では、あまり武器を使わず、素手で格闘戦が多かったような気がする。だから、ターンエーは武器を持たせずに立たせるのが好きだ。
 あ、全身に施されているスジ彫。これもミードさんの画稿を再現したが故で、まったく異論はないのだが、これら全てにスミ入れを施すのも、今回は放棄(笑)。

 くどいようだが、これ、ガンプラとしては素晴らしい製品だ。MG100作目を体験するという意味でも、オススメ。
 ちなみに、月光蝶のエフェクトパーツはついてない。

 ユニバース! みんな作れー! これは素晴らしいガンプラだぞー!

MG 1/100 ターンエーガンダム MG 1/100 ターンエーガンダム

バンダイ 2007-08-10
売り上げランキング : 10
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


MGザク[Ver.2.0]製作(8)

 MGザクVer2.0製作レポート。
 やっと完成。

MGザクver.2.0
 今回は、素組無塗装ながらも、表面処理と完成撮影にはちょっと気合いを入れて挑んだ(笑)。

MGザクver.2.0
 もう、ザクといったら、俺にとっては大好きを通り越した存在だからねぇ。
 そんな、ガンダムシリーズの主役(笑)、MS-06ザクIIのキットが、最新技術によって完全リメイクされるってんだから、気合い入るよ。まぁ、そのわりには素組無塗装というヘタレではあるが。

 このザクVer.2.0は、組んでいる最中本当に楽しかった。ガンプラ大好きで、最低でも月に1個はなにかしら組んでいる俺だが、これほどまで「組立てそのもの」を楽しんだのは久々だ。
 もちろん、組立て工程は、ガンプラにおける楽しみの大半を占める。でもそれは、完成を目指す工程のひとつで、まぁ、「完成を思い描きながら」作業しているように思う。
 しかしね、ザクVer.2.0は、ちょっと違っていた。
 パーツをいじるのが楽しい。
 加工じゃなく、どう組み合わさるのかとか、そういうのを体験できるのね。
 PGの縮小版って感じ。

 ガンダムより先にザクのVer.2.0を出してくれたってことが、まず嬉しい(笑)。

 ザク好き歴26年の俺が言うんだから、間違いない。このキットは、買え!

1/100 MG MS-06J 量産型ザク Ver.2.0 1/100 MG MS-06J 量産型ザク Ver.2.0

バンダイ 2007-04-29
売り上げランキング : 17
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


極屋・味噌とんこつラーメン/モブログ

20061003125527
 昼飯を買いにコンビニに行く。カップ麺の棚で妙な存在感ある商品が目に入る。
 多分200円以上するであろう物を低価格帯品の中に置いてアピールするするとは卑怯なり!
 しかし味噌とんこつは好き。旨そうなパッケージなので手に取ってみると、158円。あら、この棚にあるべき品なのか。
 疑ったお詫びも含めて、買ってみる。
「マルちゃん 極屋 味噌とんこつラーメン」
 白と赤の合わせ味噌はコクがあり、歯ごたえのある縮れ麺にうまくからみ、旨い!
 この価格を維持するためか、チャーシューは入っていない。しかし、キャベツが、カップ麺にしては気合いの入った食感を得られ、満足だ。


ようこそ!地球へ

 ウルトラマンマックス 第33話「ようこそ!地球へ」。

 メジャー怪獣出演の真打として、遂にバルタン星人登場!
 監督は、飯島敏宏さん。もう、バルタンといえば飯島監督だもんね。
 今回は、「バルタン星人登場」の回では初めての前後編らしい。それでけ気合い入れて作られているということだろう。

 今回の設定では、地球侵略にやってきた毎度のバルタンを「過激派・ダークバルタン」と呼び、それを知らせにやってきた子供バルタンを「穏健派・タイニーバルタン」と呼ぶ。

 歴代のウルトラマン達を幾度となく苦しめてきた、バルタン星人。今回も強ぇ!
 前後編ということで、今週分では、マックスはたっぷりと痛めつけられちゃったよ。力尽きてカイトの姿に戻った所で、瓦礫の雨に埋もれてしまうという駄目押し。

 飯島監督の撮るアオリはかっちょいいね!


買うかい? ハロカプ シャアコレクション

ハロカプ_シャアコレクション 2006年2月。宇宙世紀を駆け抜けた「漢」の勇姿がここに集結。
 メガハウスのハロカプシリーズにひとりのキャラをフューチャーした新カテゴリが誕生し、その第1弾が「シャアコレクション」。
 ハロカプは毎回素晴らしい造形と丁寧な塗装で、気合い入ってるよねぇ。特に好きなキャラであるランバ・ラルとクワトロ・バジーナを専門ショップで購入して持っているが、ラインナップが全部シャアってのは、激しく欲しいぞ。
 普通でも人気商品なので、すぐに完売するだろうなぁ。それが難点だな。

 ちょっと前からメガハウスからガンダム関係商品もたくさん出てくるなぁと思ってたら、この会社、パルボックスの子会社なんだね。パルボックス(旧ツクダオリジナル)はバンダイの子会社になってるから、つまりいつの間にかバンダイ傘下(バンダイナムコグループ)になってた訳だ。
 グループ内のバンプレストとかと製品カテゴリが競合しそうだけど、クオリティが高いのはメガハウスでって感じかな(笑)。
 それにしても、バンダイナムコグループって凄いメンツだなぁ。サンライズや花やしきは知ってたけど、セイカ、東ハト、イタリアントマトも傘下に納めていたとは。

Tag(s) [ガンダム]