バスタブ電池、2日目。

 Pocket WiFi用大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」の使用2日目。
 初日に引き続いて、購入直後の充放電初回サイクルの完全放電運用。

 昨日朝、出勤する時に、Pocket WiFiの電源を入れて、そのまま携帯した。
 設定は相変わらずWiFiは常時オン、3Gは無通信5分経過で自動オフ。iPhone3GS(iOS4)を「モバイルデータ通信オフ」で利用。

 まずメールチェック。出勤中は、地下鉄の中で約30分のうち断続的にRSSリーダーやらトラバターやらでネット接続。勤務中は、不定期にEvernoteにアクセスしたり、1時間に1度程度メールチェック(手動受信に設定)したり。

 帰宅した時点で、前日と合わせた稼働時間は約20時間、3G接続時間は約4時間半。バッテリー残量表示は1/4。凄い凄い!
 嬉しい事だが、なかなかバッテリーの完全放電が済まないので(笑)、その後も電源を入れっ放しで、なるべくiPhone、iPad、MacBookでもPocket WiFiにアクセスするようにしていた。

 そのまま寝てしまい、深夜3時10分頃に起きて見たらローバッテリー警告が点滅。ここで稼働計27時間程度。また寝てしまい、4時20分に再び見たら電源が切れてた。充電アダプタを接続し管理情報を確認すると3G接続9時間半持続か。そんなに使ったかな。7時間位の感覚なんだが。バスタブ電池を入れた直後に履歴をクリアしたのは確かだ。何度も確認したが、間違いない。

 6時間経過した頃に満充電になった。取説では、満充電まで12時間と記載されていたし、初回なのでもう少しアダプタを繋いでおく。流石に12時間は多くて怖いので3時間足して計9時間充電とした。

 これで、購入直後の初回完全放電&完全充電の「おまじない」は終わり。
 それにしても、予想以上の持続時間だな。満足満足。買って良かった。


バスタブ電池、1日目。

 Pocket WiFi用大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」の使用1日目。
 結論、というか、現時点ではまだ初回残量を消費しきっていない。標準バッテリーが空になる程度の使用はしたはずだが、全然残っているというのが凄い。

 前にも書いたが、設定は、WiFiは常時オン、3Gは無通信5分経過で自動オフになるようにしている。これで、iPhone/iPadからはすぐにWiFiに繋がるし、ネット接続要求の都度——数秒のブランクはあるが——3G接続もオンになるので、iPhoneの「モバイルデータ通信」をオンにしている(普通にiPhone用のパケット通信が出来る環境)とほとんど変わらず、使い勝手は良好だ。
 昨日、購入初回のフル充電を行い、今日一日、フル充電の状態から持ち歩いた。しかし、都合により昼前くらいに電源を入れたので、8時間くらいしか使っていない。その間、ちょこちょことメール確認やらして、帰宅後管理情報を参照すると(3G回線への)接続時間は計2時間15分。
 標準バッテリーだと、こんなにもたない。2時間程度3Gアクセスしてると、待ち受け含めて6時間程度持てばいいほう。
 しかし!この状態でまだバッテリー残量表示は3/4だよ。
 まだ初回放電処理なので、不安定だろうけど、これは期待できるね。俺の使い方だと平日は3日くらい持つんじゃね?

 初回放電ということで、途中充電はしたくないので、帰宅時、前述の8時間使用の時点でPocket WiFiの電源は切った。明日、引き続き持ち歩いて使う。
 今日明日は内勤なので、あまりいじれないのでバッテリーの持ちが良いのかもしれない。週末に遊びに携行した場合のレポートは、国家試験受験の都合でもう少し先になりそうだけど、充電オタクとしては、しっかりと確認したいと思う。


通称「バスタブ」

 iPad Wi-Fi(3G回線なし)を購入した時に、これ用の屋外通信手段として、Pocket WiFi(ソフトバンク版のC01HW)を買い、さらにiPhone3GSもモバイルデータ通信(いわゆる3G回線でのパケット通信)をオフにしてWiFiのみで運用していた(通話やSMSは普通にできるよ)。
 快適に屋外WiFi環境を満喫していたわけだが、やはり覚悟していたとおり、Pocket WiFiのバッテリーがねぇ。このサイズのガジェットで充電池のみで4時間通信できるのは、確かに「長時間」といえる。WiFiは常にオン(無線電波を出しっ放し)3G回線は5分でオフの自動設定。これで待機を含めて5〜6時間は使えるので、たいしたもんだ。が、それでは絶対的価値としては短い。
 ソフトバンクの圏内ならそれこそいつでもどこでも通信可能だった——至極普通の(笑)——使い方をしていた時と比べると、いささか不便だ。
 そんなわけで、Pocket WiFi互換の大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」を購入。んー、常套手段だわ(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 重ねてみた。上の黒いのが標準付属品、下が大容量。
 厚みは通常の三倍!(笑)

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 容量は標準1500mAhに対して3900mAh。2.6倍。でかいはずだよね。
 取説によると、空の状態からフル充電させるまで12時間とある。標準品が4時間だから、順当だね。
 ちなみに、開封時のバッテリー残量表示は半分。まずこれを初回のフル充電に向けてACアダプタ接続。4時間かかったよ(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 電池がでかくなるので、当然、標準のカバーは使えず。深い形状の専用カバーが付属する。
 これが「バスタブ」のゆえんたる物だ。確かにバスタブに見える(笑)。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 ちなみに、バスタブカバーを装着して標準バッテリーを入れると、ちょっと動かすだけでカバーの中でバッテリーが外れてしまう。標準バッテリーも鞄の中に入れておくつもりだが、標準カバーも一緒に持っていくのを忘れないようにしないとな。

Pocket WiFi 大容量バッテリー(バスタブ)

 装着すると、こんな感じ。コロコロしちゃった。けど、俺はかばんに入れて携帯しているので、問題なし。
 俺の使い方では、容量比で単純に2.5倍以上(12時間以上)、1度のフル充電で使えればいいな。
 明日が楽しみ。初回完全放電させるんだ。


iPhone用リモコンと補助電源

 iPhoneのリモコンと補助バッテリーを購入した。どちらも、トリニティのsimplismブランドのもの。
iPhone
 この3ボタンリモコンは、iPod/iPhone3GS用のアップル純正リモコンイヤホンと同様の曲コントロールが可能。これに好きなイヤホンを接続できるもの。マイクは内蔵されていないので、iPhone3GSでの音声通話はできないけど、それ以外はまったく同じに操作できた。
iPhone
 乾電池式、補助充電アダプタ。これに単4乾電池3本を入れて、iPod/iPhoneのDockコネクタに接続して、充電を行う。
 エネループを入れて、iPhone3GSに充電してみたら、バッテリ残量26%の状態から80%まで充電できた。54%充電できたということか。説明書によると、完全放電のiPhone3Gにエネループで60%まで充電できるとあるので、3GSでこれってことは、まぁ、仕様どおりなんだろうな。使ったエネループも、たぶん充電してから半年くらい置いてあるものだし。
iPhone
 iPhoneへの接続も、違和感がない……っていうと嘘になるけど、同じようなデザインになっているので、及第点だろう。
 しかしね、この充電アダプタ。入れた電池を取り替える時、固くて外しにくい! 不良品かもしれない。メーカーに問合せ中。
 コンパクトだし、この電池の固さ以外は気に入ってるんだけどな。


iPhoneの外部電源

 現在ケータイはこれしか所有していないので、iPhoneを日々持ち歩いているのだが、バッテリーの持ちが、やっぱりつらいや。
 内勤の時はいいんだけど、営業やら現場やらで出歩く時には、公共交通機関での移動中は音楽聴いたり、他に色々とiPhoneを使ってしまうので、夕方に帰社するまでにギリギリ持つかなって感じ。
 ってことで、8月末から、エネループのモバイルブースターを、かばんに常備している。
20081011_eneloop.jpg
 これ、iPhoneでバッテリー残量が赤表示の時には使えないらしいって口コミを承知で購入した。
 単3型エネループ2本を入れて使うんだけど、出力DC5Vの500mAで70分とある。iPhone付属の電源アダプタが出力1Aってのを考えると、1回(満充電のエネループ2本を入れて)の充電で半分くらいしかできない。
 これを常用するのは危険だけど、「今、iPhoneのバッテリ残量が半分くらい。この後、いつ充電できるか」ってのを懸案して、間に合いそうになかった場合だけ利用するのがいいと思う。
 このブースターだと、バッテリ残量が赤くなると、うまく充電できない事もあるしね。
 ともかく、俺の使い方としては、重宝しているので、このiPhone充電用に単3エネループをまた注文したよ(ついでに、リモコン用に単4も)。

SANYO USB出力付き充電器セット KBC-E1S KBC-E1S SANYO USB出力付き充電器セット KBC-E1S KBC-E1S

三洋電機 2007-12-11
売り上げランキング : 896
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

SANYO eneloop ニッケル水素電池 単3形 8本パック HR-3UTG-8BP SANYO eneloop ニッケル水素電池 単3形 8本パック HR-3UTG-8BP

三洋電機 2005-11-21
売り上げランキング : 16
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形 4本パック HR-4UTG-4BP SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形 4本パック HR-4UTG-4BP

三洋電機 2006-01-31
売り上げランキング : 42
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


iPhone OS2.1でのバッテリー持続時間

 iPhone2.1ソフトウェアアップデート(iPhone OS2.1)を適用してから、もうすぐ丸1日経過。日本語変換や3G電波受信状況などが大幅に改善され、実に 快適だが、ほかに「バッテリー寿命の劇的な向上」も気になるところ。
 しかし、iPhoneって、元々、スマートフォンとしてはバッテリーの持ちは良い方だと思ってたけどね。

 2.1にアップデート後、充電完了させて以後、最初の20時間で、こんな感じ。
iPhone2.1時族時間
 約20時間半のうち、音楽を聴いたのが2時間、Big Canvas PhotShare で巡回・投稿したりが20分、SafariでのWebブラウズが30分。他にメールやらカレンダーやらをちょこちょこと。それら合計の使用時間が、たぶん、約4時間半だ。
 ここまでで、バッテリー残量表示が半分弱。細かくは分からないけど45%くらいなのかな?
 平日の、内勤の日だと、満充電で朝出かけて夜帰宅した時に、だいたい、使用時間3時間前後で、バッテリー表示は赤。しかも、その3時間のうち2時間強は音楽を聴いているだけで。途中でMacとの同期が必要になり5分弱だけUSB接続してしまったが、それにしても、持続時間は向上しているっぽい。
 てっことで、バッテリー持続時間の向上は、実感できるような気がする。まだアップデート後初回だし、休日と平日とで使用ルーチンも違うので、「実感できる」とは言えないし、たぶん永久に断言はできないだろうけど(笑)、いい感じではある。


iPod touchに32GBモデル登場

 アップル、iPhoneとiPod touchに新モデルを追加 (2008.02.05 アップルニュースリリース)

2008年2月5日、アップルは本日、「iPhone™(アイフォン)」*と「iPod® touch(アイポッドタッチ)」の新しいモデルを発表しました。新モデルは、メモリ容量が倍増され、お客様がどこにでも持ち歩ける音楽や写真、ビデオの数も2倍になります。これにより革新的なiPhoneは、これまでの8GBモデル(399ドル)と新しい16GBモデル(499ドル)の2つのモデルのラインナップとなりました。iPod touchは、これまでの16GB(48,800円)と8GB(36,800円)のモデルに加え、32 GB(59,800円)のモデルもお選びいたけます。

「メモリ容量はいくらあっても足りないというユーザがいらっしゃいます。そういった方も、この革新的な携帯電話や世界最高のWi-Fiモバイルデバイスがあれば、よりたくさんの音楽、写真、ビデオをお楽しみいただけます」と、アップルのiPodおよびiPhone担当ワールドワイドプロダクトマーケティング・バイスプレジデント、グレッグ・ジョズウィアックは述べています。

 おぉ、やっと、iPod touchに32GBモデルが! 俺の場合16GBだと全然容量が足りないので(今使っているiPod 5.5Gが30GBモデルで、残量11GB)今ひとつ物欲が湧かなかったが、32GBなら欲しいなぁ。
 しかし、いくらなんでも約6万円は高い。今月は、あんな物やこんな物を購入予定だし、iPod 5.5Gでも不満はないし。もう少し我慢しよう。夏過ぎには新型発表されて、またスペックがあがるのだろうし。
 っつーか、そろそろ、日本でもiPhoneが登場するかもしれないし(笑)。


交換バッテリーが届く

 大晦日にアップルケアに電話して、DIY修理となったMacBookのバッテリー。その交換品が届いた。正月休みがあるので早くて来週だなと思っていたのに、意外に速かったな。うむ。

MacBookバッテリー
 届いたバッテリーは2007/05製造で、MacBookに装填したら、充電残量がゼロ。それがちょっと気になる。
 リチウムイオン/リチウムポリマーのバッテリーって、保管する時は充電50%で安置、半年に一度50%充電するのが最良らしいと聞いた。空の状態が続くと過放電状態になり、バッテリーは使えなくなるとも。
 とりあえず、初回のおまじないである、バッテリー調整をしているが、そろそろ4時間経過し、満充電になりそう。正常に充電されている模様。

 追記(2007.01.06 00:05)
 バッテリー調整。初回充電が完了し、放電(通常使用)中。2時間使えている。残り表示は3時間半。うむ。正常に動作しているね。
 不良品じゃなく、よかった。


どこを調整したのだろう

 スゴ録RDZ-D800に残っている番組をDVD-Rにダビング(ムーブ)しようとしたのよ。各話30分枠、CMカット編集後23分弱のアニメ。
 DVD-Rに2時間録れるSPモードで5話は入るよな。実際、1話〜5話は1枚のDVD-Rに収まったし。ところが、だ。6話〜10話をダビングしようとしたら、「容量が不足してるので、自動調整ダビングにするか中止しろ」という旨のメッセージが出た。23分が5本で合計115分。もちろん、挿入し初期化直後で何も録画していないDVDだよ。録画残量はSPで2時間2分と表示されてるし。くどいようだけども、5話までは高速ダビングで1枚に収まったしな。
 古い作品で画質が落ちても、とりあえず全話保存しとくかと自分を納得させ、その自動調整を了承。で、作業は、5本ともSP→SPダビング……。単純に高速ダビングにならなかっただけじゃね?
 まぁ、画質があまり悪くならなかった(もしかしたらSP→SPとはいえ再エンコーディングされちゃって画質劣化はあるのかもしれないが、気にならなかった)ので良かったけども。
 納得いかないなあ。


紛失

 一昨日の朝、iPodの充電残量がほぼゼロだったので、それを持たずに出勤した。
 で、帰宅して早々に充電しようとしたら、朝置いたはずの場所にiPodが無い。家中探しても見つからない。
 確かに置いて出勤したのに。
 不思議だなぁ。何か勘違いしているのかな。思い当たる事は何もないが。
 いずれにしても、iPodを聴けない通勤の3日目。もう何年もやっていて、すでに当たり前の事が、不可抗力によって不能となると、寂しいし、かなりイライラする。