MacBook Pro 購入

 いや、iPadやらエアコンやらを買ってしまったので、今年は買うつもりはなかったんだけどね。
 先日、家族共用にしている初代MacBookが調子悪くなってしまったので、家庭内スライドアップグレードを決行。

 MacBook Pro 13″購入 → 俺のMacBook(Early2008) → 家族共用MacBook(初代) → 売却処分

 予算も厳しいので、MBPとはいっても最下位モデルで、ほとんど白MacBookと変わらないスペックだけど。
 まぁ、光るキーボードは、ちょっと格好良いな。薄暗い所では使わないので、実用性はあまり感じないけども(笑)。

MacBookPro

 データ移行はTimeMachineバックアップから戻そうと思ったんだけど、なんかMBPが有線でも無線でもTimeCapsuleに繋がらないので、今まで使っていたMBに内蔵されているSSDを引っこ抜き、新しいMBPにUSB接続して移行アシスタントを実行して、無事データ移行は完了。

 画面は確かに綺麗なんだけども、今まで使ってたMBよりもずいぶんギトギトして青っぽい。Windowsマシンみたいな色味だよ(笑)。ちなみに、前機でもガンマ値は2.2にしていたので、それのせいではないはず。
 最近のLCDディスプレイって、みんなこんなもんなのかな? 慣れの問題かねぇ。

 ともかく、新しいMacは嬉しいやね。


新 Mac mini

 iPadやiPhone4の影で、ひっそりとリニューアルされてる Mac mini
 ガワもかっちょいいし、こりゃぁかなり良いんじゃなかろうか。
 個人的にはデスクトップ機はいらないけども、これは、他の人にはお勧めできそうだなぁ。


積みくずし

 野暮用で出かけた帰りに、ヨドバシアキバでガンプラを物色。又は、先週マクロスF劇場版を観た影響で、オズマ機アーマードかアルト機スーパーを買おうかとも思ったが、劇場版仕様(トルネードパック装備アルト機)の発売が決定されているようなので、それを待つ事にした。
 結局何も買わずに帰宅。積んだままのガンプラ等がたくさんあるしね(笑)。
 ってことで、MG Vガンダム発売までの間に、積みプラの消化をしようと思う。
シャア専用ザクver.2.0
 MS-06Sシャア専用ザク ver.2.0。これも発売直後に購入したままのキット。明日あたりから、これを組む予定。
 量産ザク(MS-06J)ver.2.0を組んだ事があるので、楽に出来るだろう(と思う)。

 ジーク・ジオン!


劇場版マクロスFを観た

「劇場版 マクロスF 虚空歌姫〜イツワリノウタヒメ〜」を観た。
 来年「完結編 サヨナラノツバサ」の公開が決定しているので、今回は、いわゆる前編。
 まず言っておくと、俺としては十分に楽しめた。
 ネタバレしないように、あまり書かないが、まぁ、この前編に限っていえば、TV版とはストーリーは変っていないと言えると思う。
 TV版25話、正味10時間分を半分以下の4時間(?)に圧縮するんだから、そりゃ色々端折られた部分もある。が、なんというか、初代の劇場版「愛・おぼえていますか」ほどの大胆さはなかった。巧みに再構築されていて、TV版よりもストーリーは分かりやすくなっている。
 マクロスの基本である「バルキリー、歌、三角関係」は健在(笑)。
 VF-25Sオズマ機で懲りたはずが、やっぱり、スーパーメサイアのアルト機と、アーマードのオズマ機のプラモデルが欲しくなってしまった(笑)。しかしアルト機のスーパーパックは、TV版とちょっと違ってたな。この劇場版のキットも出そうだな。うーむ。


1/72 VF-25S メサイアバルキリーオズマ機完成

 なかなか手ごわかったバンダイのキット「1/72 VF-25S メサイアバルキリー オズマ機」が完成。
 いや実は部分塗装も墨入れもシール貼りも完全ではないんだけど、もういい。これだけやれば全体的には雰囲気十分だ。つーか、気力が持続しなかったぜよ(笑)。

 細かい部品が多いくせに組立て説明書に描かれたパーツの形状が把握しにくく、組むのが大変だったが、ほとんど差替なし(差替は手首パーツのみ)で3モードに変形するというのは、やはり凄い。バンダイ驚異のメカニズム。

VF-25S
 ファイター形態。マクロスシリーズのバルキリーは、戦闘機形態が一番格好いいよね。

VF-25S
VF-25S
 ガウォーク形態。脚部がハの字に開かないので、あまり良いポーズにできない。けど、バランスは良い。

VF-25S
 バトロイド形態。これも、脚部の表情が乏しいのが、ちょっと残念ながら、まぁ、直立ポーズとしてはいい感じだと思う。
 3モードに完全変形するのに、そのどの形態でも、破綻無くまとまっている。つくづく凄いと思うよ。

 あー、撮影技術は元々皆無だけど、それに加えて手持ちのフォトブースが小さくて、ガウォークとバトロイドはブースに入らなかったので、うまく撮影できなかったし、背景に余計な物が写っててごめんなさい。


デカルチャーだよ人生は

 1/72 メサイアバルキリー VF-25S オズマ機。半年以上前に買って積みっ放しだったんだけど、昨日から組み始めた。
 延べ5時間くらい掛かって、機種と頭、両腕まで組み上がった。テレビを見ながらとはいえ、これは時間かかるなぁ。
 パーツ数が多く、組み応えとしては、ガンプラで言えばMGの中規模サイズって感じかな。
しかし、1/72の戦闘機サイズの可変キットで、さらにパーツ分割によって設定の色分けをほぼ完全再現しているため、細かいパーツが多い。
 それならまだしも、このキット、組立て説明書が少々分かりにくい。説明書に書かれているパーツの絵が妙にグラデーションかかったような立体的に描かれていて、白黒なもんだから、パーツ形状が瞬時に見きれないのよ。取付方向を間違えそうな重要な部分は昔ながらの線画で描かれているんだけど、組立て説明書って、全てが重要だろうに。
 パーツを立体的に表現して描くこの説明書、最近のガンプラでも同じなんだけど、バンダイは分かりやすいと思って作っているんだろうけど、俺個人的には、かえって分かりにくい。
 苦言を呈してしまったが、キットそのものは素晴らしい。大変だけど、作り甲斐のあるキットだよ。
 写真などは、組み上がった時に改めて掲載する。


OCN解約

 来月引越しするので、これを機にOCNを解約する。
 2000年夏に、当時の地域プロバイダから乗換え、ISDN、ADSL、Bフレッツと長年使って来たが、OCNに愛着はない。面倒なのでプロバイダ変更をしなかっただけだ(笑)。なので、今回は絶好のタイミング。もっとも、インターネットが導入され(利用の有無にかかわらず料金は定額制で管理費に含まれ)ているマンションへの引越しなので、OCN契約続行の余地はないが。

 それにしても、オンラインでの解約手続きの時、「今なら間に合うので、もう一度ご確認ください」みたいなのが、何度も表示されてしつこい。

プロバイダの解約時は、想像以上にやることや確認することがたくさんあります。
解約時に起きる内容をまとめさせていただきました。
・メールアドレスが使えなくなります。
・IPの電話番号がかわります。
・インターネットが使えない期間が発生します。
・OCNのブログやホームページのサービスが使えなくなります。
・メールソフトブラウザ等PCの再設定をする必要があります。
解約前の今ならまだ間に合いますので、
ぜひ一度ご確認ください。

 いや、それら全部想像の範囲内なんだが。
 ともかく、あと1ヶ月でさようなら、OCN。


iPhoneでTSUTAYAレンタルクーポンを使う

 ケータイの画面に表示させて店員に見せるTSUTAYAのオンラインクーポンをよく使っていたのだが、iPhoneはPC扱いなので、TSUTAYAのケータイ用サイトにアクセスできない。
 PC用のクーポンもあるのだが、その画面をプリントアウトして店頭で表示せよと。まぁ、自宅PCがデスクトップ機しかなかったら、そうするしかないので、異存はない。しかし、プリントアウトもそれを持参するのも面倒くさい(笑)。
TSUTAYA オンラインクーポン
 ってことで、iPhoneでPC用のクーポン画面を表示させて、それを店頭で提示した。結果、それでも使えた。よかったよかった。プリンタのないiPhoneユーザーでも大丈夫。

 マクドナルドでも同じ状況なんだよな。毎週金曜日にケータイに配信されてきたクーポン案内が使えなくなったが、それと同じクーポンは、サイトにアクセスして印刷して持参ってのもできる。今度はマクドナルドでそれをiPhoneで表示させて試してみよ。


99→100

 うちの近所のショップ99が一昨日閉店。今日、ローソンストア100になった。
 1年くらい前に、ショップ99とローソンの業務提携が発表された時、ローソンが吸収合併するかもと思ったが、その後、いつの間にかローソンが筆頭株主になってたんだ。

 ショップ99の広報ページによると、

株式会社九九プラスは、2007年3月に業務・資本提携し、2008年1月に筆頭株主となった株式会社ローソン(本社:東京、社長:新浪剛史)および株式会社バリューローソン(本社:東京、社長:河原成昭)との取り組みを本格化しますので、お知らせいたします。

 1.グループ統一PBブランド「バリューライン(VL)」商品の発売
 2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 3.新フランチャイズ・チェーン(FC)パッケージによる試験店の展開
 4.ATM(現金自動出入機)の試験導入
 以上です。

2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 ◎店舗名称を「ローソンストア100」にして出店します。
 ◎価格は一部商品を除き100円(税込105円)、売場レイアウト・棚割り・什器備品は「SHOP99」の仕様をベースに展開します。
 ◎中食は全品、バリューローソンとの共同開発商品を販売します。
 ◎1号店は2月26日オープン予定の「中野南台店」(東京都中野区)。3月までに7店出店(関東エリアを予定)を見込んでいます。

【検証点】
 ◎ローソンのブランド力・MD(商品政策)力、九九プラスのオペレーション力・MD力といった両者の得意分野を合体。より収益性が高く、集客力のある店舗フォーマット構築を目指します。
 ◎他社生鮮コンビニ、コンビ二エンスストア、100円ショップ、食品スーパーなどに対する競争力を検証し、お客さまにいっそう支持される店舗作りを進めていきます。

 との事で、試験店舗なんだね。んでも、目と鼻の先に本家ローソンもあるんで、ちょっと鬱陶しいぞ。

 ともかく、店内に流れる強烈なテーマソング「♪ あなたも私も きゅっきゅきゅきゅっ! しょっぷ きゅっきゅ きゅっきゅきゅきゅっ!」 ってのが聞けなくなるのが寂しい(笑)。


物書堂

 物書堂:はじめまして。物書堂です。

はじめまして。物書堂と書いて「ものかきどう」と読みます。
Mac のテキストエディタやワープロを作る会社です。どうぞよろしくお願いします。

私たちは株式会社エルゴソフトで日本語ワープロ「egword」や日本語入力システム「egbridge」を開発していましたが、エルゴソフトの事業終了を機に物書堂を設立しました。

 上記の通り、元エルゴソフト社の廣瀬さんの新会社が、いよいよ動き出した模様。「物書堂」という商号も素敵。
 長年のegbridge愛用者としては、期待せずにいられないね。

物書堂の社名は、いわゆる「物書き」の方々のためのソフトウェアを開発したいという思いから来ています。ストレスなくスムーズに動作するエディタやワードプロセッサを開発していきます。

最初はテキスト編集中心のワードプロセッサを発売する予定です。秋に発売できるように開発を進めています。

 egwordを超える、素晴らしいワープロソフトを開発してくれることだろう。そして、egbridgeみたいな最高の日本語入力ソフトも、ぜひリリースして欲しい。
 応援してます!