“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう

 今回の記事は、私信に近くなりますが、ご容赦ください。

 最近、このブログにも時々書くが、例の「“鴻池の猫”兄」が、今日誕生日を迎えたとのこと。
 名実共に兄のように慕うというとおり、もちろん俺より年上で、誕生日といっても、悲喜こもごもかもしれない(というのは、あくまでも俺の想像だけど)。
 でもなぁ、「天命を知る」お歳になられたとは、これまたしつこく繰り返しになるけど、悲喜こもごもだろう。
 まぁ、そういう事はご本人が思うことだし、俺には——「関係ない」とは言いたくはないが——伺い知れぬ事だ。

 ネット関係でいう交友関係と転機といえば、今まで大きくいえば三つある。二十数年前に、草の根ネットを主宰していた時。2004年にブログを始めた時。そのどちらも、俺が主催者とか最年長とかだった。
 そして、もうひとつ。四年前くらいにツイッターを始めた時。

 ネット上では前述のとおりだし(それを苦に思ったことはなく、むしろ楽しんでいたのは言うまでもない事)、実縁では弟がいて、俺は長男。
 って、俺の事はどうでもいいのだが(笑)、

 兄貴とは、ひょんなきっかけ(笑)でツイッターで知り合って丁度三年くらい。その翌年正月に実際にお会いしてからでもすでに丸二年以上たつ。初対面の時から「兄貴みたいだな」と思っていた。
 それから今までの間に、色々な事を教わった。俺は馬鹿なのであまり吸収できていないけれど、俺なりに、兄貴の気持ちというか「理系文系の枠を超えて」……じゃないな、「理系文系の枠を融合させてなんか面白く生きて行こうぜ」ってな思いを感じ取っている。これが、兄貴のいう「芸術」「文化」の中に収まる思考/指向であるなら、嬉しいんだけど。

 まぁ、うだうだ書いたが、やっぱり、これしかないな。

「“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう。近いうちに、鰹節でももって、また行くね」


修繕

襖紙と壁紙
 ホームセンターで、襖紙と壁紙を買って来た。
 社宅を退去前に、破れた壁クロスと襖を張り替える。壁クロスは、約1畳分で2千円と、ちょっと高かったが、簡単に施工できるように既存クロスの上から貼れるステッカー式のやつにした。裏紙を剥がして気泡が入らないようにのばしながら貼ってゆき付近の建具枠や巾木との取り合い部分の入り隅を押さえ、カッターで切る。ステッカー式にしたおかげで、20分くらいで作業完了。
 来週末は、襖貼りをする予定。


ドラマ「天と地と」を観た

 何度か映像化されている作品だが、今回のは、ちょっと迫力が足りなかったかな。最近のクオリティが高い作品と比べるとだめなだけで、約2時間半枠のテレビドラマでは、本来こんなものか。
 松岡昌宏さんはうまかった。最初はどうしても「美味しんぼ」の山岡に見えて仕方なかったが(笑)、途中からは、ちゃんと上杉謙信に見えたぜ。
 他の配役は、うーむ。

 謙信がちゃんと坊主になったのも、よろしい。Gacktは違和感ありすぎたもん(笑)。


どこを調整したのだろう

 スゴ録RDZ-D800に残っている番組をDVD-Rにダビング(ムーブ)しようとしたのよ。各話30分枠、CMカット編集後23分弱のアニメ。
 DVD-Rに2時間録れるSPモードで5話は入るよな。実際、1話〜5話は1枚のDVD-Rに収まったし。ところが、だ。6話〜10話をダビングしようとしたら、「容量が不足してるので、自動調整ダビングにするか中止しろ」という旨のメッセージが出た。23分が5本で合計115分。もちろん、挿入し初期化直後で何も録画していないDVDだよ。録画残量はSPで2時間2分と表示されてるし。くどいようだけども、5話までは高速ダビングで1枚に収まったしな。
 古い作品で画質が落ちても、とりあえず全話保存しとくかと自分を納得させ、その自動調整を了承。で、作業は、5本ともSP→SPダビング……。単純に高速ダビングにならなかっただけじゃね?
 まぁ、画質があまり悪くならなかった(もしかしたらSP→SPとはいえ再エンコーディングされちゃって画質劣化はあるのかもしれないが、気にならなかった)ので良かったけども。
 納得いかないなあ。


ひな壇芸人

 テレビ朝日のネオバラ枠。
 水曜の「オーラの泉」がゴールデンタイムへ昇格して、その後に始まった「すくいず!」って番組。

 内容はともかく、司会が土田晃之さんってのが画期的。

 まだ初回なので細かい評価はできないんだけれども、とりあえず、土田さん、司会は下手くそ(笑)。
 ただ、何枚も鏡を貼り合わせた巨大パネルで太陽光を集めて肉を焼く光熱費ゼロな店を紹介(それ自体を当てるクイズになってた)した時に「ガンダムを見ていれば、このネタはすぐに解るはず。俺が司会やってるんだぜ」ってのには笑った。
 ちなみに俺はすぐ解ったけどね(笑)。


引き込まれてしまうが(BlogPet)

こないだ、びといんが

もともと、うまく練られたストーリー展開で(時々、ドラマなやつもあるけど)引き込まれてしまうが、さすが2時間半枠。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「晋作」が書きました。


ドラマ「相棒 元旦スペシャル」を観た

 連ドラも前々シリーズのシーズン3からかかさず観ているのだが、いやぁ、久々の特番。面白かった。
 もともと、うまく練られたストーリー展開で(時々、強引なやつもあるけど)引き込まれてしまうが、さすが2時間半枠。じっくり見せてくれたね。

 岸部一徳さん(の演じているキャラ)。シーズン4の後半ではちょっとまともになったのかと思わせたけど、相変わらず嫌な人だな。いや、それ以前に、今回はストーリーに関係ないし。
 今回のゲストのひとり、ココリコ遠藤さん。この人、感情を押し殺した演技が、すげーうまくなったなぁ。

 あと、観覧車。中盤で登場して、以後すっかり忘れてた頃に、おいしい所持っていったな!

 っつーか、親子関係の話は、卑怯だぜ(笑)。年明け最初に観たドラマで泣きそうになったぞ。

 関係ないけど、捜査一課トリオの伊丹刑事って、マンガーさんにちょっと似てるような気がする(笑)。


ドリコムRSSリニューアル

 もう半月くらい前なんだけどね。忙しくて記事にするの後回しになってた。

 リニューアルのお知らせ-ドリコムRSSオンラインヘルプ

 ドリコムRSSが機能改善されている。
 まず、処理がだいぶ軽くなった感じ。
 その自身の現れか、設定変更画面にあった「表示データ再構築」ボタンが削除された。即座に再構築されるようになったとのこと。
 ってことで、またサイドバーに設置してみた。

 RSS表示画面が、うちのMac版FirefoxやSafariではスクロール枠が乱れて、沢山登録してあるフォルダでは一番下まで参照できなかったが、それも解消されている。

 MyblogListほど洗練されてはいないが、かなり良くなっているし、改善が目に見えるから気持ちいいね。
 MyblogListは間もなくサービスが完全停止するので、まだドリコムRSSをいじってない人は、データ移行処理はされているので、そろそろ試しておきましょう。

Tag(s) [ブログ][ブログパーツ]


サイトデザイン改修

 HTML/CSS的には、記事本文の枠をborder指定から画像にした以外は、大きな変更はしていない。各種の画像ファイルを差し替えただけ。
 全体の統一感が今一つという感じではあるが、今日はここまで。
 配色やパーツは、日々修正する。
 特に、タイトル下のガンダム名セリフ乱数表示の部分は、以前のままなので、変かもね。

 毎度のとおり、MacOS X 環境のFirefox1.5及びSafari2.0.2での表示確認しかしていない。特にWindwsの方、不具合や配色についてのご意見ご感想をいただければ幸いです。


白い悪魔

 洗面所。
 風呂場に入るドアの建具枠に点々と穴があいていて、指でちょっと押したら、ぐずぐずにへこんだ……。
 シロアリだ! 姿は発見できなかったけど、この痕跡はやつに違いない!
 うひー!
 早急に修繕してもらえるよう、大家さんに連絡した。

 問題は床下だよなぁ。どこまで侵食されてるんだろ……。