Mac Fan 縮刷版DVD-ROM発売

 3年分の全編集記事を検索できる「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM」の予約販売を開始(2009.12.03 マイコミジャーナル)

月刊のMac専門誌「Mac Fan」は、過去3年分の編集記事をPDFデータ化しDVD-ROMに収めた「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM 2007-2009」を2010年1月29日に発売する。価格は5,980円(税別)だが、現在、1,000円安い4,980円(税別)で購入できる事前予約キャンペーンを実施中だ。

 決して毎日コミュニケーションズの回し者ではないけど、これを待ってました! と言いたい。
 昔買っていたMac PowerやMACLIFEという雑誌は、毎年こういう縮刷版CD-ROMを販売していて、重宝してた。物理的な紙バックナンバーを保存しておくには場所の確保が必要だし、家庭でスキャナで読込んでPDF化するには、かなりの時間と労力が必要。もしくは楽をしようとすればそれなりの高性能の機器やソフトを揃える必要がありコストがかかる。
 うちの複合機だと1ページスキャンするのに1分近くかかる。Mac Fan 1冊で広告を抜いても約200ページ。作業に専念して4時間で終わればいい方って感じかな。以前1回やったことあるけど、(専念じゃないけど)ちょこちょこと3日くらいかけて、しかもすげー疲れたよ。毎月そんな事するなら、3年分で5000円なら安いと思うのだわ。
 縮刷版を熱望してて、時々、アンケートを送信する時の自由意見欄に要望を書いていた。やっとかなって嬉しい限りだ。

 事前予約キャンペーンサイト


モデグラ

 硬派な誌面で、普段は敬遠している模型雑誌(笑)、月刊モデルグラフィックス。
 今号は、その表紙を目にして、パラパラとめくって確認し、即買い。

モデルグラフィックスMSV
 MSV特集ですぜ。まぁ、ガンプラをリアルタイムで追い続けている俺としては、自慢だけども「知らなかった……!!」というネタはないが、それでも、やっぱり読んで楽しい。資料的保存に値するね、これは。

 そうそう、ジョニー・ライデンっていったら、やっぱりこの顔だよな。

モデルグラフィックスMSV

 確かバンダイMSVキットのカタログに掲載されていたイラストだから、今流で言えば、まさに公式設定だよ。うん。最近のゲームに登場するジョニー・ライデンのイケメン設定は、最初違和感を持ったもん。まじに。


MS開発にまつわる外伝

 現在、俺が唯一読んでいるマンガ雑誌「月刊ガンダムエース」で連載されていた「デベロッパーズ」(作:山崎峰水氏)の単行本を購入。

デベロッパーズ—機動戦士ガンダムBefore One Year War
山崎 峰水

デベロッパーズ—機動戦士ガンダムBefore One Year War
角川書店 2003-11
売り上げランキング : 94,592

おすすめ平均 star
star架空のステレオタイプ
starモビルスーツ開発下町人情コメディ。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 初期に連載されていて、単行本化されたのも2003年末と、ちょっと前の作品だ。久し振りにまとめて読んだ。

 この作品好きなんだよね。
 もちろんガンダム関連の話なんだけど、技術者、しかもジオンの末端の技術者の話。

 一年戦争開戦の少し前。
 ジオン公国の工業区にある小さな工場「ホシオカ」が、ジオニック社の下請けとして「新型汎用作業機(のちのMS:モビルスーツ)」プロトタイプの開発を依頼される。
 高い技術力を持つホシオカだが、良く言えば真正直な社長を筆頭に、隠し事ができない連中なので、機密事項であるMSのフィールドテストをしたり、不用意に他人に漏らしたりして、下請け契約を解除されそうになる。
 紆余曲折あり、ラストは、ジオニック本社調整とホシオカ調整のMSでコンペを行い、それに勝って、ホシオカは再びMS開発に携われるようになのだが。

 なにしろ、ホシオカのメンバーが熱い。好きな仕事を楽しんでやっているプロ集団。
 特に、普段は会議でも眠っているのに、いざとなったらオングストローム単位の回路修正を「長年の勘」だけで修正してしまうジイさんがいい!(マンガならではの描写だけどね)

 分野は違うけど、俺も技術職なので、こういうマンガってのは、とても共感できるね。ましてや、初期のMS開発の物語。ワクワクするぜ。
 でも、ガンダムだとかMSだとかってのは、あまり関係ない(笑)。単なる「技術屋の物語」としても楽しめる。


ガンダムのシールド

 数年前から、ガンダム(RX-78-2)のシールドの持ち方って変だなぁと感じている。
 あ、ガンプラの話ね。アニメ的にはまぁオッケーなんで。
 Zガンダム以降の作品では、アニメ設定上でも、どのガンダムもシールドを腕のハードポイントに装着するようになっているので、まぁ良しと考えるが、RX-78はグリップを握って持ってるよな。

 この辺で既にお気づきの方もいると思うが、上記は、月刊ガンダムエースで連載中の安彦良和さん自らのリメイク漫画「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」で連載初期に登場した、ガンダムのシールドの持ち方を見てから、ずっと思っている事なんだ。
 ORIGINでのあれ、あれこそ、本当の盾の持ち方、防御姿勢での構え方だなぁと、説得力を感じ、目から鱗が落ちる思いだった。

 で、最近はガンダムを飾る時には、シールドは上下逆に持たせている。
 盾は、肘を曲げて前面に持ってきて構えるだろう、普通。

 ついでに、陸戦型ガンダム(RX-79G)のシールド。これは、ハードポイントに装着したらその軸は回転しない。
 ハーフサイズなので、構えた格好がサマになるね。

 それにしても、MG陸ガンは良いキットだよなぁ。アニメ本編の絵とはまるで違う印象なんだけど、どう見ても「これぞ陸ガン」と思わせてくれる、絶妙なリファイン。
 このデザインのPGが欲しい。あまり売れないかな。俺は買うぞ。

ガンプラファクトリー
ガンプラファクトリー

バンダイビジュアル 2005-02-24
売り上げランキング : 457
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

MG 1/100 陸戦型ガンダム RX-79G

バンダイ
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]


ガンダムコレクションでシミュレーションゲームを

 仕事帰りにTSUTAYAに寄ってきた。購入目的は、月刊ガンダムエースなんだけど、一応、一通り回る(というかホビー、パソコン、雑誌コーナーの巡回だが)と、ガンダムコレクションで遊ぶ本ってなのがあった。
 GAだけ買って、帰宅後、アマゾンでその本を購入(HGUCマラサイのプラモデルと一緒に注文(笑))。ジオン公国軍編と地球連邦軍編があったけど、当然ジオンを選ぶ(高いのでひとつしか買わない(笑))。

 これ、1/400スケールのフィギュアシリーズ「ガンダムコレクション」を使ってシミュレーションゲームをやるための入門書らしい。特製フィギュアが3つついてこの値段だから、まぁ妥当な値段だろう。普通のガンコレは1つ200円。
 実際にプレイする機会はないだろうが、ひじょうに気になるので、買わずに後悔するよりは、まず買ってみる。
 ガンコレなら、いくつか持ってるんだけどなぁ、全部ザクのバリエーションだけど(笑)。
 しかし、色々考えるもんだねぇ。
 それに釣られているおっさんがひとり、ここに居るわけだが(笑)。

ガンダムコレクションタクティカルコンバットスタートブック ジオン公国軍編
南郷 隆

ホビージャパン 2005-01
売り上げランキング 4,306

Amazonで詳しく見る  by G-Tools

Tag(s) [ガンダム]


週アス別冊 300万人のブログ大全

 先月末に買い忘れたままだった「月刊ガンダムエース7月号」のついでに、「週刊アスキー2004年6/29号別冊 300万人のブログ大全」というのを見つけて、買ってきた。
(なんだ、この組み合わせは!(笑))
 正直にいうと、表紙のサトエリにちょっと惹かれて手に取ってしまったんだ。
 ちょっとミーハーだなとも思うが、まぁ、価格なりには楽しめた。
 MovableType3.0導入についての記事は、やばいなぁ。これはやばい。無料のwebスペースを借りて、すぐにでも試したくなったぞ。やばいやばい。