洋食レストラン「ハッスル」は、屋号の印象とは違っていた

20150803_hustle_3

 数年前、当時の勤務先で稲城方面の現場を担当していた時に、京王線とJRとの乗換で何度か利用していた分倍河原駅。事務所は九段下で、現場の用事が終日でなければたいていは昼時に移動時間を長めにとって、途中食事をしていた。
 その時から気になって、行ってみたいと思っていたが、昼時は席が一杯だし帰りは早く帰りたいしで今まで訪問かなわなかったお店がある。

 先日、オフ会で分倍河原で下車する機会があったので、その気になっていた「洋食レストラン ハッスル」に行ってきた。

20150803_hustle_1

20150803_hustle_2
 ハッスルは、京王線分倍河原駅を出てすぐ。いい雰囲気の路地を進んだ突き当り、飲食店がたくさん入居している雑居ビルの2階にあった。

20150803_hustle_8
 店構えがこういう雰囲気の店は、たいていアタリ(笑)。飾り気のない意匠の洋食屋とか、ドアも床も壁も油っぽいラーメン屋とか。

 ハッスル丼というのがとても気になったが、量が凄そうなので今回は保留。
 オムライスが評判だそうなので、それにするかな。でもハンバーグも美味そうだ。少し悩んで、ランチセットのハンバーグ&エビフライ(スープ、ライス付)と、トッピングでオムレツを注文。嫁さんはオムライス(スープ付)。

20150803_hustle_4

20150803_hustle_5
 ころもがサクサクしていて油くどさがないエビフライ。ハンバーグはほんのちょっと香ばしい香りがしている。
 トッピングのオムレツは200円だが、とろふわで価格以上の価値がある。
 どの料理も、素朴で温かい家庭料理みたいだ。  店内の雰囲気も屋号から受ける印象とはまるで違い(笑)、落ち着いた穏やかな感じで居心地がいい。

20150803_hustle_6

20150803_hustle_7

 いやぁ、これは大満足。分倍河原に行くときは、また寄ろう。

 それにしても、どのメニューもボリュームがあるからだろうか、若い人が多かった。
 ごちそうさまでした。


花小金井「キッチンさくら」

 先週末の10.25土曜日。東京まち歩きサークル「ブラ浪漫」に参加すべく小金井へ。西武新宿線花小金井駅に集合だったので、その前に現地で昼食をとることにした。
 行きの電車の中で、同行の嫁さんと飲食店検索サイトを見て「ここ、気になるねぇ」と意見が合った「キッチンさくら」に決定。

 花小金井駅南口から徒歩15分くらい。商店街——とはいっても、かなり寂れていたのは残念——の中ほどにあった。

 飲食店検索サイトに投稿されている写真がしょぼかったんだけど、実際の店構えも偽りがなかった(笑)。二階窓に布団が干されていて庇テントの店名も見えないし、休業なのかと思ったが、ちゃんと「営業中」の札が出ていた。
20141027kitchen_sakura_1

 庇テントは「キッチンサクラ」だが、路上看板は「キッチンさくら」になっている。いいなぁ、こういうテキトーさ。大好きだぜ。
20141027kitchen_sakura_2

 メンチカツと豚生姜焼きが特にオススメとの事。今回は豚バラ肉の生姜焼き定食を注文。これ「材料入荷数少量のため当面限定20食」だって。限定と言われると弱い俺。
 嫁さんのライスは黙っていても小さいお茶碗で「女性は小さめで。おかわりもできますから」とマスター。
 大盛の千切りキャベツの上にはカイワレも乗っていてステキ。
20141027kitchen_sakura_3

 割りばしの袋がかわいい!(=´ᆺ`= )
20141027kitchen_sakura_4

 量もあるし美味しい。大人しめで愛想がいい優しそうなマスター。
 外観も店内も、そのまんま「家庭的な定食屋さん」って感じだった。
 定食メニューで持ち帰り弁当も作ってくれるらしい。

 花小金井に行く機会があったら、また食べに行こう。


五反野「上海亭」

 先日、まち歩きオフ会を開催し、それに参加した。五反野から北千住までの行程だったが、それについては別途記事をあげる予定。
 で、13時の集合前に昼食をとったのだが、入ったのは、五反野駅から徒歩5分くらいの、上海亭というお店。
五反野上海亭
 まちの中華料理屋さんだが、店内は明るくて綺麗で、中華料理屋特有のギトギト感は少なく、気持ちよかった(笑)。

 注文したのは、担々麺+半チャーハンセット。
五反野上海亭
 量が多くて安い。もちろん旨い。
五反野上海亭
五反野上海亭
 それほど辛くなかったなぁ。でも、満足。
 今度は「ぶたまん」も食べてみたい。ぶたの顔の形をした小さいぶたまんらしい。


まだだ! まだおさまらんよ!

 昼頃にさらに痛みが増してきた。うー。痛風っぽいな。まだ腫れてはいない。昼食後、ロキソニンとセルベックスを飲む。
 しかし足首ってのはかなり辛いな。親指や足の甲が痛むなら、そこをかばって何とか誤魔化して歩けるが、足首は、どんな歩き方したって力がかかるもんな。参った。


アキハバラデパート閉店

 さらばアキバデパート (2006.12.26 YOMIURI ONLINE)

 JR秋葉原駅と接続しており、電気製品以外の様々な商品を扱う店が入る「アキハバラデパート」が今年いっぱいで閉店する。デパートの運営会社が全面刷新を検討しているためで、秋葉原の名物の一つとして訪れる人を迎えてきた「実演販売」コーナーも姿を消すことになる。同デパートには連日、閉店を惜しむファンや常連客が詰めかけている。

 既に数年前に閉店は決定されていたんだけど、ついにこの時が来てしまった。

 子供のころ、交通博物館に連れていってもらった時には、まず午前中に神田明神にお参りをしてから、アキハバラデパートで昼食、その後、メインに交通博物館という流れだった。交通博物館も今年の5月に閉館したしなぁ。
 高校生の頃は、秋葉原は通学の乗換え駅だったので、放課後にちょくちょく立ち寄った。その頃(25年近く前)にすでに「百円均一専門商店」が存在していて、小遣いの少ない俺らはとても便利に利用させてもらった。
 もちろん、現在でも、嫁さんや子供と一緒に秋葉原にでかけると、あの電気街口周辺に堂々を存在するアキハバラデパートは、アキバの象徴だという認識でいた。

 闇市〜電気街〜パソコンタウン〜オタクの街……と変貌してきた秋葉原、最近では飲食店も多くなったし、マンションなどの居住区も増えた。
 なんらかの泥臭いマニアックな街のままで存続して欲しいけど、今後はどうなるんだろう。


2007東京新年オフ会(2)

 日頃交流のあるブロガー仲間による、恒例の東京新年会。
 3年目の今回は、2007年1月7日、両国及び池袋。
 集合及び会場を決定しました。

続きを読む