映画「スティーブ・ジョブズ」を観た(ネタバレなし)

 一昨年亡くなったアップルの創業者 スティーブ・ジョブズさんの半生を描いた映画「スティーブ・ジョブズ」を観てきた。

 賛否両論あり、先んじて8月に公開されたアメリカでは酷評だったとの噂も聞く。
 俺自身は、好きなジョブズさんの映画なので観に行くつもりで、どんな批評もシャットアウトしていた。逆に言えば、期待せずに「ジョブズさんの映画だからとりあえず観る」という程度だったとも言えなくもない(笑)。

 この作品、極近年の実話を元にしているため、基本的にはストーリーは多くの人が知っているはずで紹介するまでもなく、かといってそれ以外は何を書いてもネタバレになり、ここではたいした事を書けないので雰囲気感のみをば。

 俺としては、結論から言ってしまえば、面白かった。
 ストーリーは史実のうち細々した所は省かれているが、最低でも今回盛り込まれたエピソード程度のアップルの歴史は知っていないと楽しめないかも知れない。
 話の流れが速いとか、史実とは時系列が変わっていたり、いくつかのエピソードをひとつの出来事にまとめたりといった——日本でも長編原作のドラマ化などでよく行われる——事があったが、エンターテーメント性と尺の関係でしかたないことだろうし、これはドキュメンタリではないのだから、そこは突くべき事ではないと思う。
 共同創業者のひとり、スティーブ・ウォズニアックさんは「違う!」と激怒したという噂もあるが(苦笑)、個人的にはそんなに逸脱した脚色はなかったように思う。

 ジョブズ役のアシュトン・カッチャーさんは、瓜二つと言っていいくらいそっくりだった。他も一部を除いて(笑)かなり似合いの配役だったな。

 ともかく、始終「ジョブズ目線」で進み、娯楽作品としてとても楽しめた。

 余談だが、Windowsの試作品(?)を見たジョブズが「パクリだ!」と怒るシーン(←こんなのは皆知ってる伝説なので、ネタバレにはならんよね(笑))の時、映画館の椅子が大きく揺れて「すげー、連動して椅子が振動するのか!」と一瞬思ったが、この時地震があったそうで。


「K-20 怪人二十面相・伝」をテレビで観た。

 CS「日本映画専門チャンネル」での放送を録画しておいた映画「K-20 怪人二十面相・伝」を観た。
 2008年末に公開された作品だが、当時気になっていたもののタイミングを逃し、未見のまま。今日初めて観たのだが、もっと早く観ておけば良かったなと後悔した。

 平和条約締結により第二次世界大戦が回避され、それ以前の華族制度をひきずり身分差別がまかりとおる——パラレルワールドの?——1949年・日本。その帝都が舞台。
(俺も大好きな「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ等の)白組とかが製作に関わっているとのことで、映像面での期待は持っていたものの、そのパラレルワールドって設定だけで“あとはもう何でもアリだろうな”くらいに思いつつ、視聴を始めた。
 しかし、見始めてすぐに引き込まれた。設定説明のテロップとともに帝都を俯瞰する映像には、東京タワーっぽいのとか高層ビルもいくつかあるが、その手前にはボロい木造家屋の集落が広がる。主人公が生活する「ドロボウ長屋」もここにある訳だが。このギャップをサラッと映すってのが凄い。
 その後は、まぁ、江戸川乱歩が生み出したダークヒーローであるところの怪人二十面相をキーワードにしてはいるが、雰囲気がちょっと違う。まず、乱歩作品以上に「二十面相は誰なのか」が解らない。解らないままに主人公が二十面相にされてしまう。
 っと、ネタバレは控えるが、ともかく、観ていて「予想していた事」とか「予想外」が絶妙に配置されていて、実に心地いい。
 前述のパラレルワールド設定により、無国籍風になっているのも、観る前のイメージを払拭してくれた。ルパン三世やバットマンと同じように、「その国の物語」っていう先入観なく楽しめるじゃねーか!
 そう言えば、もちろん個人的な感想だけど、この「K-20」は「ルパン三世 カリオストロの城」っぽくもあるね。
 怪人二十面相というダークヒーローを、謎は謎のまま(笑)、予想は予想のまま、うまくラストに持っていった。いやぁ、これはやられたって感じだわ。

 平吉や源治、そして葉子が目茶苦茶かっちょいい(「格好いい」の最上級)。葉子の操縦能力(笑)は反則っぽいけども、この帝都の世界ならアリだ!

 観たあとの解説で知ったのだが、この作品の佐藤嗣麻子監督は、山崎貴監督の奥さんなんだね!

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]

B0026OBVIS
VAP,INC(VAP)(D) 2009-06-24
売り上げランキング : 30470

Amazonで詳しく見る by G-Tools

K-20 怪人二十面相・伝[Blu-ray]

B0026OBVJ2
VAP,INC(VAP)(D) 2009-06-24
売り上げランキング : 5876

Amazonで詳しく見る by G-Tools


「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の原作本

 先週、劇場で「ALWAYS 三丁目の夕日’64」(以下「’64」)を観賞して感動したのだが、今回は原作の漫画「夕焼けの詩」からはだいぶ離れて、オリジナル度が高いそうだ。
 俺は、原作漫画はあまり読んだ事はない。約20年前に放送していたアニメ版を知っているくらい。
 とはいえ、この映画が公開されるたびに、その「映画化特別編」と銘打った原作本は買って読んでいる。
 ’64バージョンは、これ。

三丁目の夕日’64 映画化特別編 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
西岸 良平
4091842194

 映画の元となった12話が収録されている。が、確かに今回の’64では、この各話からニュアンスだけ拾ったという感じのが多いね。
 でも、もちろん原作も温かい雰囲気で良作。それに、ほんの少しでも「このエピソードが映画ではこう使われたのか」と考えるのは楽しい。
 あ、この原作から映画への引用部分はあまりにも少ないから、映画を観る前にこの原作特別編を読んでも大丈夫だと思う。むしろ最初にこっちの漫画を読んでから映画を観ると「こんな風に引用されたか!」とニヤリとできるかも。


映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」を観た

 VFXを用いて、昭和30年代の町並みと、そこで暮らす人々を優しく描き出し大ヒットしたシリーズの三作目にして完結編である「ALWAYS 三丁目の夕日’64」を、昨日観てきた。
 ネタバレしないようにさらっと全般的な感想を書いてみる。

 第1作が東京タワーの建設中。第2作が東京タワーが完成した翌年。そして今回は、東京オリンピック開催の昭和39年。
 高度成長期を迎え活気溢れる中、茶川先生の作家生命の危機と、ロクちゃんの恋を軸に物語は進行する。

 まぁ、設定的に無理やりだったり、時代的な物品の登場がわざとらしかったり、「こんな小さい町の中だけで全部繋がっているはずはねーだろ」と思うような事はかなりある。でも、それはきっと確信犯的なことなんだろうな。
 言ってしまえば「作り物」である事はあたりまえだが、「みんなの想い出・記憶の中にある昭和」を凝縮したのが夕日町三丁目なんだろうと思う。ただ懐しいだけではなく、三丁目の住人すべてが、優しさで満ちあふれている。ベタでいいのよ。うん。故に、この作品に対しては前述のような苦情はナンセンスだろう。

 今回3Dで観た。俺にとって初めての3D映画だったのだが、正直いって、3D効果を堪能できるシーンはほんの数ヶ所。これを期待してはいけない。
 だが、3Dメガネをかけている事も忘れるほど入り込んで観て、最後まで満足感は維持された。3Dで堀北真希さんと小雪さんを観ることができただけ儲け物だ(笑)。


大晦日2011

 今年は、本当に色々な事があった。

 東日本大震災で——もちろん苦労は被災地の比ではないが——計画停電や節電やらで「普通の生活」の有り難さが身に染みた。
 震災とは別に、幼い頃からテレビや映画で見て親しみのある有名人の方々が多く亡くなった。今年は今までより多かったように感じる。個人的には、義父(嫁さんの父)が病で亡くなったりもした。

 反面、出会いというか、今年初めに昔草の根ネットを主宰していた頃の友達と約二十年振りの再会をして、酒を酌み交わしたり、資格学校に通って新しい友もたくさんできたりした。

 そんな中で、二級建築士試験に合格できたって事が、言い得ぬ喜びであり、まさに大きな収穫。
 この一年(正確には2010年末から)、毎週資格学校に通い、キツかったけど充実した受験期間だったが、過ぎてしまえばそれも想い出。つーか、この歳になって、週一回とはいえ、通学してまで勉強するとは思っていなかったし、そんな中で気が合う友達も出来た。彼らと一緒だったから頑張れた部分も少なくない。
 ネット上でもたくさんの方から声援をいただき、友達の存在を、改めて有り難く思う。

 という事をいろいろ反省すれば、やはり、家族、友……「ひと」だなと思う。
 勉強はひとりでも出来るし、当然最終的には自分の問題だが、しかし、家族の協力、友の応援、同じ目標の同志……まわりの環境で何倍にもパワーアップするのはこれまた当然のことだ。

 そんな訳で、「ひと」についてちょっとだけ深く考えるこの年末。

 喪中につき 勝手ながら年頭のご挨拶は失礼させていただきます
 本年中に賜りましたご厚情に深く感謝いたしますとともに
 明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます

 ねこぱんち統合整備計画
 夢想人企画

 日向夢想/びといん


「相棒 劇場版II」を観た

 23日の公開初日に、「相棒 劇場版II」を観てきた。
 前作が、「相棒入門編」みたいな単純明解な爽快な話(「相棒」の世界観や設定を解説するような、いわゆる「説明セリフ」も多かった)だったのに対して、今回は「警視庁立籠り」事件から始まりそれに関連する事件の深層へと入っていくという、相棒特有の醍醐味が存分に盛り込まれていた。

 それと、封切り前日の12/23に放送されたドラマ版シーズン9の第9話が、映画のエピソードのまさに直前の話ということで、内容自体は直接関係ないのだが、ドラマ終了部分と映画の始まり部分でシーンがリンクしていたのが、おもわず笑ってしまった。

 今回の「劇場版II」では、ある程度「相棒」についての予備知識が必要だ。もちろん最低限の説明セリフ(笑)はあるので、例えば初見でもおいてけぼりになることはないと思うが。できれば少なくともシーズン7と8は知っておいた方が、より楽しめると思う。

 それと、警視庁内にはMacが導入されているってのが、やっぱり嬉しかったな(笑)。


特撮リボルテック「大魔神」

 特撮リボルテックの第1弾(No.002)、「大魔神」が遂に発売。早速買ってきたよ。

リボルテック大魔神
 このサイズでフル可動アクションフィギュアの大魔神!凄い。造形は海洋堂ならではのリアル感たっぷりの出来。本物ソックリ。これが動く。まぁ、元々のデザインによる制約から、今までのリボルテックほどは動かないけど、それでも、映画の中の本物よりは大きなポーズがとれるような感じ(笑)。
 鎧袴は軟質素材なので、うまく曲がって、足を開く事が出来る。

リボルテック大魔神
 大魔神に捕まれた悪代官付き。

リボルテック大魔神
 秋葉原のホボーロビートキョー(海洋堂直営店)で購入したんだけど、なんかオマケをいただいた。

リボルテック大魔神
 なぜかコーンスナック菓子(笑)。美味しかった。