にゃあ15歳

 1月1日はにゃあの誕生日。1997年3月に生後数ヶ月の頃に拾ってきたので、推定でこの日にしている。
 15歳。
 昨年夏に肝炎を患って、いまだ週1回程度通院しているし薬も飲み続けている。が、システムキッチンの上に飛び乗って人間の食べ物を食ってしまったりと、病気らしからぬ動作をして、見た目は元気だ。
 まぁ、まったりと寝ている事が多いんだけどね。
 これからも、長生きして欲しい。

にゃあ


にゃあ、早く治ってね。

 にゃあ(推定14歳7ヶ月、♀)が、4日前から急にごはんを食べなくなった。全然良くならないので、今日、嫁さんに病院へ連れていってもらった。
 血液検査の結果、肝炎だそうだ。肝臓は「沈黙の臓器」ってのはヒトもネコも同じらしい。もっと早く気付いてあげられなくてごめん(涙)。

 体重が6kgから3.5kgへと激減。前足に点滴のチューブがついたままなので、それを口で取らないようにと、エリザベスカラーを着けられて帰ってきたよ。
 エリザベスってだけで、もう病人然としちゃって見るからに痛々しいんだよなぁ。
にゃあエリザベスカラー
 前足の点滴チューブとその養生テープ巻きがついているので、それを気にしてか真っ直ぐに歩けずにヨタヨタしてるし、あちこちでエリザベスの縁が引っかかって可哀想。
 エリザベスが邪魔して、猫ドアをくぐることもできない状態。これについてはエリザベスがとれるまでドア本体を開けっ放しにしておいてあげるので大丈夫だけど。

 でもね、今日は点滴の効果か、少しだけ食欲が戻って、昨日は全然食べなかった高齢猫用のペーストタイプのをだいぶ食べてくれた(一日に与える量の4分の1くらい)。

 とりあえず三日間通院、毎日点滴のため半日入院。
 早く良くなれよ!


にゃあ誕生日

 拾われてきたので正確にはわからないけど、にゃあが1997年3月に我家に来た時は生後数ヶ月。なので1月1日を推定誕生日としている。
 ちょっと早いけど、14歳の誕生日おめでとう。
 カツオが好物なので、カツオ味のおやつをプレゼント。
カツオ味おやつ
 おばあちゃんネコで、起きていてもじっとしている事が多くなったけど、まだまだ元気。ちゃんとカリカリも食べるし。
 いつも、もふもふな癒しをありがとう。


俺とほぼ同じか

 坂本竜馬の身長は169センチ? (2007.11.06 スポニチ)

 幕末の志士、坂本竜馬の身長は1メートル69、武田信玄は1メートル62?肖像画などで人物とともに描かれている着衣や所持品をヒントに、解剖学的に身長を推定する手法を、北里大の平本嘉助講師(解剖学、10月死去)と山梨県甲州市の郷土史研究家、矢崎勝巳さんが5日までに開発した。2人は、ほとんどの和服の襟幅が当時から6センチか6・5センチのいずれかであることに着目。竜馬の全身写真で身長を計算したところ、1メートル56〜1メートル69となった。竜馬はかなり身長が高かったともいわれているが、平本さんが計算した江戸時代の男性の平均1メートル60弱より、やや高い程度だったようだ。

 俺の身長は170センチ。龍馬も、このくらいだったんだね。
 龍馬はかなりの長身だったと言われているが、俺はまぁ、その(170センチ)くらいだったのかなぁと思ってたな。京都の霊山歴史館に展示してある龍馬が着たとされる服を見ても、ちょうど俺に合いそうなサイズだったし。それでも当時としては大きくみえたのだろうと。
 それよりもむしろ驚いたのは、江戸時代の男性の平均身長が160センチ弱という説。意外に大きいな、と思った。
 それだと、当時の龍馬は、ずば抜けた長身というほどじゃなく、ちょっと大きいなって感じで、今でいえば180センチちょっとの人ということかね。確かに並ぶと大きいけども、街中では特に珍しくないと。
 6へぇ。


不良娘の深夜帰宅

 8日夕方から外に出たままだった愛猫にゃあ(♀推定10歳)が、丸2日以上経過後、やっと帰ってきた。
 丸2日間はほとんど気配がなかったものの、今日の夕方以降は、ちょこちょこと顔をのぞかせていたので、まぁ消息不明というわけでもなく、不安は激減していたのだが。

 この状態からは、毎度の「駆け引き」なんだよね。

 腹を空かせて、寂しくなったにゃあが窓際に寄ってくる。ここで家族が声を掛けると「あぁ、まだ気にしてくれてるのね」と思って安心するのか、また数時間遊びに行ってしまう。
 にゃあが顔を出しても散々放っておいてから、彼女の大好物であるカツオブシやニボシを目の前で食べ、おびき寄せる。

 そのまま台所に行き、冷蔵庫を開けると、その音に反応して窓から入ってくる。

 ふはは。今回も、概ねこの作戦で。

 一緒に暮らし始めた当初に、捨てられ猫を拾ってきたということで、外出不可にしたのだけど、換気や洗濯物作業で窓を開ける時に不意に飛び出してしまうことはあるからなぁ。
 外出自由猫だと、腹が減るとちゃんと帰ってくるのかねぇ。
 でも、なんか、そういう「放し飼い」って、飼い主の責任が果たせないような気がして嫌いなんだよなぁ。

 まぁ、うだうだ言う以前に、にゃあが無事帰ってきたというのは、なによりだけどもね。
にゃあ


ふふふ、腐ったブログに属さねば貴様も苦しむことはなかっただろうに

 まずは、先程の記事を訂正させていただく。

 昨夜のFC2の重さは、推定0.1ブログ人程度、に訂正。

 今さらながら、俺はブログ人出身だ。あそこでブログを始めて、ブログの楽しさと、仕組みや管理の定石などを勉強させてもらった。
 今でも、巡回サイトのほとんどは、ブログ人で運営されているところだ。オフ会でお会いして、より親近感が増し、ブログ記事の行間をも感じ取れるというような、サイトも少なくない。
 しかし、今、そういう、アクセスしたくてしたくてしょうがないブログに、自由に入れない状態が続いている。
 RSSリーダーに粗方受信するので、内容はわかる。なので関連記事を書いても、トラックバックを送る事もできない。当該記事に実際にアクセスして全文を読むことができないから、その記事のTB用URLがわからんのだ。
 FC2の重さの比じゃないし、なんかサポートの対応も相変わらずだし。

 ブログ人の運営者、もはや、やる気が全然ないんじゃねーの?

 まじに、まだ残してあるアカウントで、批判ブログを立ち上げようかな。
 なめんなよ。あんまりひどいと、つぶすぞ、まじに。

 一人でも突破し目的のブログに辿り着くのだ。我々の真実の戦いを後の世に伝えるために!(ガンダムネタ)


まだだ!まだ表示されんよ!

 今週はFC2が重たい。深夜には、推定0.5ブログ人推定0.1ブログ人(ブログ人が高止まりで終了したのでレート見直し)くらいにまで重たくなる日々が続いていた。
 今22時現在は、正常のようだが。

 今日の夕方、すすきのの青き巨星からの入電によれば、今日はまた第2サーバがダウンしたそうだ。
 まじに、FC2全体が重たい時は、blog2(第2サーバ)は特に重い。というかコケる。
 俺のネタ帳PDAの日記を繰ってみると、1月18日、2月22日に第2サーバが落ちている。
 記録はないが12月末も不安定な日々が続いていたらしいし。
 ほぼ定期的に20日前後に不具合を起しているのがいやらしい……。
 サーバ2の悪夢が覚醒したのか。

 でも、まだ居座りますぜ。任せてください。なにしろ俺たちは「不死身の第2サーバ小隊」ですからね。(ガンダムネタ)


卑弥呼の200年前の近畿にも王がいた

 紀元前1世紀の近畿に王権か・大阪の遺跡に大型建物群(NIKKEI NET 2004.11.09)

 数日前のニュースだけど。
 弥生時代、邪馬台国の卑弥呼より約200年も前に、近畿に権力者がいたらしいって。
 発掘が進む大阪・池上曽根遺跡で、整然と並ぶ大型の倉庫群跡とみられる柱穴がみつかり、支配者の特別区画(政務、宗教、収税などの権力機関)と推定。
 卑弥呼以前にも日本には小国は存在していて、まぁ、それらを統一したのが邪馬台国=卑弥呼と考えられているので、まぁ卑弥呼以前に権力者がいてもおかしくはないんだけど、紀元前っていうと、まだ現在の九州地方あたりにしか「国」らしきものは存在せず、協同農耕生活をしている集落ばかりと思われていたでしょ。
 近畿地方ってのが、ポイントだね。
 やるな、大阪!

 いずれにしても、弥生時代に関する歴史の大幅な見直しがされそうで、楽しみ。


地震だ!

 今、ブログ巡回してたら、地震だ!
 わが東京23区は震度4だって。
 埼玉や茨城南部は震度5弱。

 おもわず、子どもらを起し、猫を抱いて、窓をあけた。

追記
 震源地は茨城県南部。震源の深さ約60キロ、マグニチュード5.8と推定される。津波の心配はないという。