なんちゃってHGUC ザク改計画(12)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 遂に上半身の加工に着手!(笑)

続きを読む


なんちゃってHGUC ザク改計画(11)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 相変わらずだらだらと製作中。

続きを読む


なんちゃってHGUC ザク改計画(10)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 前回記事以降、あまり作業していないが。

続きを読む


なんちゃってHGUC ザク改計画(2)

 俺の大好きなザク改(FZザク)。
 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。
 久し振りの大改造だし、そもそも技術力に乏しい俺なので、どうなるかわからんけど、大好きなMSなので、気長に作っていく。

 今日は、足首の加工をしてみた。

続きを読む


MS開発にまつわる外伝

 現在、俺が唯一読んでいるマンガ雑誌「月刊ガンダムエース」で連載されていた「デベロッパーズ」(作:山崎峰水氏)の単行本を購入。

デベロッパーズ—機動戦士ガンダムBefore One Year War
山崎 峰水

デベロッパーズ—機動戦士ガンダムBefore One Year War
角川書店 2003-11
売り上げランキング : 94,592

おすすめ平均 star
star架空のステレオタイプ
starモビルスーツ開発下町人情コメディ。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 初期に連載されていて、単行本化されたのも2003年末と、ちょっと前の作品だ。久し振りにまとめて読んだ。

 この作品好きなんだよね。
 もちろんガンダム関連の話なんだけど、技術者、しかもジオンの末端の技術者の話。

 一年戦争開戦の少し前。
 ジオン公国の工業区にある小さな工場「ホシオカ」が、ジオニック社の下請けとして「新型汎用作業機(のちのMS:モビルスーツ)」プロトタイプの開発を依頼される。
 高い技術力を持つホシオカだが、良く言えば真正直な社長を筆頭に、隠し事ができない連中なので、機密事項であるMSのフィールドテストをしたり、不用意に他人に漏らしたりして、下請け契約を解除されそうになる。
 紆余曲折あり、ラストは、ジオニック本社調整とホシオカ調整のMSでコンペを行い、それに勝って、ホシオカは再びMS開発に携われるようになのだが。

 なにしろ、ホシオカのメンバーが熱い。好きな仕事を楽しんでやっているプロ集団。
 特に、普段は会議でも眠っているのに、いざとなったらオングストローム単位の回路修正を「長年の勘」だけで修正してしまうジイさんがいい!(マンガならではの描写だけどね)

 分野は違うけど、俺も技術職なので、こういうマンガってのは、とても共感できるね。ましてや、初期のMS開発の物語。ワクワクするぜ。
 でも、ガンダムだとかMSだとかってのは、あまり関係ない(笑)。単なる「技術屋の物語」としても楽しめる。


25年の歳月

 昨夜の記事で、1/600ザクの脅威の造形を紹介したが、これとほぼ同じサイズのザクを持っている。
 確か、異色のガンプラ「1/250情景模型 ランバ・ラル特攻」のオマケの1/500ザク。右の手首が無くなっちゃったけど(笑)。


 ってっことで、新旧のミニ・ザクを並べてみた。

060426-zaku-2.jpg
 25年間における、バンダイの技術力の進歩って、やっぱり凄い。

Tag(s) [ガンダム][ガンプラ]


てかてか


 ガンプラ記事の中でよく書いているが、俺は、基本的に無塗装素組派。もちろん、ただパーツを切り出して組立てるだけではないが。
 バンダイの成型技術力の恩恵を十二分に受けて、ゲート処理をするだけ。あとは、全身の表面処理に時間を費やす。
 ガンプラを磨くのって大好きな工程だ(笑)。
 表面処理も、俺なりに気を使っているつもり。サフ吹きと塗装がないだけって感じかな(それでもかなりの簡略化ではあるけど)。
 最終仕上げはペーパーではなく、コンパウンドをよく使っている。600番のペーパーがげの後、1000番のコンパウンドで軽く磨く。つや出ししたいパーツには、さらに2500番のコンパウンド。
 ガンダムマーカーでポイント塗装した時のはみ出し部分も、爪楊枝の先にコンパウンドを少し付けてこすり落とす。
 最後に、全体をティッシュペーパーでふき取る。
 ところで、1000番で仕上げた時も、ティッシュペーパーでふいた後は、ちょっと光沢がでちゃうんだよね。これ、コンパウンドの効果なのか、ティッシュペーパーに含有されている蛍光剤の効果なのか、わからん。
 でも、大量に使うから模型用のクロスなんか買ってらんねーしな。

 いずれにしても、今回組んだHGUCキュベレイは、丹念に磨き上げた。
 無塗装でも、ここまでできるよ。

Tag(s) [ガンダム]


再販1/24スコープドッグ購入

 先週くらいに発売された、往年の名キット「1/24 スコープドッグ ラウンドムーバー&パラシュートザック」の待望の再販品。
 忙しくて店にいけなかったので、やっと今日買ってきた。

 最低3個、できれば5個は欲しかったんだけど、今日行った店は、ひとり2個まで(2個っていう中途半端な限定数が、ツボにはまった(笑))だったので、仕方なく2個。すでにここでは残り20個になっていたそうだ。
 売れてるねぇ。
 正直いってボトムズのアニメ自体は通して見たことは無いんだけど、スコタコは好きなんだよな。

 元のタカラ製プラモデルに、ウェーブが一部の新造パーツ(頭、手首、股関節)を追加しての再販。
 頭はバイザーの付け根形状が変更になり、元よりもやや大きくなった印象に。
 手首は元のアニメ風から、最近のガンプラみたいなリアル風形状に。
 嬉しさのあまり、30分くらいで、一気に両腕と左足の仮組みまでやってみた。
 マスキングテープをペタペタ張りつけて組んでいたら、それを見ていた息子(小学5年生)が、不思議そうな顔で、「なんでテープでとめるの?」と聞いてきた。
 あぁ、最近はずっとガンプラしか作ってなかったからね。
 っていうか、息子は、キャラクタ物のプラモデルといえば接着剤不用のスナップフィットしか知らないんだ。
「これは20年くらい前のプラモデルの型から作られた復刻版なんだよ。昔は接着剤でくっつけるのが普通で、着けたらそのままだから、失敗が少なくなるように、最初にこうやって仮止めで組んで、合わせ目の隙間とかを確認してみるんだよ」
 説明してやると、息子の目が輝いてくる。
 もちろん、このスコープドッグのキットも素晴らしい出来なんだが、最近のガンプラの出来の良さ、というかバンダイ静岡ワークスの技術力には、ただひたすら敬意を表するのみだ。
 おっさんガンプラファンには、素組でも十分見栄えが良いガンプラは、助かる。

 閑話休題。さて、スコープドッグ、久々に気合い入れて作ろうかね。

 期間限定生産らしいので、欲しい人は、ぜひ早めの購入を。


HGUCマラサイ製作経過

 HGUCマラサイの本日の作業。先日接着してあった肩アーマーと、クチバシの合わせ目消し。
 この肩アーマーのヤスリ掛けは、一番好きな工程だ。ザク(マラサイも、ザク系MSの発展形ということで)の特徴だしね。
 クチバシは、いつもてこずる。ノズル内のスリットなんて、合わせ目消せないよ。技術力の無さを思い知らされる箇所だ(笑)
 それと、定番加工。腰アーマーの左右分割。突起がついているので、中央でカットするだけ良く、フンドシから外れない。これで、左右が独立可動する。
 しかし、なぜ、最初から別パーツになっていないんだろうっていつも思う。

Tag(s) [ガンダム]


鈴木海斗は沈楷恬だった!

 以前、いろんな所で取り上げられていた 「Rum and Monkey’s Name Generator(日本名変換ジェネレータ)」をやってみたら、between は「鈴木海斗」だった訳だが、今度は、その中国名版という感じの「取中文名字/Get a Chinese Name(中国名変換ジェネレータ)」を見つけたので、これもやってみる。

 これは、姓と名を別欄に入れなければいけないので、残念ながら、between は不可。なので、kaito suzuki と入れた。
 変換したい名前の他に、性別、生年月日と、さらに、名前に盛り込みたい要素(?)も入れる。よく解らないので「Personal Character and Skill(個性と技術力、って意味かな?)」を選ぶ。

 で、結果は、「沈楷恬」。おぉ、鈴木海斗の中国名は沈楷恬だよ。
 説明によれば、Shen Kai tian と発音するらしい。シェンカイチンかな? 「楷」はmodel、「恬」はpeacefulだって。平和主義のモデル? 平和の見本?なんだろ。

 次に、本名でやったら「敖穎爍」Ao Ying shou(アォイェンショウでいいのか?)。
 意味はYing=rice tassel、sho=shining 稲穂を実らせる陽差し、でよろしいか? お。本名に近いぞ。
 まとも過ぎておもしろくないな。
 やっぱり、「沈楷恬」に決めた(何を?)

 ところで、この結果表示、肝心の中国名の文字がグラフィックなんだよね。IMで探すの大変だったぞ。読みも解らないのは、マウスで手書き入力変換した(笑)。

 そういえば、「鈴木海斗」の事を、サイト内検索したら検出されなかった。すでに書いたつもりだったけど、自分とこには書いてなかったんだね(笑)。
 ちなみに、下記の結果だった。

My japanese name is 鈴木 Suzuki (bell tree) 海斗 Kaito (big dipper of the ocean).
Take your real japanese name generator! today!
Created with Rum and Monkey‘s Name Generator Generator.