俺とほぼ同じか

 坂本竜馬の身長は169センチ? (2007.11.06 スポニチ)

 幕末の志士、坂本竜馬の身長は1メートル69、武田信玄は1メートル62?肖像画などで人物とともに描かれている着衣や所持品をヒントに、解剖学的に身長を推定する手法を、北里大の平本嘉助講師(解剖学、10月死去)と山梨県甲州市の郷土史研究家、矢崎勝巳さんが5日までに開発した。2人は、ほとんどの和服の襟幅が当時から6センチか6・5センチのいずれかであることに着目。竜馬の全身写真で身長を計算したところ、1メートル56〜1メートル69となった。竜馬はかなり身長が高かったともいわれているが、平本さんが計算した江戸時代の男性の平均1メートル60弱より、やや高い程度だったようだ。

 俺の身長は170センチ。龍馬も、このくらいだったんだね。
 龍馬はかなりの長身だったと言われているが、俺はまぁ、その(170センチ)くらいだったのかなぁと思ってたな。京都の霊山歴史館に展示してある龍馬が着たとされる服を見ても、ちょうど俺に合いそうなサイズだったし。それでも当時としては大きくみえたのだろうと。
 それよりもむしろ驚いたのは、江戸時代の男性の平均身長が160センチ弱という説。意外に大きいな、と思った。
 それだと、当時の龍馬は、ずば抜けた長身というほどじゃなく、ちょっと大きいなって感じで、今でいえば180センチちょっとの人ということかね。確かに並ぶと大きいけども、街中では特に珍しくないと。
 6へぇ。


とりあえず直った?

 昨日、再起動無限ループに陥った我がケータイ「Softbank 905SH」。とりあえず寝る前に、ひとつ前の所持端末で予備機であるV903SHに切替えて、今日をしのぐつもりだった。
 3G端末はUSIMカードを差し替えるだけで、端末を使い分けできる点は、こういう時に便利だね。

 で、一応、朝起きた時に905SHを確認したけども、やっぱり再起動を繰り返すのみ。電源を切り、用意した保証書をかばんに入れ、出勤。

 さらに昼休み、もう一度905SHを試したら、あら。正常っぽいよ。そのまま午後はこちらを使ってたけど、症状は出なくなった。

 念のため、帰宅途中、秋葉原のソフトバンクショップに行き(19:30なんて、受付締切ギリギリだよ)、簡単に見てもらうが、症状が再現されないので、そのまま帰ってきた。

 うーむ。今のところ復旧したっぽいけども、原因不明ってのは、気持ち悪いなぁ。