ドラマ「カーネーション 総集編」を観た

 NHK朝ドラの前作「カーネーション」の総集編を観た。
 このドラマ、まわりで薦めてくれる人も多く、良作だろうとは思うのだが、なんとなく意地で観なかったんだよね(笑)。なので「カーネーション」はこの総集編が初見。

 今回、総集編を観て——もちろん、前後編各90分に圧縮されたこれだけで理解できようとは思っていないので——この時点で感じたのは、これってガンダムやサザンみたいじゃね?って事(くらいに留めておく)。
 いや、ガンダムやサザンオールスターズって「興味がない」というのはあっても「大嫌い」っていう人は少ないよね。

 と、ここで思ったけど「カーネーション」と「ガンダム」って、共通点が多いぞ。

・若い頃は身勝手でちょっとウザイ主人公だが、その人が、のちに皆を助ける。
・一見理不尽に殴る上司/親(しかし、信頼関係は絶大)の存在。
・戦争をある意味では否定的に描いている。
・廃人になってしまう登場人物がいる。
・キーポイントで幻影イメージがでる。
・子ども三人が次世代をしっかり受け継いでいる。
 ……etc.

 キャラ的には、概ね次のような印象。繰り返すが、あくまでも総集編を観た限りでの印象。

 糸子=アムロ。序盤、少々ムカツクけど、経験を重ねニュータイプとして開眼していく。中盤、自身も悩みながら、子どもらに生き方を伝えていく。晩年、再び自分のために生きる目的と地球(自分の周辺人々の心)を救うように暮らす。最後の方は、誰にでもタメ口。
 奈津=シャア。ライバルというよりは、純粋故の反抗というあたりが。赤系の服をよく着てるし。
 善作=ブライト(+ワッケイン)。不条理とも思える指導をするが、叱咤激励し、頼られるリーダー。
 優子、直子、聡子=カツ、レツ、キッカ。良き心を受け継ぐ、新世代ニュータイプ。
 周防=マチルダ。主人公の憧れの人(恋愛対象)。
 他には、
 パッチ屋のおやじ(桝谷だっけ?)=リュウ。
 木之元=ハヤトかジョブジョン。
 北村=リュウ。

 うむ。レギュラー放送を観たらはまりそうな気がしてきた。


あれが、ジオンの……ザクか……!

「機動戦士ガンダムMS-06アーカイブス」という本が出版される。

 30年間に、映像作品に登場したザク系MSの歴史や技術を解説した、資料集。

内容紹介
「ザクのすべてを網羅!」をコンセプトに、映像作品に登場した「ザク」系モビルスーツの決定版資料がつい登場!!
ファーストガンダムから現在まで、30年の間に登場したザクの歴史や技術をあますところなく解説し、「ザク」という兵器の本質に迫ります。
本書の為に描き下ろされた新作イラストの数々も必見です!

■第一章 MS−06開発史
開発黎明期から一年戦争終結まで、ジオン公国によるMS−06開発の流れを解説。
ザクがいかにして作られたのか、その開発史を総括する。
■第二章 MS−06のテクノロジー
MS−06の各部の持つ機能やそこに使われているテクノロジーなど、機体の技術的な面を解説。
またZIONIC社など、MS−06の開発に携わった企業まで紹介。
■第三章 MS−06系MS紹介
「機動戦士ガンダム」から「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」まで「ザク」的なコンセプトで開発された、
全MSを設定線画と詳細な解説テキストで紹介。MS−06の系譜がここにある。

「ザクの全てを網羅!」とか言われたら、俺としては買わない訳にはいかないだろう。

 ちなみに「ザク大辞典」は持っているけど、こちらは、アニメの設定資料や活躍シーンの収録程度にとどまっている。まぁ、別冊宝島のわりにはいいまとめかただけども。


あらがう術は我が手にはある

 Gacktさんのガンダムカバーアルバム「0079-0088」。買おうかどうしようか迷ったが、Zガンダム劇場版(新訳Z)のサントラ盤を持っているので、その主題歌5曲は既にある。なので今回興味あるのは4曲。買うのは高いなぁって事でレンタル店で借りてきた。

0079-0088 0079-0088
Gackt

NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M) 2007-12-19
売り上げランキング : 1556
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 通して聴いてみたが、レンタルで済ませてよかった(笑)。新作料金だったけど(笑)。
 ファースト劇場版3作の主題歌をフルアレンジでカバーしたという煽りだが、「砂の十字架」は歌無し。「哀 戦士」と「めぐりあい」は、まぁ今風に曲がアレンジされていて、いいんじゃないかな。しかし、「哀 戦士」は、変わり果てていたな。もちろん、アレンジされているので別物ではあるが、そういう事だけじゃなく。
 初めて聴いたGacktさんバージョンの「哀 戦士」は歌詞まで変えられていた。CD発表の時のニュースなんかを参照すると、Gacktさんは「一部に手を加えた」と言っているが、この部分を変えちゃったら、テーマが180度変ってしまうような気がする。
「戦争って、哀しくて(悲しくて)救いようのない愚かな行為なんだぞ」と唄っているのが「哀 戦士」だと、俺は思っている。

「生き延びて血へど吐く」
「あらがう術は我が手にはない」

 このフレーズは「哀 戦士」のキモだと思っている。それを削って、別の文字列(しかもポジティブな歌詞)に差し替えてしまうとは。「言葉のとらえ方は時代によって変化するものだから、26年の時を経て、聴き手により届くようにするため必然的なことだった」というGacktさんの言いかたは「変化するもの」まではよく解るが、「歌詞を変えるのが必然」って事じゃないだろ。
 これを許可した井荻こと富野監督に、少々がっかりだよ。

機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~(初回限定盤) 機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~(初回限定盤)
サントラ Gackt 三枝成彰

日本クラウン 2006-03-01
売り上げランキング : 18858
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


凛々しいぞ、アムロ!

 一年戦争全史。衝撃の上巻に続き、下巻が発売された。
一年戦争全史(下)表紙
 表紙は、またリアルな肖像画で、今回はレビル将軍、アムロ、セイラと思われる。

 この下巻は、ジャブロー攻略戦以降の、主に宇宙戦について著述されているため、上巻よりガンダム本らしさを感じる。
 地上戦よりも現実味が薄いためか、上巻の体裁を知っている後なのでインパクトが薄いためか。

 一年戦争終盤で地球連邦が大反撃できた背景なんかを、一端MS開発が軌道に乗ってしまえばジオンよりはるかに大きな国力によって量産し物量作戦をしかけられるし、ザビ家が身内の派閥争いで自滅していったとかってのを主軸においているあたりは、やはり戦術解説書然とした編集に徹しているなぁと関心する。ニュータイプやエースパイロットについてはほとんど記述がないという潔さ。

機動戦士ガンダム一年戦争全史UC0079−0080「下」 機動戦士ガンダム一年戦争全史UC0079−0080「下」

学習研究社 2007-04-03
売り上げランキング : 76
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

機動戦士ガンダム一年戦争全史 上—U.C.0079-0080 (1) 機動戦士ガンダム一年戦争全史 上—U.C.0079-0080 (1)

学習研究社 2007-01
売り上げランキング : 601
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


リアル過ぎて見失う所だったぜ

 1月に発売されたという噂は知っていたのだが、先日まで忘れていた。

機動戦士ガンダム一年戦争全史 上—U.C.0079-0080 (1)
機動戦士ガンダム一年戦争全史 上—U.C.0079-0080 (1)
学習研究社 2007-01
売り上げランキング : 45533
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 昨日、近所のTSUTAYAで見つけたので、やっと購入。
 このムック、発行元は学研なんだけど、装丁や本文の雰囲気が、同社の「歴史群像」シリーズにそっくり(たぶん確信犯だろうね(笑))。うちの近所のTSUTAYAはアニメ関係と歴史関係の雑誌は同じコーナーにあるもんだから、この表紙を初めて見た時には、まじに一瞬「歴史群像」の第二次大戦のドイツ軍か何かの巻かと思ったよ。ザクが描かれてなかったら、発見はさらに数秒遅れたに違いない。

 もちろん、内容もかなり濃い。かの名著「ガンダムセンチュリー」を思わせるように、「史実」を克明に綴っている。
 この上巻は、主にジオン関係について記述されている。まぁ、一年戦争前半が主な題材なので、必然的にそうなるのかもしれないけど、いずれにしても、ジオン派の俺としては嬉しい。
 ちょっと高いけど、読みごたえあり。


ジオンSIDE

 アマゾンに注文してあった本が届いた。

機動戦士ガンダム ジオンSIDE
機動戦士ガンダム ジオンSIDE
竹書房 2006-12
売り上げランキング : 38560
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 竹書房のパーフェクト・アーカイブ・シリーズ。
 DVD-BOX発売に合わせて刊行された、TV版ファーストガンダムに関するムック。
 ただの作品紹介本ではない。タイトルどおり、全編ジオン視点で紹介されている。
 特に、全話ストーリー紹介については、WB……いや木馬に関する事はほとんど書かれていない。
「寒い時代だとは思わんか」「殴ってなぜ悪いか?」「ザビ家の独裁を目論む男が何をいうのか!」「悲しいけどこれ、戦争なのよね」など、連邦側の名セリフなど、一切ない。それらはジオン側では知らない事象だからだ。
 例えば「ガルマ様のかたき!」の名シーンの紹介文など「遺憾にも敵を墜とす事はできなかったが、イセリナ嬢は(ガルマ)大佐への愛をこめて敵パイロットに銃口を向ける」と表現する徹底ぶり(ジオン側はアムロの事を知らないので)。
 サブキャラクターも網羅されていて、「(ジオングの脚なんて)あんなのは飾りです」で有名なのに無名(笑)な整備兵は裏設定では「リオ・マリーニ」という名前らしいという記述など、マニアックな事も書かれていて嬉しい。

 ジオン視点でファーストを再確認。ジオン派にはオススメ。


カイレポ2の感想

 劇場版の、いわゆる「新訳Zガンダム」のサイドストーリーの完結編。

機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2)
機動戦士Zガンダム デイアフタートゥモロー カイ・シデンのレポートより (2) 富野 由悠季 ことぶき つかさ

角川書店 2007-01-26
売り上げランキング : 759
おすすめ平均star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 この巻は、いくつかの悩みを抱えている(引きずっている)カイがミライに会いに来た所から始まる。
 そして、解決の糸口を見つけたというか、踏ん切りをつける。
 ラストは、映画と同様、セイラと会って、まぁ、それについて補足みたいな感じで完結するわけだが。

「新訳Z」に添っているので、シャアのダカール演説とかディジェとか、アニメ本編でバッサリカットされた部分を、うまいこと補完している。それは「カットされた部分はTV版で補完」という安易な事ではなく、かといって大胆すぎるアレンジでもなく、まさに「新訳Z」らしい解釈がなされていた。
 もちろん、このコミックの主役はカイであるので、それらにカイが絡んでいく訳だが、なんか、違和感なさすぎなんだよね。大袈裟かもしれないけど「劇場版Zにこういうシーンがあったなぁ」と一瞬思い込んでしまうくらい違和感がない。言葉を変えれば、説得力がある新解釈なんだよね。

 カバーの装丁。レイアウトは1巻と同じなんだけど、そのカバーイラスト、1巻のカイは厳しい表情なんだけども、2巻のカイは、微かに微笑んでいる。これは、とりあえずグリプス戦役が終結し、カイの中の戦争もひとまず決着がついたということを表現しているのだろう。

 でも、「ジオンを徹底的に叩く」彼の仕事は、まだ終わっていない。

 MS戦闘シーンが全く描かれないガンダム漫画。しかし、カイ・シデンの魅力で、熱い物語が展開される。傑作だよな!

 ぜひ、続編を描いてほしいなぁ。もし続いたら、きっと「逆シャア」に繋がるんだろうな(笑)。

 カイ・シデン、もはや軟弱者じゃないぜ! 素敵過ぎる!


星の屑

 都内数ヶ所では先月ロケテストが行われていた、ガンダムカードビルダーのネットワーク対戦版。
 どうやら、全国ネットワーク対戦化される時には、「機動戦士ガンダム0083カードビルダー」になるらしいね。
 ガンダムエースにも速報が掲載されてたらしいけど、最近読んでないので知らなかったわ。

 バンプレスト、AC「GCB」の新作「機動戦士ガンダム 0083 カードビルダー」を発表 (2006.11.01 GAME Watch)

 そうかぁ、舞台は一年戦争からデラーズ紛争へ移るのか。
 0079にヘンケン艦長はあるのに、なぜガトーは出ないのだと思っていたが、遂に出るんだね。
 でも、現在のカードは全部使えるのだろうか。デラーズフリートとホワイトベース隊の戦いとかできちゃうのだろうか(笑)。


コレクターとは、常に2手3手先を読んで買うものだ

 アマゾンに予約注文していた品が届いた。

カードダスマスターズ ガンダムクロニクル ポケットの中の戦争編 BOX カードダスマスターズ ガンダムクロニクル ポケットの中の戦争編 BOX

バンダイ 2006-10-25
売り上げランキング : 2201
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 前回の「一年戦争編」は、発売日の翌日に買いに行ったら、店頭売切れだったからね。今回は、アマゾンで予約開始されたと同時に注文したよ。
20061026-gc1.jpg
 予算の都合もあるので、4箱(60パック)にとどめたが(笑)。
 もちろん、目当ては1パック5枚中1枚封入されているGCB用カード(全20種)だ。

 しかしなぁ。今日(25日)の昼休みには、もうヤフオクに出品されてたよ。問屋買いから即ヤフオクへ流出っていう半闇マーケットができちゃってるから、前回の品切れを招いたってのは、あながちオーバーではないかもね。


セリフが見つからないぞ!何やってんの!

 おそらく、アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズのレギュラー陣で、同シリーズへの出演作品数ナンバーワンだと思われる、ブライト・ノア。
 一年戦争末期には、地球連邦軍ティアンム艦隊麾下第13独立部隊(通称ホワイトベース隊)の指揮官として、活躍した、名艦長である。
 ブライト艦長の名セリフといえば、多くの人が「左舷、弾幕薄いぞ!何やってんの!」を挙げるだろう。俺ももちろんそうだ。

 さて。
 うちのブログのタイトル下に、ガンダムの名セリフをランダムに表示させているが、ここは、俺のこわだりとして、ジオン公国のキャラのみのセリフを収集している。
 ここに、特例として、ブライト艦長のセリフを加えようと思ったのは、もちろん、今夏に、ブライト役の声優・鈴置洋孝さんが亡くなったと聞いた時だ。

 この約2ヶ月間、ネットで調べたり、自らもDVDを見たりして、ブライト艦長のセリフを採取してきたが。

 ないのよ……。
「左舷、弾幕薄いぞ!何やってんの!」ってセリフが。
 少なくとも、ファーストTV版からは、見つけられなかった。
 いや、ブライトのセリフは膨大なので、俺の聞き落としということも多分に考えられる。もしくは、Zとか逆シャアでのセリフか?
 なんかゲームソフトでのセリフかなぁ。
 近いところで、「砲台!弾幕薄いぞ!」とか「弾幕を張れ!何やってんの!」は見つけたが。

 どなたか、ブライトが「左舷、弾幕薄いぞ!何やってんの!」と言っているのは、どのシーンかご存知でしょうか?
 分かるひと、御一報いただければ幸いです。

 そういえば、某ゲームでは、ランバ・ラルが「青き巨星の名は、伊達ではないのだよ!」とか言ってたな。そんなラル隊長、へぼいぜ(笑)。