こんにちは人類

4万8000年前のシベリアに未知の人類…現生人類と共存か(2010.3.25 YOMIURI ONLINE)

 現生人類やネアンデルタール人の祖先と100万年前に分かれたとみられる未知の人類(デニソワ人)が、ロシア南部に3万〜4万8000年前に生存していたことを、ドイツのマックスプランク研究所などの国際チームが明らかにした。現生人類やネアンデルタール人と共存していた可能性が高いという。25日付英科学誌ネイチャー電子版に発表する。

 んー。凄いなぁ、なんで数万年〜数百年前の事まで解るのかってことは、その専門家の偉い人にお任せするとして、ともかく、こういう話題はワクワクする。
 我らホモサピエンスやネアンデルタールと共存してた「もうひとつの人類」がいたのか!

 もちろん、歴史ってのは、日々の研究で色々解明されて塗り替えられている。俺が子供のころは「恐竜はシッポを引きずってノソノソと歩いていた」と教わったものだ(笑)し、最近では坂本龍馬の手紙も未発見のが見つかってたりする。

 閑話休題。
 ホモサピエンスの進化の裏で、ネアンデルタール人やデニソワ人は絶滅していったんだよね。弱肉強食の末に、我ら現生人類の繁栄があるのは、否定できない事だろう。過去(歴史学や考古学)へのロマンと同時に、大きな物を背負っているんだなって事も考えるなぁ。ほんの少しだけどね。


携帯アクセス用もカスタマイズ可能に

 まだ公式発表はされてないようだけども、我らがFC2ブログ、携帯アクセス用のテンプレートも編集できるようになってるね。
 とりあえず、公式テンプレートをサクっといじって、コメント投稿欄のうち、俺が一番嫌いな「管理人のみ読めるコメント(秘密コメント)投稿」の機能と、コメントタイトル欄を削除し、背景を白、リンクを赤にしてみた。
 いじったのはそれだけなので、見苦しいかもしれないけども、近日中に、携帯用も、メイン同様シャアっぽくするつもり。

 今後、コメントにタイトル入れたらスパム扱いとして、読まずに削除だ(笑)。
 実際、コメント投稿する時のタイトルって、どんな意味があるんだろう。俺としては、その有意義な意味を見出せないよ。

 ちなみに、当ブログの携帯端末アクセス用URLは、下記の通り。

 http://yumemasa.blog12.fc2.com/?m

 追記
 2007.03.12 20時現在、携帯用テンプレートの編集・更新が反映されなくなってる。12サーバにはまだ実装されてないのかな。
 公式発表もまだないし。


日本版iPhoneは出るのかなぁ

 アップルの携帯電話「iPhone」、気になる日本での展開は? (2007.01.10 CNET Japan)

 iPhoneが日本で展開される上で、最もネックになりそうなのがその通信方式だ。iPhoneは日本では利用されていないQuad-band GSMという方式を採用している。GSMは欧州で策定された方式で、Quad-bandとは850、900、1800、1900MHz帯の4つの周波数に対応した規格を指す。現在では欧州や米国のほか、アジアやアフリカ、オセアニアなど世界中で広く使われている方式だ。

 iPhoneはこのほか、GSMの高速通信方式であるEDGE、802.11b/gとBluetooth 2.0に対応している。このため、通信キャリアのネットワークが利用できない場合でも、無線LANを利用したデータ通信端末としてならば国内で利用できそうだ。

 んー、アップルのことだから、PDA機能も充実していると思うんだよなぁ。携帯電話、iPod、PDAがひとつになれば、この上なく便利。
 日本では携帯電話として使えないとしても、ぜひ自分で実機を試してみたい。
 ちょっとNewtonの再来かと期待しているんだけども。
 んでも、携帯電話として使えない状態では、アップルも日本語化はしないだろうしな。
 何となく、日本の携帯電話キャリアでアップルと提携するのは我らがソフトバンクが有力のような気がするんだが(笑)。


ガンプラポッキー

 12月11日コンビニのみの限定販売がされた、グリコ・ポッキーと、バンダイ・ガンプラのタイアップ企画商品。
 シャア専用ザクを購入。
ガンプラポッキー1
ガンプラポッキー2
 で、中身は、普通のポッキーの箱と、普通のFGキット。
ガンプラポッキー3
 それと、ポッキーが持てる形の右手首パーツとオリジナルのマーキングシールが追加されている。
 追加手首は、軟質樹脂(ポリキャップと同じ材質)。
 これで、450円は、まったく妥当。不満も絶讃もなし、コレクション目的以外の価値はなし(笑)。

 本当は量産型ザクが欲しいんだけど、どこにも売ってない!
 なんか、ロット内での割合が少ないらしいね。噂では、ガンダム:シャアザク:量産ザク=4:4:2とか。
 んー、白い悪魔は我らジオン公国民としては論外として、シャアザクと量産ザクは同程度の人気だと思うんだけどな。
 っつーか、俺、FGとPGのシャアザクのデザインは、あまり好きではないんだよ(笑)。
 まぁ、コレクションってことで。


仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼

 日曜日だけど、やっと1本残ってたDVDを借りてきた。

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼
特撮(映像) 石ノ森章太郎 坂本太郎
B000BM6HKY

 そもそも和風がモチーフであり、劇中ではライダーたちは一度も「ライダー」と呼ばれず「鬼」と呼ばれていたくらいだから、戦国時代を舞台にしたこの劇場版も、細かい部分はともかく、単純には十二分に楽しめた。

 戦国時代のとある村。
 かつて「鬼」たちの活躍によって表向きは魔化魍は静まっているが、毎年1回、少女を生贄に捧げる事で、村人達はからがら生き延びていた。
 そんな状況から脱しようと、再び鬼たちが立ち上がるが、最初は村人達は不信感をいだく。現代(テレビシリーズの時代設定)のように、鬼をサポートする組織も存在しないばかりか、鬼は人間を捨てた存在として村人から疎まれていた。

続きを読む


ネオ・ジオン国歌

「逆シャア」の劇中歌?
 シャア総帥達が、スウィート・ウォーター内を走るリニアトレインに乗った時に、ネオ・ジオン支持者達が合唱した、あれ。
 シャアを賛える歌というか、国歌みたいなやつね。
 これ、アニメ本編の他にもバリエーションがあるんだよね。小説「ベルトーチカ・チルドレン」、アニメ雑誌の付録小冊子についていたもの。合計3つ。

星の光に思いをかけて
熱い銀河を胸に抱けば
夢はいつしかこの手に届く
Char’s believing ours pray pray
Char’s believing ours pray pray

星の光に我らの思いが
流れるようにつらなっていく
それは血の夢永遠の夢
シャア・プレイング 我らの光になって

星の光に思いをかければ
熱血宇宙に散らすことなく
夢はいつしかこの手に届く

 どれも、メロディは同じで良いみたいだ。
 3つを列記してみると、フルコーラスっぽくなるか?(笑)。

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
富野由悠季 古谷徹 池田秀一
B00005HVM2

Tag(s) [ガンダム]


気分はヒビキさん

 嫁さんと、秋葉原へ買い物にいった。
 注文した商品のセットアップに30分程度時間がかかるというので、その間お茶でも飲んで待つか、ということになった。
 で、交通博物館の裏手にある、甘味屋「竹むら」に行く。
 昭和初期のままの建物で、東京都から保護指定を受けている。
 入り口を通る時に、「おやっさん、いる?」とか言いそうになった。
 気分はヒビキさんな俺。
(この店は、よくドラマにも登場してて、最近では「仮面ライダー響鬼」で、柴又の団子屋「たちばな」としてロケに使われている)

 ちょっと高級な甘味屋さん。でも、気兼ねなく入れる雰囲気は、さすが下町。ここから歩いて数分のところには、銭形の親分がいたしな(謎)。
 席につくなり、
「あの階段の途中に忍び返しがあるんだよな」
「おやっさんはいないの?」
「厨房の奥から、猛士事務局へいけるんだよ」
 などと、怪しい会話をかわす、我ら夫婦。

 やっぱり、事務局への入り口は極秘らしいね。発見できなかった(笑)。

 あ!
 俺は「田舎しるこ」、嫁さんは「粟ぜんざい」を注文した。
 しつこい甘さじゃなく、美味しかった。
 子供たちへの土産に、「揚げまんじゅう」も買った。
 まんじゅうの天ぷらって感じなんだけど、これも絶品。


同じ内容のはずだが、感じ方は違う

 なんか、やっぱり、我らが第二サーバ小隊は苦戦を強いられているってのを、本国も認識はしているようだ。
 まぁ、重力に魂を引かれているフェディーに比べたら、こちらはまだサーバ2の悪夢のせいにして笑っていられるので、マシだが。
 閑話休題。

 下記は、FC2サポートフォーラムより引用。

日時: 2005/05/02(Mon) 16:03 記事の件名: Re:

blog2サーバで負荷が集中的に高まっていますので、
・データベースチューニング
・メモリの追加
・サーバ変更
等の処置を断続的に行っています。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。
_________________
深月@FC2 [FC2Blog]
http://mizuki.blog1.fc2.com/

 下記は、ブログ人からのお知らせより引用。

先月より、ブログの閲覧等において表示遅延が断続的に発生しており、お客様には大変ご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございません。

先日ご案内しました、ソフトウェアの改良による効果を測定したところ、現時点でも、お客様のご期待に添える水準至っていないことを認識し、この事象を早期に解消すべく、Webサーバーのチューニングの見直しを引き続き実施することと合わせて、ハードウェアの増設を順次実施させていただきます。

 ほぼ同じことを述べられているわけだが。
 言葉としては丁寧な後者の方が、むかつくのは俺だけ?
 もちろん、日頃の対応の違いによる贔屓目とか、先入観とかが多分に含まれた、俺の偏見にまみれた感情なのは承知しているが。
 でもね、ちょこちょこと機敏に対応してくれている前者と、ユーザの怒りが爆発してから、最近やっと対応を始めた後者とは、まったく比較するにも値しないね。
 それに今さら「(増設等は)サービスの停止を伴うメンテナンス工事となりますが(やります)」ってのは何だろね。先日の「サービスを停止しないで3〜5日かけて行った」のは、結局無意味かい。


オープンのSNS?

 我らがFC2。ここのブログは、とても居心地が良い。
 しかしなぁ、SNSのFC2ネットワークと、微妙に融合されてて、薄気味悪いぞ。
 さらに、そのFC2ネットワークって、オープンなの!?
 すげーいやだ。
 脱会する!


無料博物館/北区地震の科学館

 全国には無料で楽しめる公営などの博物館が多数ある。
 我が東京都内にあるそれらで、俺が見学済みの施設を、今後少しずつ順番に、(独断と偏見に満ちた内容で)紹介していく。
 今回は、そのシリーズ第1弾。最近見学した中では、断トツの怪しさを感じたこちら(笑)。

 北区防災センター 地震の科学館(北区西ヶ原)

 ここを訪れて、建物を見た時の我ら家族の第一声は、「怪しい」「地味っぽい」「しょぼい」……
 昭和59年開館という、ちょっと古めの建物外観は冗談ではなくしょぼくて、且つ、なんとなく怪しい雰囲気を感じる。
 例えるなら、黒十字軍の秘密研究所風(キレンジャーかモモレンジャーあたりが、捜索中に迷い込むアレだ…って、わかんねーよ(笑))。それなりに味があるといえなくもない(笑)。
 上記の公式サイト上の写真は、多分新築当時の綺麗な状態(笑)。
 展示室は、薄暗い。博物館の類は、展示室が低照度な所も多いが、それとは微妙に意味が違う。外観の怪しさとマッチしているとでも言えば、少しは伝わるだろうか。
 展示物は、見ごたえ有り、とまではいかないものの、そこそこ楽しめる。ただし、古くさい(笑)。
 しかし! ここのメインは、それではない。地震体験ルーム(起震機)だ。
 これも、一見するとテレビのお茶の間コントのセットのようで、しょぼいが、実はコンピュータ制御により、プリセットされた過去の大地震の揺れを再現できるというすぐれ物。関東大震災、阪神淡路大震災等、有名な地震を体験できる。
 なめてかかると、ひどい目に合う。マジに怖い。
 おじさんの説明も、楽しくて勉強になる。
 地震体験の後、「煙もやってくかい?」というおじさんの誘いも、またまた怪しかった。これは避難路の煙妨害の体験の事だが。

 この施設、くどいようだが、全体的に微妙な怪しさで覆われているが、決して悪くはない。
 一度は行ってみる価値はある。二度目となると、考えるけど(笑)。
 近所には、旧古河庭園飛鳥山公園があるので(その途中に地震の科学館がある)、セットで散策コースに組んでもいい。

(2003年10月見学)