映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」を観た

 VFXを用いて、昭和30年代の町並みと、そこで暮らす人々を優しく描き出し大ヒットしたシリーズの三作目にして完結編である「ALWAYS 三丁目の夕日’64」を、昨日観てきた。
 ネタバレしないようにさらっと全般的な感想を書いてみる。

 第1作が東京タワーの建設中。第2作が東京タワーが完成した翌年。そして今回は、東京オリンピック開催の昭和39年。
 高度成長期を迎え活気溢れる中、茶川先生の作家生命の危機と、ロクちゃんの恋を軸に物語は進行する。

 まぁ、設定的に無理やりだったり、時代的な物品の登場がわざとらしかったり、「こんな小さい町の中だけで全部繋がっているはずはねーだろ」と思うような事はかなりある。でも、それはきっと確信犯的なことなんだろうな。
 言ってしまえば「作り物」である事はあたりまえだが、「みんなの想い出・記憶の中にある昭和」を凝縮したのが夕日町三丁目なんだろうと思う。ただ懐しいだけではなく、三丁目の住人すべてが、優しさで満ちあふれている。ベタでいいのよ。うん。故に、この作品に対しては前述のような苦情はナンセンスだろう。

 今回3Dで観た。俺にとって初めての3D映画だったのだが、正直いって、3D効果を堪能できるシーンはほんの数ヶ所。これを期待してはいけない。
 だが、3Dメガネをかけている事も忘れるほど入り込んで観て、最後まで満足感は維持された。3Dで堀北真希さんと小雪さんを観ることができただけ儲け物だ(笑)。


これでいいのだ

 たまにはいいかなと、こんな本を読んだ。

天才バカボン家族論 「パパの品格」なんていらないのだ!
4062151219
赤塚不二夫 (漫画)

Amazonで詳しく見るby G-Tools

 著者は、中条省平さん。上記のアマゾンリンクでは赤塚不二夫さんの名前しかでてないけど、赤塚さんのマンガからの1コマが、各ページに挿入されている。

 本のタイトル通り、バカボンのパパを主軸に、バカボン一家の生活を分析している内容。まぁよくやるわ、という感じに、まことしやかに論じている。いやいや、もちろん、賞賛しているんだよ。うん。
 どんなに簡単に感想を書いてもネタばれになってしまいそうで、うまく書けないのだけど、著者は赤塚さんを尊敬しているんだなぁというのが伝わってくるし、こうやって解説された物を読むと、改めて、赤塚さんはやっぱり天才ギャグ漫画家だったんだと思う。


日本のケータイはには、やっぱり絵文字ってことか(BlogPet)

びといんの「日本のケータイはには、やっぱり絵文字ってことか」のまねしてかいてみるね

調査結果「ワクワクした」が2割、「新しい感覚」が2割半で、絵文字の購入意欲を上回る評価。
日本の互換性が価格や絵文字については「iPhoneワンセグ・絵文字対応で購入意欲に変化」(2008.17CNETJapan)Phone発売直後を迎えるにあたって、ユーザーの内容次第で購入意欲を検討すると回答しそうだ。
年内までになっており、寂しいというの携帯電話は頑張って、全体の内容次第で購入意欲を迎えるにあたって、なんだかんだと言っており、操作経験者に順次対応されるワンセグやバージョンアップの内容次第で、操作経験者にしそうだわ!
日本のは否定しそうだわ。
日本の内容次第で、操作経験者にしそうだわ。
年内までに順次対応されるワンセグやバージョンアップの携帯電話は頑張って、なんだかんだと回答しそうだ!!
まぁな。
日本の約4割、もはや「iPhoneワンセグ・絵文字対応で購入意欲に変化」(2008.17CNETJapan)Phone発売4割半で、寂しいというのはガラパゴス的進化を遂げており、全体の携帯電話は、ユーザーの約4割、なんだかんだと言ってしまったとか言われており、もはや「ケータイ」という別の約4か月を検討すると、寂しいという別のガジェットには、操作経験者に聞いた感想は否定しないと、全体の携帯電話は否定しないと言ってしまったとか言われてしまったとか言われてほしいものだわ!
いずれに聞いた感想は否定しないと回答しそうだわ?
いずれに聞いたとか言われているけど、全体の約4か月を迎えるにあたって、もはや「iPhoneワンセグ・絵文字対応で購入意欲に変化」(2008.17CNETJapan)Phone発売直後を上回る評価?
まぁな。

*このエントリは、ブログペットの「晋作」が書きました。


日本のケータイには、やっぱり絵文字ってことか

 調査結果「iPhoneワンセグ・絵文字対応で購入意欲に変化」 (2008.11.17 CNET Japan)

Phone発売4か月を迎えるにあたって、操作経験者に聞いた感想は「新しい感覚」が約4割、「ワクワクした」が2割半で、発売直後を上回る評価。年内までに順次対応されるワンセグや絵文字については、全体の約4割が価格やバージョンアップの内容次第で購入を検討すると回答しており、ユーザーの購入意欲をさらに刺激しそうだ。

 まぁな。日本の携帯電話はガラパゴス的進化を遂げて、もはや「ケータイ」という別のガジェットになってしまったとか言われているけど、なんだかんだと言っても、絵文字の互換性がないと、寂しいというのは否定しない。
 いずれにしても、ソフトバンクには頑張ってほしいものだわ。


「C1000 1日分のビタミン」試飲モニター

「B-Promotion(ビープロモーション)」のモニタープロモーション参加の記事。ハウスウェルネスフーズ「C1000 1日分のビタミン」。
 190g缶が6本届いた。

C1000
C1000
 先日、新発売と同時にオープンした紹介サイトにもあるけど、「C1000ブランド」の商品ってたくさんあるね。俺は、その中でレモンキャンディを食べた事がある。
 で、今回試飲した「C1000 1日分のビタミン」は、その名の通り、ビタミン12種類で1日に必要分の全ビタミンが補えるんだと。味も、普通のグレープフルーツジュースそのままで、飲みやすいし、お手軽だね。
 一応「コールド専用」と書かれているけど、ビタミンCって熱に弱いんだっけか? そのための注意喚起かね。栄養学に詳しくなくてごめん。

C1000
 この「C1000 1日分のビタミン」の感想を集めたページが、レビュー集約サイト「monopedia」に近々オープンするんだって。monopedia、俺自身はほとんどアクセスしてないけどね。

 で、なんか商品のコンセプト「1本で1日分」にちなんで「あなたの「これが私の1日分!」を教えてください」なんて課題もあるのよ、このモニターには。
 何にしよう。やっぱり、酒かな、うん。
 俺の酒を飲む量。毎日、焼酎の水割りかお湯割りを中ジョッキで5〜6杯。焼酎の消費量は、25度の麦焼酎を1日3合くらいかな。1.8リットルのパックを週2本買うから。
 あ、これは家で飲む分だけね(笑)。
 そんな酒飲みの俺に不足しがちなビタミンも、「C1000 1日分のビタミン」なら手軽に補えそうだね(お、珍しくモニター記事っぽいシメになったぞ(笑))。

キャンペーンバナー

ハウスウェルネスフーズ 「C1000 1日分のビタミン」


「紫いものお酒ImoImo」試飲モニター

B-Promotion(ビープロモーション)」のモニタープロモーション参加の記事。サントリー「紫いものお酒 ImoImo」

imoimo
 メーカーサイトによれば、新発売のこのサントリーImoImoは「スイートポテトな味わい」のキャッチコピーで、紫いもを茹でて搾汁した濃縮汁に白ワインやブドウ蒸溜酒をブレンドし、程よい酒らしさが感じられるまろやかな味わいが特徴なんだとか。
 どうしようかと思ったが、酒の試飲って事で、応募してみた。

imoimo
 とりあえず、ロックで飲んでみた。色鮮やかで、ワインみたい。
 しかし、甘い。甘すぎる。ごめん、俺は、そのままでは飲めないや。

imoimo
 届いた箱を空けて、ボトルを見た瞬間から、嫁さんは興味津々。その嫁さんにも一緒に飲んでもらった。まずは同じくロックで少し。わりと気に入った様子。嫁さんは、次に、牛乳割り。飲みやすくてお手軽で美味しいカクテルになったと。

imoimo
 俺は甘すぎて、正直いって、大好きにはなれないが、確かに、素朴な味わいは、カクテル好きには好まれるかな、と思った。紫いもベースとのことだが、それほど主張してもいなくて、メーカーサイトで紹介されているように、牛乳、緑茶、オレンジなどで割って飲んでもおいしいだろう。

 このImoImoの感想を集めたWebページが近々オープンするんだって。ImoImoに興味ある人は、他の人の意見も参考にして、お試ししてみてはいかが?

キャンペーンバナー

サントリー紫いものお酒「Imo Imo」


ドラマ「相棒 元旦スペシャル 寝台特急カシオペア殺人事件!」を観た

「相棒」恒例の元旦スペシャル。今回の正式な(?)タイトルは「寝台特急カシオペア殺人事件!上野〜札幌1200kmを走る豪華密室!犯人はこの中にいる!!」っていうらしい。長っ!

 えっと、今回のは、なんか違法行為をしている(してしまった)人間が何人も(大きくは2つの事件がらみなのだが)、同じ列車に乗り込んでいて、微妙に関係しあっているという設定に無理を感じた。
 まぁ、それは見終わってからの感想であり、見ている時には結構夢中で引き込まれていたんだけども(笑)。
 それと、鑑識の米沢さんがあまり活躍してなかったのも残念。


「機動戦士ガンダム00」第11話を観た

 お。意外に何度も視聴感想記事を書いてる俺(笑)。

 とはいっても、見どころはスメラギさんだけなんだけども。
 ところで、酒って苦いかねぇ、アレルヤ君。焼酎にしてもウイスキーにしても、若干甘みがある酒の方が多いと思う。ワインなんかは渋味だしね。苦い酒ってビールくらいだと思う。まぁ、そんな事はどうでもいいや。誕生日おめでとう。
 ほろ酔い状態のスメラギさん、いいねぇ、うん。

 あ、あとハロがたくさん登場。ポッドに乗ってガンダムの修理してたね。今回のハロは、スター・ウォーズのR2D2みたいな感じの役目で、なかなかいいね!