S.H.Figuarts 非公認戦隊アキバレンジャー

 S.H.Figuarts (SHF/SHフィギュアーツ)アキバレンジャー。
 先日のイエロー発売をもって、三人揃った。
20120814_a-1
 このアキバレンジャーは、元々がSHF化を前提にしたデザインだそうで、なるほど、素晴らしい造形。
 SHFは今回のアキバレンジャーで初めて購入したのだが、このクオリティなら人気なのはうなずけるわ。
 バンダイ驚異のメカニズム!

 同時発売ではないので、三体揃って並べてみて始めて気付いたのだが、番組劇中での各キャラクタの体格の違いをきちんと反映された造形になっているのが凄い。
 ひとり男性であるレッドは、女性のブルー、イエローとは明らかに違う体格のはもちろんだが、ブルーとイエローも微妙に差異を表現している。
 マスク、胸、スカートの違いは当り前だが、他は同じパーツの色違いで製品化されると思っていた。
 が、なんと、他にも違いが!
20120814_a-2
 ブルーとイエローは、足の長さ(太股パーツの長さだけかな?)を変えて、劇中での身長の違いを忠実に再現している。
 こういうコダワリは、いかにも「アキバレンジャーらしい」よね(笑)。
 感動した!


「ALWAYS 三丁目の夕日’64」の原作本

 先週、劇場で「ALWAYS 三丁目の夕日’64」(以下「’64」)を観賞して感動したのだが、今回は原作の漫画「夕焼けの詩」からはだいぶ離れて、オリジナル度が高いそうだ。
 俺は、原作漫画はあまり読んだ事はない。約20年前に放送していたアニメ版を知っているくらい。
 とはいえ、この映画が公開されるたびに、その「映画化特別編」と銘打った原作本は買って読んでいる。
 ’64バージョンは、これ。

三丁目の夕日’64 映画化特別編 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)
西岸 良平
4091842194

 映画の元となった12話が収録されている。が、確かに今回の’64では、この各話からニュアンスだけ拾ったという感じのが多いね。
 でも、もちろん原作も温かい雰囲気で良作。それに、ほんの少しでも「このエピソードが映画ではこう使われたのか」と考えるのは楽しい。
 あ、この原作から映画への引用部分はあまりにも少ないから、映画を観る前にこの原作特別編を読んでも大丈夫だと思う。むしろ最初にこっちの漫画を読んでから映画を観ると「こんな風に引用されたか!」とニヤリとできるかも。


RGガンダム素組完了

 約1ヶ月もかかったが(笑)、RGガンダムの素組が完了。
 全身にメラミンスポンジをかけて、墨入れを施した。
(写真はクリックで拡大表示)

RGガンダム

 シールはどうしようかな。1/144にあれだけ大量にシールを貼るのは、あまり格好良いとは思えず好きじゃない。小スケールの全身に大量にマーキングがあってもうるさいだけ。同じ理由で、初期のハイコンプロも嫌いでザク以外は買わなかった(笑)。

 このRGガンダムは、お台場から静岡へ行った例の「1/1ガンダム」の模型、つまりガンプラ初のスケールモデル(笑)ではあるわけだ。
 実寸大の18メートルなら見上げる格好になるので、このバランスはあり。実際、お台場で見た時は、感動したものだ(笑)。しかし、こうして1/144になると、足先が小さくて頭やランドセルが大きいと感じてしまう。
 たぶん、そういう意見もあることは想定の上で、あえて「1/1ガンダムの模型」にしたんだろうけど。

 それと、指の第二関節まで動く可動手首と動かない握り手がついてるけど、はっきりいってこの可動手首はいらん。扱いにくい。ビームライフルを握った状態の指がすげーかっちょわるいんだけど……。
 ライフル持つ用の固定手首もつけてほしかった。
 本体の意匠は素晴らしいだけに、残念だね。

 次回のシャアザクには期待してるよ、バンダイさん。


iPhoneでステレオ写真

iPhone ステレオメーカー

 iPhoneで、手軽にステレオ写真が撮れるアプリ。
 lensがひとつしかないiPhoneでどうやるのかというと、左目の位置で1枚目を撮影、右目の位置で2枚目を撮影。それを左右に並べて表示位置を微調整の後、平行法か交差法で見る1枚の写真としてiPhoneの写真アルバム内に保存する。

 こんな感じ。
にゃあ ステレオ写真
 平行法で裸眼立体視が出来る人は、上記写真をクリックして大きなのを表示させて、ためして欲しい。立体のにゃあをご覧いただきたい。
 俺が交差法ができないのでわからないけど、たぶん、交差法で見ると気分が悪くなるよ。

 今時のケータイと比べるとスペック的に劣るiPhoneのカメラ機能だが、それでもこんなに簡単にステレオ写真が撮れるとは、感動。


漢だね!

 ソビエトの宇宙船ソユーズに起きた悲劇 (2009.01.22 ギズモード・ジャパン)

 ほぼ全文引用になってしまうが、感動した話なのでメモしておく。

それは40年前、ソユーズの40周年記念の年の話。ソユーズ5号が軌道上で宇宙船同士のドッキングを成功させ、いざ地球に帰還しようとしたときのこと。

ソユーズ5号は推進モジュールを切り離して帰還する設計となっていたのですが、これが失敗。推進モジュールが帰還モジュールにくっついたまま、大気圏に再突入。耐熱板が装備されていない推進モジュールはそのまま燃え始めました。

シャトルの中は有毒ガスや煙が充満、熱でいろいろなものが溶け始めました。もし奇跡的に推進モジュールが途中で外れてくれなかったら、間違いなくボリス・ボリノフ飛行士は、人間がとても耐えられない高熱で焼かれて死亡していたものとおもわれます。

推進モジュールが分離してからも悲劇は続きます。今度はパラシュートがうまく動かず、着陸時の衝撃で歯が折れ、口の中が血まみれに。重傷を負わなかったのが幸いと思ったのも束の間、着陸地点が大幅にずれてしまったため、気温摂氏-38度のウラル山脈の中に不時着してしまったのです。

幸運なことに少し歩くと地元の農家を発見、なんとか凍死せずに済みました。そして当時のソビエト政府はこの命がけの多大な貢献に対して感謝するどころか、この事故の口外を禁じたそうです。
涙が出そうは話ですが、ボリス・ボリノフ飛行士はこんな目にあっても飛行士を辞めることなく勤め、7年後にはソユーズ21号のミッションにも参加し、宇宙に飛び立っています。本物の勇士ですね。

 ボリス・ボリノフ飛行士、凄過ぎ!


なぁっつかしぃなぁ〜

 水谷豊さんの22年振りのアルバム「TIME CAPSULE(タイムカプセル)」。
 アマゾンで予約注文しておいたんだけど、発売日の5月14日になって、入荷遅れにより20日頃の発送になるとのメールが届いた。楽しみにしていたのに、残念だが、売れているという事なんだろうなと、ファンとして喜び、待つことにした。
 それが、遅れ予定より早く、17日朝に届いた。よかった。

水谷豊 TIME CAPSULE
 この日は出かける予定だったので、夜に聴いた。
 オリジナルカバーっていう形式なのかな。11曲のうち半数くらいは、昔の演奏音源を使っているっぽいけど、全曲、新規に歌い直している。メインタイトルとも言える「カリフォルニア・コネクション」や「何んて優しい時代」などは、現代風におしゃれにアレンジされていて素敵。
 DVD付きの初回限定版を購入したのだが、収録されている「カリフォルニア・コネクション」のPVには感動したわ。「熱中時代刑事篇」のオープングタイトルバックを意識した構成で、とても楽しい。あの早野刑事そのものだよ。ご本人が演じているんだかあ当たり前だけど(笑)。
 アマゾンのカスタマーレビューにもあるけど、残念なのは「表参道軟派ストリート」が限定版には収録されていない事。通常版にはボーナストラックとして収録されているんだよね。なんか、エイベックスらしいえげつない商売方法だなぁと思ってしまう。水谷さんの優しい人柄からして、エイベックスの勝手な判断なんだろうなぁ。このアルバム自体は素晴らしいだけに、本当に残念だ。

TIME CAPSULE(初回限定盤)(DVD付) TIME CAPSULE(初回限定盤)(DVD付)
水谷豊 松本隆 阿木燿子

エイベックスイオ 2008-05-14
売り上げランキング : 4
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

TIME CAPSULE TIME CAPSULE
水谷豊 松本隆 庄司明弘

エイベックスイオ 2008-05-14
売り上げランキング : 83
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


定期券

 先日、新しい通勤定期券を買った。半年分で5万円弱。
 うむ。なんか、感動するね。この定期券だけで通勤できると思うと。

 今までは、新幹線の定期券3ヶ月分で、給料1ヶ月分くらい。さらに地下鉄定期が、前述金額くらい。通勤手当の上限を突破しているので、年間では、給料1ヶ月分くらいを自費負担してた。
 金銭的負担って、単純に言い表せないような重荷なんだよ。


落ちたけど復活

 さっき、ブログに記事を書いている途中でシステムが落ちたのよ。Firefox2.0.0.9でオンライン管理画面で書いてた時。
 Macが勝手に再起動して、Darwinが立ち上がる、DOSみたいなテキスト画面になる。これ、かなりびびるわ。
 で、まぁ無事に再起動したので、Firefoxを動かす。と、「前回のセッションを復元しますか」だったかな。まぁ、そんなようなメッセージが出たので「はい」を選択。
 そしたら、元の管理画面の記事作成表示になってて。さらに、入力欄には書きかけの内容が残ってる(再現されている)じゃん!
 Firefoxがコケた後の再起動時「前回のセッションを復元」ってのは何度も見ているけど、FC2ブログの書きかけの記事入力欄も復活されているってのは初めて。すげー。

 プチ感動。


キューンキューン

20070505160117
 飛行機雲。
 青い大空。
 ラブサイン…は、ない。

 ところで、「超時空要塞マクロス」のリメイク版ができるってのは本当か?
 マクロスは「愛・おぼえていますか」で完成されつくされてるだろ。作画も設定も演出も。
 20数年前の作品で手書き作画なのにあの緻密さ。スパゲティーミサイル、まだら爆発、板野サーカス、美樹本キャラの指先、腰まわり。現在でも通用するどころか、これを越える作画ってあるか?
 エキセドルの頭がうねうねする感じとか、ブリタイがカラータイマー光らせながら「我々の文化を取り戻すのだ」と決起するところとか、柿崎があっという間に撃墜されてしまうはかなさとか、マックスが「美しい……」って呟くシーンとか、ああいう感動を、リメイクでもちゃんと伝えてくれるのか?

 あと、決定的な事だけども、一条光の中の人は、すでに……。

 リメイクじゃなく、シリーズ新作だろ?