試食レビュー 餃子工房 RON「点心お試しロンロンセット」

 久し振りに、B-Promotionのモニターに応募・当選した。
 今回の商品は、餃子工房 RONの「点心お試しロンロンセット」というもの。

 餃子工房RONは、餃子をはじめ、しゅうまい、春巻、小籠包、肉まんなどの点心の通販ショップ。工場直売の実店舗もあるらしい。なんでも餃子一筋40年だってね。
 届いたのは、このセット。一口生餃子×18個、黒豚生餃子×6個、野菜たっぷり生餃子×6個、水餃子×8個、もち丸くん×6個、えびプリしゅうまい×6個が入って1980円。

ron
「簡単な調理のしかた」みたいな説明書もついていて、ほとんど料理をやらない俺でもそれを見ながら簡単に出来た。

 実際の調理写真をいくつかあげてみる。
ron
 黒豚生餃子。皮はパリパリだが、具が詰まっていてジューシー。

ron
 水餃子。コンソメスープでさっぱりと頂いた。

ron
 一口生餃子。サッと焼けて、一番手軽だったかな。これもパリパリ感とモチモチ感が絶妙に融合していて、旨し。

 このモニター品は9月2日に届いたのだが、ちょうど二級建築士試験(設計製図)の直前で、製図練習をしている中で、休憩中の夜食兼酒のツマミとして、とても重宝した(笑)。

 餃子工房RON、また改めて購入したくなった。

キャンペーンバナー

餃子工房 RON「点心お試しロンロンセット」試食モニター


売却

 アクシズを連邦に売却してきた。もとい、TimeCapsuleを中古ショップに売却してきた。

 TimeCapsule。アップル純正の無線LANルータ機能搭載NAS。我が家のそのTimeCapsuleが年末に動作不良を起こし、どうしようもなく、新しいのに買い替えたわけだが。
 廃棄するしかなさそうな旧TimeCapsuleを工場出荷状態に戻したりHDDをフォーマットしたりを何度か繰り返したら、あらまぁ、正常作動したよ。
 なんか大丈夫そうだけど、すでに新しいTimeCapsuleを購入・設置しているので、これは秋葉原の中古ショップに買取ってもらう事にした。
 夕方、秋葉原へ行って店で買取り査定してもらったら、検査でも問題なしで設定上限価格で買取ってくれるという。2008年春の初代500GBモデルを発表当初に予約購入した物。それが今1万円で買取って貰えるなんて、大満足だ。

 んでも、大丈夫なんだろうか。いや、買取りのプロが検査査定したんだから、故障品ではないんだろうな。うん。そう思う事にしよう。あとは、買取ったお店の責任だよぉ(笑)。
 私はあこぎな事をしている。アムロ、近くにいるのなら、私を感じて見ろ!


ガンダム、タイ地に立つ!

 お台場のガンダム、タイに一時帰国−30周年記念イベントで展示へ(2009.10.20 バンコク経済新聞)

 サイアム・パラゴン(BTSサイアム駅前)で10月21日、この夏お台場の「GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト」で展示された等身大モデルを目玉にした「GUNDAM EXPO THAILAND 2009 @ Siam Paragon」が開催される。主催はタイ国内で仮面ライダーなどのキャラクターの版権を所有するドリームエクスプレス(DEX)。

 同イベントはガンダムのテレビ放映から30周年を記念して開かれるもの。RX78-2の1分の1モデルの上半身を展示するほか、ガンダム第一作からこれまでの歴史をポスターや関連商品のディスプレーで振り返る。

 すげー等身大ガンダム、タイに行ってるんだ。でも、「一時帰国」の意味がよく解らなかったんだけど、このガンダムのFRP製本体は、タイの工場で制作されたらしい。

 サイアムパラゴンPR担当のヌーさんは「このガンダムはタイのFRP工場で制作されたものなので、実はタイ生まれ。施設の関係で展示は上半身だけだが、すごい迫力。下半身は日本にあると聞いている」と話す。

 タイに行ってるのはAパーツだけか。全身ならよかったのに、私設の都合ならしかたないか。


VガンダムがMG化

 Vガンダム(ヴィクトリーガンダム)、待望のMG化。
 詳しくは、ガンプラ秘密工場(仮)のこちらの記事でホビーショウのレポートが。
 Ver.Kaって事で、劇中の作画とは印象が異なる、わりとドッシリとしたデザイン。んでも、この太い脚は好みだな。
 つーか、そもそもヴィクトリーガンダムはカトキハジメさんがデザインを手がけて、その設定画では、脚がかなり太くて、ごつい印象だったのに、そのままでアニメ本編に登場しなかったのが残念だったような記憶がある。
 12月発売予定か。今年の年越しガンプラは、これに決まりかな。


ギラ・ドーガまで!!

 この記事タイトル、何度も使っているような気がするが(笑)。
 えっと、ついに11月にHGUCギラ・ドーガが発売されるらしい。カメっちさんの記事「ガンプラ秘密工場(仮):ギラ・ドーガHGUC化うれしいっす♪」に、ラピット試作の写真が掲載されているけど、それを見る限りでは、HGUCザク改みたいな痩身には見えないね。でも、先月発売されたHGUCケンプファーはラピット試作では良好だったのに商品キットではちょっと細身になってしまっていた。それでも、個人的には及第点だけど。
 閑話休題。ギラ・ドーガは大好きなMSなんだよねぇ。逆シャアのMSはどれも好きだけど、やっぱりジオン系量産機ってことで、ザクの流れをくむギラ・ドーガはいいね。
 名作キットHGUCサザビーの後だけに、落花生だかナスだかみたいな面白い形状の手足も、ちゃんと再現してくれるだろうと、期待している。


バックアップができない件、とりあえず解決

 10日くらい前に書いた「バックアップができない/moblog」という記事の、その後。
「iPhoneで購入したアプリが、iTunesで同期してもMacにバックアップされなくなった」という現象だが、まぁ、タイトルの通り、現在は問題なくバックアップされるようになった。
 何の事は無い。「復元」を施したら、正常になったのよ。
 まず、現時点でのバックアップ。復元を実行し、工場出荷状態に戻ったら、その最新版バックアップからの復元の後、「新しいiPhoneとして同期」(だったっけ?)を実行。音楽、写真、アプリ等の同期条件を以前の通りに設定して、同期開始。iPhoneの内容はすっかり元に戻り、同期の度に、iPhoneにしか入っていないアプリも、ちゃんとiTunesへコピーしてくれるようになった。
 何が悪かったのか、よく分からないが、とりあえず、解決。


HCM-Pro ザク(08小隊)(2)

 ザク関係専用のブログを別途整備中で、そっちの第1号記事にするつもりだったけども、整備が遅延しているので(笑)、とりあえず、要旨だけこっちに書いておこう。

 6月発売のハイコンプロ「ザクII(08小隊)」を、出荷日に購入したのよ。
HCM-Proザク(08小隊版)
 そもそもハイコンプロはあまり好きではないし、ましてやカラーバリエーションなんか眼中にないが、今回は、ランドセルのバーニアとシールドが変更され、塗装がMSVっぽいってことで、期待せずに購入。
 期待していなかったので期待はずれではないけども(笑)、これ、製品コンセプトとしては、許せない出来だね。
 武器がたくさん付いているとか塗装が渋いとかって感じで、俺としては意外に評価がいいみたいだけど、これ、「MS-06JC」というより、「08小隊版」だろ!? パッケージにもしっかりと「ザクII(第08MS小隊)」と記載されてるはず。
 だったら、少なくともザクマシンガンは新規作り直しは当然だろ!
HCM-Proザク(08小隊版)
 上記写真は、俺がCG加工してみたやつ。08小隊版のザクマシンガンは、写真上のように、マガジンドラムが銃身中央ではなく、横にずれて付くんだよね(たしか、08小隊のザクは、当時のガンプラMGザク(ver.1)の意匠を取り入れた設定のためだったと思う)。
 他にも細かい所でMGザク(ver.1)と違うけど、それはハイコンプロなりの解釈として既存製品に合わせるというのも可。現地改修とか、生産工場により意匠の違いがあるってな裏設定もあるしな。
 しかし! ザクマシンガンについては、良い悪いはともかく、08小隊版も公式設定になってるんだぞ。

 バンダイ、ザク好きをなめるなよ!


HGUC陸戦型ガンダム、製作中

 HGUC RX-79[G]陸戦型ガンダム。

HGUC陸戦ガンダム
 180mmキャノン以外の組立て・表面ペーパー&メラミンスポンジがけまで終了。

続きを読む


えー? 表面処理に!?

 ガンプラ秘密工場(仮):無塗装の場合の表面処理は…

 いつも、手軽に格好良くガンプラを作って楽しんでおられるのが伝わってくるサイトだ。
 その中で、意表をつく記述が。

 ブログを始めてからは、少しでも見栄えを良くしようと試行錯誤を続けているのですが、「パーツの切り出し→ゲート跡をデザインナイフで処理→パーツ表面に耐水ペーパーを掛ける→メラミンスポンジで仕上げ→マーカーでスミ入れ→組み立て」というのが最近のスタンダードになりつつあります。本来ならこの後にトップコートで表面を保護したいのですが、現在は缶スプレーが使用不可能になっていますので…(汗)。

 メラミンスポンジって、「激○ちキング」みたいな、アレか?
 この類いのは百均でも売ってるから、安上がりかもしれないね。1000番以上の目の細かいサンドペーパーは、消耗が激しいから、最終工程をメラミンスポンジに替えると、少しはコスト削減になるかな。

 俺は無塗装素組派なので、とても参考になった。


もう呆れて

 「ない」はずのマニュアル確認 不二家埼玉工場立ち入り (2007.01.17 asahi.com)

 ったく。嘘に嘘を重ねやがって。
 俗っぽい表現で終わってしまうし、俺も読者も面白くないだろうから、あまり一般ニュースに関するネタは書かないんだけど、これはもう、かなり怒るぜ。
 残念でならない。
 うちの近所にも不二家の店があって、クリスマスにもケーキ買ったんだぞ。クマの顔したケーキを喜んで食ったんだぞ。知らぬが仏とは、このことだ。
 おい、不二家! おまえらには騙されたよ!
 騙された俺が悪いのか? まぁ、どちらが悪いかどうかは、もうどうでもいいや。
 俺は、今後、不二家の製品とわかる物は、一切買わない。
 食品メーカーとして、存在価値なしだよ。