夢想人企画工作部「スマホグッズ自作」シリーズ第三弾 100円ショップ製品による自撮り棒を試作(失敗)

 俺の周辺では大反響だった、自作スタイラスペンiPhoneで充電と同時に使えるDOckコネクタ接続ネックストラップに続く、夢想人企画工作部謹製「スマホグッズ自作」シリーズ第三弾(*)始動(笑)。

※当初は「第二弾」と記述していましたが「第三段」の間違いです。どうでもいい事かもしれませんが俺としては重要です。

 夢想人企画工作部の「安価かつ簡単に楽しみながら実用的なものを作る」の理念のもと、以前からずっと考えていた自撮り棒の自作。
 百円ショップ「ダイソー」に、利用できそうな製品があったので、試してみた。
 タイトルのとおり、今回は失敗だったのだが。

20150728_jidoribou_1
 使うのはこれ。車のダッシュボード上などにつける、スマートフォンホルダーと、隙間の状況などを見るための伸びるミラー。合計200マンエン(消費税抜き)。

 これを見ただけで、工作方法の見当はついたと思われるが(笑)、はい、そのとおりです。

20150728_jidoribou_2
20150728_jidoribou_3
20150728_jidoribou_4
 ホルダーの基部ボールジョイントを外し、スマホを固定する方にあるジョイントメス部分をカット。
 俺はまずエッチングソーで根元に溝を入れて、刃こぼれした古ニッパであらかたガシガシ刻み取ったのち、デザインナイフで残りを削いだ。

20150728_jidoribou_5
20150728_jidoribou_6
 ホルダーに付属の両面テープを半分に切り、貼り合わせ、ホルダー背面に貼る。

20150728_jidoribou_7
 そこに伸びるミラーを貼る。
 以上。

 伸ばして50センチではあるものの、更に腕を伸ばせば1メートル程度にはなるはず。
 それは目論み通りだったが、他の箇所で失敗。
 このホルダー自体は、既に仕事場の机上にてiPod的に使っている古いiPhoneを装着して利用していて保持力は問題ない事は分っている。
 ミラーの伸縮部分が、iPhoneの重さに耐えられず回転して、的確に保持しずらいのだ。
 これでも使えないことはないけれども、意図した画角にするまでに数十秒を要する。「構えるのにコツが必要」という状態では、自撮り棒としては大失敗だ。
 ホルダー裏をカットした後にけっこう大きな穴が空き、バネが見ているのも危険が危ない。

 しかし、アプローチは間違っていないはず。
 この材料で、もう少し何かの工夫を加えれば、どうにかなるはずだ。

 後日改修案を考えてみる。


脱走防止柵

 里親としていなりを引き取るにあたって、保護されているぽちさんからの条件のひとつとして「完全室内飼育で、窓などに脱走防止対策を施すこと」と言われていた。
 それについては全く異議無し。我家はマンションの二階なので、室内飼いにせざるを得ない所もある。ぽちさんとしても、いなりに平和で幸せに暮らして欲しいという願いゆえの条件であろうし。

 ぽちさんのお宅にお見合いに伺った時に教えてもらった物は、「百円ショップで売っているワイヤーネットなどで簡単に対策ができる」との事なので、もう少し仰々しい「脱走防止柵」を想像していた俺は、まず一安心(笑)。
 そんな訳で、いなりが引越してくる前に、脱走防止対策を実行。俺は工作は得意なのだ、任せておきたまえ!(笑)。

 いなり——になる前の仮名・ニム——とのお見合いの帰りに、さっそく百円ショップに寄って、材料を物色。しかし、その店には、ぽちさん宅で見たようなワイヤーネットは売っていなかった。
 なにか代用できそうなのは……と、見つけたのが、バーベキュー用の網。30センチ×50センチと大判の物。これを縦横に2枚ずつの都合4枚を結束バンドでつなげて、高さ約95センチ×幅60センチの、真ん中で折畳める柵を作った。足はブックスタンド。それを1箇所。ここは人間が出入りするため、移動できるようにした。
121029_inari_1
 通常は少ししか開けない他の2箇所の窓には、横1枚で幅30センチの物を。ここは高窓で人間の出入りがないので、固定してしまった。
121029_inari_2

 さて、そのいなり。
 昨夜は一度立てこもりから出て来て、いつも俺が座っているソファの隣にやってきた。喉や頬を撫でてやると、ゴロゴロスリスリしてきたよ。かわいい!
121029_inari_3
121029_inari_4
 でも、今日、仕事から帰宅したら、また、パソコンデスク下のラックの奥に潜んでいた。
121029_inari_5
 それでも、撫でるとスリスリするんだけどねぇ(笑)。

 いやぁ、いなりはホント、かわいいよ。


iPhoneで充電と同時に使えるDockコネクタ接続のネックストラップを自作(ちょいと改修)

 iPhoneの充電もできるネックストラップ自作
 少し改修した。

20120805_1
 例のごとく百円ショップで材料を調達。
 リングを直径25ミリから20ミリにした。本当は10〜15ミリのが欲しかったんだけど、あちこち見て回るのも面倒だから、これで妥協。
 それと、吊り軸を回転させる金具。

 これだけで、だいぶ使いやすくなったよ。


iPhoneで充電と同時に使えるDockコネクタ接続のネックストラップを自作

 iPhone。散歩やまち歩きをしている時は、すぐに写真を撮りたいので、シンプリズムのDockコネクタに取り付けるネックストラップを使っている。

Simplism iPhone 用 ネック ストラップ Dockコネクター ワンタッチ接続 DockStrap Neo ブラック TR-DSIN-BK

 もちろんそれは良い製品でお気に入りなのだが、充電(単三エネループ4本を装填するUSB出力のモバイルバッテリーを愛用している)する時には、そのネックストラップを外さなければならない。そりゃそうだよね、iPhoneにはDockコネクタはひとつしかないから(笑)。
 ネックストラップをつけたままで充電したい。ストラップ用の穴が付いているiPhoneケースもあるけど、ネックストラップの取り外しがちょっと面倒っぽいし、そもそもストラップ穴がついているケースは不細工で好きではない。

 Dockコネクタにネックストラップ状態で装着したままで充電もできるようなアクセサリはないのだろうか。

エアージェイ iPorter 充電&データ転送 ストラップ型 USBケーブル iPhone4S/4/3GS/3G/iPod対応 ブラック UKJ-PHSTBK

[iPhone4専用]ネジでiPhone 4にストラップを装着!携帯ストラップアイテムNETSUKE 001-044 poddities【iPhone4 iPhone 4】

 こんなのは売っているが、どちらも俺の要求を満たすものではない。
 サンコーレアモノショップや秋葉館あたりにはあるかなと思ったが、ない。
 欲しいひとは居ないのかねぇ?

 まぁ「欲しいモノが無ければ自作してしまえ!」というのが、俺の信条。つか、工作大好き。
 で、昨夜ふと閃いた。キュピーン!

 さっそく、材料の調達。
 と言っても、百円ショップで、iPhone DockをminiUSBに変換するアダプタを買ってきただけ。
IMG_7419
「I-POD」という表記はなんとかして欲しいところだけど、そこは百円なので、どうでもいいや。これを2個購入。
 どこに穴を開けられるかを確認するために、ひとつを分解。
IMG_7422
 miniUSB部分の出っ張りを中に埋込めそうだが、それは次回の課題として、今回は、単純に穴を開けてリングを通すだけとする。
IMG_7423
 中身の確認をした結果、USB側から7mmくらいのところが、空洞で配線や回路もなくて良さそう。ここに2.5ミリのピンバイスで開口!
IMG_7424
 工具箱(というかジャンク箱(笑))から適当なリングを選んできて通す。よくキーホルダーなんかに使われている、直径25ミリの二重リングだ。
 これを、シンプリズムの元からついていたDock接続パーツと付け替える。
 が、これをDockコネクタにつけたままのiPhoneを平らな所に置くと、Dock側が浮いてしまう。これではiPhone本体のDockピンが曲がってしまうかもしれない。
IMG_7427
 それなので、縦に1センチくらいの長い穴にして、リングが上面側に動くようにした。って文字で説明するのは難しいな(笑)。
 ともかく、それでiPhoneは平らに置けるようになった。
 元のパーツは、大切にとっておくよ。
IMG_7428

 首から下げたイメージ。
IMGP1513
 さらに充電もしているイメージ。
IMGP1514
 ちゃんと充電されていることも確認。
IMGP1517
 今日のところは、USBケーブルは、2.5インチHDDケースに付いていた手持ちのやつを使用。巻き取り式のを買うつもり。

 トリニティさん、もっとスマートな形にして、シンプリズムブランドで商品化してくれません? いや、かなりマジです。


iPhone4S バンパーを新調した。

バンパー
 愛用していたiPhone用バンパーが、落下させた時に受けたダメージの部分からラバーがはがれてきて、ゴムボンドで補修しようとしたらボンドで溶けてしまい、どうしようもなくなったので、また同じのを買った。
バンパー
 一応最初に述べておくと、ご覧のようにプラ部分が赤、ラバー部分が黒という配色で、純正品ではない(笑)。できればアップル純正品のバンパーを使いたいのだが、気に入る色がないので、アマゾンで見つけたこの赤い製品を購入している次第。
 これ、安いんだよね。USB Dockケーブルと液晶保護フィルムがついて、送料無料の1180円(笑)。まぁ、前回購入したのが6月、5ヶ月ちょっとで壊れた訳だが、落として痛めなければもっと使えたと思うんだよね。納得して使う分には悪くはない。まぁ、オススメというにはアレがアレなので(笑)、リンクを張るのはやめておくが。

 ってことで、同じ商品を注文したのだが、よく見ると少し改良されていた。
 バンパーの内側。中央のプラ部分の見えがかりは、前回品は約4.5ミリ、今回品は約3ミリ。これは、プラとラバーの重なり幅が増した事を意味する。つまり接着強度が向上したのかもと期待できる。
バンパー
バンパー
 写真では解りにくいが、色が少し明るくなった。
バンパー
 左が前回品、右が今回品。

 スリープボタン、音量ボタンは、それぞれ質感が僅かに向上したように思える。ただし、クリック感は若干悪くなった。前回品は問題なく快適だったのに今回品は少し力を入れないと音量ボタンが操作できない事があった。
 このバンパーはiPhone 4 用なので、過日の記事のように今回も4Sに会うようにミュートボタン用穴を広げる加工をしなければならない。
バンパー
 そのついでに、バンパーの音量ボタンの内側にコピー用紙1枚を紙用両面テープで貼ってみた。そうしたら、適度なクリック感で前回品と同様の操作になった。まさに「紙一重の差」だった訳だ(笑)。
バンパー
 俺はガンプラを趣味のひとつとしているし、細かい工作や修理加工なんかも好きなので、まったく苦にならないが、こういった簡単な加工を伴う事を承知していれば、コストパフォーマンスは決して悪くない製品だと思う。


天佑とは、この事か!

 RGガンダムよりも前に買って、積みっぱなしだった HGUC ザクF2をパチ組み。

 これは、0083に登場したザク。いいよね、うん。

 定番工作として、モノアイはHアイズを埋め込んである。
 あとは、明日以降、武器や小物を作る。
 漢は黙ってザクだな。


MG MS-06R 高機動型黒い三連星ザク Ver.2.0 製作(2)

 MG MS-06R Ver.2.0の製作。

 今週は(特に理由はないが)ガンプラを組む意欲がわかず、あまり進まなかった。

MG MS-06R
 で、やっと、全身のフレームが組み上がったところ。
 今日は比較的気分が乗ったのと、雪なので外出が面倒なため(笑)、定番工作であるモノアイ改造をやってみたよ。

MG MS-06R
MG MS-06R
 HアイズやUバーニア、密巻きスプリングなど、数年前に購入したままのウェーブブランド改造パーツが、たくさん残っているんだよ。積みプラならぬ、積みパーツ(笑)を少しは解消しないとね。


HGティエレン、組立て終盤

 相変わらず無塗装素組派のくせにチンタラ作っているHGティエレン。
 合せ目消しやら、メラミンスポンジでの表面処理やらまで済んで、ちょっとした細かい工作に入る。
「接着剤むにゅ作戦」による合せ目消しとパーティングライン及び簡単なヒケ修正のためにペーパー掛けした後、全身にメラミンスポンジ掛けると、いい感じになるねぇ。水つけて搾ったフィニュッシュクロスで軽く拭きとれば、もうこれで表面処理完了。無塗装派のお手軽工作(笑)。

ティエレン
 閑話休題。細かい工作……ってほどでもないんだけども、今日はモノアイの加工。定番工作で、俺も今まで何度も施してきた作業だけど、こんなに小さいのは久し振りだわ。
 まず既存のモノアイ状モールドを切除するのは当然として。
 次に、Uバーニア(フラット1)の3ミリとHアイズの2ミリ(共にウェーブ製の補助パーツ)を充ててみたんだけど、これでもかなり大きい。
 結果的にはモノアイのモールドがあった部分を2ミリのピンバイスで少しえぐり、その中をガンダムマーカーのメッキシルバーで塗装、Hアイズ1.8ミリを埋込み、流し込み接着剤少量をつけて完了。
 この程度の事に1時間くらいかかってしまった。元のモールドのまま蛍光ピンクとかを塗り付けるだけでもいいね。ティエレンのモノアイは小さいので、完成後はあまり目立たないし(笑)。


MGザク[Ver.2.0]製作(3)

 MGザクVer2.0製作3日目。

MGザクver.2.0
 今日は、腕のフレームを組んだ。

続きを読む


なんちゃってHGUC ザク改計画(13)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 右腕が予想以上にすんなり決まったので、気分的に余裕がでてきたな。
 なので、左腕は後回しにして、胸部の工作にかかる。

続きを読む