今更だけど電気街口に思う事

 昨日、まち紹介系の某番組を見ていたら、秋葉原駅電気街口の現在と昔の比較をやっていて、そこに映った「穴あき包丁の実演販売」の方が既に故人だと知った。
 駅ビルのアキハバラデパートが建替のため全館閉店したのが2006年末。その後、解体工事中も少しの間は反対側で実演販売は行われていたが、それもすぐになくなった。
 秋葉原駅電気街口から実演販売が消えてから3年以上はたつだろうか。
 確か、「穴あき包丁の人」「手品の人」「パズルの人」「お掃除グッズの人」が四天王だったように記憶している。
 正直いって、冷静になると「くだらない物」が多かったが、楽しい口上に引かれ、通りすがりの少しの時間だが、「くだらねーな」と苦笑しながらも見入ったものだ。
 昨年、秋葉原の駅ビルは新しく建替が完成してオープンした。綺麗ではある。そりゃ新しいんだからね、あたり前だ。でも、テナントはどこにでもあるような店ばかり。
 綺麗さよりも混沌とした雰囲気がアキバらしくて好きだった。
 俺も建築関係技術者の端くれなので、古くて危険な建物で解体はしょうがないし、希望と言っても部外者の勝手な言い草だろうというのは重々承知しているが、こういう建替や再開発を見るたびに、なんとか以前の雰囲気を再現してほしかったと思う。

 せめて、実演販売の復活でもやってくれないだろうか。
 綺麗でオシャレになった秋葉原の駅ビル前を通るたびに、「くだらねーな」と思ってしまう。


紀文「魚河岸あげ」試食モニター

B-Promotion(ビープロモーション)」から届いた、紀文「魚河岸あげ」の試食モニター。
 メーカーサイト「紀文・おでんでほっと・HOT」で紹介されているとおり、やっぱりおでんや煮物の具にするのが定番なんだろうけども、さすがにまだ暑いので、今回は、そのままで酒のつまみにいただいた。

 届いたのは、「魚河岸あげ」「ひとくち魚河岸 えび」「ひとくち魚河岸 鶏五目」の3品。
「えび」は開封後、うっかり写真を撮る前に袋を捨ててしまった(笑)。

魚河岸あげ
魚河岸あげ
「魚河岸あげ」はロングセラーで、それがさらになめらかになったそうだ。
 豆腐と白身魚のサッパリとした味で、きっとどんな料理にも合うんだろうな。今度は煮物にしよう。

魚河岸あげ
 で、そのまま食った感想。
 確かに、煮物ほどの満足感は味わえないけども、ほんの少しのカラシと醤油をつけて、美味しくいただけた。他を邪魔しない味。
 えびは、俺は苦手なので嫁さんと子供に試食してもらった。小さく刻まれた海老の食感がいいアクセントになって美味しかったとのこと。
 鶏五目は、ほんのり甘い。カボチャの甘みだが、これも嫌味がなく、さらっとしている。

 繰り返しになるけど、やっぱり煮物の方が向いているね。それならなお美味しいこと間違いなし。
 今回は、ちょっと失敗。

 で、魚河岸あげ発売から20余年、長年のご愛顧に感謝し、「紀文・おでんでほっと・HOTキャンペーン」〜大自然と温泉で癒される ニュージーランド・ロトルア7日間の旅プレゼント〜というオープン懸賞もやってるみたい。
 運が良ければニュージーランドへ行けるかも?

キャンペーンバナー

紀文「魚河岸あげ」


楽しかったオフ会

 昨日は、ロバ子さんが幹事をしてくださっている温泉オフに向けての打ち合せを東京メンバーで行う集まりだった。
 参加者は、マンガーさん、くろおびさん、ponsukeさん、すぬお。さん、てりこさん、ロバ子さん、びといん、まみぃの8名。

 秋葉原に、居酒屋が開店する少し前に集合し、ラジオ会館内の海洋堂直営店などの食玩専門店案内する。
 17時を過ぎたので、駅前再開発ビルに新規開店した居酒屋「かこいや」にて飲み会。
 いい感じの店だったね。
 もちろん楽しかったし、温泉オフの概要も無事決まった。俺、何もしないで申し訳有りませんでした。
 その後、ponsukeさんとお別れし、他の7名で地下鉄で我が家へ移動して二次会。
 みなさん、わざわざお立ちよりくださって、ありがとう。
 焼酎をがぶがぶ飲んで、途中からへろへろな俺でしたが、何か迷惑をおかけしなかっただろうか。所々の記憶が飛んでいるんだよね(笑)。

 楽しかったなぁ。東京メンバーは毎月定例会にしたいね。
 世代を超えた飲み友達が増えて嬉しいっす。

 遅くまでお疲れ様でした。