いなり、どアップ写真

IMG_5699
 ちょっと前の写真。
 睨んでいるような横顔だけれど(笑)、あまり写真写りが良くないいなりさんにしたら、凛々しく美しく撮れていると思うのだよ、これ。
 iPhone 6で、10センチくらいまで近づいての撮影。あまり動かずにいてくれてフォーカスが決まれば、このくらいのは撮れるんだねぇ。


いなり、5歳の誕生日

 本日10月28日は、我が家の“三代目次女”である<いなり>の誕生日。
 元野良猫で、保護主さん宅での半年ちょっとの家猫修行を経て我が家の子になったいなり。保護された時の獣医さんの診察などから、うちに来た日を2歳の推定誕生日と決めた。

 それから3年。

20151028_inari_ - 1
 元々おとなしい穏やかな性格だが、5歳になり、ますますまったりしてきた(笑)
 今日は暖かかったので、リビングの窓際においてある猫ベッドでお昼寝していたよ。

20151028_inari_ - 2
 誕生日なので、ちょっと贅沢して猫缶をあげた。いつもカリカリでもわがまま言わずよく食べるんだけれど、さすがに缶詰だと食い付きがいい。

 事務所の秘書業務もそつなく遂行している。
20151028_inari_ - 3
 図面を描くのを邪魔する簡単なお仕事や、 

20151028_inari_ - 4
 机の上で昼寝する簡単なお仕事。

 これからものんびりまたっりと元気でいてね、いなり。


にゃあ、一周忌

 9月30日。我家の二代目次女〈にゃあ〉の一周忌。行年16歳の大往生で亡くなってから早一年か。
 都合により、墓参りは去る21日に行ってきた。
120930_nyar1y-1

 今まで結婚前の実家での時も含めると色々なネコさんと一緒に暮らしてきて、もちろんみんな最高に可愛かったけれど、一番長く一緒だったにゃあとの想い出は格別だ。

 君は愛嬌があり美人さんで、お客さんがみえても人見知りせず、むしろ自ら近寄って何かしゃべりながら愛想を振りまいていたね。
 君のそのあたたかさは、家族や君を知っている皆さんの内にちゃんと残っている。

 君が見守ってくれているおかげで、三代目次女の〈いなり〉も、元気で穏やかに過ごしています。
 にゃあ、これからも見守っていてね。
120930_nyar1y-2


かわいいか、かわいくないかが命の分かれ目……?

 ツイッターで「かわいいか、かわいくないかが命の分かれ目」みたいな一文が目に付いた。某県の動物保護団体のサイトの文章からの引用のようだった。
 この一文だけを拾って持論を展開するほどの馬鹿ではないし——そもそも、そういう論客でもないのだけれど——この機会に、いなりを迎えた顛末をちょっとだけ、綴ってみる。

 いうまでもなく、イヌ、ネコにも命はある。虐待事件は論外だが、行政殺処分なんかもなくなって欲しいと切に願うが、自分では特になにも行動を起こしていない。
 いわゆる「野良犬」は見かけなくなって久しいが、「野良猫」は家の近所でも散見する(「地域猫」という言い方は詭弁のような気がして、個人的には好きではない)。不幸な野良猫を減らそうと、保護したり、増えないように避妊・去勢手術をしているボランティアさんもたくさんいらっしゃるようだ。
 現在我家にいる〈いなり〉も、そういうネコの保護活動をされている方からのご縁で、我家の子として迎えた。

 で。冒頭の「かわいいか、かわいくないか」とは、どういう意味なのかが解らなかったのだ。外見の愛らしさ? トイレを覚えないとかわいくない?

 俺はネコ好きなので、どんなネコでも可愛くみえる。
 いなりを見つけたのは、保護主さんのWebサイトだった。「おだやかでおとなしくいい子なんだけれど写真映りが悪いので、なかなか里親がみつからない」との事。
 確かにちょっと藪睨みで、現在でも写真を撮ろうとすると嫌な顔をするが(笑)、俺は、そのWebの写真で一目ぼれ。当時はまだ先代の〈にゃあ〉が存命だし、いなりは家猫訓練中で里親募集はしていなかった。それに二頭は飼えないなと思っていた……という矢先ににゃあが16歳で他界。その直後に、あの子が里親募集サイトに掲載されている!
 すかさず保護主さんにアポをとり、ご対面。もう、運命を感じたというか、にゃあの「さびしがらないで」という導きというか、そんな気がして、いなりを引き取った。当時推定2歳。
 保護主さんには「子猫は比較的早く里親が見つかるが、大人猫を希望している人の方が信用できる」と言ってもらえた。まぁ、俺自身は一目ぼれしただけで、そんなに深く考えてはいないんだけどね(笑)。

 行政殺処分に持ち込まれる動物に「飼えなくなった」というのが意外に多いらしい。そんなやつは最初から飼うな! と言いたい。俺はネコしか知らないが、一緒に暮らすと家族だよ。家族の面倒は最期までみようよ。
 現在が幸せかどうかは、いなりにしか解らない。残念ながら人間とネコでは言葉が違うからね。
 でも、俺なりに最大限の愛情をそそぐ事(と共存のためのしつけ)はしているつもり。
 写真映りはブスでも(笑)、君の穏やかで、スリスリゴロゴロ甘えん坊な性格は、家族みんながわかっているよ。
20130302_inari_2
20130322_inari-2


いなり、リビングに馴染む

 我家の家族になって早8ヶ月目。家や家族にはとっくに馴染んでいるいなりだが、そういう意味ではなく。
 ほとんど俺の嗜好により、我家の内装や家具は、茶色系が多い。リビングもしかり。
20130510_inari1
 いなりは、体と頭が茶色(だから「いなり」と名付けたのだ)で、リビングに馴染んでいる。

 ちょっと前に、火災報知器の点検にきてくれた業者さんが、いなりを見て「擬態してる」と言っていたほど(笑)。


47

 1月2日、誕生日を迎えました。
 年男一つ前の、丙午だよ。江戸時代ならそろそろ隠居している歳だよ、まったく。
 昨年は、ある目標をたててはみたものの、健康状態がそれどころではなかった。けれど、そのおかげで知りあえた人とか、解った事とかも少なくなく、——充実していたなどとは、とても言えないが——それなりに、人生のいち記録点として重要な年だったと思う。
 もちろん、反省ばかりの日々だった事に違いないけれどもね。

 んまぁ、今年も、家族や友人知人、俺とつながる全ての人への感謝を忘れず、がんばる。


いなり1ヶ月半

 そろそろ、いなりが我が家の家族になって1ヶ月半になる。
 家族にはすり寄ってくるし「みゃー!」と、仔猫みたいに高い声で鳴いてご飯を催促したり、時々、和室の窓から外を眺めながらなんだかウニャウニャ喋っていたりと、馴染んでくれた。
 ちょこちょこと物にじゃれて、二歳のネコらしさが出てきたね。

 昼間は、キャリーバッグの中で昼寝するのがお気に入り。そのキャリーのファスナーのツマミが気になるらしく、時々じゃれて遊んでいる。
 YouTubeに動画を掲載しています。→いなり動画


今更ながらメモリ増設

 某Mac専門誌の読者プレゼントに当選して、Mac用メモリ DDR3 PC3-10600(1333MHz) 4GB 2枚をいただいた。
 自分のMacBook Pro 13″(Mid 2010)の対応メモリは DDR3 PC3-8500(1066MHz)だが、互換性があると聞いた。
 が! 4GB 2枚を差しても認識されず、MBPが起動しないよ。いろいろ試したりググって調べたりしたが、どうも、この機種は10600の下位互換には対応していないそうだ。(´・ω・`) 10600 4GBと元の8500 2GBの組み合わせだと起動し、遅いほうの仕様に合わせられ4+2の6GBとして認識される。
 ちょっとアレだけど、どうせ頂き物のメモリだし、これで我慢する。同じ容量・規格のメモリを2枚セットで使わないとデュアルなんとかっていう機能が働かないらしいが、それによる遅さは実感できないし。

 ついでに、嫁さんのMacBook (Early2009)と家族共用のMacbook(Early2008)も、それぞれ2GB(1GB+1GB)から4GB(2GB+2GB)に増設。もちろんこちらは購入したんだけど、DDR2 PC2-5300(667MHz)の2GB 2枚セットが3千円って、だいぶ安くなったねぇ。