通常の8倍

 iPhone 3G/3GS用カメラキット「PIP-CK1シリーズ」新発売

 プリンストンから、iPhone用の光学8倍ズームレンズが発売される。

「PIP-CK1シリーズ」は、iPhone 3G/3GS搭載のカメラで光学8倍ズーム撮影や三脚で固定しての撮影が可能になる望遠レンズキットです。
本キット付属のiPhone 3G/3GS用ケースには、ズームレンズを取り付ける事が出来るレンズ穴が装備されており、ズームレンズを簡単に脱着することができます。ズームレンズは、フォーカスリングをまわしてピントを調整するだけで、標準では撮影ができなかった遠景を撮影する事が可能です。
小型アルミ製三脚と固定用ホルダーも付属しており、iPhone 3G/3GSを平坦な場所に設置して集合写真や夜景を撮影することも可能です。また、様々なカメラアプリケーションと組み合わせる事で、撮影できる幅がさらに広がります。

 これだけのパーツがついているキットが、実売3980円ってのが、どうなのかね。安っぽいかもしれない。でも、安いんだからしかたがない。まぁ、プリンストンなら、iPod/iPhone用の周辺機器をたくさんリリースしていて定評があるし、大丈夫だとは思う。
 こういうバカな周辺機器って、大好き。欲しい。


SheepShaver

 先日、俺専用Macを更新。MacBook 2GHzの白を購入。
 いわゆるインテルMacだが、これ、ついにClassicアプリ(Mac OS9以前用ソフト)が使えなくなった。
 前の機種PowerBook G4は、OS9での起動はできなかったが、Classic環境は起動できた。

 まぁ、今は、どうしてもやりたいClassicアプリってのはないんだけど、「使わない」と「使えない」の違いは大きい。

 んー、定評あるフリーソフトのPowerMacintoshエミュレータ SheepShaverをインストールしておこうかな。

 ちなみに、Mac実機から吸い出したROMイメージか、MacOS 8.5添付のROMイメージファイルが必要なので、基本的にはMacOSのライセンス品所有者が対象なのだろうが、他の人でもなんとかなる。
 実は、漢字Talk7.5 ver7.5.3(MacOS日本語版の当時の名称)がアップルのサイトで無償提供されていて、そこから順にアップデータを充てていけば、OS8.5までは簡単に行けるし、少々面倒ではあるが、9.1までは確実に合法的にアップデートできる。
 8.5アップデータにはROMイメージファイルも含まれているしね。

 実は、漢字Talk7.5 ver7.5.3(MacOS日本語版の当時の名称)がアップルのサイトで無償提供されていて、そこから順にアップデータを充てていけば、7.6.1までは簡単に行ける。
 同じサイトにある8.5アップデータに含まれているROMイメージファイルが使える。

 興味ある人は、どうぞ。もちろん、自己責任で。

 追記 2006.09.22
 記述にあやまりがあり、訂正した。