キャットタワー

 昨年夏に肝炎を患って、体重が6.5キロから3.5キロに激減したにゃあ。それからずっと毎週病院に通い、処方してもらった薬を毎日飲んでいるのだが、その効果もあってか結構元気に過している。
 しかし、身軽になったためか、システムキッチンの上や食事テーブルに飛び乗る事が多くなり、困っている今日この頃。元気なのは嬉しいが、キッチンの衛生面とかを考えると痛しかゆしだ。
 ということで、登っても良い所を与えてやろうと、キャットタワーを購入。
キャットタワー
 省スペースを期待して、パーテーションのような天井突っ張りのウォールタイプ。とはいえ、梁形があるので、壁面ぎりぎりに設置することができず、結構な存在感になってしまった(笑)。
キャットタワー
 15歳のおばあちゃんになってからのキャットタワーデビュー(笑)。
 まだ自分では乗らないけど、気に入ってくれるといいな。

プロステージ キャットウォークスリム(アマゾン)


Bluetoothのワイヤレススピーカ JAMBOX

 話題のスピーカ JAMBOXを購入。
 Bluetoothで無線接続するスピーカなんだけども、設定がすごく簡単だった。

JAMBOX

 おしゃれなパッケージ。

JAMBOX

 開封すると、下段に付属品が収納されている。綺麗なパッケージング。こういう部分へのこだわりは、アップル製品が好きな人にはたまらんね(笑)。

JAMBOX

 スピーカ本体。小さっ!もちろんメーカーサイトなどで事前に寸法は知っていたが、それでも、実物をみると、思わず「小さっ!」と言ってしまう。そして、手に取ると良好な質感と適度な重さで、さりげない存在感を醸し出してる。
 早速 MacBook Pro や iPhone4とペアリング設定をして、音楽を聴いてみた。
 この大きさからは想像できないような音。質・量ともに。特に「音量」については、すさまじい。だからといって、単に大音量だというだけではなく、正直いって「この大きさのスピーカ」には期待していなかった分、驚いた。
 ちょっと低音を強調したような音質ではあるものの、この音は心地良い(不満があれば、iTunesのイコライザ設定で調整すべし!(笑))。

 まぁ、そんな事より、MacのiTunesで音楽を聴いている時に、このJAMBOXをひょいと掴んで持っていけば、家中のどこでも続きが聴ける。この楽しさったらないね。
 それが——繰り返しになるが——悪くない音なんだもの。
 もっと高いAirPlay対応のスピーカをいくつか設置しまくるより、JAMBOXのほうが——色々な意味で——愉快だ。

 買って良かった。

JAWBONE ポータブル Bluetooth ワイヤレス スピーカー Jawbone JAMBOX グレイヘックス ALP-JAM-GH
B004NNVRUW


藤田まことさん、お疲れさま。

 去る2月17日朝に、俳優の藤田まことさんが逝去された。
 昨日、ツイッターのタイムラインでその訃報を目にした時は、「ソース(信用できそうな情報元)出ないでくれ……」と願ってしまった。まじに。

 俺にとって、藤田さんといえば、もう中村主水につきる。物心ついた頃から……と言ったら大袈裟だが、小学生の頃から見ていた「必殺シリーズ」の代名詞と言っても過言ではないキャラクターの主水は、格好良かった。
 昨年前半の「必殺仕事人2009」にも出演され、確かにかつての「キレ」は無くなっているなぁというのは否めないながらも、痛々しさというのは無く、やはり「必殺」の顔として、大きな存在感を持っていたのが嬉しかった。

 ともかく、好きな役者さんが、また逝ってしまった……。

 ご冥福をお祈りします。


本郷館

 去る1/16日に参加した散策オフ「ブラ浪漫」本郷編の時の写真。

本郷館
 本郷6丁目にある「本郷館」。1905年、明治時代後期に建築された下宿屋で、その存在感はハンパではない。
本郷館
 この写真では通り側の一部しか写す事が出来なかったが、L字型で奥の方にもあって、木造3階建てで70室くらいらしい(ちなみに、建築基準法が改正されて久しく、現在では木造3階建ては建築できない)。
 これだけの規模の下宿屋が現存して、しかも現在も居住者がいる現役だってのが凄い。

 老朽化による危険性で、数年前から解体計画はあるようだが、どうなるんだろうね。こういう住宅街に残しておくのはたしかに危険だと思うので、例えば江戸東京たてもの園なんかに移築するってのはどうだろう。


大きければ良いというものではない

 痛いニュース(ノ∀`):「お台場ガンダムには負けない」 韓国が全長111メートルの「テコンV」を建設中

テ○ンV
1 名前: アルメリア(アラバマ州):2009/09/11(金) 16:30:41.09 ID:8XvB+8n3 ?PLT
ラストシューティング状態もおわり、解体されつつあるお台場のガンダムですが、そのガンダムには負けないとお隣韓国で全長約111メートルもの巨大ロボット『テコンV』が建設されています。

『テコンV』とは韓国の国民的ロボットで、一言で表現するならば『マジンガーZ』の パクり。この『テコンV』が、馬山市(マサン)のロボットをテーマに
した産業連係型テーマパーク『ロボットランド』にて急ピッチで建造中なんだとか。

ガンダムの高さが18メートル、自由の女神ですら高さ46メートル(台座含めて93 メートル)
しかありませんから、111メートルってのはとてつもなく巨大です。晴れの日には福岡から
見えたりして。

完成は2012年、一般公開は2013年からの予定となっています。足下をモノレールが
通過する仕組みなんだそうですが、おや? 足下になんか『鉄○28号』っぽい ものが
いるような……。
http://digimaga.net/2009/09/south-korea-to-build-massive-364-foot-taekwon-v-statue.html

 凄いなー、テコンV。違う意味で凄い。このデザイン。もろにグレートマジンガーじゃね? 相変わらずパクり好きだな。
 大きけりゃいいってもんでもないと思うけどな。ガンダムの18メートルってのは、存在感ばっちりだった。100メートル以上あると、ただの塔と変わりないんじゃない?


荷造り開始

荷造り開始
 壁クロスの部分補修と、風呂場のカビ取り掃除、洗面所壁の掃除をして、夜には、少しだけ荷造りを始めた。
 とはいっても、まだ段ボール2箱。それでも、かなりの存在感だ。つーか、我が家は物が多いので、梱包した段ボール箱をどこにおいたらいいかという事から考えないといけない(笑)。
 押入の中身は、段ボールに入れたらそれを押入に戻せばいいし、タンスの中身はそのままで搬送してくれるとの事だが、何しろ、書籍類が多い。あとガンプラ(笑)。
 この機会に、色々と捨ててはいるんだけどねぇ。


内藤大助選手、4度目の防衛

 WBC世界フライ級タイトルマッチ。4度目の防衛戦を制した内藤大助選手はもちろん、山口真吾選手もなかなか強かったなぁ。これで15位って事は、上位だともっと強いってことか。
 内藤さんは、いつも謙虚で、常に「自分は弱い。ファンの応援があるから辛い練習にも耐えられるし、お客さんの声援のおかげで勝てる」と言うような事を言う。
 確かに、ずば抜けた才能がある選手とは思えないし、戦い方も、一歩間違えばやばい穴がいくつもあるように思う。いつも安心して見てはいられないんだよね。それでも勝つ。そして、終わった後には、前述のような控えめなコメントをする。その辺は、人気あるんだろうね。
 面白い試合だった。

 それにしても、テレビを見ていて、観客席の白鵬関に目がいってしまい、どうしようもなかった。なんか画面の中央のいい位置に居るんだよね。そうじゃなくても、おすもうさんの存在感って凄いのに、なんか目立ち過ぎ(笑)。


映画「フラガール」を観た

 映画「フラガール」
 観たい観たいとおもいつつ、今日やっと劇場に行ってきた。

 ストーリーは、単純明解。もう、ネタバレする要素なんか皆無なんじゃないかと思われるくらい、単純。
 テレビや雑誌での前宣伝を見聞きしている人は、あれがほぼ全てだと思って間違いなし。
 しかし! その単純明解さゆえに、引き込まれる作品かな。

 フラガールの炭坑娘はもちろん、東京から呼ばれた元SKDの先生も師匠として更には人間的にも成長していく過程が、うまく描かれていた。
 松雪泰子さんは、あまり好みの女優さんじゃないんだけど(笑)、今回の役柄はピッタリだったな。こういう役はハマるね。
 蒼井優さんは、あまり知らない(今まで注視したことなかった)んだけど、上手いね。
 最初は悪役か?とも思われた岸部一徳さんが、頼りない面と芯のある面を持ち合わせた普通の優しいおじさんだったのが、嬉しかった。
 豊川悦司さんは、言うまでもなく上手い。今回は脇役だったけど、存在感あるよね。っつーか、40年前にあんな長髪パーマの炭坑夫はいねーだろ(笑)。

 ちょうど俺が生まれた頃のお話で「40年前」ってのを実感できる(?)ってのもあるけど、腰痛も気にならず2時間ちょっと、夢中で観れるほど面白かった。
 俺、映画では泣かないんだけど、これはやばかったなぁ。泣きそうになる場面が何度もあったよ。

「1〜2年に一度、定期的に観たい映画」がひとつ増えた。

 ねこぱんち!
映画『フラガール』公式ブログ:フラガール、興収10億円突破しました!!


極屋・味噌とんこつラーメン/モブログ

20061003125527
 昼飯を買いにコンビニに行く。カップ麺の棚で妙な存在感ある商品が目に入る。
 多分200円以上するであろう物を低価格帯品の中に置いてアピールするするとは卑怯なり!
 しかし味噌とんこつは好き。旨そうなパッケージなので手に取ってみると、158円。あら、この棚にあるべき品なのか。
 疑ったお詫びも含めて、買ってみる。
「マルちゃん 極屋 味噌とんこつラーメン」
 白と赤の合わせ味噌はコクがあり、歯ごたえのある縮れ麺にうまくからみ、旨い!
 この価格を維持するためか、チャーシューは入っていない。しかし、キャベツが、カップ麺にしては気合いの入った食感を得られ、満足だ。


ゴーストファイター HGUC ヅダ

HGUC 1/144 EMS-10 ヅダ」の素組完了。
 って、最近、いつも素組完了以後の報告記事を書いてないような気がするが(笑)、まぁ、いいや。
 ヅダは、旧ザクに続いて「カトキハジメさんが関わっていない」HGUCだが、そもそもがフルCGアニメ「MSイグルー」に登場したMSで、当然デザイン時点でCAD等で処理されていたであろうから、ほとんど劇中のイメージそのままで模型化されている。


 それにしても、このキット、それ以外にも、HGUCシリーズとしては趣の異なる内容になっている。
 パーツ数は少ない。色分けは少ないので、設定通りのイメージにするなら塗装は必須。その前に腕も脚も合せ目あり。うまく目立たないようにはなっているし、バンダイの成型技術は素晴らしいので、スナップフィットで組立てた後にヤスる程度でも、合せ目は見えなくなる。
 というか、全身にスジ彫りモールドや細かい突起がたくさんあるので、常套手段である「接着剤はみ出し作戦」をやると、かえって面倒くさくなりそう。

 なので、俺は、このキットは、合せ目消しはしないつもり。

20060621ems10-2.jpg
 特徴的な、バックパックの「土星エンジン」は、基部をゴールド、バーニア部をメッキシルバーのガンダムマーカーで塗装してみた。
 うーん、存在感あるねぇ、このバーニア。

 いやぁ、本気で作ろうとすると、腕は全部後ハメ加工しなきゃならんのだろうけど、肩に仕込まれた「四重関節」のせいで、うまく後ハメ加工方法が見つからなかった。俺のスキルの限界だな(笑)。
 明日、ポイント塗装と墨入れするだけで仕上げる。
 まともな塗分けなんか、おやじガンプラーには手に負えないし(笑)。
 最近のガンプラとしては、手ごわいキットだよ。

HGUC ヅダ HGUC ヅダ

バンダイ 2006-06-11
売り上げランキング : 1287

Amazonで詳しく見る by G-Tools